お知らせ

まちかど情報

2017年1月26日

【まちかど情報】『日本のへそ到達証明書』を発行!

1701heso01.jpg


こんにちは(*^_^*)。寒いです。事務局のある市役所4階は夜になると、冷え込みがきつくブルブルと震えてしまいます。

さて、「日本のへそ到達証明書」発行のお知らせです。

西脇市は日本標準時である東経135度と北緯35度が交差する日本列島の中心「日本のへそ」に位置しています。

地理的にも意義がある西脇市を訪れた人から「日本のへそに行ってみた記念のものが欲しい」との声が寄せられていたため、到達証明書を作成・販売します。以前は絵葉書タイプのものを作成していましたが、内容を一新し、「日本のへそ」訪問の記念性・独創性を深めたデザインとしています。

裏面には、「日本のへそ」地点がある「日本へそ公園」の写真を掲載しています。
証明書は封筒入りで1部100円。市役所4階・観光協会事務局のほか、市内の下記の観光施設などで販売しています。


■販売場所

 道の駅「北はりまエコミュージアム」
 
 
旧来住家住宅

 にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」

 岡之山美術館

 西脇ロイヤルホテル

1701heso03.jpg

2016年12月21日

【まちかど情報】冬の絶景!矢筈山からの雲海

1612yahazu01.jpg
↑眼下に広がる雲海(午前9時ごろ)


こんにちは(●^o^●)。冬晴れの日が続いています。

西脇市は河川が合流する谷あいにまちがありますので、この時期よく霧が発生し、山の上から見ると雲海が広がっている様子がよく見られます。

今日は朝早くから非常に濃い霧がただよっていたので、北はりまトレッキングガイドブックでも紹介した矢筈山(標高363メートル)に登ってみました。

矢筈山の登山口はいくつかありますが、もっともメジャーなのが、高田井町の松岡神社付近の登山口です。登山者用の駐車場も整備され、登山者の多くがここから山頂を目指しています。

1612yahazu02.jpg
↑高田井町からの登山口。しばらくバリアフリーの遊歩道が続きます。


バリアフリーの道が終わると、道は尾根伝いの「登山ロード」と勾配が緩い「どんぐりロード」に分かれます。近道の「登山ロード」を選択し、登って行きますが、これがなかなかツラい...。日ごろの運動不足が強烈に身体に跳ね返ってくる道です。霧が立ち込める道をひたすら上がっていくと、やがて霧が晴れ、青空が広がり、雲の上に出ました。そして最後のきつい登り坂をふんばって歩いて行くと、かつて山城があった山頂に到着します。登山口から約30分の道のりですが、もうこの頃には足がガクガク、上半身はクタクタとなります。

1612yahazu03.jpg
↑霧の山中を歩いて行くと...

山頂からは...眺望が広がる素晴らしい絶景!
西脇市街地だけでなく、遠くは淡路島・瀬戸内海まで見渡せます。この日も広がる雲の果てに、うっすらと明石海峡大橋の橋脚と淡路島が見えました(^u^)。この日は、午前10時ごろまでいましたが、まったく晴れることがありませんでした。霧深い日には、昼ごろまで眼下に一面に広がる雲海が楽しめますよ。

1612yahazu04.jpg
↑矢筈山頂から市街地に広がる雲海

1612yahazu05.jpg
↑山頂には休憩できる東屋もあります。

1612yahazu06.jpg
↑加古川水系が創り出す深い霧が広がる。

1612yahazu07.jpg
↑厚い層の霧が下流に流れて行きます。

1612yahazu08.jpg
↑はるか遠くに見える六甲山系

1612yahazu09.jpg
↑山頂にある愛宕神社。かつては山城があった場所です。

2016年11月14日

【まちかど情報】紅葉情報 2016~紅葉に恋する西脇市☆

1611kouyou01.jpg
↑赤・黄・緑のコントラストの紅葉


こんにちは~(●^o^●)。朝夕の肌寒さが増してきていますね。
紅葉が色づく目安は、最低気温8度の日が続くことだそうです。

北播磨の奥座敷・西脇市には、それほど人には知られていない紅葉の穴場?スポットがあります。
例年の見ごろは11月中旬から12月初旬にかけてとなりますが、冷え込みが激しかったため、今年は少し早いようです。

おススメの、西脇・紅葉の双山(2つの古刹)、そして日本へそ公園のメタセコイヤ並木を紹介します。


イメージパンフレットは こちら

※11月29日現在

 

  西林寺...色あせ。(本堂付近) ※庫裏は落葉

 

  荘厳寺...落葉

西林寺 【西脇市坂本】
 
  
拝観時間 :自由 (※ただし、日中に訪問してください。)
   拝観料 :無料
   開催イベント :「照楓会」
 
          11月20日(日) 午前10時~午後3時  お茶席、筝曲演奏など
          ※詳しい内容はこちら

 
1611kouyou03.jpg
↑西林寺・庫裏付近(11月13日)

1611kouyou02.jpg
↑西林寺・本堂(11月13日)

1611kouyou09.jpg
↑西林寺・参道(11月24日)

1611kouyou10.jpg
↑西林寺・本堂(11月24日)


荘厳寺 【西脇市黒田庄町黒田】

   拝観時間 :自由 (※ただし、日中に訪れてください。)
         黒田家略系図が展示されている室内は、午前10時から午後4時までです。  
  拝観料 :無料(持仏堂は200円・午前10時~午後4時)
  開催イベント :「第4回 黒田の里 官兵衛まつり」
          11月20日(日) 午前10時~午後3時 
          甲冑行列、舞台イベントなど
          ※詳しい内容はこちら

1611kouyou04.jpg
↑荘厳寺・本堂(11月13日現在)    

1611kouyou05.jpg
↑荘厳寺多宝塔(11月13日現在)


西脇市のシンボル日本へそ公園 の色づくメタセコイヤの並木も深まる秋の美しさを感じられる場所です!

1611kouyou07.jpg
↑色づき始めたメタセコイヤ並木(11月13日)

1411momiji02.jpg
↑11月下旬には深紅となります。(平成26年の様子)

1611kouyou06.jpg
↑へそモニュメントのドウダンツツジも色づきます。(11月13日)

2016年11月 8日

【イベント案内・観光施設情報】ナイトミュージアム開催!(コヤノ美術館・西脇館)

1211koyano01.jpg
↑「ナイトミュージアム」のコヤノ美術館・西脇館


こんにちは~\(◎o◎)/!。

毎年恒例となった「コヤノ美術館・西脇館」(市原町)で実施されるナイトミュージアムのお知らせです。

コヤノ美術館・西脇館は、明治時代半ばに建てられた豪農・藤井邸を修復・活用したもので、全ての建物が国の登録有形文化財となっています。また、館内には、美術館らしく、全国各地から収集した珍しい民芸品や当時の流行品などが展示されています。

★ナイトミューアム・体験談は こちら

邸宅美術館のいつもと違う姿が見える期間限定の「ナイトミュージアム」にぜひお越しください!
寒いので、暖かい格好(特に足元)でお越しください。

○実施日

 平成28年12月3日(土)・10日(土)・17日(土)

 平成29年1月14日(土)・21日(土)・28日(土)
         2月  4日(土)・11日(土)・18日(土)・25日(土)

※見学時間は、午後6時から約60~90分です。(説明ガイド付き・時間等は応相談)
※ 予約がない場合は、実施しません。

入館料は大人800円、小中学生300円 ※通常料金と同じ。
入館は、完全予約制 です。 →予約専用電話番号:090-1919-0481


また、12月18日(日曜日)までは櫛・簪と化粧道具展 ~桃山から昭和の美~を、1月14日(土曜日)からは「うちわ展 ~広告・国策・美的感覚 うちわで見る、明治から昭和~」を企画展として開催します。
※12月19日から1月13日は休館です。

寒い中ですが、めったにない機会ですので、ぜひ一度ご覧ください!

1211koyano03.jpg
↑大正期の洋館と昭和初期に建築された離れ。寒空の中、煌々と温かな照明が漏れてくる。

1211koyano04.jpg
↑国登録有形文化財の母屋の土間に飾られた珍しい和紙づくりの鯉のぼり。

1211koyano06.jpg
↑離れの2階から見た枯山水の中庭。こんな景色ももちろん見ることができます。

2016年11月 7日

【まちかど情報】西脇市の雲海!~スポット4か所を紹介~

1611_unkai01.jpg


こんにちは(●^o^●)。少し肌寒くなり、太陽が沈むのも早くなってきましたね。

今回はこの時期の季節感を楽しむ西脇市内の雲海スポットの紹介です。

加古川・杉原川・野間川の3つの河川が合流し、その谷沿いにまちが広がる西脇市には晩秋から初冬にかけて濃い霧がしばしば発生ます。そのため、少し標高の高い場所から見ると、雲海が広がる光景が各所で楽しめす。

雲海は、日中に比べて、朝の冷え込みが激しく、晴れの天候が予想される日によく見られます。見ごろ時間は、日の出からおおよそ午前9時過ぎまで。
この時期ならではの幻想的な光景を楽しめる市内4つは、次のとおりです。


1 坂本城跡(西脇公園西側・市道展望台)

1611_unkai02.jpg
↑市道展望台駐車場からの眺望

1611_unkai03.jpg
↑坂本城跡・防災行政無線塔から見た西脇市街地

坂本にある西林寺と西脇公園の間を走る日野方面に続く市道の最高部に展望場所(駐車場あり)があり、車で手軽に登れます。
東側に広がる津万平野を望むことができ、眼下には加古川沿いに広がる集落や田畑、日本へそ公園などが望めます。
また、展望台の少し西側からは、山の尾根をたどるハイキングコースがあり、少し登ったところにある戦国時代の山城・坂本城跡付近からは東西両方向の谷(加古川沿い・杉原川沿い)に広がる雲海を見ることができます。


2 矢筈山

矢筈山は、駐車場が整備された高田井町からの登山口からは途中まで整備された遊歩道となっています。
山城があったと伝わる山頂からは、西脇市街地が眼下に広がる景色が見られ、六甲山地まで見渡せます。市街地から近いこともあり、健康づくりのために登山する地元の人も多く、この時期には雲海を見ようと早朝登山する人も多くいます。

矢筈山コースガイド.pdf

矢筈山での雲海体験記はこちら

1611_unkai04.jpg
↑山頂から見た景色

1611_unkai05.jpg
↑晴れた日の様子


3 比延山(比延城山)

比延町・城山グラウンド奥から登山道がある山。標高は289mで、登山口から40分ほどで到着しますが、距離700mの登山道は中間地点からはかなり勾配がきつくなるので、それなりの気合いが必要です。今年9月に「西脇岳人会」による登山道整備が進められ、急傾斜へのロープやコース途中の案内看板、さらに山頂へのベンチの設置などにが行われたので、以前と比べて登りやすくなっています。山頂には黒田官兵衛の母親の出身といわれる比延氏の山城があったと伝わっており、そこからの眺望はイマイチですが、すぐ北側には三角点のある大岩壁があり、眼下に広がる雄大な景色を楽しむことができます。

比延山コースガイド.pdf

1611_unkai06.jpg
↑山城のあった大岩壁(三角点)からの眺め

1611_unkai07.jpg
↑比延山山頂(大岸壁はここから北へすぐ)


4 白山

白山は、黒田庄町黒田にあるかつて修験の山と栄えた霊山で、「ひょうごふるさとの50山」にも選ばれています。初心者向きの「前坂コース」をはじめ、様々なコースがあります。山のある加古川上流部の黒田庄地域は、濃い霧が広がり、また霧が晴れるのが遅いので、雲海の魅力が存分に楽しめます。
標高が510mあるので、片道2時間近くの登山となりますが、明石海峡大橋も望める眺望は折り紙付きです!

白山コースガイド.pdf


1611_unkai08.jpg
↑登山道から南東側の眺め。

1611_unkai09.jpg
↑登山道から南西側の眺め

2016年11月 4日

【黒田官兵衛・まちかど情報】「官兵衛の里ハイキングコース」が新日本歩く道紀行推進機構HPに掲載

0513hike03.jpg
↑過去に実施したコースをたどるハイキング


こんにちは(●^o^●)。すっかり秋が深まり、寒さが増してきましたが、青空が広がる日が続いていますね。

さて、昨年9月30日に黒田庄町黒田の官兵衛ゆかりの里をめぐるハイキングコース「日本のへそ・北はりま「日本一長い」散歩道(官兵衛の里・黒田ハイキングコース)」が、新日本歩く道機構選定委員会から第1期コース「歴史の道」として認定されていましたが、このコースを紹介するホームページが開設されました。

・特定非営利活動法人新日本歩く道機構推進委員会HP https://michi100sen.jp/

・コース紹介サイト http://search.michi100sen.jp/b/michi_portal/info/C128017/?t=list&s=course


武将伝承の足跡をぜひ一度歩いてみてください。


◎ウォーキングコースの名称

 日本のへそ・北はりま「日本一長い」散歩道

◎距離数

 約4.5キロ

【コース】

 JR本黒田駅 → 松ヶ瀬(官兵衛の母・遭難地) → 多田城址(城主居館跡) → 姥が懐(伝黒田官兵衛生誕地) →

 黒田城址(伝・居城跡) → 生誕の里石碑 → 荘厳寺(黒田家略系図・歴代城主位牌) → JR本黒田駅

 ★コースの見どころ案内 → こちら

   コースマップ.pdf

2016年9月15日

【まちかど情報】秋の山歩き~西脇市おすすめの3コース!

こんにちは~(*^_^*)。

山々の色合いを美しくなり、山歩きには絶好の季節となってきました。
阪神圏からの日帰りトレッキングとして身近でお手軽な西脇市内の3つのおすすめの山をご紹介します。


1 白山( 標高510メートル)

1609k-tre02.jpg

西脇市の白山は、かつて修験の山と栄えた霊山で、「ひょうごふるさとの50山」にも選ばれています。
ゆるやかで眺望のよい「前坂コース」など複数のコースがあり、山頂からは明石海峡大橋や瀬戸大橋も望めます。
また、秋から初頭にかけては雲海が広がり、さらに奥にそびえる妙見山との縦走ルートも人気です。

白山コースガイド.pdf


2 西光寺山( 標高712メートル)

1609k-tre03.jpg

西脇市最高峰で「ひょうご ふるさとの50山」にも選ばれています。
登山道の途中には、元来は海岸性植物であるウバメガシの群落があり、市の天然記念物に指定されています。また、こぐり岩などの奇岩も点在し、山頂からは素晴らしい眺望が広がります。

西光寺山コースガイド.pdf


3 矢筈山( 標高363メートル)

1609k-tre04.jpg


矢筈山は、市街地に近いこともあり、途中までは整備された遊歩道となっています。
かつて山城があったと伝わる山頂には、愛宕社・秋葉社がまつられており、西脇市街地が眼下に広がります。山頂からさらに進む稜線伝いのルートは中級者向けのルートです。

矢筈山コースガイド.pdf


以上のコースは、西脇市・加西市・加東市・多可町で形成する「北播磨広域定住自立圏」で作成した北はりまトレッキングガイドブックにも掲載するため、西脇市が選定した3コースです。

地元で親しまれてきた西脇市・そして北はりまの山にぜひ登りに来てください!


1603tozan01.jpg

全コース紹介はこちら(加西市観光まちづくり協会HP)

2016年8月24日

【まちかど情報】日本のへそへ~「tamaki niime」 店舗移転のお知らせ

1508tamaki01.jpg


おはようございます。もう夏休みも終わりですね...。

さて、西脇市の地場産業・播州織に新しい風を吹きこんだ tamaki niime が現在地から移転します。
移転地は日本へそ公園近くの、かつて染色工場だった建物を活用しており、従来の5倍の広さの社屋となります。


・移転日 9月10日(土曜日)

・移転先 西脇市比延町550-1(県道36号「上比延」交差点から南へ約300m・日本へそ公園の南)

・営業時間等は従来どおりです。(11時~18時。火曜日定休)

2016年8月23日

【グルメ情報・まちかど情報】マーマレードカフェ(小坂町)閉店のお知らせ

1508mmc01.jpg


観光協会会員で、「西脇ローストビーフ」の提供店でもありました「マーマレードカフェ」(小坂町)が8月末で閉店します。

店舗の譲渡を考えておられるようですので、詳しくは、同店のフェイスブックをご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/

2016年8月22日

【グルメ・まちかど情報】今年で5回目!友好都市・富良野オムカレーを提供(梅吉亭)☆

1508furano01.jpg
↑北海道新幹線開業の特別フラッグが立つ富良野オムカレー西脇高校バージョンを提供


こんにちは(^.^)/~~~。厳しい残暑が続いていますね。

さて、8月19日(金)・20日(日)の2日間、日替わりシェフレストラン「梅吉亭」で富良野オムカレーのランチが提供されました。
「へそ」が取り持つ縁で、西脇市の友好都市となっている北海道富良野市のご当地グルメ・富良野オムカレーを西脇高校生活情報科の生徒が毎年夏休み期間中に特別に許可をいただき提供しているもので、今年で5年目となります。

1508furano02.jpg
↑旧来住家住宅の敷地内にあるレストラン「梅吉邸」


富良野市から取り寄せた特製カレーソースと卵を調理し、西脇市特産の黒田庄和牛をトッピングした特別バージョンで登場。
地元野菜を使ったオリジナルメニューを加え、本場と同じ「ふらの牛乳」付きのものが800円(税別)で提供されました。

1508furano03.jpg
↑黒田庄和牛も味わえるこの豪華なランチプレートが税別800円


20席あまりの店内はランチタイムの開始とともに予約客で埋まり、2日間で提供予定の100食あまりがあっという間に完売となりました。また、オプションで特製のデザートプレートも登場し、こちらも人気でした。

1508furano04.jpg
↑食後には抹茶シフォンケーキやアセロラゼリーなどのオリジナルデザートプレート


2日目には、富良野オムカレー推進協議会事務局の上坂さんが西脇市まで来られ、西脇高校バージョンのオリジナルメニューを実食。「十分に合格!」とのお墨付きをいただきました。

今後も、それぞれのまちの特産品を通じた若い年代の交流を深めていければいいなあと思っています(●^o^●)。

1508furano05.jpg
↑キッチンに立つ西脇高校・生活情報科のメンバー

2016年6月15日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~6月14日現在

160614hotaru01.jpg
↑森から出てくるホタル(午後8時過ぎ)



こんにちは(^.^)/~~~。
今年9回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

6月6日以降、中畑林間ファミリー園下、双葉小学校付近 で多くみられ、ピークを迎えていることをお伝えしましたが、今年のピークは過ぎたように感じます。

14日は、気温が高く、風も弱かったので、絶好のホタル日和でしたが、以前に比べて飛行が少ないように思います。
とはいえ、まだもう少しの間はホタルの飛行が楽しめそうです。この日は川面に飛ぶホタルが少なく、撮影を終えて帰ろうとしたところ、水路沿いの森を見てみると、なんと多くのホタルが木にとまっていました!

いつもとは違う光景にシャッターを切りました。
地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(大きな声を出さない、ごみのポイ捨ては絶対にしないでください。)

※畑谷川のホタル案内所は、14日をもってすべて閉鎖しました。


160614hotaru02.jpg
↑川面を舞うホタル。数は少し減っていますが、まだ楽しめます。

160614hotaru03.jpg
↑木で休んでいるホタル

2016年6月12日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~6月11日現在

160611hotaru01.jpg
↑ 乱舞です。(中畑工場公園近くの畑谷川)


こんにちは(^.^)/~~~。
今年8回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

6月6日以降、中畑林間ファミリー園下、双葉小学校付近 で多くみられ、ピークを迎えていることをお伝えしました。
今日は、それ以降ではじめての土曜日ということで、暗くなる前から多くの人でごったがえしました。

この日は気温が高く、風もなかったため、暗くなるにつれて、ホタルの光が増えていき、乱舞する光景がみられました。
しかし、訪れる人がかなり多く、車も多く行き交うため、ライトが写真に写り込み、撮影を途中で断念しました...。

畑谷川のホタル案内所は、中畑工場公園近くのホタルの宿、藤の棚橋にあります。また、中畑町公民館(4日~12日)も開館しています(トイレ利用可能)。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(大きな声を出さない、ごみのポイ捨ては絶対にしないでください。)

160611hotaru02.jpg
↑日の入りとともに光り出すホタル(午後8時ごろ)

160611hotaru03.jpg
↑午後9時ごろの光景です。

2016年6月11日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~6月10日現在

160610hotaru01.jpg
↑星空を背景に飛ぶホタル


こんにちは(●^o^●)。
今年7回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

6月6日以降、中畑林間ファミリー園下、双葉小学校付近 で多くみられ、ピークを迎えていることをお伝えしました。
6日以降乱舞の状態が続いていましたが、この日(10日)は若干少ないように感じました。今日からは、神戸方面からのバスツアーもあり、地元・ホタル愛好会の方にポイントを案内していただきました。

今年は、藤の棚橋(無料案内所)の飛行が少なく、中畑工場公園(ホタルの宿)からの散策路と双葉小学校下流域での飛行が多いようです。

また、時間によっても光を放つ具合が違うため、歩くだけでなく、ポイントで我慢強くとどまっていただくと絶景に出会うことができるのかもしれません。また、懐中電灯などで川面を照らすと見えにくくなりますので、ご遠慮ください。

畑谷川のホタル案内所は、中畑工場公園近くのホタルの宿、藤の棚橋にあります。また、中畑町公民館(4日~12日)も開館しています(トイレ利用可能)。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(大きな声を出さない、ごみのポイ捨ては絶対にしないでください。)

160610hotaru02.jpg
↑中畑林間ファミリー園下付近

160610hotaru03.jpg
↑西光寺橋付近

2016年6月10日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~6月9日現在

160609hotaru01.jpg
↑乱舞するホタル。絶景です!


こんにちは(●^o^●)。
今年6回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

6月6日以降、中畑林間ファミリー園下、双葉小学校付近 で多くみられ、ピークを迎えていることをお伝えしました。
この日、訪れたのは、少し違う場所です。

車での進入ができないので、暗闇を10分ほど歩いて行くと、絶景ポイントがあらわれました。
まさに、乱舞!少し気温が低い夜でしたが、多くのホタルの光が見られましたが、この場所はピークを少し過ぎたのではないか...とのことでした。

大阪から訪れていた女性2人組もこれまで近畿各地のホタルスポットを訪ねてきたけれど、これほどの絶景は初めてとのことでした。

畑谷川のホタル案内所は、中畑工場公園近くのホタルの宿、藤の棚橋にあります。また、中畑町公民館(4日~12日)も開館しています(トイレ利用可能)。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(つかまえない、懐中電灯で照らさない、フラッシュ撮影はしない...など)


160609hotaru02.jpg
↑川面を乱舞するホタルの大群

160609hotaru03.jpg
↑川一面に飛行するホタル(午後8時30分ごろ)

2016年6月 8日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~6月7日現在

160607hotaru01.jpg
↑満天の星空と幻想的なホタルの光のコラボ


こんにちは(●^o^●)。
今年5回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

6月6日に続き、翌7日にも訪問しましたが、この日も雨上がりの風が吹いていない絶好のコンディションでしたので、多くのホタルの飛行がみられました。

特に中畑林間ファミリー園下、双葉小学校付近から少し下流にかけて多くみられました。
そして、日中降っていた雨も上がったので、きれいな星空がみられ、輝く星とホタルの光のコラボという絶景が見られました!

中畑工場公園近くのホタルの宿、藤の棚橋で無料案内所があります。また、中畑町公民館(4日~12日)も開館しています(トイレ利用可能)。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(つかまえない、懐中電灯で照らさない、フラッシュ撮影はしない...など)


160607hotaru02.jpg
↑西光寺橋付近

160607hotaru03.jpg
↑中畑林間ファミリー園付近

2016年6月 7日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~6月6日現在

160606hotaru01.jpg
↑畑谷川を乱舞するゲンジボタル(多重露光撮影)


こんにちは(*^_^*)。
梅雨に入りぐずついた日が続いていますが、今年4回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

6月6日に訪問しましたが、この日はホタルが嫌う風が吹いておらず、気温も高めであったことから絶好のコンディションでした。

特に中畑林間ファミリー園下、双葉小学校付近から少し下流にかけて多くみられました。

藤の棚橋の無料案内所(開設済み)または中畑町公民館(4日~12日に開設)で当日の様子をお尋ねください。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(つかまえない、懐中電灯で照らさない、フラッシュ撮影はしない...など)


160606hotaru02.jpg
↑「藤の棚橋」から撮影(ピーク時までもう少しか...)

160606hotaru03.jpg
↑中畑ファミリー園下付近(乱舞です。)

160606hotaru04.jpg
↑西光寺橋付近(乱舞です。)

160606hotaru05.jpg
↑中畑公民館から東側の秋葉橋の橋上から(少なめです。)

2016年6月 2日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~6月1日現在

160601hotaru01.jpg
↑藤の棚橋から撮影(午後9時ごろ・多重露光)

こんにちは(●^o^●)。
6月に入り、今年3回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

現地に訪問しましたが、風が強く、涼しかったことから、5月30日や31日よりも飛行が少なかったようです。
ホタルが好むのは、風が吹いていない、蒸し暑い夜のようです。

前回訪問した中畑工場公園付近は少なくなっており、この日は中畑林間ファミリー園下、双葉小学校付近で多くみられました。

ホタルは、時期が遅くなるにつれて、流域から上流域へと飛行場所が変わっていきます。

藤の棚橋の無料案内所(開設済み)または中畑町公民館(4日~12日に開設)で、お尋ねください。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(つかまえない、懐中電灯で照らさない、フラッシュ撮影はしない...など)


160601hotaru02.jpg

2016年6月 1日

【まちかど情報】畑谷川のホタル情報(見ごろ終了~6月24日現在)

13hotaru01.jpg


こんにちは(*^ ^)v。
初夏の風物詩・畑谷川のホタルの情報です

畑谷川流域では、地元・中畑町の方が生息環境の保全に努めながら、幼虫から大切に育てたホタルが乱舞する光景が見られます。

毎年多くの人に訪れていただいておりますが、一部の方のマナー違反が見られます。
ホタルの生息区域は自然豊かで静かな環境ですので、マナーを十分に守って観賞
していただきますようお願いいたします!

また、バスなど大型車両については駐車場がありませんので、ご注意ください!
※バスでの来訪については、駐車場がありませんので、あらかじめ観光協会にご相談ください。

・「ふるさとホタルまつり」は、今年から開催されないこととなりました。


■ホタル情報
 
 場所 畑谷川流域(中畑町~住吉町:にしわき中畑工場公園~双葉小学校~上流) 
      周辺地図はこちら↓
     
http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/sightseeing/hotaruseisokuchi.html
 
 ・見ごろ予想 5月下旬~6月下旬
      ※天候や川の増水等により、状況が変わります。ご了承ください。

☆西脇市近辺の週間天気予報
  http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/28/6310/28213.html#week

 ・見ごろ状況 【6月24日現在】
 

  終了
 

   
 ・観賞時間  日没から午後9時頃まで

 ・案内図(アクセスマップ・観賞ガイドマップ)

  アクセスマップ.pdf   畑谷川エリアマップ.pdf

 ・産経フォトでも紹介→ こちら


【飛行状況】


・5月22日の状況は → こちら

・5月24日の状況は → こちら

・6月1日の状況は → こちら

・6月6日の状況は → こちら

・6月7日の状況は → こちら

・6月9日の状況は →  こちら

・6月10日の状況は → こちら

・6月11日の状況は → こちら

・6月14日の状況は → こちら


【昨年の飛行状況】
 
 
・5月19日 ... 飛行開始
 ・5月23日 ... 飛行3割程度
 ・6月 1日 ... 飛行8割程度
 ・6月2日~7日 ... 飛行のピーク
 ・6月14日 ... 飛行2割程度
 ・6月20日 ... ほぼ終了

【一昨年の飛行状況】
 
 ・5月26日...飛行開始
 ・6月1日...飛行3割程度
 ・6月3日...飛行5割程度
 ・6月6日...飛行8割程度
 ・6月8日~12日...飛行のピーク
 ・6月13日...飛行7割程度
 ・6月20日...飛行2割程度
 ・6月25日...ほぼ終了

 【耳ヨリ情報】
 ※「西脇市立経緯度地球科学館・テラドーム」が週末に実施する「夜の天体観測会」でも、
  観察会のラストに穴場のホタルスポットの案内があります!

  テラドームHP http://www.nishiwaki-cs.or.jp/terra/

≪注意事項≫
  ☆ 路上駐車・進入禁止道路への乗り入れはご遠慮ください。また、足元が暗いですので、十分ご注意してください。
  ☆ ゴミ等は必ずお持ち帰りください。
  ☆ トイレ以外の場所で用を足さないでください。(トイレは公民館でお済ませください。)
  ☆ カメラ・携帯等でのフラッシュ撮影はご遠慮ください。(他の方にご迷惑となります。)


1505hotaru01.jpg
↑ 原之橋付近(昨年5月24日撮影・1分40秒の露光)

1506hotaru05.jpg
↑ 藤の棚橋付近(昨年6月7日・約50秒の露光)

2016年5月26日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~5月24日現在

160524hotaru01.jpg
↑多重露光撮影(20秒×4回)

こんにちは(●^o^●)。
今年2回目の畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

今年も昨年と同じく、例年よりも約1週間ばかり早く飛行が始まっています。

ホタルは、時期が遅くなるにつれて、流域から上流域へと飛行場所が変わっていくので、中畑公民館付近やその少し下流の藤の棚橋付近ではまだほとんど飛行が見られません。

この日、素晴らしい光の乱舞が見られたのは、前回訪問したのと同じ中畑工場公園付近の川沿いの遊歩道。
風がいくぶん強かったため、22日ほどの乱舞は見られなかったものの、樹木の下で風をしのぐホタルが多くみられ、相変わらずの幻想的な光景でした(*^_^*)。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(つかまえない、懐中電灯で照らさない、フラッシュ撮影はしない...など)

160524hotaru02.jpg

160524hotaru03.jpg

160524hotaru04.jpg

2016年5月23日

【まちかど情報】畑谷川のホタル~5月22日現在~

160522hotaru01.jpg
↑ 畑谷川のホタル(30秒露光)


こんにちは(●^o^●)。
畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

今年も昨年と同じく、例年よりも約1週間ばかり早く飛行が始まっています。

ホタルは、時期が遅くなるにつれて、流域から上流域へと飛行場所が変わっていくので、中畑公民館付近やその少し下流の藤の棚橋付近ではまだほとんど飛行が見られず、ピークは少し先のようです。

この日、素晴らしい光の乱舞が見られたのは中畑工場公園付。晴天で、気温も高く、しかも風がほとんど吹いていない絶好のコンディションの日でした。日が暮れた午後8時過ぎ、山から出てくるホタルが多くなり、遊歩道の上をゆらゆらと舞い、畑谷川の土手にもたくさんの光が見られる幻想的な光景です。

地元の人に大切に守り育てられているホタルです。
観察の際にはくれぐれもマナーを守ってください!(つかまえない、懐中電灯で照らさない、フラッシュ撮影はしない...など)

160522hotaru02.jpg
↑山から遊歩道に出てきて目の前を舞うホタル

160522hotaru03.jpg
↑土手の草にも多くのホタルがとまっています。

2016年4月26日

【グルメ情報・まちかど情報】西脇市産・いちご水饅頭~道の駅で販売!(御菓子司あさひ屋)!

1604a-mi01.jpg
↑西脇市産のいちごを使ったぷりぷりの水饅頭

こんにちは(^u^)。

さて、黒田庄町大門にある御菓子司あさひやでは、2月にも紹介しました御巻(おんまき)など創作和菓子が作られています。

そんな中、登場したのが「いちご水饅頭。西脇市のスイーツファクトリー支援事業で、研修生の佐藤さんが生育したいちごを材料に作っています。

佐藤さんは通常摘み取ったいちごを市内などで店頭販売していますが、形の悪いものをはじめ、どうしても店頭販売に向かないいちごが出てきてしまうとのこと。西脇市ならではの和菓子ができないか...とちょうど考えていたあさひやのご主人さんが、その話を聞き、せっかく作ったいちごを無駄にせず、そして地産の特色を生かした菓子づくりができる!と考えたのが、今回の商品だそうです。

水饅頭の外側は、いちごをペースト状にして固めており、食べるといちごの甘~い香りと味が口いっぱいに広がりますよ。これから気温の上がる季節には、上品で涼しげな口当たりで~す(●^o^●)。


1604a-mi03.jpg
↑ 中には白餡入っています。

お値段は2個入りで380円。道の駅・北はりまエコミュージアムで試験的に販売しています!


1604a-mi02.jpg

2016年4月17日

【まちかど情報】見ごろを迎え始めた市の花「しばざくら」!

1604ss06.jpg
↑旧来住家住宅では鯉のぼりと競演が見られます。(4月15日撮影)


こんにちは(*^_^*)。今朝までは、結構な暴風雨でしたが、昼になってすっかり青空が広がっています。
熊本・大分では地震が続いており、大変心配です。一刻も早く復旧してもらいたいと心から願っています。

さて、さくらはすっかり散ってしまいましたが、地面に咲くさくら-「しばざくら」が市内で見ごろを迎え始めています!
4月15日に市内のみどころを見てきましたので、その様子を紹介します。

 「しばざくら」は、花が色どりが美しい織物を敷き詰めたように見えることから、播州織の産地である西脇市にふさわしい花として、西脇市の花に指定されています。そのため、市内各所で植栽されています。

まずは、市内西部・落方町の「野間川芳田公園」。県道西脇八千代市川線沿い、篠田いちご園に隣接する場所で、桜の開花時期には競演する姿が見られました。
※桜は散ってしいましたが、しばざくらは開花しています。

1604ss02.jpg
↑野間川の堤防に白とピンクのコントラストが見られます。(4月6日撮影)


そして、国道175号と427号の分岐点の「上戸田南」交差点にあるスペース(上戸田交通島)は「しばざくらの丘」として整備されており、西脇市を行きかう人の目を楽しましています。また、「日本へそ公園」(上比延町)にも花壇が整備されています。

1604ss04.jpg
↑上戸田交通島。チューリップも咲いています。(4月15日撮影)

1604ss05.jpg
↑日本へそ公園。こちらは今から開花を迎えるようです。(4月15日撮影)

また、先ごろ神戸新聞にも掲載された童子山公園。市街地を見下ろす公園西側に花壇が整備されおり、近くにはヤエザクラも咲いています。

1604ss03.jpg
↑童子山公園のしばざくら。散り際の桜も華やぎを演出(4月15日撮影)

そんな中、一番のオススメ場所は、冒頭の写真にもある中心市街地の旧来住家住宅。前庭では雄大に泳ぐ鯉のぼりとの競演がみられ、隣接するワンデイシェフレストラン「梅吉亭」では、色鮮やかなしばざくらの庭を眺めながら食事・喫茶を楽しむことができます。

1604ss07.jpg
↑梅吉亭からの眺め。(4月15日撮影)

しばざくらの花言葉は、「臆病な心」、「忍耐」、「燃える恋」、「華やかな姿」などさまざま。
美しく可憐な花の姿をぜひお楽しみください!

■西脇市HPでも市内の見どころを紹介しています!
 http://www.city.nishiwaki.lg.jp/kakukanogoannai/kurashianshinbu/seikatsukankyoka/hanatomidori/1397641258834.html

2016年4月 1日

【まちかど情報】観光パンフレット充実&リニューアル!

1603panph01.jpg
↑4種類のパンフレットが登場!作成に関わった女性職員です。


こんにちは(^u^)。×××...

さて、西脇市観光協会では、4種類のパンフレットを作成いたしました。

1603panph02.jpg

総合案内版として作成したのは「B級なまち?! にしわきぶらり旅」です。
従来のものをリニューアルし、A4判・20ページで市内のグルメ情報や観光スポットを紹介しています。
「B級」というのも「A級」の次というものではなく、ベスト(Best)でブランドニュー(Brand-new)な観光地を目指していきたいという深い意味が込められています。
また、編集も「美味 Bimi」(グルメ)、「ご当地ブランド Brand」(播州織)、「武将の里 Busyou」(官兵衛の里・黒田ほか)など「B」をテーマにしています。

そして、以前にもお知らせした西脇のグルメ情報満載の「にしわきごはん」(2016年)。食事場所を中心に48店を紹介しており、6月30日までスタンプラリーも実施しています。

そして今回、新たに登場した2種類は、「にしわき夜時間」「にしわきでしたい11のこと」です。

1603panph03.jpg

1603panph04.jpg

「にしわき夜時間」は、日中の観光が中心となりがちですが、西脇市の夕方から夜の時間帯にかけての見どころ・グルメスポットに焦点をあて、紹介をしています。

「にしわきでしたい11のこと」は、体験をテーマにしたもので、トップの写真に写っている市役所の若手女性職員4人が話し合って、自らの足で候補地をまわり、取材をして作成したものです。キリのいい10のスポットを選ぼうとしたのですが、どうしても選びきれず、中途半端な「11」となってしまったものです。

いずれのパンフレットも、市役所・道の駅などの市内の観光施設などで配布しています。
また、郵送の希望については、西脇市観光協会まで電話(平日8時30分~17時15分)・メールでご連絡くださ~い!

★パンフレット・ダウンロードサイトはこちら

 http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/pamphlet.html

2016年3月28日

【まちかど情報】グルメ列車「沿線うまいもんトレイン~加古川線物語~」をおもてなし!

1603g-train01.jpg
↑じゃらん「西脇ローストブック」も配布


こんにちは(●^o^●)。もうすぐ4月ですね。人事異動の時期となりました。観光協会の担当者も1人入れ替わりますので、ブログの雰囲気もまた少し変わったものになるかもしれませんよ。

さて、3月26日(土曜日)にJR加古川線の加古川駅~西脇市駅にICカード「ICOCA」が導入されたのを記念し、グルメ列車「沿線うまいもんトレイン~加古川線物語~」が運行されました。
加古川線利用促進・沿線地域活性化協議会が主催したもので、ラジオ番組を通じて参加者を募集し、抽選で選ばれた70人が加古川駅と西脇市駅の往復約2時間の旅を楽しみました。

1603g-train02.jpg
↑ヘッドマーク付きに沿線うまいもんトレインが到着

正午過ぎに到着した列車の乗客が降り立った西脇市駅の駅前では、沿線の日本酒や焼酎、ワインが楽しめる利き酒イベントが開催されたほか、近くにある北はりま旬菜館(野村町)が出張し、新鮮な地場野菜などを販売しました。特に西脇市産のイチゴはあっという間に売り切れるほどの人気でした。

1603g-train03.jpg
↑加古川線沿線のまちの日本酒・ワイン・焼酎などを試飲

1603g-train04.jpg
↑北はりま旬菜館が出張販売

また、新ご当地グルメの「西脇ローストビーフ」を使った巻き寿司などもプレゼント。折り返しまでの1時間という短い時間のイベントでしたが、春の心地よい日和の中、楽しんでいただくことができたと感じました!

1603g-train05.jpg
↑プレゼントの西脇ローストビーフぜいたく巻き (けんしん亭

2016年3月22日

【まちかど情報】ふれあい喫茶「TUMAこいカフェ」(西林寺)がオープン

1603tumak01.jpg
↑大賑わいの店内


こんにちは(*^_^*)。青空が続く、春の3連休でしたね~。市内の桜もチラホラと咲き始めています。

3月5日に坂本・西林寺・あじさい園前にふれあい喫茶「TUMAこいカフェ」がオープンしました。
花の名刹と知られる西林寺で、地元客や観光客をもてなそうと開設されたもので、地元・津万地区まちづくり協議会「活き生きTUMA協議会」の女性スタッフが運営しています。

カフェでは、なんと350円でモーニングセットが楽しめるほか、花見期間などには和菓子セットなどの限定メニューが登場します。

1603tsumak02.jpg
↑モーニングセット・350円

通常は、金曜日・土曜日の午前9時~正午の営業ですが、さくら・あじさい・紅葉など西林寺で季節の花が楽しめる期間中は無休で営業します。
さくらが見ごろを迎える3月26日(土曜日)から4月3日(日曜日)は毎日営業しています!

西林寺では、県天然記念物の唐子ツバキも見ごろを迎えており、その後はさくらの開花時期となります。
ぜひ訪れてみてください!


1603tsumak03.jpg
↑ 西林寺境内・都麻乃郷あじさい園の前にお店はあります。

2016年3月21日

【まちかど情報・訪問体験ツアー】 4/23(土)にしわき白山登山ツアー開催!~北はりまトレッキングガイドブック発行!

1603tozan01.jpg
↑発行したガイドブック


こんにちわ~。卒業・異動シーズンですね。別れは悲しいですが、また新たな出会いも楽しみかな~と思います! 

さて、このたび登山・トレッキングをテーマにした「のぼってみよう北はりま」を発行しました。
3月19日(土)には、好日山荘・大阪グランフロント店で、キックオフイベントも開催しました。

1603tozan05.jpg
↑グランフロント大阪で西脇市の登山の魅力を紹介中

西脇市・加西市・加東市・多可町が共同作成したもので、各市町からオススメの3コース、合計12コースを厳選しています。
西脇市からは、白山・西光山・矢筈山の3峰がラインナップしています。

発行にあたっては、観光協会担当者が自ら登って、息を切らせながらコースを確かめて ((+_+)) おり、山岳用品専門店「好日山荘」に監修協力をしていただきました。
登山コースの紹介のほか、立ち寄りのお土産・食事スポットも掲載しています。

阪神地域の好日山荘の店舗でも配布しているほか、西脇市内では市役所や道の駅「北はりまエコミュージアム」でも配布しています。

また、発行を記念し、好日山荘登山学校×北播磨三市一町コラボ登山ツアーを開催します。
西脇市からは、標高510mの「白山」の登山ツアーです。素敵なお土産物もプレゼントしますので、ぜひご参加くださ~い!

■ 日時  4月23日(土曜日)
■ 出発地 大阪梅田(8時)・神戸三宮(9時)
■ 参加料 9,800円
■ 定員 25人

申込みはこちら⇒ 好日山荘登山学校ページ

☆発行お披露目イベントの話題はこちら


1603tozan02.jpg
↑白山山頂からの眺め(ガイドブック取材時)

1603tozan03.jpg
↑白山山頂からは遠くに明石海峡大橋も望めました。

1603tozan04.jpg
↑市内最高峰を誇る西光寺山にあるウバメガシの群落

2016年3月17日

【まちかど情報】春を告げる花~唐子つばきが見ごろ&地蔵一本桜が開花!

1603kara-s01.jpg
↑西林寺・西脇聖天にある「唐子ツバキ」が満開

こんにちは(●^o^●)。春は確実に近づいている気配がします。
そういえば、うちにいるネコも夜に布団に入ってくる回数が少なくなってきています。

坂本にある西林寺唐子ツバキが今週に入り見ごろ 迎えています。

花の寺として知られる西林寺の境内・西脇聖天には、唐子ツバキの古木があります。樹齢200年以上とされる大木で、兵庫県の文化財(天然記念物)にも指定されており、毎年3月中旬から約1か月の間、美しい深紅の花を咲かせます。

唐子ツバキは、濃紅色一重でおしべが八重になって盛り上がるように咲く非常に珍しいツバキで、花の咲く様子が「唐子人形」の髪を結った形に似ていることから、名づけられています。

1603kara-s02.jpg
↑たくさんの花をつけています。

そして、もうひとつの春の訪れを告げる花の便り。

郷瀬町・杉原川堤防に立つ 「地蔵一本桜」が三分咲き となっています。

1603kara-s03.jpg
↑杉原川の対岸から見た地蔵一本桜。色づいています。

実はこの桜、観光協会の事務所からも見え、日に日に色づいているなあ~と思っていました。
北播磨地域でもっとも早く開花する桜として知られており、「寒彼桜」の一種ともいわれ、他の桜に先駆けて花が咲きます。

孤高の一本桜は、時の流れをずっと見つめ、泰然と立つその姿は誇らしげでもあります。西脇市役所の北・国道427号の「春日橋東詰」交差点のすぐそばにあります。3月いっぱいまでが花の見ごろかと思われます。

ぜひ春の訪れを感じてみてください。

1603kara-s04.jpg
↑次の3連休あたりが満開だと思われます。

2016年1月29日

【グルメ情報・まちかど情報】西脇ご当地ラーメン「播州ラーメン」の後継者募集!

1301men01.jpg
↑ 甘いスープが特徴の「播州ラーメン」


こんにちは~(^u^)。もうお正月から1か月。あっと言う間でしたね。

さて、西脇多可料飲組合(西脇商工会議所が事務局)では、ご当地ラーメン「播州ラーメン」の後継者育成をはじめました。

甘いスープが人気で、週末を中心に各地からその味をファンが楽しみにやってくる播州ラーメンですが、認定店は西脇市内で4店、多可町で2店となっており、将来的には後継者不足も懸念されます。

そこで、ふるさとの味・播州ラーメンを盛り上げて、まちを元気にしていこうと始まったのが今回のプロジェクト。実際に播州ラーメン店主のもとで修行していただき、味づくり、そして経営のノウハウを習得し、西脇市内で起業をしてもらいたいと考えています。

第1次の研修生応募期間は、2月末までとなっています。

★紹介ページこちらです。
 http://www.city.nishiwaki.lg.jp/jigyousyamuke/koyousangyoushinkou/sougyou/1453685882403.html

2015年12月 2日

【グルメ情報・まちかど情報】「播州ラーメン」のコンビニ商品が販売!

1512banra01.jpg
↑セブンイレブンで販売されている「播州ラーメン」

こんにちは(*^_^*)。いつの間にか12月、早いもので今年ももうあと1月を切ってしまいましたね~。
そして、寒さが厳しくなってきました。そんなときに恋しいのがあったか~いラーメン。

12月1日から播磨地域のセブン-イレブン(加盟約230店舗)で西脇市のご当地ラーメン「播州ラーメン」のチルド商品の販売が始まりました。

国内最大手のコンビニチェーン・セブン-イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区)では、地域に根付いた食文化を重視し、地域独自の嗜好にあった商品開発を進めています。そうした中、担当者が播州ラーメンに着目し、実際に食べ歩きをして、今回の商品が開発されました。
商品開発に当たっては、播州ラーメンの認定店で構成する「西脇多可料飲組合ラーメン部会」が監修を行い、今年7月から試作と試食を繰り返し、このたび販売に至ったものです。

チルド商品ということで、電子レンジで解凍し、実際に食べてみましたが、店で食べる本物にはかなわないものの、これがなかなかイケる!甘味のあるスープとシャキシャキの食感のネギ、そして厚みのあるチャーシューは播州ラーメンそのものです。個人的には麺がもう少し固めのほうがいいかな(電子レンジの調理時間によるのかもしれませんが)...なんて思いました。

販売価格は税込み460円。ぜひお近くのセブンイレブンでお買い求めください!(注:仕入れていない店舗もあります。)

そして、本場の播州ラーメンも食べに西脇市に来てください!
播州ラーメン認定店の記事は→ こちら

1512banra02.jpg
↑初日の販売風景(セブンイレブン西脇和田店)

2015年11月30日

【まちかど情報】観光誘客PRポスターを作成!~配布先も募集

こんにちは(*^_^*)。冬が近づき、1日の寒暖の差が激しくなってくると、川の多い西脇市では朝霧の発生が多くなります。
霧に覆われたまちがだんだんと晴れ渡っていく姿は、晩秋から冬にかけての西脇の風物詩です。

さて、今回の話題は、西脇市の「観光誘客PRポスター」作成です。
西脇市では観光交流事業に力を入れており、まちの魅力や地域資源を多くの人に知ってもらうために今回初めて作成したもので、観光協会が作成の委託を受けたものです。

市内在住の写真家・デザイナーに依頼し、作ったのが写真の2種類のポスターです。
1つは、「丸山(黒田庄町喜多)と加古川の夕景」の写真で、方言で「どこにあるん?」と問いかけているもの、
そしてもう1つは、播州織をテーマに「tamaki niimeさんの店先で天日干しするストール」を撮影したものです。

ポスターは市内の公共施設や集客場所に掲示していきますが、市内・市外のお店などでPRしていただける方にも無料配布させていただきますので、観光協会お問い合わせメールからご連絡ください。よろしくお願いします!


1511poster01.jpg
↑「丸山と加古川の夕景」

1511poster02.jpg
↑「tamaki niimeさんの店先で天日干しするストール」

2015年11月10日

【黒田官兵衛・まちかど情報】新日本歩く道紀行・歴史の道に「官兵衛の里・黒田ハイキングコース」が認定!

sanpomichi.jpg
↑ 認定証


こんにちは(●^o^●)。すっかり秋が深まり、西脇の山々も赤く染まってきましたね~☆

さて、このたび黒田庄町黒田の官兵衛ゆかりの里をめぐるハイキングコースが、新日本歩く道紀行100選選考委員会から第1期コース「歴史の道」として認定されました。

選考委員会は、観光促進と健康増進を目的にツーリズムウォーキングを発展させるため、全国からウォーキングコースを公募したもので、西脇市からは北はりま田園空間博物館が提唱する「日本一長い散歩道」を構成するコースの一部にテーマ設定し、応募しました。

武将伝承の足跡をぜひ一度歩いてみてください。


◎ウォーキングコースの名称

 日本のへそ・北はりま「日本一長い」散歩道

◎距離数

 約4.5キロ

【コース】

 JR本黒田駅 → 松ヶ瀬(官兵衛の母・遭難地) → 多田城址(城主居館跡) → 姥が懐(伝黒田官兵衛生誕地) →

 黒田城址(伝・居城跡) → 生誕の里石碑 → 荘厳寺(黒田家略系図・歴代城主位牌) → JR本黒田駅

 ★コースの見どころ案内 → こちら

   コースマップ.pdf


 

0513hike03.jpg
↑過去に実施した官兵衛の里ハイキングの様子

2015年11月 1日

【まちかど情報】紅葉スポット情報 2015~紅葉に恋する西脇市☆

1411momiji01.jpg
↑赤・橙・緑のコントラストが美しい枝葉(荘厳寺)


こんにちは~( ^^) _U~~。日に日に朝夕の肌寒さが増してきていますね。
紅葉が色づく目安は、最低気温8度の日が続くことだそうです。

播磨の奥座敷・西脇市には、それほど人には知られていない紅葉の穴場?スポットがあります。例年の見ごろは11月中中旬から12月初旬にかけてとなりますが、美しい色彩がゆっくりと堪能できますので、この季節にぜひ訪ねてみてください。

それでは、おススメの、西脇・紅葉の双山、2つの古刹を紹介します。

イメージパンフレットは こちら

※11月22日現在


 西林寺...落葉し始めています。

 

 荘厳寺...落葉(持仏堂)・見ごろ(本堂)です。

西林寺 【西脇市坂本】
 
  見ごろ :11月中旬~12月上旬
  拝観時間 :自由 (※ただし、日中に訪問してください。)
  拝観料 :無料
  開催イベント :「照楓会」
          11月15日(日) 午前10時~午後3時 
          お茶席、筝曲演奏など  

1030kouyou02.jpg

1030kouyou03.jpg


荘厳寺 【西脇市黒田庄町黒田】

 見ごろ :11月中旬~11月下旬
  拝観時間 :自由 (※ただし、日中に訪れてください。)
         黒田家略系図が展示されている室内は、午前10時から午後4時までです。  
  拝観料 :無料(持仏堂は200円・午前10時~午後4時)
  開催イベント :「黒田の里 官兵衛まつり」
          11月15日(日) 午前10時~午後3時 
          甲冑行列、舞台イベントなど

          ※詳しい内容は→こちら

1000kfes01.jpg

1030kouyou04.jpg


そして、西脇市のシンボル日本へそ公園の色づくメタセコイヤの並木も深まる秋の美しさを感じられる場所です!

1411momiji02.jpg
↑日本へそ公園(11月下旬)

2015年9月 2日

【まちかど情報】妙覚寺(市原町)で芙蓉が咲き始めています!

1509myoukaku01.jpg
↑境内に咲く芙蓉の花


こんにちは(*^_^*)。9月に入り、天候がすっきりしない日が続いていますが、今日は青空が見えました。

市原町にある妙覚寺では、境内や外塀沿いに芙蓉の花が咲き始めています。
芙蓉は、朝に咲いて夕方にはしぼむ一日花で、直径10~15センチほどの大きさの花をつけます。また、「酔芙蓉(すいふよう)」もあり、こちらはその名のとおり時間が経つにつれて、酔ったように白からピンクに色を変えていく品種です。

ここ妙覚寺の芙蓉は、残暑の頃に咲き始め、9月中旬から下旬にかけ境内を花が埋め尽くし、見ごろを迎えます。

拝観料は無料です。また、近くには鍛冶屋線市原駅記念館コヤノ美術館・西脇館もありますので、ぜひお立ち寄りください!


1509myoukaku02.jpg

1509myoukaku03.jpg

1509myoukaku04.jpg

2015年6月15日

【まちかど情報】畑谷川ホタル情報~6月14日現在~

こんにちは(●^o^●)。
畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

6月14日現在ですが、やや飛行のピークを過ぎたように思います。
この日はホタルの飛行条件としてはなかなか良い日でしたが、先週のような乱舞は見られなくなり、地元の人の話でも「ピークは終わったかな」とのことでした。

下流の藤の棚橋では飛行が少なく、14日で無料案内所も閉鎖するとのことでした。
飛行は上流部に移動しており、中畑公民館付近から上流では、まだ十分見ることができますが、あと1週間くらいで終了ではないかと思います。

観察の際には、必ずマナーを守ってください。お願いいたします。

1506hotaru07.jpg
↑中畑公民館から上流100メートル付近(あまり写っていません...ゴメンナサイ)

1506hotaru08.jpg
↑川面のホタル(露光35秒)

2015年6月 8日

【まちかど情報】畑谷川ホタル情報~6月7日現在~

こんにちは(●^o^●)。
畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

今年は暑いせいもあり、例年よりも約1週間ばかり早く飛行が始まっています。

7日・日曜日の現地で確認した情報をお伝えします。
この日は...今季で最高の出現・飛行状況でした!

午後8時半ごろに藤の棚橋の無料案内所に行と、日中は蒸し暑く、ほとんど風がないホタル観察には絶好のコンディション。
畑谷川一帯におびただしい数のホタルが飛行しており、地元の方からも今年で一番良く見られる日だとの話でした。

前日には、「ふるさとホタルまつり」が開催され、最高の人出でしたが、風が少し強く、あまり飛行が見られない状態でした。

ただ、散策される方の中には、川面をライトで照らす人もあり、多くの人の迷惑となっていました。
暗闇の中でこそ、ホタルは幻想的な光を発します。
ごみの持ち帰りとともに、観察の際には、必ずマナーを守ってくださいね~。(●^o^●)

1506hotaru05.jpg
↑藤の棚橋付近の川面(約50秒の露光)

1506hotaru06.jpg
↑藤の棚橋(少しぶれていますが...露光約30秒)

2015年6月 4日

【まちかど情報】畑谷川ホタル情報~6月3日現在~

こんにちは(●^o^●)。
畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

今年は暑いせいもあり、例年よりも約1週間ばかり早く飛行が始まっています。
また、少し下流の場所のほたるが根こそぎいなくなったため、ほたる泥棒が出たのではないか...との話もあり、警戒を強めています。

実際に様子を確認するため、3日・水曜日にも現地に出かけました。
いつものように午後8時半ごろに現地に行きましたが、この日は少し風が強いこともあり、2日前の月曜日よりもやや飛行は少ないように感じました。

無料案内所のある藤の棚橋から見てみると、多くのホタルは川中の水草で羽を休ませている状態でした。地元の方に聞いてみると、今が飛行のピークだろうとの話でした。

みなさん、観察の際には、必ずマナーを守ってくださいね~。(●^o^●)


1506hotaru03.jpg
↑「藤の棚橋」上流50m付近で撮影(露光53秒)

1506hotaru04.jpg
↑川面を飛行するホタル(露光56秒)

2015年6月 2日

【まちかど情報】畑谷川ホタル情報~6月1日現在~

こんにちは(●^o^●)。
畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

さきにもお伝えしましたが、今年は例年よりも約1週間ばかり早く飛行が始まっています。

実際に様子を確認するため、1日・月曜日に現地に出かけました。
この日、ホタル観測にはこの上ない絶好のコンディションとなったので、期待に胸を膨らませながら到着。
午後8時半ごろに無料案内所のある藤の棚橋、そして午後9時ごろに中畑町公民館近くでの飛行を観察しました。

まずは藤の棚橋。橋の上から川面を見下ろすと、草むらには多くのホタルが止まっており、ゆらゆらと揺らめく光が超幻想的!
飛行はピークの時期を迎えつつあるようです。

続いて向かったのは中畑町公民館。ここから川の方に歩いて行き、上流へ100メートルほど歩いて行った場所で、多くの飛行が見られました。今の時期はお月さまが結構明るいので、暗闇の中で...というわけにはいきませんでしたが、こちらは乱舞という言葉がぴったりの光景がみられました。

豊かな自然の中で大切に育てられたホタルですので、観察の際には、必ずマナーを守ってくださいね~。(●^o^●)

1506hotaru01.jpg
↑藤の棚橋から下流を撮影(露光約2分間)

1506hotaru02.jpg
↑中畑公民館から上流へ約100mの地点で撮影(露光54秒)

2015年5月25日

【まちかど情報】畑谷川ホタル情報~5月23日現在~

こんにちは(●^o^●)。
畑谷川(中畑町~住吉町)のホタル情報をお伝えします。

今年は例年よりも約1週間ばかり早く飛行が始まっています。
地元の方によると、気温が高く、ホタルが生育しやすい気候が続いたからではないか...とのことでした。

そんなわけで、実際に様子を確認するため、23日の土曜日に現地に行ってみました。
晴天で、気温も高く、しかも風がほとんど吹いていない、ホタル観測にはこの上ない絶好のコンディションの日。

日が暮れた午後8時過ぎ、観測スポットである中畑公民館付近やその少し下流の藤の棚橋付近を見ましたが、飛行は確認できたもののまだまだ少ない状況で、ピークは少し先のようです。

観測を終えて帰ろうとしたところ、近くにいた年配の男性に「せっかく来たんなら、もっと飛んでいるところ連れて行ってやろか?」と突然声をかけられました。半信半疑(失礼ながら)で車でついていき、少し歩いて行くと...そこにはホタルが乱舞する光景が!

中畑工場公園入り口近くの畑谷川で、山と川が近いので行き来するホタルが多く飛んでおり、すぐ足下の草場にもホタルの光が見られました。(つかまえないでくださいね。)

カメラを持ってきていなかったので、写真は翌24日に撮影(下の写真)。それでも23日の方が断然多くの飛行がみられました((+_+))。

1505hotaru01.jpg
↑ 乱舞するホタル(5月24日撮影・1分40秒の露光)

2015年5月20日

【まちかど情報】畑谷川ホタル情報~今年の出現は終了です。

13hotaru01.jpg

こんにちは(*^ ^)v。
さて、初夏の風物詩・畑谷川のホタルの情報です

畑谷川流域では、地元・中畑町の方が生息環境の保全に努めながら、幼虫から大切に育てたホタルが乱舞する光景が見られます。

毎年多くの人に訪れていただいておりますが、一部の方のマナー違反が見られます。
ホタルの生息区域は自然豊かで静かな環境ですので、マナーを十分に守って観賞していただきますようお願いいたします!

また、バス等の大型車両については駐車場がありませんので、ご注意ください。

※バスでの来訪については、駐車場がありませんので、あらかじめご相談ください。


■ホタル情報
 
 場所 畑谷川流域(中畑町~住吉町:にしわき中畑工場公園~双葉小学校~上流) 
      周辺地図はこちら↓
     
http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/sightseeing/hotaruseisokuchi.html
 
 ・見ごろ予想 5月下旬~6月下旬
          ※天候や川の増水等により、状況が変わります。ご了承ください。

☆西脇市近辺の週間天気予報
  http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/28/6310/28213.html#week
 


 ・見ごろ状況 【6月29日現在】 

  ほぼ終了です。
 
 
  


 ・観賞時間  日没から午後9時頃まで

 ・案内図(アクセスマップ・観賞ガイドマップ)

  アクセスマップ.pdf   エリアマップ.pdf


 ※5月24日の飛行の写真記事はこちら 

 ※6月 1日の飛行の写真記事はこちら

 ※6月 3日の飛行の写真記事はこちら

 ※6月 7日の飛行の写真記事はこちら

 ※6月14日の飛行の写真記事はこちら

 【昨年の飛行状況(目測・ピーク時との比較)】

 ・5月26日...飛行開始
 ・6月1日...飛行3割程度
 ・6月3日...飛行5割程度
 ・6月6日...飛行8割程度
 ・6月8日~12日...飛行のピーク
 ・6月13日...飛行7割程度
 ・6月20日...飛行2割程度
 ・6月25日...ほぼ終了

 【耳ヨリ情報】
 ※「西脇市立経緯度地球科学館・テラドーム」が週末に実施する「夜の天体観測会」でも、
  観察会のラストに穴場のホタルスポットの案内があります!

  テラドームHP http://www.nishiwaki-cs.or.jp/terra/

≪注意事項≫
  ☆ 路上駐車・進入禁止道路への乗り入れはご遠慮ください。また、足元が暗いですので、十分ご注意してください。
  ☆ ゴミ等は必ずお持ち帰りください。
  ☆ トイレ以外の場所で、用を足さないでください。(トイレは公民館でお済ませください。)
  ☆ カメラ・携帯等でのフラッシュ撮影はご遠慮ください。(他の方にご迷惑となります。)
  


13hotaru02.jpg


■第27回「ふるさとホタルまつり」の開催情報

 ・日時 6月6日(土) 午後2時から

 
・場所 中畑町・にしわき中畑工場公園(雨天時は、中畑町公民館)

 
・主な内容 <午後2時~午後5時>
          地元小学生等による踊り、大道芸、ニジマスつかみどり、バザーなど

         <午後8時~午後9時30分>
          ホタル観賞(畑谷川)

13hotaru04.jpg

2015年4月30日

【まちかど情報】六所神社(明楽寺町)のフジが咲いています!

1504fuji01.jpg
↑案内看板も新たに設置された六所神社(4月30日撮影)

こんにちは!(^^)!。ゴールデンウイークも本格的に突入し、お出かけ日和が続いていますね。
今日は市内西部・明楽寺町にある六所神社のフジを紹介します。

六所神社はその名が表すとおり、6柱の神様を祀る古社で、創建は鎌倉時代といわれており、現在の本殿も江戸時代中期の1789年に建てられた由緒ある神社です。

境内には、樹齢300年と推定されるフジの老木があり、市の天然記念物にも指定されています。
10年前の台風で壊滅的な被害を受けましたが、地元による手厚い育成が行われ、観光協会でも新たにフジ棚を整備、ゴールデンウイークごろに薄紫色の美しい花が再び咲くようになりました。

枯死の危機を乗り越え、悠久の歴史を見守ってきた老木が咲かせる美しい花をぜひご覧ください!

☆場所はこちら
http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/history/rokushojinja.html


1504fuji02.jpg

1504fuji03.jpg

2015年4月27日

【グルメ情報・まちかど情報】幻のタケノコ!収穫のピークを迎えています(高嶋町)

1504take01.jpg
↑土から顔を出したタコノコ

こんにちは(●^o^●)。いよいよゴールデンウイークに突入ですね~。

今回は、旬な食材「タケノコ」の話題です。

市内東部の高嶋町は、昔から良質なタケノコが生産されることで知られ、都会の料亭でも提供されていました。
明治時代に地元の方が京都から持って帰ってきた4本のモウソウチクを育てたことが始まりだそうです。
しかし、近年は栽培してきた方々の高齢化が進み、市場に出回ることが少なくなっていました。そのため、地域のまちづくり団体(ふるさと比也野里)では、故郷の財産で貴重なタケノコ畑をしっかりと守っていくため、契約オーナー制を今年から始めました。

1504take02.jpg
↑きれいに整備された竹林

1504take03.jpg
↑こんなに大きなタケノコも撮れました!

高嶋町のタケノコの最大の特徴は、その柔らかさと甘さ!
特にその日に採れた「朝掘り」で、そして小さくても黄金色のタケノコの味は絶品です!タケノコがイマイチ...という人もうならせた逸品です!(←ブログ担当者ももちろん実食済みです!)

4月に入り、どんどん芽を出すタケノコは、市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」にも出荷されており、売れ行きはすこぶる好評。
ぜひ一度味わってみてくださ~い!

■タケノコ畑オーナー制度の問合せ
 
 ええまち比也野里 電話 0795-24-0120(日曜日休み)

 たけのこ畑オーナー募集チラシ.pdf

1504take04.jpg
↑旬菜館で販売されている高嶋町の朝採りタケノコ

2015年4月20日

【まちかど情報】市の花「しばざくら」が見ごろを迎えています!

1504shiba01.jpg
↑旧来住家住宅の前庭を彩るしばざくら(4月18日撮影)

こんにちは(*^_^*)。今日は雨が降っています。
さくらはすっかり散ってしまいましたが、地面に咲くさくら-「しばざくら」が市内で見ごろを迎え始めています!
4月18日現在で5分咲きから8分咲きとなっています。

 「しばざくら」は、花が色どりが美しい織物を敷き詰めたように見えることから、播州織の産地である西脇市にふさわしい花として、西脇市の花に指定されています。そのため、市内各所で植栽されています。

しばざくらの花言葉は、「臆病な心」、「忍耐」、「燃える恋」、「華やかな姿」などさまざま。
美しく可憐な花の姿をぜひお楽しみください!

■西脇市HPでも市内の見どころを紹介しています!【H26の写真です】
 http://www.city.nishiwaki.lg.jp/kakukanogoannai/kurashianshinbu/seikatsukankyoka/hanatomidori/1397641258834.html


1504shiba02.jpg
↑上戸田交通島(国道175号・国道427号の分岐点)

1504shiba03.jpg
↑日本へそ公園

2015年3月23日

【まちかど情報】春を告げる花~地蔵一本桜が開花&唐子つばきも満開!

1503hana01.jpg
↑満開を迎える地蔵一本桜(3月22日撮影)


こんにちは(*^_^*)。青空ですが先週よりも少し肌寒さを感じます。
先週は4月下旬のあたたかさだったこともあり、春の訪れを告げる花の便りを2つ紹介します。

郷瀬町・杉原川堤防に立つ「地蔵一本桜」は、北播磨地域でもっとも早く開花する桜として知られています。
この桜は「寒彼桜」の一種ともいわれ、他の桜に先駆けて花が咲きます。
西脇市役所の北・国道427号の「春日橋東詰」交差点のすぐそばにありますので、ぜひ春の訪れを感じてみてください。
3月いっぱいまでが花の見ごろかと思われます。

1503hana02.jpg
↑咲き誇る桜の花

1503hana03.jpg
↑西林寺境内の唐子ツバキ


そしてもうひとつ。坂本にある西林寺の唐子ツバキが今週に入り開花しています。

花の寺として知られる坂本の西林寺の境内・西脇聖天には、唐子ツバキの古木があります。
唐子ツバキは、濃紅色一重でおしべが八重になって盛り上がるように咲く非常に珍しいツバキで、花の咲く様子が唐子人形の髪を結った形に似ています。
樹齢200年以上とされる大木で、兵庫県の文化財(天然記念物)にも指定されており、毎年3月中旬から約1か月の間、美しい深紅の花を咲かせますので、一度ぜひご覧ください!

1503hana04.jpg
↑幾重にも重なった花弁が特徴的です。(3月23日撮影)

2014年11月 6日

【まちかど情報】「紅葉に恋する西脇市」...2014紅葉スポット情報☆

1411momiji01.jpg
↑赤・橙・緑のコントラストが美しい枝葉


こんにちは~( ^^) _U~~。11月に入り、日に日に肌寒さが増してきています。
紅葉が色づく目安は、最低気温8度の日が続くことだそうです。

お隣の丹波市や篠山市には、多くの紅葉目当ての観光客が訪れますが、北播磨の奥座敷・西脇市には、まだそれほど人には知られていない紅葉のスポットがあります。穴場のスポット?ですので、ぜひ訪ねてみてください。

おススメの、西脇・紅葉の双山、2つの古刹を紹介します。

イメージパンフレットは こちら

※11月21日現在

 

 西林寺...今が見ごろです。

 

 荘厳寺...今が見ごろです。



西林寺 【西脇市坂本】
 
  見ごろ :11月中旬~12月上旬
  拝観時間 :自由 (※ただし、日中にしてください。)
  拝観料 :無料
  開催イベント :「照楓会」
          11月16日(日) 午前10時~午後3時 
          お茶席、筝曲演奏など  

1030kouyou02.jpg

1030kouyou03.jpg


荘厳寺 【西脇市黒田庄町黒田】

 見ごろ :11月中旬~11月下旬
  拝観時間 :自由 (※ただし、日中にしてください。)
         黒田家略系図が展示されている持仏堂内の拝観は、午前10時から午後4時までです。  
  拝観料 :無料(持仏堂は200円・午前10時~午後4時)
  開催イベント :「黒田の里 官兵衛まつり」
          11月16日(日) 午前10時~午後3時 
          甲冑行列、舞台イベントなど

          ※詳しい内容は こちら

1000kfes01.jpg

1030kouyou04.jpg


西脇市のシンボル日本へそ公園の色づくメタセコイヤの並木も深まる秋の美しさを感じられる場所です!

1411momiji02.jpg

2014年10月 6日

【まちかど情報・黒田官兵衛】神戸・地下鉄県庁前駅&加西市イベントで「官兵衛の里・西脇市」をPR!

1410tenji01.jpg
↑兵庫県広報PRコーナーで展示

こんにちは(^.^)/~~~。台風が近づいています。日曜日は観光協会バスツアーを開催しますがお天気が心配です...。

さて、10月2日から神戸市営地下鉄・県庁前駅にある「ひょうごお国自慢」展示コーナーで、「官兵衛の里・西脇市」のPRを行っています。

官兵衛グッズの紹介や、11月16日(日)に開催される第2回「黒田の里 官兵衛まつり」のお知らせをしています!


1410fudoki01.jpg
↑ステージで西脇市をPR


10月4日(土)にはお隣の加西市で開催された「播磨国風土記1300年祭プレイベント」に参加し、官兵衛の里・西脇市をPRしました。

ステージでは、西脇市のご当地キャラ・にっしーとともに壇上で、官兵衛の里として盛り上がる西脇市をアピールし、来月に開催される「黒田の里 官兵衛まつり」の宣伝を行いました。
また、出店コーナーでは、地場産業・播州織のグッズや官兵衛の里せんべいの販売を来場者に行いました。近くのまちということもあり、西脇市を知っている人も多く、しっかりとPRできました。

過ごしやすい季節になってきましたので、ぜひ西脇市にお越しくださ~い!

1410fudoki02.jpg
↑西脇市の特産品を西脇TMOとともに販売

1410fudoki03.jpg
↑ひめじ「かんべえくん」と記念撮影

2014年9月 2日

【まちかど情報・黒田官兵衛】秋のイベントに向けて~市役所ロビーで「官兵衛の里・西脇市」パネル展示!

1409tenji01.jpg
市役所1階ロビーでの展示

 

こんにちは(^u^)。残暑が続いていますね。
大河ドラマ「軍師官兵衛」も舞台を九州に移し、ファイナルに向け佳境を迎えています。官兵衛も時を経て厚みを増してきたように思います。

9月に入り、市役所1階ロビーでは今年の1月に続き、「官兵衛の里・西脇市」の展示コーナーを設けています。

前回と同様、西脇市と官兵衛の関わり、市内のゆかりの地を紹介するパネル展示を行っています。
また今回は、県内の官兵衛ゆかりの8市町を紹介したパネルも展示しています。

秋には「官兵衛ナイト」や「黒田の里 官兵衛まつり」などのイベントも開催されますので、こうしたお知らせもここで行ってまいります。

展示期間は、10月末までの予定(一部の日を除く。)です。市役所にお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください!

1409tenji02.jpg

2014年8月 8日

【まちかど情報】観光ボランティアガイド募集!~養成講座を実施します☆

1408guide01.jpg
↑活躍するボランティアガイド

こんにちは~(*^_^*)。台風が近づいており、西脇市でも雨が降ってきました。

今回は、観光ボランティアガイド募集のお知らせです。
西脇市・多可町で交流による地域活性化の活動を行うNPO法人北はりま田園空間博物館では、地域の観光スポットを案内するボランティアガイドの養成講座を開催します。

地域の歴史・自然・文化など多彩な北はりまの魅力を訪問者にお伝えいただくガイドにあなたもなってみませんか?
講座修了者には、北はりま田園空間博物館のボランティアガイドとして活躍していただくことができます。
興味のある方はお問い合わせ・お申し込みください。

なお、この講座は、西脇市観光協会も後援しています。

【募集内容】

 ・講座期間
  10月17日(金)から11月21日(金)までの毎週金曜日(全6回)

 ・開催場所
  西脇市生涯学習まちづくりセンター・道の駅北はりまエコミュージアム
   ※研修バスツアー1回は除く。

 ・参加料
  1,000円(全6回)

 ・募集人員
  30人程度

 ・応募先・問合せ
  NPO法人北はりま田園空間博物館 
  電話0795-25-2370  FAX0795-22-2123
  ※申し込み期限 9月30日(火)まで
 

  → 募集チラシ.pdf

2014年8月 5日

【グルメ・まちかど情報】友好都市・富良野オムカレーを提供(梅吉亭)☆

1408omuc01.jpg
↑西脇バージョンの富良野オムカレー


こんにちは(^.^)/~~~。台風が次々と来ているので、おもわしくない天気が続いていますね~。

さて、8月1日(金)・2日(日)の2日間、日替わりシェフレストラン「梅吉亭」で富良野オムカレーが提供されました。
「へそ」が取り持つ縁で、西脇市の友好都市となっている北海道富良野市のご当地グルメ・富良野オムカレーを西脇高校生活情報科の生徒が毎年夏休み期間中に実施しているもので、今年で3年目となります。

1408omuc02.jpg
↑提供されたオムカレーのセット

富良野から取り寄せたカレーソースと卵を調理し、西脇市特産の黒田庄和牛をトッピングした特別バージョンのカレープレートに、サラダなどのオリジナルメニュー、さらに本場と同じ「ふらの牛乳」を加え、デザートには富良野産のメロンまで用意し、800円という破格の安さで提供されました。

20席あまりの店内はランチタイムの開始とともに埋まり、2日目は新聞報道されたこともあり、予約客でほぼ完売となりました。2日間であわせて110食が提供され、多くの人に富良野と西脇のコラボレーションの味を楽しんでいただきました。(食べられなかった人ごめんなさい!)

2日目には、富良野市から富良野オムカレー推進協議会の松野事務局長と、富良野オムカレーをPRする「ふらのカレンジャー娘」を擁する富良野緑峰高校の杉田先生にお越しいただき、味わっていただきました。

1408omuc03.jpg
↑当日提供されたオリジナルカレーセット。これにメロンまでプラス!

富良野緑峰高校からは、学校で手塩にかけて育てられたふらのメロンをいただくとともに、西脇高校の生徒が播州織で作ったエプロンや帽子を提供している「ふらのカレンジャー娘」からカレー作りに頑張る西脇高校生徒に手書きのメッセージもいただきました。

今後も、それぞれのまちの特産品を通じた若い年代の交流を深めていければと思いました。


1408omuc04.jpg
↑富良野緑峰高校・杉田先生からメロンのプレゼント

1408omuc05.jpg
↑カレンジャー娘からの手書きメッセージも贈られました。

2014年6月29日

【まちかど情報】畑谷川ホタル情報~今年の出現は終わりました!

13hotaru01.jpg

こんにちは(*^ ^)v。

さて、初夏の風物詩・畑谷川のホタルの情報です

畑谷川流域では、地元・中畑町の方が生息環境の保全に努めながら、幼虫から大切に育てたホタルが乱舞する光景が見られます。

毎年多くの人に訪れていただいておりますが、近年は一部の方のマナー違反が見られます。
ホタルの生息区域は自然豊かで静かな環境ですので、マナーを十分に守って観賞していただきますようお願いいたします!

また、バス等の大型車両については駐車場がありませんので、乗り入れをご遠慮ください。→ こちらをご覧ください。

■ホタル情報
 
 場所 畑谷川流域(中畑町~住吉町:にしわき中畑工場公園~双葉小学校~上流) 
      周辺地図はこちら↓
     
http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/sightseeing/hotaruseisokuchi.html
 
 ・見ごろ予想 5月下旬~6月中旬
          ※天候や川の増水等により、状況が変わります。ご了承ください。 

 ☆西脇市近辺の週間天気予報
  http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/28/6310/28213.html#week
 


 ・見ごろ状況【6月29日(日)現在】 

  終了しました。

  ※無料案内所は閉鎖しました。  


 ・観賞時間  日没から午後9時頃まで

 ・案内図(アクセスマップ・観賞ガイドマップ)

  アクセスマップ.pdf   
エリアガイドマップ(H26)

 【耳ヨリ情報】
 ※「西脇市立経緯度地球科学館・テラドーム」が週末に実施する「夜の天体観測会」でも、
  観察会のラストに穴場のホタルスポットの案内があります!

  テラドームHP http://www.nishiwaki-cs.or.jp/terra/

≪注意事項≫
  ☆ 路上駐車・進入禁止道路への乗り入れはご遠慮ください。また、足元が暗いですので、十分ご注意してください。
  ☆ ゴミ等は必ずお持ち帰りください。
  ☆ トイレ以外の場所で、用を足さないでください。(トイレは公民館でお済ませください。)
  ☆ カメラ・携帯等でのフラッシュ撮影はご遠慮ください。(他の方にご迷惑となります。)
  


13hotaru02.jpg
↑畑谷川を乱舞するホタル

≪注意事項≫
  ☆ 路上駐車はご遠慮ください。また、足元が暗いですので、十分ご注意してください。
  ☆ ゴミ等は必ずお持ち帰りください。
  ☆ カメラ・携帯等でのフラッシュ撮影はご遠慮ください。(他の方にご迷惑となります。)
  ☆ バス等で来られる場合には、本市観光協会まであらかじめご連絡ください。 



■第26回「ふるさとホタルまつり」の開催情報

 ※終了しました。

 ・日時 5月31日(土) 午後2時から

 
・場所 中畑町・にしわき中畑工場公園(雨天時は、双葉小学校体育館)

 
・主な内容 <午後2時~午後5時>
          地元小学生等による踊り、大道芸、ニジマスつかみどり、バザーなど

         <午後8時~午後9時30分>
          ホタル観賞(畑谷川)

13hotaru04.jpg
↑まつりで元気に踊る地元の小学生たち

2014年5月25日

【まちかど情報・イベント案内】「都麻乃郷あじさい園」 7月6日(日)まで開園!

27ajisai01.jpg
↑大輪の花を咲かせるあじさい(昨年の様子)

こんにちは(●^o^●)。
6月に入りました。もうすぐ梅雨の時期ですね。その梅雨を彩る花といえば、あじさいです。

今回は、坂本の「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」の開園と毎年恒例の「あじさいまつり」開催のお知らせです。

花の寺として知られる古刹・西林寺境内に隣接する「都麻乃郷あじさい園」には、地元「あじさい協会」の方々によって、大切に育てられた3千株・数万本ものあじさいが咲き誇ります。

雨露に濡れた花は、しっとりとした情感を出しますので、美しいあじさいの姿をぜひ見に来てください!

○開園情報
  6月15日(日)~7月6日(日)/開園時間 9時~17時ごろ
  ※園内見学の際は、整備協力金として、おひとり200円の御協力をお願いします。 

 ※現在の開花状況【6月26日現在】

   満開。見ごろを迎えています!

1406ajisai-f01.jpg
↑6月22日の園内写真
 
  あじさい園パンフレット


○「あじさいまつり」のお知らせ
   日時 6月22日(日) 午前10時~午後3時

  ※終了しました。⇒ 様子はこちら

  <内容>
  ・大茶盛(あじさい観賞のお茶席)
  ・手作り市(陶芸・工芸品の販売)
  ・うどん、あじさいせんべいの販売
  ・大福引き大会(先着1,000名様)
 
  あじさいまつりパンフレット

27ajisai03.jpg
↑あじさい園。挑発的な?看板の案内どおり登るとあじさいを見晴らす展望台があります。

24ajisaif03.jpg
↑「あじさいまつり」で設けられる園内のお茶席(昨年の様子)

2014年4月16日

【まちかど情報】市の花「しばざくら」が見ごろを迎えはじめています!

1404shibaza01.jpg
↑へそ公園のしばざくら(4月11日撮影)

こんにちは(*^_^*)。春らしい日が続いていますね。
さくらは散ってしまいましたが、地面に咲くさくら-「しばざくら」が見ごろを迎え始めています!

 「しばざくら」は、花が色どりが美しい織物を敷き詰めたように見えることから、播州織の産地である西脇市にふさわしい花として、市の花に指定されています。そのため、市内各所で植栽されています。

しばざくらの花言葉は、「臆病な心」、「忍耐」、「燃える恋」、「華やかな姿」などさまざま。
美しく可憐な花の姿をぜひお楽しみください!

■西脇市HPでも市内の見どころを紹介しています!
 http://www.city.nishiwaki.lg.jp/topics/1397693313875.html


1404shibaza02.jpg
↑明楽寺町・野間川堤防の「しばざくら」は市の木「さくら」と競演

満開のしばざくら(来住邸).jpg
↑中心市街地にある旧来住家住宅のしばざくらは満開になるとこのようになります。

2014年4月 4日

【まちかど情報】お知らせ~中畑町ほたる観賞時期のバスの乗り入れについて

13hotaru01.jpg

西脇市と西脇市観光協会からのお知らせです。

畑谷川では、毎年6月になるとホタルが乱舞する光景が見られ、市内外から多くの方々にお越しいただいております。
その中心地となる中畑町では、駐車スペースが少ないため、路上駐車により通行に支障を来たしております。

こうした状況の中、バスにつきましては、地元への事前連絡により対応しておりましたが、今年度については、地区内に駐車スペース・乗降スペースともに確保できないため、地元からの要請もあり、原則乗り入れをご遠慮していただいております。ご迷惑をおかけしますが、何とぞご理解をいただきますようお願い申し上げます。

ホタルの生息区域は自然豊かで静かな環境です。マイカーでお越しにいただく方々につきましても、マナーを守って観賞していただきますようお願いいたします。

この件の問合せ 西脇市観光協会(0795-22-3111)

2014年3月24日

【まちかど情報】北播磨で一番早く開花!地蔵一本桜(郷瀬町)

0325gonose-s04.jpg
↑見ごろを迎えた一本桜(3月25日撮影)

こんにちは(*^_^*)。青空ですが春霞が広がり、いつもの風景が少しぼやけて見えますね~。
あと一週間で3月も終わり。四国・高知では桜の開花宣言が出ており、間もなく市内でも本格的な開花を迎えます。

郷瀬町・杉原川堤防に立つ「地蔵一本桜」は、昔から地域を見守ってきた孤高の老木で、近隣でもっとも早く開花する桜として知られており、地元の人々に大切に保全されています。21日には、もう間もなくの満開を祝うイベントとして「日野の里地蔵一本桜・桜祭り」が開催されました。

この桜は、寒彼桜の一種ともいわれ、他の桜に先駆けて花が咲くことから、西脇に春の到来を告げる使者として知られています。
西脇市役所の北・国道427号の「春日橋東詰」交差点のすぐそばにありますので、少し早い春を感じてみてください。

0325gonose-s05.jpg
↑満開まであと少し(3月25日撮影)

0325gonose-s03.jpg
↑青空の下で満開。(平成23年撮影)

2014年3月 7日

【まちかど情報】「恋するフォーチュンクッキー~西脇市ver」がAKB48に公認!

0307koichun01.jpg

こんばんは~(^u^)。冬が戻ってきたような寒さがここ数日続いていますね。
そんな中、観光協会では明日、神戸・垂水で開催される「いかなご祭り」に張り切って参加し、西脇市の魅力と特産品を提供します!

さて、日本のへそ・西脇市の魅力と元気を全国に届けようと実施した「西脇市恋するフォーチュンクッキープロジェクト」。
国民的アイドルのAKB48が歌い ♪、踊る♫ 「恋するフォーチュンクッキー」にあわせ、多くの市民のみなさんが参加した動画を作成したことを以前にもお伝えしました。

※以前の記事はこちら

今回、「市民が主役」となった、このプロジェクトが評価され、なんと...ついにAKB48から公認をいただきました!(拍手)

「恋するフォーチュンクッキー 兵庫県西脇市Ver./AKB48[公式]」として、YouTube AKB48公式チャンネルで公開されています!

http://www.youtube.com/watch?v=TPGwnvsn3w0


まだご覧になっていない方だけでなく、これまで公認となる前に、すでにご覧になった方も、あらためて動画をご覧いただき、西脇市の多彩な魅力を感じてくださいね~。

ちなみに観光協会も、動画には映っていませんが、事務局職員が2日間の猛特訓を行い、振付の講師として参加しています。

2014年1月31日

【まちかど情報・黒田官兵衛】「官兵衛ゆかりの地」フォトコンテストの優秀作品が決定!

1301contest01.jpg
↑入賞者の表彰

こんにちは(^u^)。最近は、少し陽が射す時間が伸びてきたような気がしますね。
この前、姫路にある大河ドラマ館に行ってきましたが、多くの人で賑わっていました。姫路
の集客力にはかないませんが、西脇市も地道にがんばっていきます。((+_+))

さて、「第1回黒田の里 官兵衛まつり」&「官兵衛ゆかりの地」フォトコンテストが開催され、
作品を見た方の投票により、優秀作品を決定し、1月25日(土)に黒田庄地区コミセンで
入選者の表彰式が行われました。

作品は、今年初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」や、西脇市内の官兵衛ゆかりの地の史
跡・自然・人・風景などを題材とした作品を募集し、市内外から1632作品の応募をいただ
きました。

1216日から17日まで、荘厳寺持仏堂で実施した一般審査の結果、次の6作品が優秀
な作品として選ばれました。

 

氏 名

住     所

題      名

金賞

宮崎芳一

多可郡多可町

光芒

銀賞

山本直由

西宮市

祭りの前夜

銅賞

高瀬忠男

西脇市

かんべえくんとぎゅうべえくんに囲まれて

入選

笹倉 繁政

西脇市黒田庄町

秋彩(荘厳寺)

入選

笹倉 勝

西脇市黒田庄町

夕焼け小焼け(比延山城下)

入選

大城戸正憲

西脇市黒田庄町

道行灯


入選作品については、2月中は、荘厳寺で展示しています。

1301contest02.jpg
↑金賞「光芒」


1301contest03.jpg
↑銀賞「祭の前夜」

1301contest04.jpg
↑銅賞「かんべえくんとぎゅうべえくんに囲まれて」

2014年1月24日

【まちかど情報・黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」ポスターを作成・配布中!

0124post02.jpg
↑「官兵衛の里・西脇市」ポスター


こんにちは(*^_^*)。ブログ更新は久しぶりです。冬の季節はなかなか話題がないので、少し期間が開き
ましたが、これからも記事を載せていきますので、よろしくお願いします!

さて、西脇市観光協会では、遅ればせながら、「官兵衛の里・西脇市」のポスターを作成しました。
当地では、丹波との国境にある多可郡黒田村にあった黒田城主の息子として生まれたと伝わる官兵衛で
すが、ポスターでは、その黒田集落を背景に、「黒田家略系図」を所蔵する荘厳寺・生誕地の石碑が建つ
姥が懐、黒田城址の3つのスポットの写真を織り込んだものとなっています。

ポスターは市内の公共施設や官兵衛ゆかりの地で掲載していますので、ぜひご覧いただき、官兵衛の里
めぐりをしてみてください!


そして、いよいよ始まった大河ドラマ「軍師官兵衛」。
通説の誕生地・姫路市では大河ドラマ館が1月12日(日)にオープンし、主演の岡田准一さんも参加した
オープニングイベントが開催されました。

当日は、西脇市からご当地キャラ「にっしー」が参加し、各地から駆けつけたほかのご当地キャラとともに、
来場者たちにゆかりの地のアピールをしました。荒木村重によって、官兵衛が幽閉された有岡城があった
伊丹市からも「村重たみまる」が参加していましたので、伊丹市のPRを行う「いたみローズメイト」のお姉さ
ん、そしていつも「にっしー」を演じてくれる県立西脇北高校生とともに、記念撮影を行いました。

0124post01.jpg
↑姫路市の大河ドラマ館オープンのイベントでの一幕(伊丹市・村重たみまる&いたみローズメイト)

2014年1月 6日

【まちかど情報・黒田官兵衛】市役所ロビーで「官兵衛の里・西脇市」パネル展示!

0106kanbee01.jpg
↑市役所1階ロビーでの展示


あけましておめでとうございます。本年も西脇市観光協会をどうぞよろしくお願いいたします。

1月5日(日)にNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送がいよいよ始まりました!第1回の放送では、官
兵衛の幼年期から元服までの乱世を生きる素地となった日々が描かれていましたね。ただ、ドラマでは
姫路生まれとなっており、西脇市出自説とは異なっているのは、まあ仕方がありませんね...(+o+)。

さて、放送開始にあわせ、市役所1階ロビーでは「官兵衛の里・西脇市」の展示コーナーを設けています。
官兵衛の西脇市出自説の内容や通説との違い、ゆかりの地を示したマップなどのパネル、これまでの地
元での取り組みなどの写真をコンパクトに展示しています。

展示期間は、2月末までの予定(一部の日を除く。)です。市役所にお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください!

2013年12月 9日

【まちかど情報】「恋するフォーチュンクッキー」~西脇市PR動画を作成!

1210koisuru01.jpg
↑へそ公園・銀河の広場に集まった市民のみなさんによる撮影前の練習風景

こんにちは~(*^_^*)。12月に入り、冬の寒さが増してきましたね~。自動車のタイヤをそろそろ冬用に
変える支度をしようかと思っています。

寒さが増す西脇市ですが、今日はホットな話題をお届けします。
西脇市では、市民の元気な姿を見ていただき、まちの魅力を知ってもらうため、人気アイドルグループA
KB48が歌う「恋するフォーチュンクッキー」にあわせた動画を作成しました。

全国の自治体や企業でも多くの動画が作成され、話題となっており、既に西脇市を含む「北播磨広域観
光協議会バージョン」も作成されていますが、11月に就任した片山西脇市長から「日本のへそ・西脇市
のPRのためにぜひ作成したい!」との熱い思いを受け、市民のみなさんに公募を行い、急きょ作成しま
した。

3分あまりの楽曲に40近くの市民・団体が参加した動画を下記で公開していますので、ぜひご覧ください。

「恋するフォーチュンクッキー」西脇市バージョン


1210koisuru02.jpg ←西脇市生誕説がある黒田官兵衛に扮する片山西脇市長

1210koisuru03.jpg 1210koisuru04.jpg
↑市街地をバックに踊る西脇宣隊☆へそレンジャー      ↑サンタの帽子をかぶり、振付の練習をする日野の子どもたち

1210koisuru05.jpg 1210koisuru06.jpg
↑踊りパートを練習するNPO法人「虹の会工房」のみなさん ↑終業後の市役所1階カウンターでの撮影風景

2013年11月29日

【まちかど情報】「紅葉に恋する西脇市」...紅葉スポット情報☆

1030kouyou01.jpg
↑朝霧が広がり、深まりを感じる西脇市の秋


こんにちは~( ^^) _U~~。秋が深まってくる中、もう11月になってしまいましたね。

さて、秋から冬への季節の変わり目を彩るものといえば...そう紅葉です。
北播磨の奥座敷・西脇市には、実はまだそれほど人には知られていない紅葉のスポットがあります。
特におすすめのスポットとして、2箇所の古刹を紹介します。

イメージパンフレットは こちら

※11月29日現在 ... 落葉してきています。


西林寺 【西脇市坂本】
 
  見ごろ :11月中旬~12月上旬
  拝観時間 :自由 (※ただし、日中にしてください。)
  拝観料 :無料
  開催イベント :「照楓会」
          11月17日(日) 午前10時~午後3時 
          お茶席、筝曲演奏など  

1030kouyou02.jpg

1030kouyou03.jpg


荘厳寺 【西脇市黒田庄町黒田】

  見ごろ :11月中旬~11月下旬
  拝観時間 :自由 (※ただし、日中にしてください。)
         黒田家略系図が展示されている持仏堂内の拝観は、午前10時から午後4時までです。  
  拝観料 :無料
  開催イベント :「黒田の里 官兵衛まつり」
          11月17日(日) 午前10時~午後3時 
          甲冑行列、舞台イベントなど

          ※詳しい内容は こちら

1000kfes01.jpg

1030kouyou04.jpg

2013年11月22日

【まちかど情報】最盛期を迎えた二大紅葉スポットをレポート☆

1122kouyou01.jpg
↑赤・橙・黄・緑色のコントラストが美しい荘厳寺

こんばんは(*^_^*)。日が暮れるのが本当に早くなってきましたね。

以前のブログ記事でも紹介しましたが、北播磨の奥座敷・西脇市のとっておきの紅葉スポット・2箇所の
紅葉が真っ盛りを迎えました。
 
市内坂本にある四季にさまざまな花が咲くことで知られる西林寺と、官兵衛ゆかりの地としても知られる
荘厳寺の紅葉です。

両寺とも、境内・参道に赤・橙・黄色の色づいた葉が、太陽の光を受けてきらめき、青空に映える美しい
風景を作り出しています。この週末は、天気がよさそうなので、ぜひお越しいただき、古刹の彩り豊かな
秋のひとときをお楽しみください!

紅葉は来週いっぱいまで楽しめそうです。

詳しい場所などは、こちらの記事をご覧ください。


【西林寺の紅葉】

1122kouyou02.jpg

1122kouyou03.jpg


【荘厳寺の紅葉】

1122kouyou04.jpg

1122kouyou05.jpg

2013年11月18日

【まちかど情報】AKB48のダンス動画で北播磨の観光PR!

1000akb02.jpg
↑黒田家家系図所蔵・荘厳寺で「北播磨黒田官兵衛生誕地の会」のみなさんが参加して撮影

こんにちは(*^_^*)。ついに初開催「黒田の里 官兵衛まつり」が盛大に行われ、終わりました。この話題
は後日にまたレポートしますね~。

さて、今回の取り上げるトピックは、AKB48ダンス動画で北播磨をPR!ということです。

北播磨広域観光協議会(事務局:兵庫県北播磨県民局)の呼びかけで、北播磨5市1町の観光部局を
中心にさまざまな団体が参加し、AKB48のシングル曲「恋するフォーチュンクッキー」のPVダンスにあわ
せた動画を作成しました。

西脇市からは、わが「西脇市観光協会(+西脇商工会議所)」、上の写真の「北播磨黒田官兵衛生誕地
の会+黒田牛兵衛」、「西脇高校生活情報科(播州織ファッションショーモデル)」、「北はりま旬菜館」、
「西脇TMO+にっしー+西脇北高校生徒(にっしーボランティア)」、「企業組合くろっ子マザーズ」、「イー
ジム西脇ダンススクール」の7組が参加し、曲にあわせたダンスを披露しました。

即席で練習を行い、すぐに撮影。写真の「北播磨黒田官兵衛生誕地の会」のみなさんは、「これも西脇市
のPRになれば...」との思いから、気温が低い中、お揃いのTシャツを着用して、踊っていただきました!

西脇市以外の各市町でもさまざまな団体が登場し、完成した動画をぜひご覧ください!
そして、西脇市、北播磨を知っていただき、来てもらえれば幸いです。

→作成動画は こちら(You tube)

→県民局PRページは こちら
  

1000akb01.jpg
↑撮影本番前の練習風景。

2013年11月 4日

【まちかど情報・黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」PRのぼりを設置!

1104nobori01.jpg
↑市内の公共施設等に設置

こんにちは(●^o^●)。3連休の最終日になりましたが、なんとか今日は天気が回復してくれました!
せっかくの連休...あいにくの天気でしたが、みなさんはどこかにお出かけになりましたか?

さて、11月に入り、初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」まであと2週間。
今年最大の西脇市の官兵衛イベントに向け、徐々に機運が盛り上がってきています!

そんな中、まつりの開催にあわせ、「官兵衛の里・西脇市」をPRするため、のぼりを作成し、市内の公
共施設や集客施設に順次掲示しています。

家紋の藤巴からイメージした紫色をベースに、書道家・森川珪石氏が揮毫した「官兵衛の里 西脇市」の
公式ロゴを用いたデザインです。これを契機により多くの人に「官兵衛の里・西脇市」を知ってほしいもの
ですね。

そして、まつり当日(前夜祭も含めて...)は、ぜひ天気に恵まれてほしいです(祈)。

1104nobori02.jpg
↑市役所にも設置。前を通る国道427号のドライバーにPR

2013年9月19日

【まちかど情報】自動販売機に西脇市の観光イラストマップ!

0909vender01.jpg
↑一見普通の自動販売機ですが、横面をみると...

こんにちは( ^^) _U~~。青空が広がるいい天気です。

でも、さきの台風による豪雨で、近畿地方を中心に浸水被害にあわれた地域の方々には、心から
お見舞い申し上げます。

さて、今回の話題は、市内にある自動販売機。正面はごく普通のどこにでもあるような自動販売
機なのですが、サイドには西脇市の観光イラストが描かれています。

これは、地域活性化に一役買おうと、兵庫ヤクルト販売株式会社が自社の自動販売機に付けて
いるもので、西脇市をはじめ北播磨地域の市町を中心に、こうした販売機が登場しています。

西脇市のイラストには、旧来住家住宅やテラドームなどのおなじみの観光施設、播州ラーメンや
播州織といったご当地商品、そして今生誕地では?と話題の黒田官兵衛や、ゆるキャラ「にっしー」
も描かれています。

市内に30か所ほど自動販売機を設置しているとのことですので、順次貼られるようですので、み
なさんもぜひ見つけてみてくださいね!

また、西脇営業所の御好意により、自動販売機ではないのですが、市内の道の駅「北はりまエコ
ミュージアム」内にも特別に貼らせていただいておりますので、ぜひご覧ください。


0909vender02.jpg
↑西脇市の名所・名物などが描かれたイラスト

2013年8月17日

【まちかど情報】お盆の伝統行事・西脇区の「精霊流し」

0816syouryou01.jpg
↑中心市街地・蓬莱橋下で行われる「精霊流し」

こんにちは(*^_^*)。暑い日が続いていますね~。
昨日は甲子園初出場の地元・西脇工業高校野球部が奮戦しましたが、惜しくも2回戦で敗退。残念で
はありますが、西脇のまちに多くの勇気と感動を与えてくれました!選手の皆さん、お疲れさま。そして
ありがとうございます!

ブログ担当者も1塁側外野席に陣取り、応援をしましたが、陸上でも有名な西脇工業高校ファンは想像
以上に多く、一体感のある圧倒的な応援は、甲子園出場校の中でナンバー1であると確信しました!
特に9回裏の応援は、地鳴りのようでしびれました!

さて、話題がそれましたが、今回のトピックは、8月15日(木)に杉原川で行われた「精霊流し」です。
西脇区では、昔から毎年8月15日に行われているもので、お盆に故人をしのぶため、盆提灯のろうそく
に火を灯し、川に浮かべて流すものです。

日が暮れる頃から、会場の蓬莱橋下の杉原川河川敷には、イラストや文字を描いた盆提灯を携えた近
所の人が集まり、次々に川に流していきます。
調べてみると、「精霊流し」は、長崎県を中心に仏教行事として盛んに行われているようですが、兵庫県
内でも何箇所かで行われているようです。

夏の区切りを感じる、お盆ならではの厳かで幽玄な伝統行事でした。

(※環境への配慮から、盆提灯は下流で回収しています。)

0816syouryou02.jpg
↑川面に浮かぶ盆提灯

2013年7月29日

【まちかど情報】祝・西脇工業高校甲子園出場☆7/29~31 旬菜館も応援します!

おめでとう!!西脇工業高等学校甲子園初出場~!!

 

西脇工業高等学校が初の甲子園出場を決めました~!!
まずは、西脇工業高等学校野球部のみなさん、おめでとうございます。
昨日は球場での応援、テレビでの応援に力が入った方も多かったのではないでしょうか。

学校関係者のみならず、地域の多くの方が快挙に沸いています♪♪
野村町にある北はりま旬菜館では甲子園初出場を祝して7月29日から応援の横断幕を掲げていま
す。
  

0729shunsaikan01.jpg

↑西脇工業高校近くの北はりま旬菜館。甲子園初出場をお祝い!! テレビ局の取材も来ていました~!


全国高校野球選手権大会は8月8日開幕です。兵庫県大会と同様、熱い戦いを期待しましょう。

2013年7月24日

【まちかど情報】黒田庄和牛を使用~期間限定「トータス丼」が食べられます!

0724to-don01.jpg
↑道の駅・北はりまエコミュージアムで販売している持ち帰り用「トータス丼」


こんにちは(^-^)。はじまりました夏休み↗。海や山へのレジャーに絶好の季節ですね~。

さて、今回は「トータス丼」販売のトピックです。
「トータス丼」は、その名が示すとおり、地元・西脇市黒田庄町出身の偉大なミュージシャン、トータス
松本さんのご協力をいただき、考案されたメニューです。

地元特産で、その多くが神戸ビーフとなる「黒田庄和牛」のバラ肉と地元産の玉ねぎを使い、焼き肉
風の甘辛~いタレで炒め、その上に地元特産の「日本のへそゴマ」を振りかけたものです。そして、
パッケージには、トータス松本さん直筆のイラストを使用しています。

この「トータス丼」は、毎年夏に地元「播磨中央公園」で開催されるコンサート、「歌う!トータス松本伝
」にあわせ、2010年に販売を始めたものです。その後、好評につき、毎年コンサートの開催に
あわせ、西脇市内と多可町内の店舗において期間限定で提供されているものです。

今年も6月15日(土)からコンサート当日の8月31日(土)まで、各店舗で食べることができます。
また、道の駅・北はりまエコミュージアムでは、期間中の土日限定で持ち帰り用を販売しています。
さらに、西脇ロイヤルホテルでは、「1泊2日トータス丼!セットプラン」の宿泊メニューもあります。

西脇市内での提供店は、以下のとおりです。

 ◆ますのみ松屋
  西脇市上野224 TEL:0795-22-5458
 ◆けんしん亭
  西脇市黒田庄町大門75-1 TEL:0795-28-2557
 ◆つぼ八西脇店
  西脇市和田町253 TEL:0795-24-7788
 ◆大門
  西脇市鹿野町1136 TEL:0795-23-2510
 ◆万松
  西脇市高田井町245-1 TEL:0795-22-7307
 ◆西脇ロイヤルホテル
  西脇市西脇991 TEL:0795-23-2000


0724to-don02.jpg
↑トータス丼の中味。黒田庄和牛にまぶした金ゴマは西脇市特産品のコラボです(●^o^●)

2013年7月22日

【まちかど情報】富良野オムカレーを西脇で!(梅吉亭)

IMG_6043.jpg

 

毎日暑い日が続きますね~*

今回は観光シーズン真っ盛りの友好都市・富良野市の新・ご当地グルメ「富良野オムカレー」
についての話題です!
富良野オムカレーとは地元(富良野)食材と提供スタイルにこだわった6ヶ条の定義に基づき、
富良野農業と観光・商業振興、地域活性化の一助と位置付けて開発された地域ブランドメ
ニューです。

 

昨年の西脇高等学校の生徒による、梅吉亭での富良野オムカレー提供に引き続き、今年もそ
の富良野オムカレーを、西脇市で食べていただけます!生徒たちが、梅吉亭でワンデイシェフ
腕を振るいます。

 

とことん富良野にこだわって作られている富良野オムカレーに、西脇限定のアレンジを加えた
富良野市と西脇市の魅力がいっぱい詰まった一皿「富良野オムカレー 西脇高校バージョ
ン」をぜひ味わってください♪♪

 

富良野オムカレーについては下記をクリック!
  ⇒富良野オムカレー推進協議会オフィシャルサイト

 

とき  7月30日(火)、8月2日(金) ランチタイム11時30分~(売切れ次第終了)
ところ 
梅吉亭
価格  800円
シェフ 西脇高等学校生活情報科生徒

 

H24富良野オムカレー.jpg

↑昨年の「富良野オムカレー ~西脇高校バージョン~」

 

IMG_9575.jpg

↑今年も高校生が愛情いっぱいの富良野オムカレーを提供します☆(写真は昨年の様子)

 

 

2013年7月19日

【まちかど情報】ビアパーティー+BBQ恋カツを開催します!(西脇ロイヤルホテル)


0719royal01.jpg
↑西脇バスターミナルに併設する西脇ロイヤルホテル

こんにちは(*^_^*)。セミの鳴き声をよく聞くようになってきましたね。明日からいよいよ夏休み。目一杯夏を
楽しみましょうね。

さて、今回は観光協会会員事業者からのお知らせです。
西脇市の中心部に位置する西脇ロイヤルホテルでは、暑い夏を心地よく乗り切るイベントとして、夏季限定
の「ビアパーティー」が、7月10日から8月31日までホテルレストランで開催されています。

卓盛料理とアルコールなど飲み放題90分でおひとり税込3,000円!。時間は午後5時30分から午後9時
(ラストオーダーは午後8時30分)までとなっています。
また、お盆以外の水曜日限定で、アピカホールエントランスでは屋外ビアガーデンも開催されます。

そして、もうひとつ「恋カツパーティー2013~真夏の恋カツBBQ大会」のお知らせです。
8月25日(日)に日本のへそ日時計の丘公園でのバーベキューを楽しみながら、独身男女の仲を深めていた
だこうと企画されたイベントです。
素敵な出会いを求めている方や異性の友達を対象にしたもので、こちらも西脇ロイヤルホテルが主催するイ
ベントです。男女各40名を募集しており、グループでの参加も可能です。

詳しくは、下記をご覧ください。
夏を楽しむ企画にぜひ参加してみませんか?

ビアパーティーちらし   恋カツパーティーちらし


○問合せ・申込み
  西脇ロイヤルホテル TEL 0795-23-2000
  http://www.nishiwaki-royalhotel.jp/
 

2013年7月 6日

【まちかど情報・観光施設情報】こみせん比也野「へそ・で・ちゃ」のお得なランチ!



0706hie02.jpg
↑「へそ・で・ちゃ」の店内。

こんにちは(●^o^●)。今日は昨日よりはまちですが蒸し暑く、曇り空が広がっています。

さて、今回は鹿野町にある「こみせん比也野」の地域ふれあい交流店「へそ・で・ちゃ」でいただけるお
得なランチのトピックです。

かつて農協の支店であった建物を利用した比延地区のコミュニティセンターの1階にある「へそ・で・
ちゃ」。「日本のへそ」にちなんで名付けた交流スペースでは、地元に住む女性陣が、地域の方や比
延地区を訪れた方に憩いのひと時を過ごしていただこうと、地元食材を利用したおふくろの味を毎週
水曜日限定
で提供しています。

メニューは毎回違いますが、今回訪れた時は、ポテトオムレツをメインに酢の物やデザート、それにご
はんとすまし汁が付いた定食でした。このボリューム満点の手作り定食は、ワンコインの500円!。
ヘルシーな味つけで、お腹を十分に満たしてくれます。また、プラス100円でコーヒーか紅茶を付ける
こともできます。あたたかみがあふれる店内は、地元の人を中心に、多くの人でにぎわっていました。

ぜひお得なランチを一度ご賞味ください!
ただし、数量が限定なので、電話での予約をお勧めします。

なお、喫茶コーナーと惣菜や日常雑貨の販売は、営業時間内ならいつでも利用していただくことがで
きます。

○こみせん比也野(ひやの)・「へそでちゃ」
 
 住   所:西脇市鹿野町720-1(JR加古川線・比延駅から徒歩5分)
 電   話:0795-24-0120 (※ランチは予約をおすすめします。)
 営業時間:10時~15時
 休みの日:日曜・祝日・月曜  

0706hie01.jpg
↑この内容で500円!ポテトオムレツは温かく、ヘルシーなお味でした。満足感100%以上!

2013年7月 5日

【まちかど情報】地場産業「播州織」の魅力!~のし袋

0705noshi01.jpg
↑これぞ工芸品。播州織の魅力を織り込んだお祝い用のし袋

こんにちは(^-^)。梅雨の時期特有の湿気の多い暑さになってきましたね...。

今回は西脇市を代表する地場産業「播州織」の話題です。「播州織」は糸を先に染めてから織る先染織物で、
200年以上の歴史と伝統を誇ります。その魅力はなんといっても、自然な風合い、豊かな色彩、そして素晴ら
しい肌触りで、シャツやハンカチなどの様々な製品に加工されています。

そんな中でも
、播州織の魅力を利用したちょっと意外な商品を紹介します。
その商品は「播州織ハンカチのし袋」です。「播州織」のハンカチと長野県飯田市の伝統工芸である「水引」の
コラボレーションで誕生したものです。

製作しているのは、観光協会会員企業でもある
「織衣羽(有限会社小林商事)」さん。もらった方に後々まで永
く使っていただきたいとの思いから開発されたものです。鮮やかで華やかな色柄からモノトーンなどシックな色
柄も揃っており、冠婚葬祭に幅広く使っていただけるとのことです。贈る側の気持ちを存分に伝えることができ
るだけでなく、個性も発揮でき、もらう側にも嬉しい商品ですね。

この「播州織ハンカチのし袋」は、全国推奨観光土産物審査会の『日本観光振興協会会長賞」』を受賞したほ
か、兵庫県物産協会
『五つ星ひょうご』にも認定されている商品です。
みなさん、一度手に取ってみてはいかがでしょう♪

【販売元】
 織衣羽(有限会社小林商事)
 西脇市水尾町818-1TEL 0795-27-0336
 FAX 0795-27-0338
 HP 
http://olive4.web.fc2.com/

 ★上記HPで通信販売もしています!

【市内取扱店舗】
 
北はりま旬菜館
 播州織工房館
 西脇情報未来館21
 道の駅北はりまエコミュージアム
 西脇ロイヤルホテル

0705noshi02.jpg 
↑色彩豊かで、いろいろな種類がある播州織ののし袋。

2013年6月26日

【まちかど情報】あじさいが見ごろを迎えています。(坂本・都麻乃郷あじさい園)




27ajisai01.jpg
↑大輪の花を咲かせるあじさい

こんにちは(●^o^●)。
今日は本格的な雨でしたね。

今回は、坂本の「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」のあじさいが見ごろを迎えているというトピックで
す。

花の寺として知られる古刹・西林寺境内に隣接するあじさい園には、地元「あじさい協会」の方々によ
って、大切に育てられた3千株・数万本ものあじさいが咲き誇ります。

写真のように雨露に濡れた花は、しっとりとした情感を出していました。
開花期間は少し。美しいあじさいの姿をぜひ見に来てくださいね。

○開園情報
  6月9日(日)~7月7日(日)/開園時間 10時~15時
  ※園内見学の際は、整備協力金として、おひとり200円の御協力をお願いします。 
 
  あじさい園パンフレット


27ajisai02.jpg
↑見ごろを迎え、咲き誇る色とりどりのあじさい。

27ajisai03.jpg
↑園内中央にあるユーモラスな看板「ここへあがってみてごらん」に従って上がってみると...

27ajisai04.jpg
↑少し高い場所なので、このような見事な景観をご覧いただけます。

2013年6月18日

【まちかど情報・イベント案内】畑谷川ホタル情報☆

13hotaru01.jpg

こんにちは(*^ ^)v
心地のよい暖かい日が続いていますね~☆

さて、今回のトピックは、初夏の風物詩・畑谷川のホタル情報です

地元・中畑町の方が生息環境の保全に努めながら、幼虫から大切に育てたホタルが乱舞する光景が
見られ、その数は最盛期には数万匹ともいわれます。

ホタルの生息区域は自然豊かで静かな環境です。マナーを守って観賞していただきますようお願いい
たします!

13hotaru02.jpg
↑畑谷川を乱舞するホタル


■ホタル情報
 
 場所 畑谷川周辺(中畑町:にしわき中畑工場公園~双葉小学校) 
       周辺地図はこちら↓
      
http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/sightseeing/hotaruseisokuchi.html

 
 ・見ごろ予想 5月下旬~6月中旬
          ※天候や川の増水等により、状況が変わります。ご了承ください。
 
 ・見ごろ状況【6月18日(火)現在】 
  少なくなってきました。 
  ※ 特に下流域では飛行が少なくなってきています。
  ※ 現地無料案内所の開設は16日(日)で終了しました。


 ・観賞時間  日没から午後9時頃まで

 ・案内図(アクセスマップ・観賞ガイドマップ)

  アクセスマップ.pdf   
観賞ガイドマップ(H25).pdf

≪注意事項≫
  ☆ 路上駐車はご遠慮ください。また、足元が暗いですので、十分ご注意してください。
  ☆ ゴミ等は必ずお持ち帰りください。
  ☆ カメラ・携帯等でのフラッシュ撮影はご遠慮ください。(他の方にご迷惑となります。)
  ☆ バス等で来られる場合には、本市観光協会まであらかじめご連絡ください。 



■第25回「ふるさとホタルまつり」の開催情報

 ※ 終了しました。

 ・日時 6月1日(土)午後2時から

 
・場所 中畑町・にしわき中畑工場公園(雨天時は、双葉小学校体育館)

 
・主な内容 <午後2時~午後5時>
          地元小学生等による踊り、大道芸、ニジマスつかみどり、バザーなど

         <午後8時~午後9時30分>
          ホタル観賞(畑谷川)

13hotaru04.jpg
↑昨年のまつりの様子

2013年6月17日

【まちかど情報・イベント案内】都麻乃郷あじさい園開園・あじさいまつり開催(坂本)のお知らせ☆

17ajisai01.jpg

こんにちは(●^o^●)。
天気がよい日が続いていますが、もうすぐ6月...梅雨の季節がやってきますね。

今回は、梅雨の時期・ホタルと並ぶ西脇市の風物詩、坂本の「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」
開園と「あじさいまつり」のお知らせです。

花の寺として知られる古刹・西林寺境内に隣接するあじさい園には、3千株・数万本ものあじさいが咲
き誇ります。あじさいは土壌の酸性・アルカリ性の度合いで、花の色が異なることでもよく知られており、
園内にも、おなじみの紫色の花から赤み(アルカリ度が高い)や青み(酸度が高い)がかかった花など
さまざまなものがあります。

あじさいの花言葉は、「移り気」、「高慢」、「あなたは冷たい」などマイナスなイメージなものが多いで
すが、中には「元気な女性」、「辛抱強い愛情」なんていうものもあります。

雨が降った後、雨露に濡れた花は、しっとりとした情感を出してくれるので、美しさが際立つシーンで
す。そんな姿が花言葉に反映されているのかもしれませんね。

○開園情報
  6月9日(日)~7月7日(日)/開園時間 10時~15時
  ※園内見学の際は、整備協力金として、おひとり200円の御協力をお願いします。 
 
  あじさい園パンフレット

○あじさいまつり情報

  ※終了しました。

   6月16日(日) 10時~15時
  ・大茶盛(あじさい観賞のお茶席)
  ・「手作り市」(陶芸・工芸品の販売)
  ・うどん、あじさいせんべいの販売
  ・大福引き大会(先着1,000名様)

  H25あじさいまつりちらし


17ajisai03.jpg
↑あじさい園の様子(6月11日現在)

2013年6月16日

【まちかど情報】今年の畑谷川ホタル写真☆

こんにちは(^.^)。今年は長い梅雨の中休みが続いていますね~☆
そして来週には台風が近づくという予報もあります。

さて、今年の中畑町・畑谷川のホタルの写真を掲載します。
【畑谷川のホタル発生情報は、ブログ別ページをご覧ください。】
このブログ担当者として、地元のホタルの魅力を伝えるべく、幾度か写真撮影にも挑戦しています
が、これがなかなか難しいもので...(+_+)

地元の方にお話を聞くと、今年は発生時期の前半には気温が低く、ベストシーズンとなってきた今
は雨が少なく、ホタル発生のコンディションとしては良くないので、例年どおりの乱舞は見られない
かも...とのことでした。こればっかりは、自然が成しえる演出なので、仕方ありませんが、それでも
十分な光の舞が見られますよ...。

畑谷川では、中畑町を中心に上流の住吉町から加古川合流部の「日本へそ公園」付近まで生息し
ています。あとしばらくの間、幻想的な光を静かにご観賞ください。

以下に頑張って(?)撮影した写真を掲載しますので、ご覧ください。


19hotaru-f03.jpg
↑ 5月31日(金)午後8時30分ごろ撮影

13hotaru06.jpg
↑ 6月6日(木)午後9時45分ごろ撮影

21hotaru01.jpg
↑↓6月8日(土)午後11時ごろ撮影(約2分間の露光撮影)
21hotaru02.jpg
 

13hotaru07.jpg
↑6月16日(日)午後11時ごろ撮影

2013年5月31日

【まちかど情報】道の駅・北はりまエコミュージアム来場者300万人達成!

18denkuu01.jpg
↑道の駅「北はりまエコミュージアム」


こんにちは(^-^)。今年は早くの入梅でしたが、今日は梅雨の中休みのようです。
さて、今回紹介するのは
道の駅「北はりまエコミュージアム」(寺内)の来場者がついに300万人を突
破したというトピックです。

道の駅「北はりまエコミュージアム」は、平成14(2002)年9月にオープンし、西脇市と多可町で形
成する「屋根のない博物館」である「北はりま田園空間博物館」の総合案内所としての役割も担って
います。

併設する特産品販売スペースでは、地元農産物や特産物を販売しており、連日多くの人が訪れてい
ます。そして、このたびオープンから約12年での300万人の来場者を達成し、記念となる来場者の
方に地元特産品のプレゼントを行いました。

道の駅など施設を運営するNPO法人北はりま田園空間博物館では、訪問客に西脇市と多可町の魅
力を紹介するとともに、さまざまなイベントやバスツアーを実施しています!

18denkuu02.jpg
↑300万人目の来場者(富山市在住の庭山さん御夫妻)にマスコットキャラクター「でんくる」くんらが記念品をプレゼント

2013年5月 6日

【まちかど情報】道の駅・北はりまエコミュージアムで鯉のぼりが泳いでいます。



11denku01.jpg
↑道の駅に隣接する天神池の上を泳ぐ鯉のぼり


こんばんは(^-^)。
ゴールデンウイークもあっという間に終わってしまいましたね...。ほぼ好天に恵まれて、よかったですね。

さて、寺内にある北はりま田園空間博物館の総合案内所を併設している道の駅「北はりまエコミュージ
アム」では、天神池の上を数十匹の鯉のぼりが泳いでいます。

数年前から地元のまちづくり団体によってはじめられたもので、この時期の恒例イベントとなっています。
風に吹かれ、さわやかに涼しげに泳ぐ姿は、5月中楽しめます。

2013年5月 4日

【まちかど情報】六所神社(明楽寺町)のフジが咲いています!

10fuji01.jpg
↑六所神社のフジ棚。棚下には観賞用のベンチもあります。

こんにちは!(^^)!。ゴールデンウイークも後半になりましたが、お出かけ日和が続いていますね。今日は
明楽寺町にある六所神社のフジを紹介します。

六所神社はその名が表すとおり、6柱の神様を祀る古社で、創建は鎌倉時代の1319年前後といわれ
ています。現在の本殿も江戸時代中期の1789年に建てられた由緒あるものです。

その境内には、樹齢300年と推定されるフジの老木があり、市の天然記念物にも指定されています。
しかし、数年前の台風でこの老木は甚大な被害を受け、一時はもう花は咲かせないかと心配されま
した。その後新たにフジ棚を整備し、なんとか回復、ゴールデンウイーク頃になると、薄紫色の美しい
花が見ごろを迎えています。

枯死の危機を乗り越え、悠久の歴史を見守ってきた老木が咲かせる美しい花をぜひご覧ください!

☆場所はこちら
http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/history/rokushojinja.html


10fuji02.jpg
↑花先を垂らすフジ。老木ですが、今後の成長も期待!

2013年4月19日

【まちかど情報】「しばざくら」と「鯉のぼり」が共演!(西脇・旧来住家住宅)

_MG_3101.jpg

おはようございます!(^^)!
春らしい好天の日が続いていますね(嬉)!

中心市街地にある国登録有形文化財の旧来住(きし)家住宅では、前庭のしばざくらの
じゅうたんが見ごろを迎えています。そして、もう間もなく、男児の健康と出世を願う端午
の節句-ということで、しばざくらが咲き誇る中に鯉のぼりも立てられ、大空を涼しげに
泳いでいます。

しばざくらの見ごろは、5月上旬ごろまで。それまでは、しばざくらと鯉のぼりの共演が見
られますので、ぜひお越しください。

入場無料です!(特別なイベントがある場合は、除きます。)

○旧来住家住宅HP
http://www.umekichi-tmo.jp/kishi/index.html

満開のしばざくら(来住邸).jpg
↑満開になるとこのように美しい彩りのしばざくらが見られます。

2013年4月12日

【まちかど情報】西脇市の花「しばざくら」が見ごろを迎えはじめています。



へそ公園しばざくら.jpg
↑日本へそ公園に植栽されたシバザクラ

こんにちは(*^_^*)

今年はサクラが咲くのが、例年になく早く、すでに散ってしまっているところが多くありますね~。
サクラの次は、地面に咲くサクラ-シバザクラが見ごろを迎え始めています!

 「しばざくら」は、花が色どりが美しい織物を敷き詰めたように見えることから、播州織の産地で
ある西脇市にふさわしい花として、市の花に指定されています。

シバザクラの花言葉は、「臆病な心」、「忍耐」、「燃える恋」、「華やかな姿」などさまざま。
市内各所で植栽されていますので、美しく可憐な花の姿をぜひお楽しみください! 


■西脇市HPでも市内の見どころを紹介しています!
 http://www.city.nishiwaki.lg.jp/topics/1365566617328.html

2013年4月 7日

【まちかど情報】春の女神・ギフチョウの舞(日本のへそ日時計の丘公園)



花にとまる可憐なギフチョウのサムネール画像

こんにちは!(^^)!
春になると美しい姿を見せてくれるギフチョウを紹介します。

3月下旬にリニューアルオープンした黒田庄町門柳の「日本のへそ日時計の丘公園」。
公園の中にあるドームでは2百匹のギフチョウが乱舞しています。

ギフチョウは大きさ5センチほどで、黄白色と黒の縦じま模様が特徴です。
日本の固有種のチョウで、里山林で生息していますが、近年生息環境が悪化している
ことから個体数が減少しています。

旧黒田庄町時代から住民ボランティアグループのみなさんが中心となって、ギフチョウの
人工飼育を手がけられており、愛情に包まれて育った美しく可憐な姿を楽しめます。

美しいチョウの姿となっても生きられるのは1~2週間。
短い生命ですが、4月中ごろまでその姿を見ることができますので、ぜひお越しください!

あっ、バーベキューもお忘れなく!(日時計の丘公園HPでもサイト予約できます。)

○日本のへそ日時計の丘公園HP
  http://www.nishiwaki-hidokei.jp/

※保護のため、金網越しの見学となります。

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28