にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

観光スポット

日本の「おへそ」で気取りのない人、自然、アートに癒やされる

市の中心部で東経135度、北緯35度が交差している西脇市は、まさに日本のまんなか、「おへそ」のまち。緑に囲まれた清流のほとりでのんびり過ごせる、気取りのない故郷です。

中心市街地にある国の登録有形文化財、旧来住家住宅は、古き良き日本に会える場所。玄関には季節の山野草が飾られ、おくどさん(かまど)のある土間ではお茶の用意も。屋敷の至るところに田舎の温かなもてなしが息づいています。座敷の一部と蔵はギャラリーとして利用されており、地元作家の作品展も見どころです。宇宙の神秘とスケールの大きさにふれて癒やされたい、そんなあなたは経緯度交差地にある日本へそ公園へ。口径81cmの大型反射望遠鏡があり、昼でも星が見えるテラ・ドームや、西脇市出身の世界的美術家・横尾忠則さんにゆかりがあり、現代美術の企画展示を行う岡之山美術館などがあります。

このほか、アウトドア派に人気の西脇市日本のへそ日時計の丘公園、風光明媚な西林寺、陶芸体験が楽しめる緑風台古窯陶芸館など、日常の喧騒を忘れさせる「なごみスポット」がいっぱいです。四季折々に美しい花の名所をめぐる旅もおすすめですよ。