にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【グルメ・まちかど情報】友好都市・富良野オムカレーを提供(梅吉亭)☆ 2014年8月 5日

1408omuc01.jpg
↑西脇バージョンの富良野オムカレー


こんにちは(^.^)/~~~。台風が次々と来ているので、おもわしくない天気が続いていますね〜。

さて、8月1日(金)・2日(日)の2日間、日替わりシェフレストラン「梅吉亭」で富良野オムカレーが提供されました。
「へそ」が取り持つ縁で、西脇市の友好都市となっている北海道富良野市のご当地グルメ・富良野オムカレーを西脇高校生活情報科の生徒が毎年夏休み期間中に実施しているもので、今年で3年目となります。

1408omuc02.jpg
↑提供されたオムカレーのセット

富良野から取り寄せたカレーソースと卵を調理し、西脇市特産の黒田庄和牛をトッピングした特別バージョンのカレープレートに、サラダなどのオリジナルメニュー、さらに本場と同じ「ふらの牛乳」を加え、デザートには富良野産のメロンまで用意し、800円という破格の安さで提供されました。

20席あまりの店内はランチタイムの開始とともに埋まり、2日目は新聞報道されたこともあり、予約客でほぼ完売となりました。2日間であわせて110食が提供され、多くの人に富良野と西脇のコラボレーションの味を楽しんでいただきました。(食べられなかった人ごめんなさい!)

2日目には、富良野市から富良野オムカレー推進協議会の松野事務局長と、富良野オムカレーをPRする「ふらのカレンジャー娘」を擁する富良野緑峰高校の杉田先生にお越しいただき、味わっていただきました。

1408omuc03.jpg
↑当日提供されたオリジナルカレーセット。これにメロンまでプラス!

富良野緑峰高校からは、学校で手塩にかけて育てられたふらのメロンをいただくとともに、西脇高校の生徒が播州織で作ったエプロンや帽子を提供している「ふらのカレンジャー娘」からカレー作りに頑張る西脇高校生徒に手書きのメッセージもいただきました。

今後も、それぞれのまちの特産品を通じた若い年代の交流を深めていければと思いました。


1408omuc04.jpg
↑富良野緑峰高校・杉田先生からメロンのプレゼント

1408omuc05.jpg
↑カレンジャー娘からの手書きメッセージも贈られました。