にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【まちかど情報】春の女神・ギフチョウの舞(日本のへそ日時計の丘公園) 2013年4月 7日

こんにちは!(^^)!
春になると美しい姿を見せてくれるギフチョウを紹介します。

3月下旬にリニューアルオープンした黒田庄町門柳の「日本のへそ日時計の丘公園」。
公園の中にあるドームでは2百匹のギフチョウが乱舞しています。

ギフチョウは大きさ5センチほどで、黄白色と黒の縦じま模様が特徴です。
日本の固有種のチョウで、里山林で生息していますが、近年生息環境が悪化している
ことから個体数が減少しています。

旧黒田庄町時代から住民ボランティアグループのみなさんが中心となって、ギフチョウの
人工飼育を手がけられており、愛情に包まれて育った美しく可憐な姿を楽しめます。

美しいチョウの姿となっても生きられるのは1〜2週間。
短い生命ですが、4月中ごろまでその姿を見ることができますので、ぜひお越しください!

あっ、バーベキューもお忘れなく!(日時計の丘公園HPでもサイト予約できます。)

○日本のへそ日時計の丘公園HP
  http://www.nishiwaki-hidokei.jp/

※保護のため、金網越しの見学となります。