お知らせ

黒田官兵衛

2016年11月 4日

【黒田官兵衛・まちかど情報】「官兵衛の里ハイキングコース」が新日本歩く道紀行推進機構HPに掲載

0513hike03.jpg
↑過去に実施したコースをたどるハイキング


こんにちは(●^o^●)。すっかり秋が深まり、寒さが増してきましたが、青空が広がる日が続いていますね。

さて、昨年9月30日に黒田庄町黒田の官兵衛ゆかりの里をめぐるハイキングコース「日本のへそ・北はりま「日本一長い」散歩道(官兵衛の里・黒田ハイキングコース)」が、新日本歩く道機構選定委員会から第1期コース「歴史の道」として認定されていましたが、このコースを紹介するホームページが開設されました。

・特定非営利活動法人新日本歩く道機構推進委員会HP https://michi100sen.jp/

・コース紹介サイト http://search.michi100sen.jp/b/michi_portal/info/C128017/?t=list&s=course


武将伝承の足跡をぜひ一度歩いてみてください。


◎ウォーキングコースの名称

 日本のへそ・北はりま「日本一長い」散歩道

◎距離数

 約4.5キロ

【コース】

 JR本黒田駅 → 松ヶ瀬(官兵衛の母・遭難地) → 多田城址(城主居館跡) → 姥が懐(伝黒田官兵衛生誕地) →

 黒田城址(伝・居城跡) → 生誕の里石碑 → 荘厳寺(黒田家略系図・歴代城主位牌) → JR本黒田駅

 ★コースの見どころ案内 → こちら

   コースマップ.pdf

2015年11月17日

【イベント報告・黒田官兵衛】「産業フェスタ&農業祭」・「黒田の里 官兵衛まつり」開催☆

1511sanf01.jpg
↑「産業フェスタ2015&農業祭」のステージイベント


こんにちは(●^o^●)。紅葉も見ごろを迎えていますが、何だか天気がぐずついた日が続いていますね〜。
さて、この週末に行われた2つのイベントの報告です。

11月14日(土)・15日(日)の両日、西脇市総合市民センターを会場に開催された「にしわき産業フェスタ2015」&「西脇市農業祭」。
1日目の14日はあいにくの雨で客足は鈍りましたが、翌15日は朝から青空が広がり、好天に誘われて多くの人が会場を訪れました。両日であわせて8000人に秋の休日を楽しんでいただきました。ありがとうございました♪

1511sanf02.jpg
↑企業PRブースでは西脇市産の食用氷を使ったかき氷を無料提供

今年は西脇市制10周年記念の協賛事業として開催され、会場では女優・白石まるみさんの講演会や数々のステージイベントが行われたほか、屋外・屋内にあわせて60以上の地元企業や団体が参加し、積極的に自慢の商品や技術、企業活動などをPRしました。また、グルメコーナーでは、市内の食事店や団体が自慢の料理を提供し、多くの人が舌鼓を打ちました。今年初めて登場した黒田庄和牛のスパゲティー、絶品でしたよ〜♪

1511sanf03.jpg
↑昇降機を体験する子どもたち。少し怖そう〜。


15日(日)には荘厳寺でも「黒田の里 官兵衛まつり」が開催。大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送を機に、黒田官兵衛生誕伝説が残るゆかりの地として地元を中心に始められ、今回で3回目を迎えました。

1511sanf04.jpg
↑黒田公民館から到着した武者行列

10時から始まったまつりでは、荘厳寺駐車場の特設ステージでパフォーマンスが繰り広げられ、会場には播州ラーメンや巻き寿司など地元ならではのグルメが出店しました。
例年と同じく黒田公民館から集落を練り歩いてきた武者行列が会場に到着すると観客の盛り上がりも最高潮に!武者たちが勢ぞろいする中、ステージ上では歴代黒田城主や官兵衛の法要が営まれました。

会場となった荘厳寺の紅葉のピークはもう少し先のようですが、官兵衛ゆかりの古刹ににぎわいがあふれた1日となりました。

1511sanf05.jpg
↑歴代城主の法要

1511sanf06.jpg
↑黒田官兵衛合唱団によるコーラスとオーケストラ

2015年11月10日

【黒田官兵衛・まちかど情報】新日本歩く道紀行・歴史の道に「官兵衛の里・黒田ハイキングコース」が認定!

sanpomichi.jpg
↑ 認定証


こんにちは(●^o^●)。すっかり秋が深まり、西脇の山々も赤く染まってきましたね〜☆

さて、このたび黒田庄町黒田の官兵衛ゆかりの里をめぐるハイキングコースが、新日本歩く道紀行100選選考委員会から第1期コース「歴史の道」として認定されました。

選考委員会は、観光促進と健康増進を目的にツーリズムウォーキングを発展させるため、全国からウォーキングコースを公募したもので、西脇市からは北はりま田園空間博物館が提唱する「日本一長い散歩道」を構成するコースの一部にテーマ設定し、応募しました。

武将伝承の足跡をぜひ一度歩いてみてください。


◎ウォーキングコースの名称

 日本のへそ・北はりま「日本一長い」散歩道

◎距離数

 約4.5キロ

【コース】

 JR本黒田駅 → 松ヶ瀬(官兵衛の母・遭難地) → 多田城址(城主居館跡) → 姥が懐(伝黒田官兵衛生誕地) →

 黒田城址(伝・居城跡) → 生誕の里石碑 → 荘厳寺(黒田家略系図・歴代城主位牌) → JR本黒田駅

 ★コースの見どころ案内 → こちら

   コースマップ.pdf


 

0513hike03.jpg
↑過去に実施した官兵衛の里ハイキングの様子

2015年10月24日

【イベント案内・黒田官兵衛】11/15(日)「黒田の里 官兵衛まつり」開催☆

1411kanf01.jpg
↑昨年度のまつりの様子(荘厳寺持仏堂前)


こんにちは〜(*^_^*)。秋晴れの日々が続いていますね〜。市内各所ではコスモスの花が満開となっています!

さて、イベント開催のお知らせです。11月15日(日)には第3回「黒田の里 官兵衛まつり」が開催されます。

平成26年に放送されたNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公、黒田官兵衛の生誕地、そして黒田氏の発祥地との説が伝わる黒田庄町黒田で開催されるお祭りで、今年で3回目を迎えます。

紅葉の名刹としても人気の荘厳寺を会場に開催されます。ぜひ「官兵衛の里・黒田」をお訪ねください!

まつりパンフレット.pdf


【日 時】
 11月15日(日) 午前10時〜午後3時 (※大雨時は中止)

【場 所】
 荘厳寺(黒田庄町黒田・国道175号「田高」交差点より東へ車で5分)

【イベント】 
 ・ステージイベント(午前10時15分〜)
  舞踊、演武、三田音頭、黒田官兵衛合唱団によるコーラス、もちまきなど

 ・甲冑武者行列、子ども武者行列(午前11時30分黒田公民館出発、午後0時荘厳寺到着)

 ・グルメコーナー(午前10時〜)
  官兵衛巻きセット寿司、播州ラーメン、おでん、コロッケ、たこ焼きなど

 ・販売コーナー
  官兵衛関連グッズ、吟醸酒「官兵衛の里」、新鮮野菜、花苗販売など

【駐車場】 
 黒田庄中学校・瀧尾神社前グラウンド
 ※荘厳寺までのマイカーの乗り入れはできません。

【問合せ先】
 黒っこプラザ(西脇市コミュニティセンター黒田庄地区会館)  電話 0795-28-2121(日曜日休館)

2015年8月27日

【訪問・体験ツアー、黒田官兵衛】10/18(日)ハイキング「官兵衛の里から」開催☆


1409tozan05.jpg
↑天狗山・見張り櫓跡から眺めた黒田集落


こんにちは(●^o^●)。
秋の1日、「官兵衛ゆかりの地」をのんびりと歩くハイキング・山歩きのお知らせです。

「NPO法人北はりま田園空間博物館」では、市内黒田庄町で「官兵衛の里から古奈為(こない)神社」を歩くハイキングを開催します。
参加者を募集しますので、別紙チラシでお申し込みください!


【日時】

 10月18日(日曜日) 小雨決行 ※当日朝降水確率50%以上の場合は中止

【集合場所・時間】

 午前9時30分に黒田公民館(黒田庄町黒田・黒田庄中学校北側) ※駐車場あり。

【コース】 歩行距離:約10キロ

 黒田公民館 → 天狗山・見張櫓跡(標高485m) → 黒田城址 → 荘厳寺【昼食】 → 姥が懐(官兵衛生誕地) → 

 古奈為(こない)神社 → 船町口駅(15時21分発) → 本黒田駅(15時24分着) → 黒田公民館(15時30分解散)

【参加費】

 500円(電車代を含みます。)

【定員】

 40人

【その他】

 弁当・飲料・雨具を持参してください。

【申込み・問合せ】

 電話 0795ー25ー2370   ファックス 0795ー22ー2123


◎お申し込みチラシ → こちら.pdf

2015年2月 2日

【黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」特設サイトの情報更新!

1409topimage.jpg


こんにちは(●^o^●)。
2月に入りましたね。大河ドラマ「軍師官兵衛」も終わってもうしばらく経っていまったように思います。

西脇市観光協会ホームページの「官兵衛の里・西脇市」特設サイトの情報を追加・更新しました。
西脇市における官兵衛事業も一段落しましたが、「これまでの取り組み・イベント」に最新情報を追加しましたので、ぜひご覧ください!

2014年12月10日

【イベント報告・黒田官兵衛】神戸・元町商店街で「西脇市フェア」と「北はりま元気市」が(11/28・29)開催 

こんにちは(*^^)v。師走に突入し、はやいもので今年ももうすぐ終わりですね。

さて、11月28日(金)と29日(土)に神戸・元町商店街で開催された「西脇市フェア」と「北はりま元気市」の様子を報告します。

このイベントは、北播磨5市1町が参加し、観光の誘客と特産品のPRを進めていくため、アンテナショップ「北播磨おいしんぼ館」がある元町商店街で毎年開催するものです。

28日(金)は「西脇市フェア」として、元町6丁目にある「北播磨おいしんぼ館」前で開催しました。
今回は、西脇市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」に出荷する新鮮な地元野菜をはじめて販売。採れたての大ぶりの大根やねぎが買い物客の注目を集め、「買って帰りたいけれど、大きいのでて電車で持って帰れない...」との声もありましたが、多くの人にご購入いただきました。また、クライマックスを迎えた大河ドラマ「軍師官兵衛」ゆかりの地としてのPRパネルの展示も行いました。

1412genki01.jpg
↑おいしんぼ館前に販売コーナーを設け「西脇市フェア」を開催!

続く29日(土)は「北はりま元気市」として、北播磨の5市1町が商店街にブースを設け、西脇市は元町5丁目に出店しました。
西脇市からは観光協会のほか、西脇商工会議所と西脇TMO、そして初めてとなるNPO法人北はりま田園空間博物館が出店し、物産販売や観光PRを行いました。

1412genki02.jpg
↑「北はりま元気市」西脇市出店コーナー

無料体験コーナーとして地場産業「播州織の手織体験」を行いましたが、開始時間から体験希望の客がひっきりなしに訪れ、イベント終了時間まで多くの人でにぎわいました。

1412genki04.jpg
↑播州織の手織り体験を多くの人が楽しみました。

物産販売では、播州織製品や播州ラーメン、黒田官兵衛関係グッズを販売したほか、巻きずしコーナーでは、企業組合黒っこマザーズさんの紫黒米を使った「黒っこ巻き」や旬香房の巻きずしが販売され、多くの巻きずしファンが買い求めていました。

またm午前・午後の2回開催されたゆるキャラパレードでは、ご当地のゆるキャラが登場!西脇市からはお
なじみの「にっしー」が登場し、子どもたちからの人気を集めていました。

西脇市ではこれからも市内外で各種イベントやPR事業を開催していきます!

1412genki03.jpg
↑ゆるキャラパレードで商店街を歩く西脇市の「にっしー」

2014年11月25日

【イベント報告・黒田官兵衛】11/16(日)第2回「黒田の里 官兵衛まつり」開催!

1411kanf01.jpg
↑荘厳寺持仏堂前に甲冑武者が勢ぞろい

こんばんは(*^_^*)。今日は寒い雨が降り、真っ赤に染まった紅葉もいよいよ散りはじめています...。
冬が一歩ずつ近づいてきているようですね〜。

さて、11月16日(日曜日)に荘厳寺を会場に第2回「黒田の里 官兵衛まつり」が開催されました。

大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映を契機に、黒田氏の発祥・官兵衛の生誕地との説が伝わる黒田庄町黒田で、地元を盛り上げようと昨年から開催されたものです。

秋の晴天に恵まれたこの日、午前10時から祭りは開催。会場では、西脇市で開発されたグルメや酒の販売をはじめ、播州ラーメンなどの地元グルメや手土産の出店が並び、多くの人でにぎわいました。

また、神戸や姫路からのバスツアーもあったほか、今年はJR加古川線で「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」を初運行し、近隣だけでなく遠方からもたくさんの方にお越しいただきました!

1411kanf02.jpg
↑「官兵衛列車」から降りてきた黒田官兵衛役の片山市長。采配を振って、いざ行列がスタート!
1411kanf03.jpg
↑黒田集落を練り歩く甲冑武者行列の先頭
1411kanf04.jpg
↑着物姿の女性たちも練り歩きました。

「官兵衛列車」の到着にあわせ、JR本黒田駅から会場の荘厳寺まで練り歩く総勢100人の「甲冑武者行列」が行われ、片山市長が扮する黒田官兵衛を先頭にした甲冑武者、着物姿の女性陣などが練り歩きました。

正午過ぎに荘厳寺に到着した一行は持仏堂に向かい、門前で問答を行い、中に入場。その後、荘厳寺堀井住職による歴代黒田城主の法要が営まれました。

1411kanf05.jpg
↑持仏堂内で営まれた法要

暖かい日差しの中、グルメを求める人やステージイベントを見に来る人たちで会場は昨年の来場者を上回るにぎわいとなりました。ご当地ラーメンの播州ラーメンには長蛇の列ができ、官兵衛関連の土産物・グッズを買い求める人も多くみられました。

まつりのフィナーレには、紅白の餅まきが行われ、午後3時過ぎに無事終了。
ご来場していただいたみなさま、本当にありがとうございました!

大河ドラマ「軍師官兵衛」はもうすぐ終了しますが、あらためて戦国の世を巧みに生き抜いた智将・官兵衛の人気を感じるとともに、ふるさとの偉人を誇りに思う1日となりました!

1411kanf06.jpg
↑官兵衛の妻・光姫をイメージした加古川市のキャラクター「てりひめちゃん」も会場に登場
1411kanf07.jpg
↑昨年に引き続き販売した「うどゲッティ」。西脇市の若手職員がご当地グルメとして販売しました。
1411kanf08.jpg
↑ステージでは多彩なイベントが開催。市内で活動する黒田官兵衛合唱団とオーケストラのみなさん。

2014年11月22日

【イベント報告・黒田官兵衛】JR加古川線に「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」を運行!

1411kant01.jpg
↑加古川駅で出発を待つヘッドマーク付きの「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」


こんにちは〜♪。今年最後の三連休ですが、好天に恵まれ、行楽地は多くの人でにぎわっているようですね〜。
紅葉がちょうど見ごろを迎えたので、市内のもみじスポットにも多くの人が訪れています。

さて今回は、11月16日(日)に運行されたJR加古川線・臨時列車「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」の話題をお届けします。

この列車は、西脇市観光協会が企画・主催したもので、第2回「黒田の里 官兵衛まつり」の開催にあわせ、JR加古川駅から会場最寄りの本黒田駅まで臨時運行したものです。
秋晴れに恵まれた当日、JR加古川駅コンコースで出発式を行いました。出発式には、事前に申し込みいただいた約80人の乗客のほか、列車でイベントを行うスタッフ、そして官兵衛関連のキャラクターである加古川市の「てるひめちゃん」と西脇市の「黒田牛兵衛」が参加しました。出発式の後、列車に乗り込み、定刻の午前10時04分に車内イベントの司会進行を行うNHK神戸放送局の垂水千佳アナウンサーの号令で加古川駅を出発しました。

1411kant02.jpg
↑JR加古川駅の出発式。てるひめちゃん・黒田牛兵衛も登場しました。
1411kant03.jpg
↑臨時列車がホームに入線


この日のためにJR西日本で作成したいただいた特製ヘッドマークを付けた2両編成の列車には、まつりの行列に参加する甲冑武者も乗り込み、司会の垂水さんからインタビューを受け、乗客との記念撮影に気軽に応じるなど盛り上がりました。
粟生駅を出発後、車内では官兵衛の妻・光姫(てるひめ)の出身地である「志方歴史ボランティアの会」による手作り紙芝居「光姫物語」が上演されました。揺れる列車内での紙芝居上演というめったにないユニークな企画でしたが、戦国時代を生き抜いた光姫と官兵衛の生涯を描いた情感たっぷりの語り口に多くの乗客が聞き入りました。

1411kant04.jpg
↑車内に乗り込んだ甲冑武者は9人
1411kant10.jpg
↑紙芝居「光姫物語」を各車両で上演(粟生駅〜西脇市駅)

紙芝居終了後の午前11時過ぎに西脇市駅に到着。ここで11分間の停車となったので、乗客の多くはホームに降り、甲冑武者や列車の写真撮影を行い、短いひとときを過ごしました。

1411kant05.jpg
↑↓西脇市駅に到着
1411kant06.jpg

西脇市駅からは武者行列で黒田官兵衛役を務める西脇市の片山市長と光姫役・お供の武者が列車に乗り込み、盛り上がりは最高潮に!片山市長は乗客に西脇市のPRを行い、ゴールの本黒田駅到着前に乗客の皆さんとともに「エイエイオー!」とときの声をあげ、まつりの成功を祈りました。本黒田駅からは会場の荘厳寺まで甲冑武者行列が行われました。

初めての企画でしたが、多くの方から満足の声を聞くことができ、まつりを盛り上げる良いイベントとなりました!

1411kant07.jpg
↑車内でときの声をあげる黒田官兵衛役の片山市長
1411kant08.jpg
↑目的地・本黒田駅に到着
1411kant09.jpg
↑本黒田駅からは到着を待つ武者とともに行列が開始

2014年11月11日

【黒田官兵衛・イベント案内】「黒田の里 官兵衛まつり」に再登場!ディープなご当地グルメ「うどゲティ」

1411udog01.jpg
↑バージョンアップした「うどゲティ 2014」

こんばんは(^.^)/~~~。本日、ついに発売になりました!「関西ウォーカー」で先日放送された「おはよう朝日 土曜日です」で紹介された西脇市のスポットが掲載されています!また、見てくださいね〜。

さて、昨年の「黒田の里 官兵衛まつり」で初登場し、瞬く間に完売した、あの幻の『うどゲティ』が1年のときを経て帰ってきました!!
しかも、さらに磨きをかけ、バージョンアップ!(←作り手の自己主張)
今年も「黒田の里 官兵衛まつり」の会場に登場します。

今年は、地元特産「黒田庄和牛」のミンチを使ったボロネーゼ風♪

ところで...ん??「うどゲティ」って何かって?
「うどゲティ」とは、西脇市内の隠れた路地裏にひっそりたたずむ松家製麺所。そこが昔からけなげに作っている『スパゲティ風うどん』。

ひとたび口にすれば人々を魅了するもちもち麺を西脇市の特産物と融合させ生まれたのが、まさに、"知る人ぞ知る"西脇のご当地グルメ『うどゲティ』です!

焦がしニンニクの風味とトマトであえたボロネーゼ風ソースにきっとあなたも虜に♪
昨年考案した先輩たちの熱い思いを胸に、さらに「うどゲティ」愛好家を広めるべく、西脇市の若手職員が再び立ち上がりました。

ここでしか味わえない一食をぜひ、現地でぜひご堪能ください。限定300食で終了です!


うどゲティ2014.pdf

2014年10月13日

【イベント案内・黒田官兵衛】11/16(日)「黒田の里 官兵衛まつり」開催!☆

1119satofes01.jpg
↑昨年初開催のまつりで甲冑姿で練り歩く官兵衛役の片山市長


こんにちは〜(*^_^*)。秋まつりが終わると同時に台風が近づいてきたので、心配です。

さて、11月16日(日)には「黒田の里 官兵衛まつり」が開催されます!

大河ドラマ「軍師官兵衛」もいよいよ佳境を迎えていますが、黒田氏の発祥・官兵衛の生誕地との説が伝わる黒田庄町黒田では、昨年初開催された官兵衛のふるさとのまつりを今年も開催します!
今年は、JR加古川線に「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」が臨時貸切列車として走り、甲冑武者も乗車します。
→乗車申し込みはこちら

ぜひ「官兵衛の里・黒田」をお訪ねください!


【日 時】  11月16日(日) 午前10時〜午後3時30分

【場 所】  荘厳寺

【イベント】 ・甲冑武者行列・子ども武者行列(11時30分〜12時15分ごろ) 
        本黒田駅〜黒田公民館〜荘厳寺 
       ・ステージイベント(10時〜15時)
        ゆるキャラ登場・黒田官兵衛合唱団によるコーラス・演舞・もちまき など
       ・歴代黒田城主供養(12時15分〜13時)
       ・グルメコーナー
        官兵衛の里オリジナル弁当・寿司、ご当地グルメ(播州ラーメンなど)

【駐車場】 ・黒田庄中学校・黒田集落内にあります。(会場までの送迎あり)
       ※荘厳寺までのマイカーの乗り入れはできません。

※ 雨天・荒天時は、会場・内容を一部変更
※ 当日まつり会場を訪れるバスツアーもあります。詳しくはお問い合わせください。

案内チラシ.pdf

1410k-fes01.jpg


1119satofes04.jpg
↑多くの人でにぎわう会場(昨年のまつりの様子)

2014年10月 8日

【イベント報告・黒田官兵衛】10/5(日)観光協会バスツアー〜ふたつの官兵衛の里を訪ねる〜を実施!☆

1410bus-t00.jpg
↑黒田城址から黒田の里の風景を見学

こんにちは〜。昨日はノーベル物理学賞の発表日、西脇市出身の十倉好紀氏も有力候補に挙がっていましたが、来年以降への期待となりました...残念。でも日本人が受賞したのはうれしいことです。

さて、10月5日(日)に西脇市観光協会バスツアー「西脇と姫路〜ふたつの官兵衛の里を訪ねる」を実施しました。

申込みの受付直後から予約が入り、わずか2日間で満員となった人気ツアーでしたが、まず西脇市内の官兵衛ゆかりの地(姥が懐・黒田城址・荘厳寺・兵主神社)をまわりました。
観光協会の長谷川会長がガイドを務め、西脇市に伝わる黒田氏と官兵衛生誕の伝承を参加者に詳しく語りました。また、荘厳寺では堀井住職が寺に所蔵する「本黒田家略系図」を用いて、黒田家が丹波との国境となるこの地に居城を築き、戦国大名として台頭していった背景などを語っていただきました。

1410bus-t01.jpg
↑荘厳寺では堀井住職の講話を聞きました。

昼食は地元「けんしん亭」で、今が旬の栗ご飯仕立ての「官兵衛の里御膳」を食べ、午後からはいよいよ通説の生誕地、姫路に向いました。

姫路でまず向かったのは、主君・小寺氏の居城跡の御着城址。ここでは、地元のボランティアガイドによる解説を受け、城跡近くに残る官兵衛の父(通説では祖父)重隆の墓も見学しました。
ガイドの方に「ここに来られた方に、西脇市が生誕地では?とよく聞かれるのですが、どうなのですか?」と聞かれ、少しとまどいました(^u^)。歴史の事実を検証していくことも大事ですが、地元から天下統一を支える大物となった官兵衛の伝承で、播磨地域の多くのまちが盛り上がっていけばいいのではないかと思っています。

最後に白すぎる!と話題の姫路城にある「官兵衛の歴史館」と「大河ドラマ館」を見学し、今回のバスツアーを終了しました。

お手頃なツアー価格ということもあり大好評で、来年もぜひ実施してほしいとの声が多くありました!

1410bus-t02.jpg
↑御着城址での地元ボランティアガイドの説明

1410bus-t03.jpg
↑確かに改修前よりも瓦が白い姫路城。グランドオープンは来年3月の予定です。

2014年10月 6日

【まちかど情報・黒田官兵衛】神戸・地下鉄県庁前駅&加西市イベントで「官兵衛の里・西脇市」をPR!

1410tenji01.jpg
↑兵庫県広報PRコーナーで展示

こんにちは(^.^)/~~~。台風が近づいています。日曜日は観光協会バスツアーを開催しますがお天気が心配です...。

さて、10月2日から神戸市営地下鉄・県庁前駅にある「ひょうごお国自慢」展示コーナーで、「官兵衛の里・西脇市」のPRを行っています。

官兵衛グッズの紹介や、11月16日(日)に開催される第2回「黒田の里 官兵衛まつり」のお知らせをしています!


1410fudoki01.jpg
↑ステージで西脇市をPR


10月4日(土)にはお隣の加西市で開催された「播磨国風土記1300年祭プレイベント」に参加し、官兵衛の里・西脇市をPRしました。

ステージでは、西脇市のご当地キャラ・にっしーとともに壇上で、官兵衛の里として盛り上がる西脇市をアピールし、来月に開催される「黒田の里 官兵衛まつり」の宣伝を行いました。
また、出店コーナーでは、地場産業・播州織のグッズや官兵衛の里せんべいの販売を来場者に行いました。近くのまちということもあり、西脇市を知っている人も多く、しっかりとPRできました。

過ごしやすい季節になってきましたので、ぜひ西脇市にお越しくださ〜い!

1410fudoki02.jpg
↑西脇市の特産品を西脇TMOとともに販売

1410fudoki03.jpg
↑ひめじ「かんべえくん」と記念撮影

2014年10月 1日

【黒田官兵衛・訪問体験ツアー】11/16(日)JR加古川線「官兵衛列車」の参加者募集!☆

kanbee-train-p.jpg

※満員となりましたので、受付を終了しました。


こんにちは(^u^)。秋祭りの太鼓の練習に音がまちに響いていますね〜。

今回は、JR加古川線「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」の参加者募集のお知らせです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」も佳境を迎える中、西脇市観光協会では、11月16日(日)に開催される「第2回黒田の里 官兵衛まつり」にあわせ、JR加古川線の加古川駅〜本黒田駅に貸切臨時列車を運行します。

列車には、まつりに参加する甲冑武者や官兵衛にちなむゆるキャラ(てるひめちゃん・黒田牛兵衛)が乗車するほか、紙芝居「光姫物語」の実演などの車内イベントが行われます。

参加費は無料ですが、乗車には事前予約が必要です。
※定員になり次第募集を締め切ります。

また、「官兵衛列車」乗車とまつり会場への訪問などがセットになったバスツアー(加古川発・神姫バスツアーズ主催)もありますので、別途お問い合わせください。

通説とは異なる官兵衛生誕地のお祭りにぜひお越しください!


【開催日・運行時刻】

 11月16日(日曜日)
 加古川駅10:04発→本黒田駅11:30着

 
※途中、厄神駅(10:19発)・粟生駅(10:33発)・西脇市駅(11:16発)からも乗車可能 
 ※列車は片道運行です。お帰りは通常運行の列車利用となります。
 ※JR本黒田駅とまつり会場(荘厳寺)の間は送迎バスがあります。

【申込先】

 電話(0795-22-3111)・ファックス(0795-22-6987・参加申込書利用)・メール(観光協会宛)でお願いいたします。

1410jr-k01.jpg
↑JR加古川線を臨時列車「官兵衛列車」が走る!(103系・2両編成)


 「官兵衛列車」参加申込書.pdf

 第2回 黒田の里 官兵衛まつりチラシ.pdf

2014年9月29日

【イベント報告・黒田官兵衛】9/27(土)「官兵衛ナイト」開催されました!☆

1409k-night01.jpg
↑荘厳寺の参道を照らすキャンドル

こんにちは〜(●^o^●)。秋らしい青空が広がっています。

9月27日(土曜日)の夜に荘厳寺(黒田庄町黒田)では「官兵衛ナイト」がはじめて開催されました。
昨年は11月に開催した「黒田の里 官兵衛まつり」の前夜祭として実施しましたが、今年は独立したイベントとして内容も新たに実施。イベント内容は、昨年から官兵衛まつりの企画・立案にお手伝いしていただいている関西学院大学都市研究会がプロデュースしたもので、当日は多くの学生がスタッフとして参加してくれました。

晴天に恵まれたこの日、イベント開始時刻の午後5時からは画用紙を使ったかぶとづくりとスタンプラリーがあり、会場に訪れた親子連れらが早速楽しんでいました。日が沈み秋の涼しさがみなぎり始めた午後6時に点灯式が行われ、参道に並べられた地元小学生たちによるの手作りキャンドルに順番に火が灯されていくと、境内は幻想的な雰囲気に一変しました。

1409k-night02.jpg 1409k-night03.jpg
↑紙のかぶとづくりに挑戦する子どもたち             ↑スタンプラリーの受付

1409k-night04.jpg 1409k-night05.jpg
↑点灯式での西脇市長あいさつ                  ↑荘厳寺持仏堂をステージにしたライブ

午後6時30分からはメインイベントのジャズライブが持仏堂をステージにスタート。関西学院大学の音楽サークル4団体による吹奏楽やジャズの演奏が行われ、素晴らしい音色が境内に響き渡りました。
ライブは約1時間30分にわたり行われ、おごそかな寺の雰囲気とは一見ミスマッチにも思えますが、寺という「和」の空間で体感するジャズに訪れた観客は酔いしれました。

ライブ終了後には、「官兵衛の里・西脇市」のイメージキャラクター「へそのかんちゃん」をかたどったキャンドルが点灯。イベントのラストには官兵衛グッズをプレゼントする抽選会が行われ、大いに盛り上がりました。

11月16日の「黒田の里 官兵衛まつり」には、ぜひお越しください!


1409k-night06.jpg
↑↓持仏堂をステージにした学生サークルによる演奏
1409k-night07.jpg

1409k-night08.jpg 1409k-night09.jpg
↑参道を照らすキャンドル                       ↑秋の夜に幻想的に輝くキャンドルの炎

1409k-night10.jpg
↑「へそのかんちゃん」をかたどったキャンドル。上には「THANK YOU」の文字も。

2014年9月10日

【イベント案内・黒田官兵衛】9/27(土)「官兵衛ナイト」開催(荘厳寺)☆

1401night01.jpg

こんにちは(*^_^*)。中秋の名月、今年は早々と終わってしましたが、秋の夜を彩るイベント開催のお知らせです。

9月27日(土曜日)に荘厳寺を会場に「官兵衛ナイト」を開催します。
昨年は、11月開催の「黒田の里 官兵衛まつり」の前夜祭としてキャンドルナイトを開催しましたが、2回目となる今年はこのイベントを独立させ、まつりのプレイベントとして実施するものです。

昨年に続き、関西学院大学都市研究会がプロデュース。日が沈む前の午後5時から午後8時30分までキャンドルの灯りを楽しむ、幻想的な「キャンドルナイト」を行います。

秋の夜を楽しむイベントが盛りだくさんです。ぜひお越しください!

【イベント内容・スケジュール】

 ・17時〜 スタンプラリー、かぶとづくり

 ・18時〜 キャンドル点灯式

 ・18時30分〜19時50分 ジャズライブ(関西学院大学サークル4組による演奏会)

 ・20時〜20時15分 抽選会

 ・20時15分〜20時30分 キャンドル観賞(20時30分終了)


 「官兵衛ナイト」チラシ.pdf

1116zenyasai04.jpg
↑昨年のキャンドルナイトの様子(荘厳寺参道)

2014年9月 9日

【黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」特設サイトの情報更新!

1409topimage.jpg


こんにちは(●^o^●)。
大河ドラマ「軍師官兵衛」も舞台が播磨から豊前に移ってしまいましたね。

そんな中、西脇市観光協会ホームページの「官兵衛の里・西脇市」特設サイトの情報を追加更新しました。
サイト内の「ゆかりの地パンフレットダウンロード」コーナーに、「官兵衛の里・黒田ハイキングマップ」を新たに追加、また「これまでの取り組み・イベント」にも最新情報を追加しましたので、ぜひご覧ください。

今後も随時情報更新を行っていきますので、よろしくお願いしま〜す☆

2014年9月 2日

【まちかど情報・黒田官兵衛】秋のイベントに向けて〜市役所ロビーで「官兵衛の里・西脇市」パネル展示!

1409tenji01.jpg
市役所1階ロビーでの展示

こんにちは(^u^)。残暑が続いていますね。
大河ドラマ「軍師官兵衛」も舞台を九州に移し、ファイナルに向け佳境を迎えています。官兵衛も時を経て厚みを増してきたように思います。

9月に入り、市役所1階ロビーでは今年の1月に続き、「官兵衛の里・西脇市」の展示コーナーを設けています。

前回と同様、西脇市と官兵衛の関わり、市内のゆかりの地を紹介するパネル展示を行っています。
また今回は、県内の官兵衛ゆかりの8市町を紹介したパネルも展示しています。

秋には「官兵衛ナイト」や「黒田の里 官兵衛まつり」などのイベントも開催されますので、こうしたお知らせもここで行ってまいります。

展示期間は、10月末までの予定(一部の日を除く。)です。市役所にお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください!

1409tenji02.jpg

2014年8月29日

【黒田官兵衛】荘厳寺に官兵衛の人生訓「水五訓」の書を掲示

1408syougon01.jpg
↑略系図公開の持仏堂軒先に巨大な「水五訓」の書を掲示

おはようございます(*^_^*)。夏休みも終わりに近づいてきましたが、相変わらず天気がすぐれませんね...。

官兵衛の里・黒田庄町黒田にある荘厳寺では、官兵衛の人生訓ともいわれる「水五訓」を表した巨大な書が掲示されています。
これは姫路市において伝統文化としての書道の本質を学びながら、パフォーマンスを通じて描く魅力を追い求め、書道文化の発展に寄与することを目的に結成された「ひめじ書道キッズ」の作品です。

小学生を中心にしたメンバーが、縦3メートル・横5メートルのキャンバスに力強さあふれる書を描いたものです。
「水五訓」は如水を号する官兵衛の心の底に潜む武将としての想いを表したものともいわれています。

この作品は9月27日(土)開催の「官兵衛ナイト」の前日まで掲示されますので、ぜひご覧ください!

1408syougon02.jpg
↑荘厳寺には官兵衛の里・手作り風鈴も登場!

2014年8月28日

【黒田官兵衛・訪問体験ツアー】10/5(日)西脇と姫路〜ふたつの官兵衛の里を訪ねるバスツアー参加者募集☆

1408tour.jpg
↑黒田城址(黒田稲荷神社)


※ 定員に達しましたので、申し込みを締め切ります。

こんにちは(^u^)。最近夜には鈴虫がよく鳴いていますね。まだまだ暑いですが、秋が少しずつ近づいてきたのでしょうか。

今回は、「西脇と姫路〜ふたつの官兵衛の里を訪ねる」バスツアーの参加者募集のお知らせです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」も佳境を迎える中、西脇市観光協会では、西脇市と姫路市の官兵衛ゆかりのスポットを訪ねる日帰りバスツアーを実施します。

西脇市内のゆかりのスポットでは、地元ガイドが説明を行い、昼食は市内料理店で特製「官兵衛の里御膳」を召し上がっていただきます。

参加費は1,500円(昼食・入場料込み)と大変おトクになっています。
※大人・子ども同額。市外在住者は2,000円

定員は40人で、事前申し込みが必要(先着順)
です。
ふるさとの偉人・黒田官兵衛への魅力を深めてみたい方、ぜひご参加ください!

【開催日】

 10月5日(日曜日)

【コース】

 ・出発地 西脇市駅(9時15分発)・西脇市役所(9時30分発) 

  西脇市内ゆかりの地(姥が懐・黒田城址→荘厳寺→兵主神社)

  昼食(市内料理店で「官兵衛の里御膳」)

  買い物(道の駅「北はりまエコミュージアム」)

  姫路市内ゆかりの地(御着城址→姫路城「官兵衛の歴史館」→ひめじ大河ドラマ館)

 ・帰着地 西脇市駅(18時35分予定)・西脇市役所(18時45分予定)
        ※姫路駅(17時15分予定)でも降車できます。

 ※西脇市駅ではJR加古川線列車に接続


申し込みは、電話(0795-22-3111)・ファックス(参加申し込み書利用)・メール(観光協会宛て)
でお願いいたします。
 

バスツアーパンフレット.pdf

2014年8月20日

【黒田官兵衛】秋はハイキング!〜黒田城址・登山コースを整備

1409tozan01.jpg
↑登山道ゴールの「見張り櫓跡」。荘厳寺も望むことができます。


こんにちは(^u^)。真夏の暑い日が続いていますね。

官兵衛の里・黒田では、黒田城址とも伝わる山を散策できる登山道を整備しました。
標高差約200メートル、距離にして約1キロあまりの登山道は、地元有志の方によって造られており、見張り櫓があったと伝わる尾根の上まで続いています。

片道約30分から40分のコースは、登り坂がきつい場所もありますが、初心者にも比較的歩きやすくなっています。また、途中には休憩用のベンチも設置されおり、眼下には黒田集落を眺めるコースとなっています。

また、ハイキングマップも作成しました。→ 官兵衛の里・黒田+黒田城址登山マップ.pdf

歴史ロマンを馳せながら、一度ぜひ登ってみてください!

1409tozan02.jpg
↑登山道入口には有害鳥獣除けのゲートがありますので、通り抜け後は必ず閉めてください。

1409tozan03.jpg
↑中間地点を過ぎた眺望場にある黒田城跡の標柱。人工的とも見える地形が残っています。

1409tozan04.jpg
↑途中には休憩用ベンチも設置されています。

1409tozan05.jpg
↑尾根上・見張り櫓跡からの黒田集落の風景

2014年7月 2日

【イベント報告・黒田官兵衛】6/29(日)「北播磨官兵衛フォーラム」を開催☆

1406k-f01.jpg
↑西脇市民会館で開催されたフォーラム

こんにちは〜(^u^)。久しぶりの本格的な雨で、梅雨らしくなってきました。
6月29日(日)に開催されました「北播磨官兵衛フォーラム〜もうひとつの官兵衛伝説」の報告です。

西脇市では、通説とは違った黒田氏発祥・官兵衛生誕の伝説が残っており、ふるさとの宝としてこれをPRし、地域を盛り上げていこうとの想いから、西脇市「官兵衛の里」推進協議会が主催し、開催したものです。

当日は、市内からだけでなく、県内各地から多くの人が詰め掛け、会場となった市民会館は大いに盛り上がりました。
まずは、歴史学者・渡辺大門氏が『素顔の官兵衛』と題した基調講演を行いました。渡辺氏は、大河ドラマの主人公として官兵衛の知名度も広がっているが、歴史の事実とは異なる部分も多いとの話もされました。また、黒田氏の発祥地や官兵衛の生誕地についてもはっきりしたことはわからないと語られました。

1406k-f02.jpg
↑基調講演を行った歴史学者・渡辺大門氏

基調講演に続く、ステージイベントでは、三田音頭保存会による音頭「軍師官兵衛物語」と市民で結成された黒田官兵衛合唱団による「黒田城」などの合唱が行われました。

1406k-f03.jpg
↑黒田官兵衛合唱団による生演奏と合唱

パネルディスカッションでは、フォーラムを後援するNHK神戸放送局のキャスター・荒山沙織さんの進行により、播磨のゆかりの地から参加した5人のパネリストが、官兵衛をテーマにした地元の伝承やまちづくり活動を報告しました。基調講演を行った渡辺大門氏も参加、各地自慢の取り組みを多くの観客が聞き入り、最後は会場全体で「エイエイオー!」と勝どきを上げ、締めくくりました。

1406k-f05.jpg
↑パネルディスカッションには武者姿のパネリストも登場

1406k-f04.jpg
↑進行はNHK神戸放送局キャスターの荒山沙織さん

フォーラム会場では、ホールでのメインイベントのほか、荘厳寺に伝わる黒田家略系図(複製)や県内ゆかりの地の紹介などの資料展示、西脇市のほか北播磨ゆかりの地である三木市と加西市の官兵衛関連グッズの販売が行われ、官兵衛ファンの観客がさまざまな品物を買い求めていました。

当日は多くの人に喜んでいただき、官兵衛の魅力をあらためて感じてもらえる好機となるイベントになりました。

1406k-f06.jpg
↑展示コーナーにも多くの人が訪れました。

1406k-f07.jpg
↑会場入口付近には官兵衛グッズを販売する出展コーナーが設けられました。

1406k-f08.jpg
↑官兵衛と同じ?黒田庄出身のトータス松本氏デザインの「黒田牛兵衛」も登場しました!

2014年6月26日

【テレビ放映・黒田官兵衛】NHK「ニュースKOBE発」で官兵衛の里・西脇市が放送!

1406nhk01.jpg
↑旧来住家住宅での撮影の様子

本日、NHK「ニュースKOBE発」「官兵衛参上」コーナーで「もうひとつの官兵衛生誕地」としてリポーターの中村由香さんにより西脇市が紹介されました。

・NHK神戸放送局「官兵衛参上」コーナーへのリンク  

西脇市生誕を示す家系図を所蔵する荘厳寺、有名な如水像(黒田官兵衛隠居後の姿)の着物柄をあしらった播州織生地など、西脇市の官兵衛関連の特産品について紹介がありました。

・関連商品販売箇所 → 播州織工房館(西脇市西脇452-1) 電話0795ー22ー3775
・如水像播州織生地紹介ブログ → こちら 

中心市街地にある旧来住家住宅で如水の姿に扮したのは、施設を管理する西脇TMO推進の岸室長。
この如水衣装は、旧来住家住宅内に展示してあり、希望者は無料で試着することができます。もちろん、写真撮影もOKですので、興味のある方はぜひお越しください!

1406nhk02.jpg
↑リポーターの中村由香さんの取材風景

2014年6月16日

【黒田官兵衛 訪問・体験ツアー】7/6(日)官兵衛ゆかりの地ウォーキングを開催!(北はりま田園空間博物館)

0513hike03.jpg
↑5月実施の官兵衛の里ハイキングの様子


こんにちは~(*^_^*)。梅雨に入りましたが、ここ最近は雨が降っていませんね。

今回は、NPO法人北はりま田園空間博物館が実施する官兵衛ウォーキングのお知らせです。

5月に観光協会でも実施し、好評であった「官兵衛の里・新緑ハイキング」と同じコース(逆まわり)で開催します。歴史と豊かな自然を感じるウォーキングに参加してみませんか?

・日時 7月6日(日)

・集合場所 兵主神社(西脇市黒田庄町岡・JR黒田庄駅から徒歩5分)

・参加費 500円(移動電車代を含む。)

・定員 40人

【行程・約9キロ】

 兵主神社(9時集合・出発)→太閤腰掛岩(極楽寺)→光福寺→蓬莱峠(旧街道)→荘厳寺(黒田家家系図所蔵)・昼食
 →黒田城址(黒田氏居城)→姥が懐(生誕地石碑)→JR本黒田駅(15時24分発)→<電車移動>→JR黒田庄駅→
 兵主神社(15時40分・解散)
 
※少雨決行(当日朝6時のNHK天気予報で降水確率50%以上の場合中止)
※弁当・お茶・雨具等は各自ご持参ください。

 パンフ こちら


【お申込み先】
 北はりま田園空間博物館総合案内所まで電話またはパンフ申込書をファックス
  電話 0795-25-2370
  ファックス 0795-22-2123

2014年6月 9日

【イベント案内・黒田官兵衛】6/29(日)「北播磨官兵衛フォーラム」開催☆(市民会館)

0701kanbee03.jpg
↑昨年度実施し、大好評だった「官兵衛セミナー」(講演は歴史研究家・黒田美江子氏)



こんにちは(^.^)/~~~。
季節が変わるのは早いもので、つい先ごろまでは涼しかったのが、もうすっかり暑くなってきましたね。

今回は、「北播磨官兵衛フォーラム〜もうひとつの官兵衛伝説」開催のお知らせです。

西脇市では、通説とは違った黒田氏発祥・官兵衛生誕の伝説が残っています。
ふるさとの偉大な先人・黒田官兵衛の素顔に迫るとともに、播磨各地の官兵衛を核としたまちづくり活動、放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」に描かれている官兵衛の人物像についての基調講演とパネルディスカッションを開催します。

・主催:西脇市「官兵衛の里」推進協議会
・後援:NHK神戸放送局

○日時 平成26年6月29日(日)午後1時15分〜午後4時

○場所 西脇市民会館(西脇市役所北隣)

○内容 
 ・開会あいさつ

 ・基調講演
  「素顔の官兵衛」 講師:歴史学者 渡邊大門氏

 ・ステージイベント
  音頭「軍師官兵衛物語」(三田音頭保存会)
  合唱「黒田城、黒田官兵衛の出自」(黒田官兵衛合唱団)

 ・パネルディスカッション
  司会進行 荒山沙織さん(NHK「ニュースKOBE発」キャスター)
  黒田官兵衛を核とした地域活性化事例の紹介など

 ・観光PRコーナー、特産品等の販売、本黒田家略系図(複製)の展示ほか

  官兵衛フォーラムチラシ

1406kanbee01.jpg
↑官兵衛が生まれた場所と伝わる「姥が懐」

2014年5月14日

【イベント報告・黒田官兵衛】「官兵衛の里」にしわき 新緑ハイキングの開催報告☆

0513hike01.jpg
↑生誕地の碑が建つ「姥が懐」

こんにちは(●^o^●)。曇り空が広がっていますが、心地よい気候の季節となりました。

そんな中、観光協会では、5月11日(日)に「官兵衛の里」をめぐる新緑ハイキングをはじめて開催し、市内外から60人近くの方に参加していただきました。ありがとうございました!

当日は、JR本黒田駅近くの黒田公民館を起点に9時45分に出発。
五月晴れの下、「北播磨黒田官兵衛生誕地の会」に所属する地元ガイドの案内で3班に分かれ、黒田氏の邸宅跡と伝わる「姥が懐」や居城があった「黒田城址」などをめぐり、昼前には略系図所蔵の「荘厳寺」に到着しました。

荘厳寺では、堀井住職による講話を受けた後、各自でお弁当を食べ、希望者には「官兵衛の里御膳」を召し上がっていただきました。
午後からは、旧街道の峠を歩き、兵主神社や太閤腰掛岩などを見学し、約8キロの道のりを歩き、ゴールのJR黒田庄駅には午後3時に到着しました。

気温が上昇したので、最後方は参加者に疲れも見えましたが、ブログ担当者も同行し、すっかり日に焼けてしまいました。
観光協会が主催したハイキングは今回がはじめてのため、反省点も多くありました。m(__)m

目にまぶしい美しい緑の中、官兵衛ゆかりの地を歩き、歴史ロマンに触れていただき、喜びの声が多く聞けて、うれしい限りでした。


0513hike02.jpg
↑ 3班に分かれて官兵衛ゆかりの里を歩きました。

0513hike03.jpg
↑「姥が懐」の生誕地の石碑を見学する参加者

0513hike04.jpg
↑黒田城址で山上からの眺めを地元ガイドが説明

2014年5月10日

【イベント案内・黒田官兵衛】5/18(日)川柳舞踊「てる姫厨文...官兵衛サマ参ル」で開催(荘厳寺)

0930kakeizu01.jpg
↑会場の荘厳寺

こんにちは(*^_^*)。ゴールデンウイークには、天候に恵まれたこともあり、官兵衛の里・西脇市にも多くの方に来ていただき、ありがとうございました(^.^)/~~~

さて、今回のトピックは、5月18日(日)に荘厳寺(西脇市黒田庄町黒田1598)で開催されるイベント、川柳舞踊「てる姫厨文...官兵衛サマ参ル」のお知らせです。

このイベントは川柳パフォーマンス集団「川柳舎・みみひめきっちん」(代表 情野千里氏)が出演するもので、黒田官兵衛が荒木村重によって有岡城に幽閉されていた頃の妻・光姫の思いを表した物語で、官兵衛ゆかりの地で公演されるものです。

川柳パフォーマンスとは、舞踏的な動きと川柳を詠み、感情を立体的に表現するパフォーマンスらしく、ミュージカルの川柳バージョンといったものではないかとな...思っています。(←ブログ担当者の個人的見解)

普段見れないパフォーマンスがお寺で実演されますので、ぜひお越しください!

【日 時】 平成26年5月18日(日曜日) 午後2時開演

【場 所】 荘厳寺持仏堂

【料 金】 無料

【主 催】 荘厳寺、北播磨黒田官兵衛生誕地の会

パンフレットは → こちら

2014年4月29日

【イベント報告・黒田官兵衛】イオン伊丹店「兵庫・黒田官兵衛フェスタ」に出展!

1404itami01.jpg
↑「黒田牛兵衛」と播州織ベストを着用した「はばたん」

こんにちは(*^_^*)。お久しぶりですね〜。
ゴールデンウイークの本日、あいにくの雨となりましたが、長明寺では「頼政祭」が開催され、多くの人が
集まっていました。

さた、4月18日(金曜日)から20日(日曜日)の3日間、イオンモール伊丹店で開催された「兵庫・黒田官
兵衛フェスタ」に参加し、観光PRと特産品の販売を行いました。

イオン伊丹店はJR伊丹駅前に立地し、後に官兵衛を幽閉した荒木村重が居城した有岡城のすぐそばに
あります。

1404itami05.jpg
↑イベントの合間に、官兵衛が1年もの間、幽閉された有岡城址にもしっかり訪問!

西脇市のほか、県内の官兵衛ゆかりの姫路市・三木市・伊丹市が販売コーナーを設け、加古川市・宍粟
市がPRイベントに参加しました。

西脇市では、官兵衛グッズや播州織扇子や播州ラーメンなどの特産品を販売するとともに、ステージイベ
ントには、地元出身の歌手・トータス松本さんがデザインしたご当地キャラ「黒田牛兵衛」が登場しました。
はじめて見る黒田牛兵衛のユーモラスな姿に多くの子どもたちが関心を示し、大人気となりました。

1404itami02.jpg
↑催事場の販売スペース

観光協会の会員店舗の品物を出品し、甘いスープが特徴の西脇名物・播州ラーメンや官兵衛巻き寿司
など完売商品も相次ぎました。

伊丹での3日間の出展を通じて、痛感したことは、西脇市の名前や位置があまり知られていないこと。
これからも観光協会では、さまざまな機会を通じて、地域活性化につながるPRを展開していきます!

1404itami03.jpg
↑イオンのキャラクター「ハッピーWAON」も販売のお手伝い!

1404itami04.jpg
↑官兵衛ゆかりの地に関するクイズラリーも実施。西脇市関連の問題もありましたよ〜♪

2014年3月30日

【黒田官兵衛、訪問・ツアー体験】5/11(日)「官兵衛の里」にしわき 新緑ハイキングのお申込み

0331hike01.jpg

こんにちは(*^_^*)。北播磨でもっとも早く開花する地蔵一本桜(郷瀬町)が満開を迎え、通勤途中に見える童子山の桜も色づいてきています。

さて、今回は、5月11日(日曜日)に実施する「官兵衛の里」にしわき新緑ハイキングのお知らせです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送で、実は黒田家の発祥地・官兵衛の出生地では?と注目を集める西脇市ですが、このたび新緑の季節にあわせ、市内の官兵衛ゆかりの地をめぐるハイキングを実施します。

黒田公民館(JR加古川線・本黒田駅から徒歩5分)に午前9時30に集合し、地元ガイドとともにゆかりの地を散策。JR黒田庄駅まで約9キロ・高低差139mを歩き、午後3時ごろ解散予定です。

参加費は500円。定員は100人で、5月7日(水)までに事前申し込みが必要ですが、定員に達した場合はその時点で受付を終了します。また、希望者には、昼食弁当に「官兵衛の里御膳」をご用意します!(別途1,200円必要・予約制)

【コース】
 黒田公民館(9時受付開始・9時30分集合)→姥が懐(官兵衛生誕伝承地)→黒田城址→荘厳寺(略系図所蔵)・昼食
 →蓬莱峠(旧街道)→太閤腰掛石→兵主神社(三木合戦・戦勝祈願)→JR黒田庄駅(午後3時解散)
 
【JR利用時刻表】
 ・行き
  加古川駅7:17→(粟生駅7:50)→(西脇市駅乗り換え)→(黒田庄駅8:35)→本黒田駅8:39
  大阪駅7:23→(三田駅8:05)→谷川駅9:00(乗り換え)→本黒田駅9:10
  ※JR本黒田駅から、黒田公民館までは案内します。

 ・帰り
  黒田庄駅15:28→(西脇市駅乗り換え)→(粟生駅16:05)→加古川駅16:31
  黒田庄駅16:12→谷川駅16:28(乗り換え)→(三田駅17:36)→大阪駅18:17

申し込みは、電話(0795-22-3111)・ファックス(参加申し込み書利用)・メール(観光協会宛て)でお願いいたします。
※黒田公民館及び周辺には、駐車場がありませんので、参加にはJR加古川線のご利用をお願いします。
※マイカー利用の場合は、JR黒田庄駅近くの兵主神社駐車場(徒歩5分)をご利用いただき、JR加古川線での移動をお願いします。  

ハイキング案内チラシ(参加申込書付)


0314uba01.jpg
↑官兵衛生誕地の石碑が建つ「姥が懐」

2014年3月20日

【グルメ・黒田官兵衛】タジン鍋の「官兵衛の里御膳」登場!(西脇ロイヤルホテル)

 0320royal01.jpg
↑バスターミナルに併設している西脇ロイヤルホテル

こんばんは(^u^)。3連休前の冷たい雨...そして北日本では降雪の予報も。この時期を表す「三寒四温」の文字どおり暖かさと寒さを繰り返す日々が続いているように思います。

さて、今回は西脇ロイヤルホテルから新たなレストランメニュー登場のお知らせです。

以前にもお知らせしましたが、官兵衛生誕の地・西脇市ならではのグルメを味わっていただきたいということで、西脇多可料飲組合では、地元の食材をふんだんに用いた「官兵衛の里御膳」を昨年秋に創作しました。

お弁当(予約制)として登場し、イベントでの販売などを通じて好評を博しておりましたが、このたび、西脇ロイヤルホテルでは、あたたかく、そしてご予約なしで味わっていただけるレストランメニューとして「官兵衛の里御膳」が登場しました!

0320royal02.jpg
↑官兵衛の里御膳。これにデザートがついています。

一番のセールスポイントは、官兵衛が着用していた特徴的な「合子形兜」をイメージしたタジン鍋。
西脇市の特産品である高級和牛「黒田庄和牛」と地鶏「播州百日鶏」をで炊き、こちらも地元産「日本のへそ金ゴマ」入りのポン酢で味わっていただけます。

そのほか、前菜、お造り、ご飯、茶碗蒸し、デザート、そして播州織ハンカチもついて、お値段は3,500円(税別)となっています。
ぜひ一度、ご賞味ください!

官兵衛御膳パンフレット


0320royal04.jpg     0320royal03.jpg
↑脂が乗った黒田庄和牛           ↑播州織のハンカチも付いています。

2014年2月28日

【黒田官兵衛・グルメ情報】NHK「ニュースKOBE発」で放送の「官兵衛さんの家紋巻き」!

0228kamon01.jpg
↑黒田家の家紋・藤巴をイメージして作った「官兵衛さんの家紋巻き」

本日、NHKニュース神戸発「官兵衛キャラバン〜黒田家 西脇ルーツ説を探る」の中で、生放送・実演
で紹介されました「官兵衛さんの家紋巻き」をご紹介します!

「官兵衛さんの家紋巻き」は、地元の特産品を使って、魅力ある食を創り出す中小企業組合黒っこマザーズが
開発したものです。

0228kamon02.jpg
↑私たち、黒っこマザーズが愛情をこめて、調理しました!

西脇市自慢の特産品である「黒田庄和牛」と「日本のへそ金ゴマ」、そして旬の地元野菜を自家栽培の紫
黒米で、黒田家の家紋である藤巴状に巻きこんだものです。
黒田家の家紋の藤の花と、紫黒米の色のイメージがぴったりということで、試行錯誤を経て、完成した逸品
です!そして親しみを込めて「官兵衛さんの...」と名づけました。

1100challenge04.jpg
↑市内で販売している「官兵衛さんの家紋巻きセット」

テレビで紹介された「家紋巻きセット」は次の場所で販売しています。

 ・農産物直売所北はりま旬菜館 【西脇市野村町800-1 電話 0795-24-7900  営業時間 9:30〜18:00】
 ・道の駅「北はりまエコミュージアム」 【西脇市寺内517-1 電話 0795-25-5370 営業時間 9:00〜18:00】
 
 ■価格は400円。手作りのため土・日中心の個数限定販売です!

また、3月8日(土)に神戸市・垂水駅前で開催される「垂水いかなご祭り」でも出張販売します。


「官兵衛さんの家紋巻き」のほか、官兵衛の里である黒田庄地域の食材が入った「官兵衛の里の恵み
弁当」
も、3月1日(土)・2日(日)限定で販売(価格1,260円)します。

1100challenge03.jpg
↑官兵衛さんの家紋巻きはもちろん、地元の食材が詰め込まれた「官兵衛の里の恵み弁当」

2014年2月27日

【黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」パンフレット作成!

kanbee-sato-jpg.jpg
↑作成したパンフレット

こんにちは(*^_^*)。今日は暖かな日ですが、西脇市は小雨日和...本日から2日連続で「官兵衛
の里・西脇市」がテレビ番組で取り上げられますので、ぜひご覧くださいね!

観光協会では、「官兵衛の里・西脇市」特設サイトにも掲載していますとおり、これまでにも西脇市
と黒田氏、そして官兵衛とのゆかりを紹介するパンフレットを作成してきました。

このたび、8ページ冊子版のパンフレットを作成し、市役所や市内の観光関係施設で無料配布して
います。

市内のゆかりの地のだけでなく、西脇市出自説の説明や通説との比較、さらには市内で提供され
ている官兵衛関連グッズやグルメの紹介もしています。

パンフレットのダウンロードは→こちら

2014年2月26日

【観光施設情報・黒田官兵衛】荘厳寺バス・団体受入れの事前予約について

0930kakeizu01.jpg
↑黒田庄町黒田・荘厳寺本黒田家略系図所蔵の荘厳寺


荘厳寺(西脇市黒田庄町黒田1598)での、バス・団体の受入れについてのお知らせです。

荘厳寺は、黒田氏・官兵衛生誕地としてゆかりの場所が集中する黒田集落の中心的な施設で、当地で
黒田氏が発祥・官兵衛が生誕したことを示す「黒田家略系図」を所蔵しています。
大河ドラマ「軍師官兵衛」が放送され、近年脚光を浴びてきた新説に魅かれて、来訪者が徐々に増えて
います。

当寺は黒田集落の最奥に位置し、国道から寺へ向かう道も狭小で、大型・マイクロバスの駐車場もあ
りません。
このため、バスでの団体訪問については、事前連絡・予約による対応とさせていただき
駐車場所を別途確保します。団体等での訪問・拝観を希望される場合は、下記まで事前に御連絡くださ
い。

※調整には時間を要する場合がありますので、なるべく早くお申し込みください。
  なお、調整の結果、受入れができない場合がありますので、御了承下さい。

■連絡先
  西脇市観光協会
  TEL:0795-22-3111 (平日午前8時30分〜午後5時15分まで)
  FAX:0795-22-6987
  
メールはこちら 

  ※団体名・主催者・人数・希望日時・バス台数・希望事項等を記入して送付してください。
    申込書様式はこちら。
  

■拝観時間
  午前10時〜午後4時

■拝観料
 200円

■講話・ガイド要請等
  連絡時にお伝えください。別途調整します。
  ※一定の人数以上とさせていただき、その場合は、料金は拝観料に含まれます。

 「官兵衛の里 西脇市」マップ

2014年2月22日

【テレビ放映・黒田官兵衛】2/27(木)読売テレビ「かんさい情報ネットten」 、2/28(金)NHK「ニュースKOBE発」で西脇市が紹介されます!

0222tv-int01.jpg
↑如水公の姿に変身し荘厳寺で系図を説明する観光協会会長


こんにちは(^u^)。曇りがちの寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
体をあたためるため、ちょっとぜいたくに黒田庄和牛のすき焼き...食べてみたいですね〜。

さて、今回は西脇市を取り上げたテレビ放送(2本)のお知らせです。
いずれも黒田官兵衛ゆかりの地として盛り上がる西脇市を紹介する内容となっています。

読売テレビ かんさい情報ネット「ten」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・放送日時
 2月27日(木)午後6時20分頃〜
・ 「アナタの味方!お役に立ちます!」コーナーで、「わがまちPR16弾」として、レポーターの浅越ゴエさん
 が西脇市を訪問した様子が放送されます。
・荘厳寺では、北播磨黒田官兵衛生誕地の森脇昇太郎会長と観光協会長谷川俊雄会長(如水公の衣装)
 が登場されます。
・そのほか、日本へそ公園や播州毛鉤なども取り上げられる予定です。


NHK ニュースKOBE発
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・ 放送日時
 2月28日(金)午後6時10分〜 ※コーナーの時間は未定
・官兵衛で盛り上がる西脇市の様子を特集するコーナー(15分程度)
・市内ロケで、官兵衛合唱団・市民オーケストラの練習風景と荘厳寺堀井住職のお話が放送
・生放送出演で、姫路特設スタジオから黒っこマザーズさんが官兵衛家紋巻き寿司の実演をされます!

2014年2月12日

【イベント案内と報告・黒田官兵衛】「軍師官兵衛」で放映!兵主神社の案内とおもてなし対応(2/16(日))

1301taiga-e05.jpg
↑雪化粧の兵主神社(2月9日撮影)

こんにちは(*^_^*)。先週末はこの冬一番の大雪となり、一面銀世界が広がりましたね。
次の日には、上の写真のようにほとんど融けてしまいましたが、寒さに震えた1日でした...。

大河ドラマ「軍師官兵衛」の第6回(2月9日)放送では、ドラマの後にゆかりの地を紹介する
「官兵衛紀行」
において、わが西脇市が紹介されました!

見逃した方は → こちら
※ 再放送は、2月15日(土)午後1時5分から(官兵衛紀行は午後1時50分前)

ゆかりのスポットでメインに扱われた兵主(ひょうす)神社ですが、行き方・情報はこちらをご覧
ください。

 
放送直後、初の休日となる2月11日(火)には、荘厳寺(黒田庄町黒田)において、観光協会や北
播磨黒田官兵衛生誕地の会、地元による「おもてなし」を行いました。放送を見て、この日来訪され
た方は400人に上り、西脇市に伝わる官兵衛伝説に思いを馳せていました。

0212omotenashi01.jpg 0212omotenashi02.jpg
↑観光協会ではパンフレット配布や官兵衛グッズを販売    ↑地元のボランティアガイドが訪問者を案内

荘厳寺駐車場では、来訪者に観光パンフレットを無料配布したほか、まんじゅうや小物などの官兵衛
グッズを販売しました。また、地元有志により、お茶やぜんざいの無料提供も行われました。
持仏堂では、この日デビューしたボランティアガイドによる黒田家略系図やゆかりの地の説明があり、
多くの人が熱心に耳を傾けていました。

盛況を受け、さらに多くの人に西脇市とのゆかりを知っていただくため、2月16日(日)に追加でお
もてなし対応を実施
します!

会場は、荘厳寺です。(兵主神社ではありません。)

☆「おもてなし」の内容【午前10時〜午後3時】
 ・パンフレットの配布
 ・お茶の提供
 ・土産物の販売(官兵衛の里せんべい、官兵衛さんの合子兜まんじゅう、各種官兵衛グッズなど)
 ・「官兵衛さんの家紋巻き」の限定販売
 ・ボランティアガイドによる荘厳寺の案内

 ・パンフレットのダウンロードはこちら
  ゆかりの地パンフレット(A3版)
  ゆかりの地散策マップ(A4版)

この機会にぜひ西脇市へ来ていただければと思います!


☆アクセスガイド 【会場の荘厳寺まで】

1301taiga-e03.jpg
↑国道175号「田高」交差点を東へ曲がる。【滝野社IC方面からは右折】

1301taiga-e04.jpg
↑加古川に架かる橋を渡り、「官兵衛の里」の幟に沿って直進すると
ゆかりのスポットに到達します。【荘厳寺まで田高交差点から約2キロ】

2014年2月 9日

【イベント案内・黒田官兵衛】大河ドラマ「軍師官兵衛」〜官兵衛紀行で西脇市が放映!2/11(火)おもてなしイベントを開催☆

1301taiga-e01.jpg
↑官兵衛ゆかりの地・黒田集落の全景


こんにちは(*^_^*)。冬になると寒いので、出かけるのが少し面倒になりますね。そんな中、兵庫県内
各地では、大河ドラマの放映に伴い、観光客の誘致に向けた熱いイベントが展開されています。

その大河ドラマ「軍師官兵衛」の第6回(2月9日)放送では、ドラマの後にゆかりの地を紹介す
る「官兵衛紀行」
において、わが西脇市が紹介されました!

見逃した方は → こちら
※ 再放送は、2月15日(土)午後1
時5分から(官兵衛紀行は午後1時50分前)

ドラマでは通説の姫路生まれで描かれている官兵衛ですが、播磨各地では昔から黒田家や官兵衛
に関する言い伝えや、記録があるとの視点から荘厳寺や兵主神社など市内のゆかりの場所が紹介
されました。

そこで、放送直後、初の休日となる2月11日(火・祝)午前10時から午後4時まで荘厳寺(黒田
庄町黒田)において、観光協会や北播磨黒田官兵衛生誕地の会、地元による「おもてなし」を行いま
す。

☆「おもてなし」の内容【予定】
 ・ぜんざい・お茶の提供
 ・パンフレットの配布
 ・土産物の販売(官兵衛の里せんべい、官兵衛さんの合子兜まんじゅう、各種官兵衛グッズなど)
 ・ガイドによるゆかりの地の案内(荘厳寺など)
 ※JR本黒田駅 9時11分着・10時25分着の列車に対応して案内を行う予定です。

1301taiga-e02.jpg
↑雪化粧した荘厳寺

1301taiga-e05.jpg
↑「官兵衛紀行」メイン紹介の兵主神社

・パンフレットのダウンロードはこちら
 ゆかりの地パンフレット(A3版)
 ゆかりの地散策マップ(A4版)

この機会に、ぜひ多くの人に西脇市へ来ていただければと思います!


☆アクセスガイド 【イベント会場の荘厳寺まで】

1301taiga-e03.jpg
↑国道175号「田高」交差点を東へ曲がる。【滝野社IC方面からは右折】

1301taiga-e04.jpg
↑加古川に架かる橋を渡り、「官兵衛の里」の幟に沿って直進すると
ゆかりのスポットに到達します。【荘厳寺まで田高交差点から約2キロ】

2014年2月 3日

【観光施設情報・黒田官兵衛】播州織で官兵衛の衣装を再現!〜試着&生地販売

1302jyosui01.jpg
↑黒田如水(官兵衛)の肖像画から、播州織生地で再現した着物 (試着モデルは、西脇市職員)


こんにちは(^u^)。大河ドラマ「軍師官兵衛」の「官兵衛紀行」での西脇市ゆかりの地の放送は、2月
9日(日)午後8時前です。略系図所蔵の荘厳寺などのスポットが紹介されますので、お見逃しなく!

その官兵衛関連の話題ですが、西脇市の地場産業「播州織」を使い、官兵衛の着物を再現しました。
よく知られる官兵衛出家後の如水像の肖像画を参考に、播州織生地で着物・作務衣・甚平・頭陀袋
と一式を作成しています。

市内の播州織商社・島田製織と神戸芸術工科大学、播州織工房館の産学連携事業として、生地を
共同開発しました。2月中旬から、播州織工房館や旧来住家住宅で展示しており、なんと!試着も
できます。

残念ながら、着物は非売品ですが、再現生地を使った男性用長袖シャツを作成・販売します。播州織
工房館(電話 0795-22-3775・月曜日休館)での受注販売で、価格は7,350円(サイズL・M・S)です。
ぜひ、お買い求めくださ〜い!

1302jyosui02.jpg
↑再現した着物柄の播州織シャツ(注文販売)

2014年1月31日

【まちかど情報・黒田官兵衛】「官兵衛ゆかりの地」フォトコンテストの優秀作品が決定!

1301contest01.jpg
↑入賞者の表彰

こんにちは(^u^)。最近は、少し陽が射す時間が伸びてきたような気がしますね。
この前、姫路にある大河ドラマ館に行ってきましたが、多くの人で賑わっていました。姫路
の集客力にはかないませんが、西脇市も地道にがんばっていきます。((+_+))

さて、「第1回黒田の里 官兵衛まつり」&「官兵衛ゆかりの地」フォトコンテストが開催され、
作品を見た方の投票により、優秀作品を決定し、1月25日(土)に黒田庄地区コミセンで
入選者の表彰式が行われました。

作品は、今年初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」や、西脇市内の官兵衛ゆかりの地の史
跡・自然・人・風景などを題材とした作品を募集し、市内外から1632作品の応募をいただ
きました。

1216日から17日まで、荘厳寺持仏堂で実施した一般審査の結果、次の6作品が優秀
な作品として選ばれました。

 

氏 名

住     所

題      名

金賞

宮崎芳一

多可郡多可町

光芒

銀賞

山本直由

西宮市

祭りの前夜

銅賞

高瀬忠男

西脇市

かんべえくんとぎゅうべえくんに囲まれて

入選

笹倉 繁政

西脇市黒田庄町

秋彩(荘厳寺)

入選

笹倉 勝

西脇市黒田庄町

夕焼け小焼け(比延山城下)

入選

大城戸正憲

西脇市黒田庄町

道行灯


入選作品については、2月中は、荘厳寺で展示しています。

1301contest02.jpg
↑金賞「光芒」


1301contest03.jpg
↑銀賞「祭の前夜」

1301contest04.jpg
↑銅賞「かんべえくんとぎゅうべえくんに囲まれて」

2014年1月26日

【黒田官兵衛】「黒田官兵衛生誕の里」石碑が建てられました!

0126sekihi01.jpg
↑官兵衛の里・黒田に建立された生誕の里の石碑

 こんにちは(*^_^*)。大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映に伴い、黒田氏の発祥、官兵衛生誕の伝承があ
る西脇市に訪れるコアなファンも増えています。ドラマでは通説どおりの姫路生まれ...となっていますが、
歴史はロマン!当地に伝わる官兵衛の足跡を追ってみるのも、なかなか楽しい旅となりますよ〜。

さて、ドラマ放映で盛り上がるゆかりの地・黒田庄町黒田に「黒田官兵衛生誕の里」の石碑が建てられ
ましたという話題をお届けします。場所は、国道175号から荘厳寺へ向かう途中の市道沿い、黒田城址
の近くです。

この石碑は、JR本黒田駅近くにある森脇酒店のオーナーが、官兵衛ゆかりの地として来訪者にアピー
ルするため、地元に恩返しをしたいとの思いともあわせ、開店30周年記念として寄贈したものです。
(森脇酒店では純米吟醸「官兵衛の里 黒田」も販売しています。)

1月24日に寄贈者の森脇さんや地元関係者が参加し、除幕式が行われました。
ゆかりの地訪問の際には、記念写真の撮影場所として立ち寄っていただければと思います。

0126sekihi02.jpg
↑ 地元黒田の関係者等が参加して開催された除幕式

2014年1月24日

【まちかど情報・黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」ポスターを作成・配布中!

0124post02.jpg
↑「官兵衛の里・西脇市」ポスター


こんにちは(*^_^*)。ブログ更新は久しぶりです。冬の季節はなかなか話題がないので、少し期間が開き
ましたが、これからも記事を載せていきますので、よろしくお願いします!

さて、西脇市観光協会では、遅ればせながら、「官兵衛の里・西脇市」のポスターを作成しました。
当地では、丹波との国境にある多可郡黒田村にあった黒田城主の息子として生まれたと伝わる官兵衛で
すが、ポスターでは、その黒田集落を背景に、「黒田家略系図」を所蔵する荘厳寺・生誕地の石碑が建つ
姥が懐、黒田城址の3つのスポットの写真を織り込んだものとなっています。

ポスターは市内の公共施設や官兵衛ゆかりの地で掲載していますので、ぜひご覧いただき、官兵衛の里
めぐりをしてみてください!


そして、いよいよ始まった大河ドラマ「軍師官兵衛」。
通説の誕生地・姫路市では大河ドラマ館が1月12日(日)にオープンし、主演の岡田准一さんも参加した
オープニングイベントが開催されました。

当日は、西脇市からご当地キャラ「にっしー」が参加し、各地から駆けつけたほかのご当地キャラとともに、
来場者たちにゆかりの地のアピールをしました。荒木村重によって、官兵衛が幽閉された有岡城があった
伊丹市からも「村重たみまる」が参加していましたので、伊丹市のPRを行う「いたみローズメイト」のお姉さ
ん、そしていつも「にっしー」を演じてくれる県立西脇北高校生とともに、記念撮影を行いました。

0124post01.jpg
↑姫路市の大河ドラマ館オープンのイベントでの一幕(伊丹市・村重たみまる&いたみローズメイト)

2014年1月 7日

【黒田官兵衛】ゆかりの地・歩いてめぐるモデルコースマップを作成!

0107kanbee-m01.jpg
↑ゆかりの地が点在する黒田集落

こんにちは(*^_^*)。大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映が始まり、ゆかりの地・西脇市でも徐々に盛り上
がりを見せています。

さて、今回は、ゆかりの地を歩いてめぐるマップを作成しましたという話題です。
ゆかりの地が点在する黒田集落をJR加古川線の本黒田駅・黒田庄駅を発着点に歩いてめぐる観光協
会おすすめのモデルコースを示しています。

JR加古川線の西脇市駅〜谷川駅は運行本数が少なく、なかなか利用しにくいのですが、阪神地域か
らのアクセスも示した時刻表によるモデルも組んでいるので、ぜひご活用ください!

散策マップは → こちら

2014年1月 6日

【まちかど情報・黒田官兵衛】市役所ロビーで「官兵衛の里・西脇市」パネル展示!

0106kanbee01.jpg
↑市役所1階ロビーでの展示


あけましておめでとうございます。本年も西脇市観光協会をどうぞよろしくお願いいたします。

1月5日(日)にNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送がいよいよ始まりました!第1回の放送では、官
兵衛の幼年期から元服までの乱世を生きる素地となった日々が描かれていましたね。ただ、ドラマでは
姫路生まれとなっており、西脇市出自説とは異なっているのは、まあ仕方がありませんね...(+o+)。

さて、放送開始にあわせ、市役所1階ロビーでは「官兵衛の里・西脇市」の展示コーナーを設けています。
官兵衛の西脇市出自説の内容や通説との違い、ゆかりの地を示したマップなどのパネル、これまでの地
元での取り組みなどの写真をコンパクトに展示しています。

展示期間は、2月末までの予定(一部の日を除く。)です。市役所にお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください!

2013年12月27日

【黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」サイト開設のお知らせ☆

1227kanbee01.jpg
↑市役所ロビーでアピール!ご当地キャラ「にっしー」の官兵衛バージョン


こんにちは。年末が押し迫ってきましたが、片づけ・大掃除に忙しいのではないでしょうか?

さて、本日は、「官兵衛の里・西脇市」を紹介する専用サイト開設のお知らせです。

西脇市は、最近の調査研究によって、実は黒田氏発祥・黒田官兵衛の生誕地では...?と
いう説が注目をあびるようになってきています。

市内には、黒田城址やこれまでの通説とは異なる家系図を所蔵する荘厳寺、また三木合
戦の際の戦勝祈願を行ったといわれる兵主神社など、ゆかりの場所が点在しています。

また、大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映決定に伴い、官兵衛にまつわる講演やまちづくり活
動も活発になってきており、関連グッズの開発や販売など熱い盛り上がりを見せています。

一方、ゆかりの地を訪問する人も増えているため、西脇市のこうした情報を提供することを
目的に専用のサイトを開設したものです。

今後も関連情報を随時更新していきますので、よろしくお願いしま〜す!

☆「官兵衛の里・西脇市」サイト
http://nishiwaki-kanko.jp/kanbee/


2013年12月26日

【黒田官兵衛】ゆかりの地・黒田にのぼりを設置!

1226nobori01.jpg
↑アクセス道路沿いに設置された「官兵衛の里・西脇市」ののぼり


こんばんは(#^.^#)。いよいよ2013年も終わりに近づいてきました。1年って経過するのは本当に早いもの
ですね〜。年賀状がまだ書けていないのが不安ではありますが...。

さて、今日の話題は、黒田官兵衛ゆかりの地が点在する黒田庄町黒田集落のアクセス道路に「官兵衛
の里・西脇市」をアピールするのぼり設置についてです。

1月5日から始まるNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」も間近になり、ゆかりの地である西脇市でも来訪者が
増えてきています。
こうした中、国道175号田高交差点から姥が懐・黒田城址を経て、「黒田家略系図」を所蔵する荘厳寺に
至るゆかりのスポットのアクセス道路に沿い約2キロに、来訪する観光客の方にわかりやすいよう約100
本ののぼりを設置しました。

1226nobori02.jpg
↑のぼりの設置作業。地元の方々と市職員が協力して行いました!

1226nobori03.jpg
↑荘厳寺付近にものぼりを設置


そして、市役所などの公共施設の窓口・カウンターには、卓上のミニのぼりを設置しています。

いよいよ放送が始まる「軍師官兵衛」。
「官兵衛の里・西脇市」を盛り上げていくため、観光協会でも熱い想いを持ち、しっかりと応援してい
きます!

1226nobori04.jpg
↑公共施設ではカウンターなどに卓上のミニのぼりを置いています。

2013年12月16日

【イベント案内・黒田官兵衛】神戸・元町 北播磨おいしんぼ館で「官兵衛の里・西脇市」展示を開催中☆

1216oishinbo01.jpg
↑神戸元町商店街にある「北播磨おいしんぼ館」

こんにちは(*^_^*)。カメムシが大量発生する年の冬は、寒さが厳しい...ということらしく、今年はどうや
らその当たり年のようですね。先日のニュースでは、エジプトでも100年以上ぶりに雪が降ったとかで、
もしかしてとんでもない大雪が降るのかも...。ホワイトクリスマスを期待ですね〜。

さて、今日の話題は、神戸・元町商店街にある「北播磨おいしんぼ館」の2階で開催している官兵衛の
里・西脇市の企画展示「希代の智将・黒田官兵衛〜新説・西脇市出自説〜」のお知らせです。

「北播磨おいしんぼ館」は、北播磨県民局が運営主体となって、北播磨5市1町の物産を販売、地域の
魅力を発信するアンテナショップとして、平成24年に神戸元町通6丁目商店街に開設されています。

12月7日に開催した北播磨おいしんぼ館・西脇市イベント「素通りは、い官兵衛」の後、同館2階の展
示スペースで、西脇市と官兵衛のゆかりを説明したパネルや関連グッズなどのPRをしています。

展示期間は12月30日まで。そして、大河ドラマ「軍師官兵衛」は、いよいよ来年1月5日から放映スタ
ート!大河ドラマでは、姫路生まれの黒田官兵衛として描かれるようですが、西脇市に伝わる伝承や史
実をひとりでも多くの方に知っていただければ...と思っています。


1216oishinbo02.jpg
↑黒田官兵衛の西脇市出自説を説明したパネルを展示

1216oishinbo03.jpg
↑播州織扇子をはじめ、西脇市内で販売している官兵衛関連グッズも紹介

2013年12月10日

【イベント報告・黒田官兵衛】12/7(土)神戸・元町商店街で西脇市フェア「素通りは、い官兵衛」を開催

1209motomachi01.jpg
↑元町商店街で開催した西脇市イベント

こんばんは(●^o^●)。日が沈むのが本当に早くなりましたね〜。今夜から急激に冷え込むそうですの
で、暖かくして寝るようにしましょう!

さて、今日の話題は、神戸・元町商店街で開催した西脇市フェア「素通りは、い官兵衛」の報告です。

来年1月から放映のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」ゆかりの地として、兵庫県内各地では盛り上がりを
見せています。わが西脇市も黒田氏発祥・官兵衛生誕の地では...?と近年になって脚光を浴びてきて
います。

西脇市が属する北播磨地域では、個性ある地場産品を販売し、北播磨の魅力を知ってもらうことを目的
に、県民局が主体となって神戸・元町商店街にアンテナショップ「北播磨おいしんぼ館」をオープンしてい
ます。そのイベントの一環として、今回、官兵衛ゆかりの地としてPRする西脇市イベントを開催しました。

当日は、これまで西脇市で取り組んできた官兵衛ゆかりの地としての活動などを紹介するパネルを展示
したほか、商店街を行き交う人に西脇市と官兵衛の関わりを紹介したパンフレットや観光チラシを配布し、
PRを行いました。

1210motomachi02.jpg
↑先日初開催された「黒田の里 官兵衛まつり」の写真展示などを行いました。

また、特産品の「日本のへそゴマ」の実物を展示したところ、熟年層を中心に「懐かしい〜!」との声を多
くいただきました。また、ゴマの種も無料で配布したところ、好奇心で立ち止まる人も多く、大好評を得ま
した。

さらに、黒田官兵衛に関するグッズや黒っこマザーズの「官兵衛さんの家紋巻きセット」や黒田庄和牛を
使った巻き寿司などを当日限定で販売しました。

多くの人が「素通り」をせずに、ご覧いただき、また御買い上げいただいので、感謝しております!

1210motomachi03.jpg
↑巻き寿司や金ゴマなど西脇市自慢の特産品を販売

1210motomachi04.jpg
↑今回も子どもたちに大人気のゆるキャラ「にっしー」でした。

2013年11月19日

【イベント報告・黒田官兵衛】11/17(日)「黒田の里 官兵衛まつり」盛大に初開催!

1119satofes01.jpg
↑荘厳寺へ向かう甲冑武者行列で、黒田官兵衛役の片山象三市長


おはようございます(*^_^*)。紅葉もいよいよ真っ赤に染まってきましたね。でも今年はいつもの年よりも少
し色づきが悪いような気がします...。

さて、今回の話題は、初開催「黒田の里 官兵衛まつり」(本祭り)の報告です。

黒田氏の発祥・官兵衛の生誕地との説が伝わる黒田庄町黒田では、来年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の
放映に向けて、地元でも機運を盛り上げていこうと荘厳寺をメイン会場に開催されたものです。

※前夜祭の様子は→ こちら

晴天に恵まれた中、午前10時から祭りは開催。会場では、官兵衛の里・西脇市で開発されたグルメや酒
の販売
をはじめ、播州ラーメンなどの地元グルメや手土産の出店が並び、多くの人でにぎわいました。
また、初めて実施した加古川・姫路発の観光協会モニターツアーバスも満席となり、遠方からもお越しいた
だき、嬉しい限りです!

メインイベントは、黒田集落を練り歩く総勢100人にもおよぶ「甲冑武者行列」。片山市長が扮する黒田官兵
衛を中心とした甲冑武者やこども武者、着物姿の女性陣などが練り歩きました。1キロ以上にも及ぶ道のり
を歩き、荘厳寺に到着後、勢揃いした武者たちを前に、境内では歴代黒田城主の法要が営まれました。

1119satofes02.jpg
↑秋の色合いが増す黒田集落を練り歩く「甲冑武者行列」

1119satofes03.jpg
↑持仏堂で営まれた歴代黒田城主の法要。


昼時には、暖かい日差しの中、グルメを求める人やステージイベントを見に来る人たちでにぎわい、戦国時代
を彷彿とさせる甲冑姿の武者も会場内を歩き、来場者との記念撮影に応じるなどまつりは最高潮に!さらに、
官兵衛生誕地のライバル?姫路市からも「かんべえ君」が来場し、西脇市出身歌手・トータス松本さんがデザ
インした「黒田牛兵衛」とも仲良く対面し、子どもたちの人気をさらっていました。

1119satofes04.jpg
↑多彩なグルメが出店し、多くの人でにぎわうまつり会場

1119satofes05.jpg
↑姫路市「かんべえ君」と西脇市「黒田牛兵衛」。神戸での初対面以来2度目です!


ステージでは、まつり開始とともにバンド演奏やキッズダンスが行われ、甲冑武者行列到着後は、行列を先
導したほら貝部隊の演奏や、地元で結成された合唱団による官兵衛オリジナル合唱曲の披露、さらに黒田
武士の演舞など次々と多彩なイベントが開催されました。
また、まつりの企画・運営に協力してもらった関西学院大学・都市研究会のメンバーによる「官兵衛○×クイ
ズ大会」も行われました。

1119satofes06.jpg
↑まつり全般の企画・運営をサポートしてくれた関西学院大学・都市研究会のみなさん。

1119satofes07.jpg
↑官兵衛を称えるオリジナル曲を披露していただいた黒田官兵衛合唱団とオーケストラ

1119satofes08.jpg
↑播磨の黒田武士顕彰会・新福氏とともに黒田武士を披露した「楽踊楽座」


採用2年目の市職員もまつりを盛り上げようと、西脇市のご当地製造麺「スパゲティ風うどん」に着目し、オリ
ジナルグルメ「うどゲティ」を出店し、完売となりました。味も大好評だったため、もしかすると新たなご当地グ
ルメになるかも...ですね〜。

まつりのフィナーレには、よさこい踊りが行われ、ステージイベントの参加団体だけでなく、飛び入り参加も含
め、会場内で多くの人が見よう見まねで踊り、最後まで盛り上がりを見せ、まつりは盛況のうちに終了しまし
た。

参加していただいた多くのみなさま、そして来場していただいたみなさま、ありがとうございました!

大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送を前に、黒田氏発祥・官兵衛生誕地として、より一層盛り上がっていく、素
晴らしいイベントとなりました。

1119satofes09.jpg
↑市職員チーム「プロジェクトU」。新たなご当地グルメ・うどゲティの販売に挑戦しました☆

1119satofes10.jpg
↑よさこい踊りで盛り上がる会場。観客・スタッフも輪になって踊りました!

1120satofes11.jpg
↑甲冑武者行列のスタート地点・黒田公民館での官兵衛の里・西脇市のパネル展示

2013年11月16日

【イベント報告・黒田官兵衛】11/16(土)キャンドルナイト!「黒田の里 官兵衛まつり」前夜祭を開催

 1116zenyasai01.jpg
↑ライトアップされた紅葉が鮮やかな荘厳寺

こんばんは(^ー^)。朝夕がめっきり肌寒くなってきましたね〜。

さて、今日は史上初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」前夜祭のレポートです。

明日の本番前に開催された前夜祭は、キャンドルナイトとして企画されたものです。まつりの初開催に当た
り、内容の企画で協力いただいている関西学院大学「都市研究会」のみなさんの発案によるもので、地元
小学生たちとペットボトルを使って、一緒に作り上げたロウソクなどを荘厳寺の参道に配置し、明かりを灯し
たものです。

1116zenyasai02.jpg
↑住職による講演会の開演を待つ荘厳寺・持仏堂

夕暮れとともに、火がつけられた幻想的なロウソクの光、そしてライトアップされた紅葉の美しさに、訪れた人
たちは酔いしれていました。

そして、午後6時からは荘厳寺・堀井隆海住職による「プチ講演会」が開演。播磨古事や荘厳寺本黒田家略
系図など黒田官兵衛が西脇市で生誕したとされる根拠などを最新の研究成果を踏まえてわかりやすく解説
されました。持仏堂があふれるほど集まった聴衆は、住職の講話に熱心に耳を傾けていました。

1116zenyasai05.jpg
↑堀井住職による荘厳寺所蔵の黒田家略系図の解説

紅葉の最盛期には、まだ少しだけ早いようですが、明日17日の本番に向け、盛り上がりを加速するイベントと
なりました。紅葉の荘厳寺の美しさも圧巻ですよ〜!

1116zenyasai03.jpg
↑参道入口から見たライトアップの様子

1116zenyasai04.jpg
↑境内を囲む白壁と本堂に続く石段を照らすキャンドル

1116zenyasai06.jpg
↑暗闇の中、幻想的なキャンドルの暖かな光

2013年11月12日

【イベント案内・黒田官兵衛】「黒田の里 官兵衛まつり」に登場!顔出しパネル&ディープなご当地グルメ

1100deep01.jpg
↑ご当地製麺「スパゲティ風うどん」。見た目はナポリタンのようです。

おはようございます(●^o^●)。今朝は冷え込みがきつく、ブログ担当者の飼っている大きなネコが昨日の
晩から、布団の中でずっと寄り添って寝ていました。

さて、5日後にせまった11月17日(日)初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」。このイベントで登場する2つ
の注目のモノをご紹介します。

まず1点目。ご当地製麺 『スパゲティ風うどん〜うどゲティ』 の出店です。

上記写真がそれなのですが、見た目はまるでナポリタン。でも、これ「スパゲティ風うどん」という、麺業界に
違う風を吹き込む大胆な麺なのです。市内の製麺所で作られているものなのですが、市内のスーパーでも
なかなか見かけないというレアな食品です。これに県外出身のある市職員が目をつけました。

西脇市民でもなかなか知らない人が多いのですが、発見以来その不思議な魅力(?)にとりつかれた職員
とその有志たちが、西脇市の新たな魅力発信!ということで、今回のイベント合わせ出店します。

麺に付いている粉末トマトソースと、黒田庄和牛などの西脇市のご当地食材を混ぜて仕上げた麺は、スパゲ
ティとは違うコシの柔らかさが新たな食感を与えてくれます。

限定200食で提供。値段は200円!ぜひ当日、会場で食べてみてください!

★紹介チラシは → こちら


もう1点は 「官兵衛顔出しパネル」 の作成・設置です。

このパネルは、今回のイベントの企画・運営にかかわっていただいている「関西学院大学都市研究会」の
みなさんに昼夜問わず、心をこめて作成していただいたものです(感謝\(◎o◎)/)。

顔出しパネルは両面利用できるようになっており、片面は戦国武将として活躍した黒田官兵衛が馬...では
なく、牛に乗ったものです。官兵衛の里・西脇市は、神戸ビーフの産地・黒田庄和牛の生産地としても知ら
れていることから、牛にしてみたというユーモラスなものです。そして、官兵衛の後ろには、西脇市・官兵衛
の里のイメージキャラクターである「へそのかんちゃん」も描かれています。

そして、もう一面には、隠居・出家後、「如水」と称した官兵衛の座像を描いたパネルとなっています。そして
横には、生涯ひとりの最愛の妻・光姫の顔出しもあり、カップルやご夫婦でご一緒に撮っていただけるように
なっています。そして官兵衛の遺訓である「我、人に媚びず。富貴を望まず。」というフレーズも書かれていま
す。

当日まつり会場に設置しますので、ぜひ撮影してみましょう〜!


1100deep03.jpg
↑戦国武将「黒田官兵衛」の顔だしパネル。後ろの応援団の武将はいったい誰(秀吉?)なのか...。

1100deep02.jpg
↑もう一面には、隠居後「黒田如水」の顔出しパネル。妻・光姫にも変身可能!

2013年11月11日

【黒田官兵衛】あいたい兵庫2013〜たびたび城たびin兵庫で黒田城・比延山城の旅が紹介!

1111tabi01.jpg


こんばんは〜。今夜は寒い!〜(◎o◎)/、もう冬の足音が聞こえてきそうなこの頃...。
次の日曜日は、いよいよ「黒田の里 官兵衛まつり」の開催です。

そんな今日の話題は、「官兵衛の里・西脇市」にある黒田氏ゆかりの山城として注目を集める
黒田城と比延山城を巡った旅ブログの紹介です。

兵庫県では、観光促進に向け、公益財団法人ひょうごツーリズム協会が中心となって、兵庫県
の魅力を全国に発信する観光キャンペーン「あいたい兵庫2013」を開催しています。今年のキャ
ンペーン期間は10月から12月で、稀代の軍師にして2014年大河ドラマ主人公である黒田官兵
衛のふるさととして、官兵衛にゆかりのある城をはじめ、多くの城跡に恵まれた兵庫のお城を楽
しく旅するサイト「たびたび城たびin兵庫」が開設されています。

その中にある事務局ブログで、城たびのモデルコースとして、「黒田庄が熱い!官兵衛はどこで
生まれたの?!
」 として、官兵衛の里・西脇市をめぐった旅日記が紹介されています。

また、官兵衛の母・於松を輩出した比延氏の居城といわれる比延山城の登山ブログもあります。
急傾斜で知られる比延山城の登山体験記は、一見の価値がありますよ!

城たび魅力発見事務局の方、官兵衛の里・西脇市を紹介していただき、ありがとうございました!
ブログを見て、西脇市に来てくれる方が増えるといいなあ...と心から願っています。

2013年11月 7日

【グルメ・黒田官兵衛】「官兵衛の里」から新グルメ・日本酒を発売!

1100challenge01.jpg
↑開発者のみなさんと官兵衛の里にちなんだ開発商品

こんにちは(*^_^*)。11月に入って急に冷え込んできたと思いませんか?今年の夏のうだるような暑さを
すっかり忘れてしまいますね〜。紅葉が色づき、美の競演を見せるときも、もうまもなくですね。

今回お届けするトピックは、「官兵衛の里・西脇市」にちなみ開発されたグルメと日本酒のニュースです。

それでは、ますはグルメから。
新開発されたのは、西脇多可料飲組合による「官兵衛の里御膳」、企業組合黒っこマザーズによる「官兵
衛の里の恵み弁当」と「官兵衛さんの家紋巻きセット」です。

「官兵衛の里御膳」は、2段の弁当箱で、ひとつは、黒田家の家紋があしらわれた透明の包装の下に西脇
市特産の「日本のへそ金ゴマ」がふりかけてあるご飯。そしてもうひとつの弁当箱には、黒田庄和牛と播州
百日鶏といった地元食材を使っているほか、官兵衛が武将としてつかみ取った「運」と官兵衛の名にちなん
だ「ん」をかけて、名前に「ん」が含まれる野菜を中心とした食材を使っています。


■官兵衛の里御膳(11月17日から提供)

  提供価格:1,000円(税込)
  提供場所:西脇多可料飲組合加盟店のうち8店・イベント時に出店販売 
        ※西脇市内は次の4店で提供

          ますのみ松屋(上野)

          けんしん亭(黒田庄町大門)

          西脇ロイヤルホテル(西脇)

          西脇カントリークラブレストハウス(上比延町)

        ※共通使用食材(黒田庄和牛・播州百日鶏・日本のへそ金ゴマ)以外は、店舗によりおかずが
          異なります。  

1100challenge02.jpg
↑「官兵衛の里」御膳。播州織生地で弁当箱を包んでいます。

企業組合黒っこマザーズが開発した「官兵衛の里の恵み弁当」は、官兵衛の里である黒田庄の食材を中
心に使ったもので、ポイントは「官兵衛さんの家紋巻き」。黒田庄和牛と日本のへそ金ゴマ、そして旬の西
脇市産の野菜を自家栽培の紫黒米で、黒田家の家紋である藤巴状に巻きこんでいます。家紋の藤の花と
紫黒米の色のイメージがぴったりだったので、試行錯誤を経て、完成した逸品です。


■「官兵衛の里の恵み弁当」・「官兵衛さんの家紋巻きセット」(11月1日から提供)

  販売価格:弁当1,260円(税込)、家紋巻きセット420円(税込)
  販売箇所:弁当は予約販売のみ 【電話 0795ー28ー4176】 
        家紋巻きセットは、農産物直売所北はりま旬菜館で販売

1100challenge03.jpg
↑「官兵衛の里の恵み弁当」。旬の食材だけでなく、手書きの包み紙にも愛情がこもっています。

1100challenge04.jpg
↑「官兵衛さんの家紋巻きセット」。左の2つが黒田家家紋の藤巴をあしらったものです。


そして、グルメだけでなく、官兵衛も好んで飲んだ?日本酒も開発。
純米吟醸酒「官兵衛の里 黒田」は、西脇多可小売酒販組合が販売するものです。西脇市内には酒蔵が
ないことから、お隣の加東市の神結酒造に発注したもので、兵庫県産の酒米を使って造っています。

西脇市を含む北播磨地方は、全国有数の酒米の産地であり、官兵衛の臣下である母里太兵衛の大酒飲
みの逸話で知られるように、官兵衛も日本酒との縁が深かったものと思われることから、官兵衛のふるさと
の酒として販売します。


■純米吟醸酒「官兵衛の里 黒田」(11月17日から販売)

 販売価格:1,575円(税込)
 販売店舗:西脇多可小売酒販組合の加盟店舗(※販売の幟が立っています。)

1100challenge05.jpg
↑官兵衛の里・黒田集落の景観をラベルにした純米吟醸酒です。


いずれも11月17日(日)に初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」にあわせて開発されたもので、まつり当日
は出店販売しますので、ぜひお越しください!

2013年11月 6日

【黒田官兵衛】西脇市「ゆかりの地散策マップ」と「伝承の紹介」を作成!

1106pamph01.jpg
↑ゆかりの伝承地・黒田集落


こんにちは!(^^)!。今日は朝霧が立ち込めていますが、だんだん霧も晴れてきて、青空が広が
ってきています。でも一昨日は木枯らし第1号が吹き、日に日に冷え込んできていることを実
感しますね〜。

さて、来るべき11月17日(日)の「黒田の里 官兵衛まつり」に向け、観光協会では西脇市内
の「官兵衛ゆかりの地マップ」と、「伝承の紹介」資料を作成しました。

どちらもA3判1枚サイズでコンパクトにまとめたもので、官兵衛まつり当日にも配布する予定
です。

このホームページからもダウンロードできるようにしましたので、ぜひご活用ください!


西脇市ゆかりの地マップ

西脇市伝承紹介パンフレット

2013年11月 4日

【まちかど情報・黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」PRのぼりを設置!

1104nobori01.jpg
↑市内の公共施設等に設置

こんにちは(●^o^●)。3連休の最終日になりましたが、なんとか今日は天気が回復してくれました!
せっかくの連休...あいにくの天気でしたが、みなさんはどこかにお出かけになりましたか?

さて、11月に入り、初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」まであと2週間。
今年最大の西脇市の官兵衛イベントに向け、徐々に機運が盛り上がってきています!

そんな中、まつりの開催にあわせ、「官兵衛の里・西脇市」をPRするため、のぼりを作成し、市内の公
共施設や集客施設に順次掲示しています。

家紋の藤巴からイメージした紫色をベースに、書道家・森川珪石氏が揮毫した「官兵衛の里 西脇市」の
公式ロゴを用いたデザインです。これを契機により多くの人に「官兵衛の里・西脇市」を知ってほしいもの
ですね。

そして、まつり当日(前夜祭も含めて...)は、ぜひ天気に恵まれてほしいです(祈)。

1104nobori02.jpg
↑市役所にも設置。前を通る国道427号のドライバーにPR

2013年10月29日

【黒田官兵衛】「官兵衛の里 西脇市」PR懸垂幕を設置!

1029kensui01.jpg
↑国道175号・国道427号分岐点に設置したPR懸垂幕


こんにちは(●^o^●)。急に冷え込んできたので、ブログ担当者も含め、まわりには体調を崩されている
方も多いようです...。

さて、いよいよ近づいてきた初開催「黒田の里 官兵衛まつり」。
西脇市を黒田官兵衛ゆかりの地としてアピールするイベントとなりますが、この祭りとともに、新年からの
大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映にあわせたPRを行うため、国道175号と国道427号の分岐点である
上戸田南交差点の交通島に設置しました。

国道175号の両方向から見えるよう設置しており、丹波・舞鶴方面の懸垂幕には「ゆかりの地黒田まで
10キロ」の表示もしています。
また、西脇市の公式キャラクター「へそのかんちゃん」も表示しています。

近くを通られた際には、ぜひ注目してご覧ください!

2013年10月22日

【イベント案内・黒田官兵衛】11/16(土)キャンドルナイト!「黒田の里 官兵衛まつり」前夜祭のお知らせ☆

1000zenyasai.jpg
↑関西学院大学都市研究会と北播磨黒田官兵衛生誕地の会との会議

おはようございます(*^_^*)。また台風が近づいてきていますが、大荒れにならなければいいのですが...。

さて、話題の11月17日(日)に初開催となる「黒田の里 官兵衛まつり」ですが、その前夜祭についてお
知らせします。

祭り前日の11月16日(土)午後5時30分から荘厳寺で「キャンドルナイト」の前夜祭を開催します。
このイベントは、「黒田の里 官兵衛まつり」に地域の外、そして若者の視点から協力をいただいている関
西学院大学都市研究会により企画していただいたものです。

当日は荘厳寺の石段で、都市研究会の大学生と地元小学生の手作りキャンドルを灯し、幻想的な寺の
境内を演出します
また、黒田官兵衛はどういった人なのか?が初めての人にもわかりやすいように、荘厳寺・堀井隆海住
職によるプチ講演会も開催いたします。

祭り当日とともに、こちらのプレイベントにもぜひお越しください!


【前夜祭のスケジュール】

 ・と  き 11月16日(土) 午後5時30分〜午後7時15分 ※雨天決行(キャンドル点灯は中止)
 ・と こ ろ 黒田庄町黒田 荘厳寺
 ・駐車場 荘厳寺下の特別養護老人ホーム「向陽苑」にあり。(会場まで徒歩2分)

 ☆イベントチラシは
こちら

2013年10月17日

【イベント案内・黒田官兵衛】11/17(日) 初開催!「黒田の里 官兵衛まつり」のお知らせ☆

1000kfes01.jpg
↑紅葉の名所としても知られる黒田庄黒田の荘厳寺

こんにちは〜(*^_^*)。市内各神社で開催された秋祭りも無事に終わりました。済み渡る青空が広がって
いますね。

さて、11月17日(日)に初開催となる「黒田の里 官兵衛まつり」のお知らせです。

黒田氏の発祥・官兵衛の生誕地との説が伝わる黒田庄町黒田では、来年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の
放映に合わせ、注目が集まっています。こうした中、地元でも機運を盛り上げていこうと、企画されたのが
このお祭りです。

祭りは、荘厳寺をメイン会場に開催され、前夜祭も行われます。
この機会にぜひ「官兵衛の里・黒田」をお訪ねください!

【日  時】  11月17日(日) 午前10時〜午後3時

【場  所】  荘厳寺、黒田公民館(活動記録パネル展示)

【イベント】 ・甲冑武者行列・子ども武者行列(10時30分〜) 黒田公民館〜荘厳寺 
       ・ステージイベント(10時〜15時)
        ゆるキャラ登場・バンド演奏・黒田官兵衛合唱団によるコーラス・演舞・官兵衛クイズ大会など
       ・歴代黒田城主供養・荘厳寺本黒田家略系図(写し)の展示<荘厳寺持仏堂>
       ・グルメコーナー
        官兵衛の里オリジナル弁当・寿司、ご当地グルメ(播州ラーメンなど)

【駐車場】 ・黒田庄中学校・黒田集落内にあります。(会場まで送迎あり)
       ※荘厳寺までのマイカーの乗り入れはできません。

【前夜祭】 11月16日(土)午後5時30分〜午後7時15分
       荘厳寺でキャンドルナイト&官兵衛プチ講演会を開催! 

 ※ 雨天・荒天時は、会場・内容を一部変更
 ※ フォトコンテストも開催します。詳しくは西脇市ホームページをご覧ください!
 ※ 当日開催されるバスツアー・ウォーキングもあります。詳しくはブログ記事をご覧ください。

案内チラシはこちら

1000kfes02.jpg
↑これが「荘厳寺本黒田家略系図」です。(荘厳寺持仏堂にて展示公開)

2013年10月11日

【イベント案内・黒田官兵衛】11/17(日) 官兵衛ゆかりの地を歩く&まつりも見学 ウォーキングを開催☆

1000walk01.jpg
↑田畑の土が黒いことから名付けられたという「黒田」

こんにちは(*^_^*)。3連休を前に今日は少しお天気が悪いようです。

さて、今回は11月17日(日)初開催となる荘厳寺「黒田の里 官兵衛まつり」を見学し、官兵衛ゆ
かりの地を歩く
ツアーのお知らせです。

JR本黒田駅を出発地に官兵衛ゆかりの黒田集落を歩くというもので、当日は「北播磨黒田官兵衛生誕地
の会」のスタッフが現地を案内します。

本黒田駅からまつり会場の荘厳寺は、およそ2キロの道のり。途中「黒田城址」や官兵衛生誕地の石碑が
建つ「姥が懐」などに立ち寄りますので、片道3キロ足らずの行程となります。

募集人員は30名、参加費は 1,500円で、記念品がついています!
お申込み・お問い合わせは、
北播磨黒田官兵衛生誕地の会(黒田庄地区コミセン内)電話:0795ー28ー2121
まで。

当日列車に乗ってJR本黒田駅に集合してください。駅からの出発時間は9時15分です。そこで案内人が
お待ちしています。

※解散予定時刻:本黒田駅 午後3時ごろ

【お勧め列車時間】
 JR加古川駅 7時17分発
    ↓
 粟生駅 7時50分発
    ↓
 西脇市駅 8時17分着
  (乗り換え) 22分発
    ↓
 本黒田駅 8時39分着 

 JR宝塚駅 7時50分発
    ↓
 JR三田駅 8時04分発
    ↓
 JR谷川駅 8時54分着
  (乗り換え) 9時発
    ↓
 本黒田駅 9時10分着

2013年10月 8日

【イベント案内・黒田官兵衛】11/17(日) 神戸・姫路発〜官兵衛ゆかりの地ツアーの参加者募集

1008tour01.jpg
↑紅葉に染まる荘厳寺の境内

こんにちは(*^_^*)。台風が近づいていますが、今日は何とか雨も降らず、曇り空が広がっていますね〜。

さて、今回は秋の西脇市を訪ねる2つのツアーのご案内です。
日時は、いずれも11月17日(日)で、初開催となる荘厳寺「黒田の里 官兵衛まつり」を見学します。

まず紹介するのは、姫路・加古川発観光協会モニターツアーです。

黒田官兵衛ゆかりの地として盛り上がりを見せる中、「新説!黒田官兵衛ゆかりの地・西脇市をめぐる旅」
をテーマに日帰りのモニターツアーを実施します。
このツアーでは、「黒田の里 官兵衛まつり」を見学するほか、官兵衛ゆかりの場所や旧来住家住宅など西
脇市の観光スポットを巡ります。そして昼食には、官兵衛の里オリジナル弁当と西脇市の特産品・黒田庄
和牛のすき焼きをご賞味いただけ
ます。

お申し込みは、神姫バスツアーズ(株)社営業所(電話:0795ー42ー6565)まで

こちらのツアーは満席となりましたので、締切いたします。ありがとうございました。


【代  金】  2,500円(モニター特別価格、大人・子ども同額)
【出発地】  JR加古川駅北側・JR姫路駅南側・福崎町平野病院前
【募集人員】 45人限定 
【コース】   加古川(8時発)・姫路(8時40分発)・福崎(9時10分発)
         ↓ 
        「
黒田の里 官兵衛まつり」見学(荘厳寺・姥が懐など訪問)
         ↓
        昼食・けんしん亭(官兵衛の里弁当と黒田庄和牛すき焼き)
         ↓
        兵主神社(三木合戦・戦勝祈願社)
         ↓
        道の駅・北はりまエコミュージアム(買い物)
         ↓
        国登録有形文化財・旧来住家住宅(ボランティアガイドによる案内)
         ↓
        玉木新雌・播州織ショップ(見学・買い物)
         ↓   
        福崎(18時着)・姫路(18時30分着)・加古川(19時10分着)

☆募集チラシは
こちら   


もう1つは、神戸(三ノ宮・西神中央)発バスツアーのお知らせです。

こちらのツアーは、「紅葉の古刹と官兵衛まつり&三木合戦図絵解き」をテーマに、西脇市の官兵衛ゆかり
の地と三木合戦の舞台・三木市をめぐる日帰りバスツアーです。
このツアーでは、「黒田の里 官兵衛まつり」を開催する荘厳寺をゆっくりと滞在し、お祭りを楽しんでいただ
けるコースとなっています。

お申し込みは、北はりま田園空間博物館総合案内所(電話:0795ー25ー2370)まで

【代  金】 3,200円
【出発地】 三ノ宮駅・西神中央駅
【募集人員】 40人
【コース】  三ノ宮(8時発)・西神中央(8時40分発)
         ↓
       道の駅・北はりまエコミュージアム
         ↓  
       「黒田の里 官兵衛まつり」 (荘厳寺・多宝塔まで案内・散策)
       昼食:「へそでちゃの特製弁当」 (比延地区まちづくり協議会手づくり)
         ↓
       三木文化会館(三木合戦図絵解き解説)
         ↓
       西神中央(17時20分着)・三ノ宮(18時着)

☆募集チラシはこちら 

2013年10月 6日

【イベント報告・黒田官兵衛】姫路かんべえくんと黒田牛兵衛の初対面!〜神戸・元町「北はりま元気市」(10/5)開催 

1006genki01.jpg
↑ゆるキャラパレードで共演〜姫路かんべえくんと黒田牛兵衛

こんにちは(*^^)v。秋祭りが近づいてきましたね。来週の本番に向けて、太鼓の練習もいよいよ佳境
に入ってきたのではないでしょうか。

さて、今日のトピックは、10月5日(土)に神戸・元町商店街で開催された「北はりま元気市」です。
このイベントは、北播磨5市1町が参加し、観光の誘客と特産品のPRを進めていくため、アンテナシ
ョップ「北播磨おいしんぼ館」がある元町商店街で毎年秋に開催するものです。

西脇市は、無料体験コーナーとして「播州織の手織体験」を昨年に引き続き行いましたが、開始時
間前から体験希望の客が詰めかけるなど、大人気!イベント終了時間まで人は途切れず、にぎわ
いました。

また、物産として、播州織製品や播州ラーメン、黒田官兵衛関係グッズを販売したほか、試食で提
供した企業組合黒っこマザーズさんの紫黒米を使った「黒っこ巻き」が大人気となり、昼すぎには完
売となりました。

1006genki03.jpg 1006genki02.jpg 
↑大人気の手織り機による播州織コースターづくり             ↑にっしーと黒田牛兵衛が西脇市出展スペースで応援!

午前・午後の2回開催されたゆるキャラパレードでは、ご当地のゆるキャラが登場!西脇市からはお
なじみの「にっしー」のほか、西脇市出身の歌手・トータス松本さんが特産品・黒田庄和牛とゆかりの
地として注目を集める黒田官兵衛をテーマに取り入れデザインした「黒田牛兵衛」が参加しました。

そして、年明けからの大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映に向け、ゆかりの地・姫路をPRするため、ひ
めじ官兵衛プロジェクトのイメージキャラクター「かんべえくん」もスペシャルゲストとして登場しました。

せっかくの機会なので、8月にデビューしたばかりの黒田牛兵衛から先輩のかんべえくんにお願い
し、2体で並んで記念写真を撮ってもらいました!それがトップの写真です。

各地で黒田家・官兵衛ゆかりの地としてさまざまなイベントが開催されていますが、西脇市でもこれ
から各種イベントやPR事業を開催していきますので、ご期待ください!

1006genki04.jpg
↑ゆるキャラパレード。はばたんも西脇高校作製の播州織ベストを着用!

1006genki05.jpg
↑にっしーに抱きつく女の子。おへそに触ると幸せになるよ〜♪

2013年10月 1日

【黒田官兵衛・観光施設情報】「荘厳寺本黒田家略系図」を公開!(黒田庄黒田・荘厳寺)

0930kakeizu01.jpg
↑家系図を所蔵する荘厳寺(黒田庄町黒田)

こんにちは(*^_^*)。天気の良い秋空が続いていますね。市内各所では10月の3連休の秋祭りに向けて、
夜には練習の太鼓の音が響き渡っています。鈴虫の鳴き声もよく聞こえてくるようになりましたね。

さて、今回は黒田庄町黒田にある荘厳寺で、黒田家の発祥と黒田官兵衛の誕生を記した「荘厳寺本黒田
略系図」(複製)が展示・公開を開始したという話題です。

「荘厳寺本黒田家系図」は、江戸時代の文化6(1809)年頃に黒田氏と姻戚関係にあると伝わる家の子
孫が奉納したもので、室町時代に播磨守護であった赤松氏から派生した黒田氏の発祥から滅亡までの歴
代を記したものです。

この系図によると、黒田氏は多可郡黒田村を出自とし、代々黒田城主を継いでおり、官兵衛は8代重隆の
次男として生まれ、姫路の小寺職隆(もとたか)の養子になったことが記されています。

「黒田庄町史」では、この系図の写しを用いて、黒田官兵衛の出自説を以前から紹介していましたが、当時
は注目されることはありせんでした。しかし、近年になって荘厳寺所蔵の家系図が展示会などを通じて公表
されたことにより、黒田氏の西脇市出自説や官兵衛の誕生説がにわかに脚光を浴びるようになりました。

これまで、荘厳寺で家系図は大切に保管されていましたが、黒田氏・黒田官兵衛の西脇市出自説の有力
な根拠となっていることから、複製を作成し、荘厳寺の持仏堂で公開することとなりました。

みなさんぜひ実物(複製ですが...)をご覧いただき、歴史のロマンに触れてみてください!


【拝観時間】 午前10時〜午後4時  ※住職不在時・荒天時は拝観を中止します。
【拝 観 料】  無料


0930kakeizu02.jpg
↑荘厳寺の堂内で展示されている家系図の複製

2013年9月15日

【黒田官兵衛】「官兵衛の里・西脇市」主張の書を作成!

0917syuchou-hyoushi.jpg
↑「官兵衛の里・西脇市」主張書

こんにちは(*^_^*)。台風が近づいているようで、雨模様です。風も少し吹いていますが、これ以上激しく
ならなければよいのですが...。

さて、黒田官兵衛生誕地、黒田家発祥の説があり、地域から官兵衛の里を盛り上げていこうと取り組む
西脇市「官兵衛の里」推進協議会では、西脇市が官兵衛の里として主張する趣意を示した資料「官兵衛
の里・西脇市」主張の書を作成しました。

この主張の書では、「播磨古事」や「荘厳寺本黒田家略系図」など、黒田官兵衛や黒田氏が多可郡黒田
村の出自であることを示す史料や書籍などを紹介しています。また、黒田城や多田構居など市内の黒田
氏ゆかりの伝承地を紹介しています。

西脇市が黒田官兵衛ゆかりの地であることを主張するよりどころとなる資料ですが、ぜひご覧いただき、
官兵衛に関する理解を深めるとともに、歴史のロマンに思いを馳せていただきたいと思います。

ダウンロードは市のホームページで。 

2013年9月13日

【黒田官兵衛】西脇市の公式キャラクター「へそのかんちゃん」登場!

0913kanchan.jpg
↑西脇市「官兵衛の里」推進協議会イメージキャラクター「へそのかんちゃん」

こんにちは(●^o^●)。昨日は突然の雷雨でしたが、今日は朝からさわやかな青空が広がって
います。今月は3連休が2週も連続で続くので、行楽が楽しめそうですね〜。

さて、今回は、来年1月から放送される大河ドラマ「軍師官兵衛」に関するトピックです。

「軍師官兵衛」の主人公である黒田官兵衛の生誕地、また黒田家の発祥地として伝わる西脇市
では、各種団体と行政が一体となって、「官兵衛の里」として、さまざまな事業を展開していくこと
を計画しており、その推進組織として、西脇市「官兵衛の里」推進協議会を設立しています。

協議会では、「官兵衛の里」のPRの一環として、イメージキャラクターとロゴを制定しました。

イメージキャラクターの名前は、「へそのかんちゃん」。
原作者は市内在住でイラストなどを描かれている「こばやしあやき」さんで、西脇市での生誕地説
にちなみ、幼少時の官兵衛を親しみやすい、かわいらしいキャラクターとして描かれたものです。

また、西脇市がキャッチコピーとして用いている「官兵衛の里・西脇市」のロゴ字体も作成しました。
県立西脇高等学校教諭で書道家・森川珪石先生が書かれたもので、毛筆体で表現したものとな
っています。

今後、市などが作成するパンフレットや関連商品に使用していくとともに、使用を希望される方に
無償で利用できるようにしていきます。
(西脇市のホームページで使用申請ができるようになります。)

yokogaki.jpg
↑毛筆体で作成したキャッチコピーのロゴ

2013年9月11日

【黒田官兵衛・イベント報告】講演「黒田官兵衛生誕地・黒田の里」(9/8)が開催されました。

0911suzuki01.jpg
↑鈴木先生の後援に熱心に耳を傾けている来場者

こんにちは(*^_^*)。しばらくぶりの暑さですね〜。事務局のある市役所にも、そろそろ夏の終わりを告げる?
セミたちの鳴き声が響きわたっています。...がもうしばらくは、この暑さは続きそうですね。

さて、今回は9月8日(日)に黒っこプラザで開催された思想史家・鈴木幸治先生による講演、「黒田官兵衛
生誕地・黒田の里」の報告です。

「北播磨黒田官兵衛生誕地の会」が企画した官兵衛セミナーの第2弾で、6月に開催された歴史研究家・黒
田美江子氏の講演に続くものです。

講師の鈴木幸治先生は、黒田家前史研究サイト「播磨黒田氏 黒田官兵衛」を公開し、通説では近江の国
が出自とされている黒田家は、実は多可郡黒田村(現在の西脇市黒田庄町黒田)であると主張されている
方です。今回の講演では、最近注目されているこの説の根拠を解説いただきました。

0911suzuki02.jpg      0911suzuki03.jpg
↑講演に先立ち森脇会長のあいさつ   ↑講演をいただいた思想史家・鈴木幸治氏

 

講演では、姫路に伝わる古文書では「官兵衛は多可郡黒田村の産」と書かれていたが、先ごろ公表された「荘厳寺
本系図」がこのことを証明するものとなった。官兵衛の出生地といわれる姫路の文書が、地元姫路ではなく、黒田村
出身と書いてあるので、少なくとも姫路生まれではないことは確かであると述べられました。

その他の内容としては、
 ・現在の近江国出生は「通説」であり、これまで官兵衛生誕の本格的な研究はされていなかったので、これは
  歴史的に証明された「定説」ではない。
 ・黒田家は播磨国守護・赤松氏の子孫で、円心の弟・円光の子、重光を祖としており、播磨から京に至る街道
  が通る丹波国境の拠点に位置する「黒田城」を居城とした。
 ・現在伝わる赤松氏の系図に黒田氏が出てこないのは、系図の作者が黒田氏のことを知らなかったからで、
  
不整合とはいえない。むしろ「荘厳寺本系図」は、赤松氏の新しい系図といえる。
 ・近江や備前にある黒田家の墓は、後年度に造られた可能性が高い。
 ・通説では実父とされる職隆(もとたか)と祖父の重隆(しげたか)の年齢差は16歳しかなく、戦国時代といえ
  ども親子というのは疑問。養父と実父と考えるべきだ。

などと語られました。そして最後に「ドラマと史実は異なる」ということを強調され、1時間半にわたる講演を締めくくり
ました。

歴史には謎が多く、それがロマンでもあります。これまでの通説を否定するのではなく、西脇市に語り継がれてきた
伝承を大切にしながら、アピールを行ければと考えています。

0911suzuki04.jpg
↑会場では官兵衛に関するオリジナルグッズも販売(西脇TMO)

2013年9月 2日

【黒田官兵衛】地元出身・トータス松本さんがデザインの「黒田牛兵衛」誕生!

0902gyuubee01.jpg
↑愛らしいゆるキャラ「黒田牛兵衛」の着ぐるみ。

こんにちは。今日は朝から大雨の西脇市ですが、事務局のある市役所の前を流れる杉原川も水位が上昇して
少し心配です。早く、雨がおさまってくれればいいのですが...(*_*)

さて、久々のブログ記事ですが、今日の話題は「黒田牛兵衛」誕生!です。
8月31日(土)に、西脇市出身のミュージシャン、トータス松本さんの地元凱旋ライブ「歌う!トータス松本風速M
AX」が、加東市の播磨中央公園・野外ステージで行われました。
毎年恒例の地元を会場にしたライブで、トータス松本さんの出身校・県立社高校生徒とのセッションなど地元なら
ではのコンテンツも含まれ、京阪神をはじめ全国各地から多くのファンがかけつけました。

それに先立ち、トータス松本さんが、西脇市特産品の黒田庄和牛や出生地として注目を集める黒田官兵衛をテー
マに取り入れ、デザインしていただいたゆるキャラ「黒田牛兵衛」がお披露目されました。
これは、地元の活性化に共鳴していただいたトータス松本さんが描かれた原画をもとに、「黒田庄地区まちづくり
住民会議」が製作したものです。

今後は市内のイベントなどで登場し、黒田官兵衛や西脇市をPRするために活動していく予定です!

0902gyuubee02.jpg
↑後ろ姿にバッチリ名前が入った「黒田牛兵衛」。汗をかいているのもかわいらしいです。

2013年8月22日

【黒田官兵衛・イベント案内】9/8(日) 講演「黒田官兵衛生誕地・黒田の里」のお知らせ☆



0822kuroda01.jpg
↑黒田城址があったといわれる場所にはベンチが設置され、眼下に黒田集落を望むことができます。


こんにちは(*^^)v。夏の甲子園はいよいよ決勝戦!
わがまちから初出場の西脇工業高校は、2回戦で惜しくも敗れましたが、存在感を存分に示
してくれました。新たな歴史を刻んでくれた同校は、ふるさとの誇りです。

さて、本日のトピックは、西脇工業高校同様、ふるさとの誇り、黒田官兵衛の話題です。
来年の大河ドラマの放映に向け、撮影もクランクインしたようですが、官兵衛ゆかりの地として
全力と盛り上げようと、企画された講演会が開催されます。

この講演会は、通説とは異なり、黒田家の発祥、そして黒田官兵衛の出生地は西脇市である
との説を展開する、歴史に造詣の深い思想史家・鈴木幸治氏を講師に迎えて、「黒田官兵衛
生誕地・黒田の里」というテーマで実施するものです。

歴史はロマンです。歴史的にどの説が正しいのか、ということを争うのではなく、これまでの通
説とは別の「西脇市発祥・生誕説」に耳を傾けてみてください。
来年の大河ドラマがより一層楽しめますよ。

官兵衛のことが知りたい方は、ぜひお越しください!

≪講談会の内容≫
 ○日 時 平成25年9月8日(日) 午後1時30分から
 ○場 所 西脇市コミュニティセンター黒田庄地区会館(黒っこプラザ) ホール
 ○入場料 無料
 ○主 催 西脇市「官兵衛の里」推進協議会・北播磨黒田官兵衛生誕地の会
 ○問合せ 0795ー28ー2121(黒っこプラザ)

 講演会チラシ

2013年7月30日

【黒田官兵衛・イベント案内】8/7(水) 講談「西脇生まれの黒田官兵衛物語」開催のお知らせ☆

0731ishihara01.jpg
↑石原坂から見た黒田集落

こんにちは(*^^)v。暑い日が続きますね。こんな日はいろんな水分(?)を十分に摂りながら、
心地よく過ごしたいものですね。

さて、本日は西脇商工会議所で開催される黒田官兵衛をテーマにした講談のお知らせです。
この講談は、西脇商工会議所女性会が主催するもので、来年の大河ドラマ放映に向けて、
西脇市ゆかりの黒田官兵衛の人物像を多くの方に知ってもらいたいとの思いから企画された
ものです。

講談のタイトルは「西脇生まれの黒田官兵衛物語」、上方講談師の旭堂南海さんが官兵衛
と西脇市のゆかりをテーマに軽妙な語り口でお話していただきます。

官兵衛のことが知りたい方は、ぜひお越しください!

≪講談会の内容≫
 ○日 時 平成25年8月7日(水)午後7時から
 ○場 所 西脇商工会議所2階 多目的ホール
 ○入場料 無料
 ○問合せ 0795ー22ー3901(西脇商工会議所)

2013年7月18日

【黒田官兵衛】西脇市「官兵衛の里」推進協議会が設立されました!

0718kanbee01.jpg
↑黒田集落に建つ「黒田官兵衛生誕地」の石碑

こんにちは(*^_^*)。すっかり夏らしい空になりましたね〜。

さて、今回は"西脇市「官兵衛の里」推進協議会が設立されたという話題です。
平成25年7月16日に西脇市生涯学習まちづくりセンターで、推進協議会の設立総会が行われました。

この会は、本市が黒田氏発祥や黒田官兵衛生誕地として伝わることから、これらを地域資源にまちづくりを進め、地域の
活性化を目指そうとするものです。
推進協議会には、北播磨黒田官兵衛生誕地の会をはじめ、商工会議所や商業連合会、そして観光協会などの団体が参
加しており、各団体が連携・協力しながら、今後さまざまなイベントの実施や観光客の誘致、特産品の開発などに取り組
んでいくこととしています。

観光協会でも、今後、黒田官兵衛ゆかりの地として、観光客の誘致を図る事業を実施していくこととしています。


※設立総会の話題は、西脇市HPをご覧ください。
  西脇市「官兵衛の里」推進協議会が設立されました。(西脇市HP)

2013年6月20日

【黒田官兵衛】「官兵衛の里・黒田」のチラシを作成!

     23chirashi.jpg

こんにちは(^◇^)。雨が続いていますね。この雨で少し元気がなかった都麻乃郷あじさい園
のあじさいたちも美しさを増していくのでは...と喜んでいます。まさに恵みの雨!です。

さて、今回お知らせするのは、来年の大河ドラマの主人公・黒田官兵衛の生誕地、そして黒
田氏の発祥地として伝わる西脇市黒田庄町黒田をPRするチラシを作成したというトピックで
す。

黒田官兵衛の生誕地については、定説では姫路であるといわれています。ただ、確たる証
拠はなく、江戸時代中期に貝原益軒が編さんした「黒田家譜」によるところが大きいのです。

一方、黒田集落をはじめ、地元では黒田官兵衛の出生地であるということが古くから伝えられ
ており、昭和47(1972)年に旧黒田庄町で刊行された「黒田庄町史」でもこのことが発表されて
いましたが、当時はあまり注目されませんでした。

しかし、平成23(2011)年に播磨黒田氏研究会が、「播磨古事」の研究過程で、黒田庄町黒
田の荘厳寺の「荘厳寺本黒田家略系図」に着目され、その研究を深め、黒田氏そして黒田官
兵衛は、黒田庄町黒田の出自であるとの説を主張され、大河ドラマの放映決定とともに、現
在にわかに注目されています。

滋賀県発祥・姫路市生まれという定説を否定するものではなく、地元に伝わるゆかりの地をP
Rするものとして作成したチラシです。
市内外の公共施設や、道の駅・北はりまエコミュージアムなどの観光施設で配布しています!

 官兵衛の里チラシ.pdf

黒田官兵衛ゆかりの里情報(西脇市HP)

2013年6月19日

【黒田官兵衛・イベント案内】6/30(日) 講演「黒田官兵衛の魅力」開催のお知らせ☆

こんにちは〜(*^_^*)。空梅雨が続いていましたが、今日は雨となり、梅雨らしい気候となってきました
が、台風が近づいているので、少し心配ですね。

今回は、西脇市が生誕地?! との説が盛り上がってきている、来年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人
公・黒田官兵衛。その魅力を生誕地から発信する講演会の開催のお知らせです。

黒田官兵衛は、豊臣秀吉の軍師として仕え、秀吉を天下人に押し上げた男として知られています。鋭
い洞察力と知略で戦国の世を巧みに切り抜けた生き様は、現代を生きる私たちにも多くの示唆を与え
てくれます。

講演会は、西脇市を官兵衛生誕地・ゆかりの地として盛り上げていこうと活動されている「北播磨黒田
官兵衛生誕地の会」の主催で行われるものです。
官兵衛の魅力を存分に伝える講演会にぜひお越しください!

○日時 
  6月30日(日)午後1時30分〜3時(予定) ※開場は午後1時
○場所
 黒田庄中学校体育館(西脇市黒田庄町黒田)
  ※入場無料。駐車場あり。
○内容 
 第1部 合唱〜オリジナル合唱曲「黒田官兵衛の歌・黒田城」
 第2部 講演〜「黒田官兵衛の魅力」
          講師:黒田美江子氏(歴史研究家・播磨の黒田武士顕彰会顧問)

22shiroyama.jpg
↑黒田氏の居城と伝わる黒田城址がある城山(西脇市黒田庄町黒田)

2013年5月11日

【黒田官兵衛】「北播磨黒田官兵衛生誕地の会」設立&生誕地をPR!

こんにちは(^v^)。今日は、あいにくの雨模様ですね。

さて、来年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公として今話題となっている戦国武将・黒田官兵衛。
実は西脇市生誕...というトピックを今回はお届けします。

通説では、黒田家の発祥は滋賀県の長浜市とされていますが、江戸時代に編纂された播磨の記録類に
は、「黒田氏や官兵衛は多可郡黒田村の生まれ」とするものがあります。昭和47(1972)年に刊行の「黒
田庄町史」にも、本市(黒田庄町黒田)の出自説が発表されていましたが、注目をあびることはありません
でした。

しかし、平成23(2011)年に、市内黒田庄町黒田にある荘厳寺で、「黒田家略系図」が発見され、西脇市
出自説がにわかに注目をあびることとなりました。

このため、地元住民を中心に、来年の大河ドラマ放映にも合わせ、官兵衛ゆかりの地としてPRしていくこ
とを目的に、4月28日に「北播磨黒田官兵衛生誕地の会」が結成されました。

歴史には謎が多く、それが大きなロマンでもあります。通説を否定するのでなく、官兵衛が生まれた里とし
ての伝承が伝わる本市でも、ひとつの説としてPRを進めていくとともに、ゆかりの地への案内板の整備や
イベントの開催を計画しています。


14kanbe01.jpg
↑黒田公民館(黒田庄町黒田)で開催された「北播磨黒田官兵衛生誕地の会」の設立総会の様子


また、観光協会では、4月29日に長明寺(高松町)で開催された「頼政祭」で、ゆかりの地をPRするた
めに第1弾として、シールを貼ったせんべいを配布しました。

今後も様々なPR事業を企画していきたいと考えています。その節には、このブログでも情報発信をしま
すので、よろしくお願いしま〜す☆。


14kanbe02.jpg
↑「黒田家家紋入り」と「かんべえくん(姫路市作成)」のシールを付けたせんべい。

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28