にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【イベント報告・黒田官兵衛】11/17(日)「黒田の里 官兵衛まつり」盛大に初開催! 2013年11月19日

1119satofes01.jpg
↑荘厳寺へ向かう甲冑武者行列で、黒田官兵衛役の片山象三市長


おはようございます(*^_^*)。紅葉もいよいよ真っ赤に染まってきましたね。でも今年はいつもの年よりも少
し色づきが悪いような気がします...。

さて、今回の話題は、初開催「黒田の里 官兵衛まつり」(本祭り)の報告です。

黒田氏の発祥・官兵衛の生誕地との説が伝わる黒田庄町黒田では、来年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の
放映に向けて、地元でも機運を盛り上げていこうと荘厳寺をメイン会場に開催されたものです。

※前夜祭の様子は→ こちら

晴天に恵まれた中、午前10時から祭りは開催。会場では、官兵衛の里・西脇市で開発されたグルメや酒
の販売
をはじめ、播州ラーメンなどの地元グルメや手土産の出店が並び、多くの人でにぎわいました。
また、初めて実施した加古川・姫路発の観光協会モニターツアーバスも満席となり、遠方からもお越しいた
だき、嬉しい限りです!

メインイベントは、黒田集落を練り歩く総勢100人にもおよぶ「甲冑武者行列」。片山市長が扮する黒田官兵
衛を中心とした甲冑武者やこども武者、着物姿の女性陣などが練り歩きました。1キロ以上にも及ぶ道のり
を歩き、荘厳寺に到着後、勢揃いした武者たちを前に、境内では歴代黒田城主の法要が営まれました。

1119satofes02.jpg
↑秋の色合いが増す黒田集落を練り歩く「甲冑武者行列」

1119satofes03.jpg
↑持仏堂で営まれた歴代黒田城主の法要。


昼時には、暖かい日差しの中、グルメを求める人やステージイベントを見に来る人たちでにぎわい、戦国時代
を彷彿とさせる甲冑姿の武者も会場内を歩き、来場者との記念撮影に応じるなどまつりは最高潮に!さらに、
官兵衛生誕地のライバル?姫路市からも「かんべえ君」が来場し、西脇市出身歌手・トータス松本さんがデザ
インした「黒田牛兵衛」とも仲良く対面し、子どもたちの人気をさらっていました。

1119satofes04.jpg
↑多彩なグルメが出店し、多くの人でにぎわうまつり会場

1119satofes05.jpg
↑姫路市「かんべえ君」と西脇市「黒田牛兵衛」。神戸での初対面以来2度目です!


ステージでは、まつり開始とともにバンド演奏やキッズダンスが行われ、甲冑武者行列到着後は、行列を先
導したほら貝部隊の演奏や、地元で結成された合唱団による官兵衛オリジナル合唱曲の披露、さらに黒田
武士の演舞など次々と多彩なイベントが開催されました。
また、まつりの企画・運営に協力してもらった関西学院大学・都市研究会のメンバーによる「官兵衛○×クイ
ズ大会」も行われました。

1119satofes06.jpg
↑まつり全般の企画・運営をサポートしてくれた関西学院大学・都市研究会のみなさん。

1119satofes07.jpg
↑官兵衛を称えるオリジナル曲を披露していただいた黒田官兵衛合唱団とオーケストラ

1119satofes08.jpg
↑播磨の黒田武士顕彰会・新福氏とともに黒田武士を披露した「楽踊楽座」


採用2年目の市職員もまつりを盛り上げようと、西脇市のご当地製造麺「スパゲティ風うどん」に着目し、オリ
ジナルグルメ「うどゲティ」を出店し、完売となりました。味も大好評だったため、もしかすると新たなご当地グ
ルメになるかも...ですね〜。

まつりのフィナーレには、よさこい踊りが行われ、ステージイベントの参加団体だけでなく、飛び入り参加も含
め、会場内で多くの人が見よう見まねで踊り、最後まで盛り上がりを見せ、まつりは盛況のうちに終了しまし
た。

参加していただいた多くのみなさま、そして来場していただいたみなさま、ありがとうございました!

大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送を前に、黒田氏発祥・官兵衛生誕地として、より一層盛り上がっていく、素
晴らしいイベントとなりました。

1119satofes09.jpg
↑市職員チーム「プロジェクトU」。新たなご当地グルメ・うどゲティの販売に挑戦しました☆

1119satofes10.jpg
↑よさこい踊りで盛り上がる会場。観客・スタッフも輪になって踊りました!

1120satofes11.jpg
↑甲冑武者行列のスタート地点・黒田公民館での官兵衛の里・西脇市のパネル展示