お知らせ

観光施設情報

2017年4月28日

【観光施設情報】「フォルクスガーデン」 リニューアルオープン!

1704volks01.jpg
↑4月27日にオープンした喫茶フォルクス

こんにちは(^_-)-☆。いよいよゴールデンウィークに突入しましたが、みなさんどちらにお出かけでしょうか?
さて、4月27日(木曜日)に黒田庄町喜多の「日本のへそ日時計の丘 フォルクスガーデン」がリニューアルオープンしました。約1か月の閉園の期間は、ご迷惑をおかけしましたが、老朽化した施設の一部も更新しました。

1704volks02.jpg

管理棟には「喫茶フォルクス」がオープン。イングリッシュガーデンを眺めながら、喫茶や軽食で穏やかなひとときを過ごせます。オープン初日には、近所の方々が多く訪れ、「しし汁」の振る舞いもありました。
ゴールデンウイーク期間中は、喫茶メニューのみの提供となりますが、その後は軽食・ランチメニューも提供していきますので、ぜひお越しください。

★喫茶「フォルクス」
 ・営業時間 午前9時から午後4時(ランチタイムは午前11時30分から午後2時)
 ・定休日  水曜日
 ・メニュー
  コーヒー・紅茶等 300円
  スイーツ(ケーキ等) 350円
  ランチ(牛すじカレー・パスタ等) 650円

1704volks03.jpg

2017年3月17日

【観光施設情報】日時計の丘フォルクスガーデン休園のお知らせ(3/21~4/26)

1703volks.jpg

こんにちは(^◇^)。3連休を前に青空が広がっている西脇市です。

イングリッシュガーデンを備える「日本のへそ日時計の丘フォルクスガーデン」(黒田庄町喜多)は、指定管理者の交替とリニューアルのため、3月21日(火)から4月26日(水)までの期間、休園とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ゴールデンウィークを前に再オープンし、新たな装いで皆様をお迎えいたしますので、よろしくお願いいたします。

2017年2月16日

【観光施設情報】2/14~3/12「日本のへその緒フェア」開催! 【播州織工房館】

日本のへその緒フェア
↑播州織工房館で約1月間開催します!


こんにちは(^u^)。少しずつ日が沈むのが遅くなってきていますね~。春の訪れが感じられます。

西脇市の特産品・播州織の製品のアンテナショップ播州織工房館」西脇情報未来館では、2月14日(火曜日)から3月12日(日曜日)までの期間、西脇市内で生産される播州織の逸品を販売する「"日本のへその緒"フェア」を開催します。

日本列島の中心・日本のへそである西脇市のシティプロモーション戦略の一環として、新しいロゴマークをあしらった統一ラベルにより、西脇発ブランドをPRするものです。さまざまな播州織製品にロゴマークをタグとして付けています。

この機会にぜひ西脇市の逸品をお買い求めください!

日本のへその緒フェアの播州織カッターシャツ

↑播州織製品の代名詞となるカッターシャツ

日本のへその緒フェアの鮮やかな色合いのショール

↑鮮やかな色合いのショール

日本のへその緒フェアのロゴマークのタグ

↑ロゴマークをタグにしています。

2017年1月 5日

【観光施設情報】いちご狩りシーズン!! 〜篠田いちご園+観光いちご園スイーツファクトリーへ!

15shinoda01.jpg
↑高設栽培なのでラクラクのいちご狩り


こんにちは(*^_^*)。

冬の寒さが増してきていますが、あま〜くて美味しい「いちご狩り」シーズンがやってきました!
西脇市の冬の特産、いちご狩りに出かけてはいかがでしょうか?

篠田いちご園」(明楽寺町)のいちご狩りは大人気!おでかけ雑誌でも紹介されることから、市外からも多くのお客さんがやってきます。

高設栽培でハイテクシステムにより徹底管理されたいちご農園で、バリアフリーも導入されているので、車椅子のままでもいちご狩りを体験していただけます。小さなお子様からお年寄りまで、美味しいいちごの食べ放題(45分間)を楽しんでいただけます。

そして、隣接する場所では、西脇市が支援するいちご研修農園の「スイーツファクトリー」もあり、篠田いちご園の栽培技術を利用しており、こちらでもいちご狩りが体験できます。

併設された販売所では新鮮ないちごを使ったジャム、アイスも購入できます。こちらの商品は市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」(野村町)でも販売しています。

1701ichigo01.jpg
↑採れたてのいちごも販売

いちご狩りの予約・申し込みは下記までお願いします。

特に土曜日・休日は大人気ですので、お早めに!


また、2月4日(土曜日)には、神戸元町商店街(北播磨おいしんぼ館前)で西脇市・いちごフェアを開催します。
篠田いちご園から直送した新鮮ないちごをはじめ、西脇市のいちご関連商品を販売します!


※いちご狩り体験レポートはこちら

0224ichigo05.jpg 0224ichigo07.jpg
 ↑熟れた赤い実をはさみで丁寧に切ります。            ↑大好きないちごをたくさん食べて大満足         

【いちご狩り体験】

 ・期   間  1月15日(日曜日)〜5月末頃

 ・受付時間  午前10時〜午後3時(直売所での販売は午後5時まで)

 ・休 業 日  不定休

 ・品   種  あきひめ・さちのか・あまクイーン

 ・料   金  小学生以上1,700円、3歳から幼稚園児1,200円、2歳以下は無料
          ※前日までに予約してください。         

☆ご予約お問い合わせは・・・

 篠田いちご園 TEL 0795ー25ー8888

 (西脇市明楽寺町470)

 ※スイーツファクトリーの予約受付も上記で行います。
 
 <アクセス>

  【電車】JR加古川線西脇市駅よりバス大屋行きバスで「明楽寺」下車(徒歩1分)
  【 車 】中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北上し、県道294号(西脇八千代市川線)線を西へ。
       滝野社インターから約20分


15shinoda02.jpg

2016年12月19日

【観光施設情報】道の駅レストラン「たにし」は年末年始も無休!

1612tanishi01.jpg
↑道の駅レストラン「たにし」


こんにちは(*^_^*)。今年もあとわずかとなりましたが、お正月の準備は進んでいますか?

年末年始、道の駅・北はりまエコミュージアムにあるレストラン「たにし」は、休まずに営業します。

※通常の定休日での1月3日(火曜日)も休まず営業します!

営業時間は、朝8時30分〜午後4時(ラストオーダー)です。

地元特産の黒田庄和牛や、播州百日鶏を使った自慢の料理のほか、お飲み物やデザートも気軽に楽しめる軽食・喫茶メニューもあります。
旅行の方、帰省でふるさとにお帰りの方、ぜひこの機会にご利用ください!

 レストラン「たにし」メニュー.pdf


1612tanishi02.jpg
↑地元産の絶品和牛を使った「黒田庄和牛丼」。1,350円【味噌汁・一品付き】


※道の駅(情報案内コーナー・特産品販売コーナー)は、12月31日〜1月2日までの3日間は休業します。
    また、12月30日と1月3日は、17時までの営業となり、1月4日から通常営業となります。

※道の駅は、1月18日(水曜日)は、臨時休業となりますので、ご注意ください。
 

1409denku-f01.jpg

↑道の駅・北はりまエコミュージアム

2016年12月 8日

【イベント案内・観光施設情報】ナイトミュージアムを体験!(コヤノ美術館・西脇館)

1612koyano00.jpg


本格的な冬が到来!
そんな中、今開催されている「コヤノ美術館・西脇館」(市原町)のナイトミュージアム をこのたび訪問・体験してきましたので、お伝えします!

期間限定・予約必須のイベントです。

★ 開催・予約情報 http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/11/20161108.html

コヤノ美術館・西脇館は、明治時代半ばに建てられた豪農・藤井邸を修復・活用した建物。その中に全国各地からオーナー館長が収集した珍しい民芸品や当時の流行品などが展示されています。


すっかり暗くなった午後6時、美術館の正門前に集合。少し待って予約の時間が来ると、ゆっくりと大きな門の扉が開かれ、豪邸のいつもと違う姿があらわれます。この瞬間がなかなか幻想的!

1612koyano01.jpg
↑コヤノ美術館・西脇館の正門前

1612koyano02.jpg
↑正門を入ると広がる光景

門から光に照らされた石畳を歩いて行くと母屋の玄関。
ここを入って行くと、館内を案内してくれるガイド、この日はオーナー館長の小谷野達雄さんが、お住まいの大阪から来ていただいてお待ちでした。この日は館長自らに案内していただきました。まずは、全館が国登録有形文化財となっている建物のこと、そして邸宅を順にまわりながら、全国各地から収集しためずらしい展示コレクションの説明をいただきました。

玄関を入るとすぐの土間の壁には、2匹の鯉のぼりが飾られています。どちらも江戸時代に作られたもので、1匹は布でできたもの、そしてもう1匹は和紙でできたもので、こちらの鯉のぼりは値段が付けられないほどの高価な貴重なものだそう。和紙でできた鯉のぼり自体が今はほぼないそうです。

1612koyano03.jpg
↑正面が和紙でできた鯉のぼり


土間から上がると囲炉裏があり、その周りにはお酒関係のラベルやポスターのコレクションが展示されています。
コヤノ美術館の魅力のひとつは、歴史的文化財の豪邸に、館長が集めてきた民俗品、それもあっとうなるような江戸時代の貴重な代物から、ちょっと懐かしい昭和時代の大衆文化に融け込んだものまで、とにかくさまざまなものが展示されていることです。そうしたものが何気なくそこらに置いてあり、文化財とのミスマッチがちょっと不可思議な空間なのですが、よく見るとどれも価値が高いものばかりで、話をうかがえばうかがうほど興味が湧いてきます。

1612koyano09.jpg
↑囲炉裏の部屋

1612koyano07.jpg
↑前庭

豪邸につきもののお庭ですが、まず見える前庭は、母屋の縁側から眺めることができ、小さな池があります。そして、母屋をぐるりと回った場所にある、土蔵・洋館、そして離れで囲まれた中庭は、砂と石組で構成された枯山水で、京都の由緒ある寺院の庭のようにきれいに手入れされています。ここの部分のライトアップは見ものです。

1612koyano04.jpg
↑枯山水の中庭


小谷野館長は、大阪で会社経営をされているのですが、文化への造詣が深く、社会還元として空き家となっていた豪邸を自ら購入し、美術館として整備されました。くまなく、ユニークな館長のお話を聞き、邸内を案内していただくのですが、少し長いかなと感じていた見学時間の90分間はあっという間に過ぎてしまいます。

そして、この美術館のもうひとつすごいのは、立ち入り禁止の部屋がない!というところです。
通常各地で公開されている豪邸の多くが、天井裏や小さな部屋の多くが、見学・立ち入り禁止となっている場合が多いのですが、ここはどこでも入ることができ、小さく狭い急階段を登っていった場所にも、展示品が所狭しと飾られています。

1612koyano05.jpg
↑母屋の展示

1612koyano06.jpg
↑母屋天井裏部屋。多くの着物が飾られている。

母屋とつながっている白壁の土蔵は、頑丈な扉で守られた3つの部屋があり、こちらにはプロレスラーとして活躍したジャイアント馬場さんの大きな靴(足幅31センチ)などが展示されています。
また、土蔵の対面には、離れに続く20メートルの廊下があり、廊下には大正時代に建てられた洋館が併設されています。コヤノ美術館には、明治時代の母屋・大正時代の洋館、そして昭和時代の離れがあり、時代の流れの中で、順に建てられていった豪邸の成り立ちをうかがい知ることができます。

1612koyano08.jpg
↑白壁の土蔵

1612koyano10.jpg
↑離れに続く洋館の廊下

母屋から長い廊下を歩いて行った先にあるのが、2階建ての離れの建物。この建物には、特に高級建材が用いられており、一本数千万円するという柿の木や一枚板の屋久杉などふんだんに贅を尽くしています。もともとは銀行設立や鉄道敷設にもかかわった地域の豪農の家だけあって、半端なく高級なものを使っています。今となっては値段がとても付けられない建物ですが、「総額100億円の豪邸」というツアーで、ここを訪問する旅行社もあります。
そして離れの2階からみるライトアップされた建物・枯山水の庭は絶景!このナイトミュージアムのクライマックスのポイントです。私はこのままここで泊まりた〜い、と思ってしまいました。最後に邸宅全体を見渡すことができる場所に向かい、闇の中に浮かび上がる豪邸を眺め、ツアーは終了となりました。

冬ですのでとても寒いですが、いつもと違う邸宅の姿を見ることができます。
空気が澄んだ幽玄な雰囲気が味わえるナイトツアーをぜひ体験してみてください!


1612koyano11.jpg
↑離れの2階から見た中庭。ナイトミュージアムの絶景ポイントです。

1612koyano12.jpg
↑ナイトミュージアムで闇に浮かび上がる邸宅の全景

2016年7月 4日

【観光施設情報】「都麻乃郷あじさい園」は閉園しました。

6月4日から開園していました「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」(坂本)は、7月3日(日)をもって閉園しました。
期間中は多くの方に来ていただき、ありがとうございました。

また、来年も美しい花を咲かせるため、スタッフ一同お待ちしていますので、よろしくお願いします。


★あじさいまつりの開催報告は → こちら

★あじさいの見ごろの様子 → こちら

西脇市あじさい協会ホームページ http://ajisaikyoukai.com/

2016年6月19日

【観光施設情報】道の駅レストラン「たにし」再開!

1606tanishi01.jpg
↑道の駅レストラン「たにし」


こんにちは(^.^)/~~~。

5月13日から休業していました道の駅・北はりまエコミュージアムにある「レストランたにし」の営業が再開しました!
6月18日(土曜日)からプレオープンとして、6月中は土曜日・日曜日(18日・19日・25日・26日)に営業します。

また、7月1日(金曜日)に本格オープンし、以降は毎日(休業日の火曜日を除く。)営業予定です。

これまでのメニューを引き継ぎながら、西脇ローストビーフを使ったメニューも登場!

休業中はご迷惑をおかけしましたが、今後ともよろしくお願いします。

■ レストランたにし 
 電話番号:0795ー24ー3400 
※以前と番号が変更になっています。

◎6月中の営業予定

 ・18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)

 ・午前11時〜午後4時

◎7月からの営業予定

 ・火曜日を除く毎日

 ・時間帯(午前11時〜) ※モーニング・夕方営業については、調整中です。
  
◎メニュー(抜粋・税込価格)

 ・西脇ローストビーフサンド・サラダ付(限定提供) 910円
 ・黒田庄和牛丼 1,350円
 ・百日鶏親子丼 1,020円
 ・たにしミックスフライ定食 1,290円
 ・黒田庄和牛うどん 970円
 ・山菜きつねうどん 700円
 ・ホットコーヒー 410円
 ・山田錦ジェラート 540円



2016年6月17日

【観光施設情報】あじさい見ごろを迎えています!(都麻乃郷あじさい園)

160617ajisai.jpg
ふれあい喫茶「TUMAこいカフェ」のテラス席からはあじさいを愛でながら甘味が楽しめます。


こんにちは(●^o^●)。。

6月4日に開園した「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」(坂本)では、あじさいが見ごろを迎えています。(6月17日現在)
あじさい協会の方に聞くと、昨年度よりは遅めで、花が少し小さめのように感じるとのことでしたが、北播磨最大のあじさい園の名に恥じず、咲き誇る花の美しさが楽しめます。

また、入口にあるふれあい喫茶「TUMAこいカフェ」では、写真のようにあじさいを愛でながら、さわやかな風を感じ、喫茶・軽食が楽しめます。ぜひお越しくださ〜い!

開園時間は、午前9時から午後5時まで。※これ以外の時間は門を閉めていますので、入場できません。
入場には整備協力金200円が必要です。

1606ajisai01.jpg

★あじさいまつりの開催報告は → こちら

★あじさい協会ホームページは http://ajisaikyoukai.com/


1606ajisai02.jpg

1606ajisai03.jpg

1606ajisai04.jpg

1606ajisai05.jpg

1606ajisai06.jpg

1606ajisai07.jpg

1606ajisai08.jpg

1606ajisai09.jpg

1606ajisai10.jpg

1606ajisai11.jpg

1606ajisai12.jpg

1606ajisai13.jpg

1606ajisai14.jpg

1606ajisai15.jpg

1606ajisai16.jpg

2016年6月13日

【観光施設情報・イベント報告】6/12(日)あじさいまつり開催☆〜8割開花!

1606ajisai-f01.jpg
↑満開まではあともう少し(6月12日)


こんにちは(*^_^*)。梅雨に入り、天気がすっきりしない日が続いています...。そんな時期を彩る花といえば、あじさい。

6月12日の日曜日、都麻乃郷あじさい園(坂本)では、毎年恒例の「あじさいまつり」が開催されました。
今年は雨が少ないため、満開まであと一歩の8割程度といったところでしょうか。

★西脇市あじさい協会でも情報発信! ホームページはこちら→ http://ajisaikyoukai.com/

当日は、物販テントも開設され、朝から多くの人が詰めかけにぎわう中、10時から地元の津万保育園の園児たちによる歌と鍵盤ハーモニカの演奏によるオープニングイベントで幕開け。園内では、電化製品などが当たる福引きが行われたほか、西脇市茶道協会による茶席も設けられ、あじさいに見立てた茶菓子をいただきながら、ゆっくりとあじさいを観賞することができました。

また、今年春からオープンしたふれあい喫茶「TUMAこいカフェ」では、テラス席からあじさいが眺められることから、こちらも人気でした。

1606ajisai-f02.jpg
↑津万保育園の園児によるオープニングイベント

1606ajisai-f03.jpg
↑園内中央の小高い丘から見た様子

1606ajisai-f04.jpg
↑観光協会も観光パンフレット・食事処紹介パンフレットを配布

そして、隣接する西林寺ではユニークなイベント「大茶盛」が開催。
同様の行事として奈良の西大寺で行われるものが有名ですが、ここ西林寺でも通常サイズよりもかなり大きな茶道具や茶器を用いた茶席が設けられ、茶器を抱えてお茶を飲むという他では見られないユーモラスな光景が見られます。

観光協会担当者も、お昼を過ぎて人が少なくなったこところを訪問し、実際に体験してみました。
お点前は既に終わっていたので、見られなかったのですが、噂に聞いた大きな茶器が目の前に登場!顔がすっぽり入る大きなサイズで、抹茶を豪快にいただく体験はなかなか楽しいものでしたよ〜(●^o^●)

1606ajisai-f05.jpg
↑大きな茶器が登場!ちなみにこれでも小さな茶器に入るそうです。

1606ajisai-f06.jpg
↑観光協会担当者も体験しました。こぼさないように注意。


あじさい園の開園期間は、7月3日(日曜日)まで。開園時間は、午前9時から午後5時まで
※これ以外の時間は門を閉めていますので、入場できません。

また、入場には整備協力金200円が必要です。ぜひお越しください!

2016年6月 4日

【観光施設情報】「都麻乃郷あじさい園」が開園(7月3日まで)!

160604ajisai01.jpg
↑園内に咲くあじさいの花


こんにちは(●^o^●)。今日は曇り空が広がっており、夜には雨の予想です。
さて、本日「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」(坂本)が開園しましたので、早速訪ねてみました。

園内の中央あたりには、花が開いていますが、見ごろはもう少し先のようです。
あじさい協会の方に聞くと、15日くらいから満開を迎えるのではないか、というお話でした。

また、6月12日(日)には、恒例のあじさい祭りが開催されました。

★あじさいまつりの開催報告は → こちら

★17日現在(見ごろを迎えています。) → こちら

開園時間は、午前9時から午後5時まで。※これ以外の時間は門を閉めていますので、入場できません。
入場には整備協力金200円が必要です。

★あじさい協会ホームページは http://ajisaikyoukai.com/


160604ajisai03.jpg
↑ 園内の開花状況(6月4日)

160604ajisai04.jpg
↑入口にあるふれあい喫茶「TUMAこいカフェ」のテラス席からはあじさいが眺められます。

160604ajisai02.jpg
↑西林寺の境内にあじさい園はあります。(無料駐車場あります。)

2016年5月30日

【観光施設情報】「都麻乃郷あじさい園」のホームページ開設!

1605ajisai-hp01.jpg


こんにちは(*^_^*)。季節の変わり目を感じさせる曇り空が続いています。
もう間もなく梅雨入りでしょうか...。

花の名所・西林寺にある「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」(坂本)。毎年各地から多くの人をお迎えしていますが、このたび管理運営をしている西脇市あじさい協会によりホームページが開設されました!

あじさい園の見どころを紹介しているほか、フェイスブックによるあじさいの開花状況も発信しています。そのほかにも、西林寺の情報などもお知らせしています。ぜひご覧ください。


都麻乃郷あじさい園HP →  http://ajisaikyoukai.com/


※開園情報(6月4日開園)と毎年恒例の「あじさいまつり」開催のお知らせはこちら

2016年5月21日

【観光施設情報・イベント案内】6/4(土) 「都麻乃郷あじさい園」開園! あじさい祭り6/12(日)開催☆

1506ajisai03.jpg


こんにちは(*^_^*)。青空が続いていますね〜。絶好の気候・日和なので、最近はハイキングのお客様が多くいらっしゃいます。

さて、しっとりした梅雨の季節をいろどる花といえば、あじさい。
「都麻乃郷(つまのさと)あじさい園」(坂本)の開園と毎年恒例の「あじさいまつり」開催のお知らせです。

花の寺として知られる古刹・西林寺境内に隣接する「都麻乃郷あじさい園」には、地元「あじさい協会」の方々によって、大切に育てられた3千株・数万本ものあじさいが咲き誇ります。


【開園期間】

 6月4日(土曜日)〜7月3日(日曜日)/開園時間 9時〜17時ごろ

 ※園内見学の際は、整備協力金として、おひとり200円の御協力をお願いします。 

  あじさい園パンフレット

  あじさい園ホームページも開設 → 情報はこちら


また、6月12日(日曜日)には恒例の「あじさいまつりが開催されます。

今年は、境内に駐車場が整備され、あじさい園の入口の横には、ふれあい喫茶「TUMAこいカフェ」がオープン!喫茶やケーキセットなどのメニューが楽しめます。

雨露に濡れた花は、しっとりとした情感を出しますので、美しいあじさいの姿をぜひ見に来てください!


1506ajisaif02.jpg

1506ajisaif03.jpg


■「あじさいまつり」の内容
   日時 6月12日(日) 午前10時〜午後3時

 
<内容>
  ・大茶盛(あじさい観賞のお茶席)
  ・手作り市(陶芸・工芸品の販売)
  ・うどん、あじさいせんべいの販売
  ・大福引き大会(先着・配布数限定)

1506ajisaif05.jpg
↑ あじさい祭りで開催される大茶盛。大きな茶碗で抹茶をいただくユーモラスなイベントです。

2016年5月13日

【観光施設情報】道の駅レストラン「たにし」 休業のお知らせ

道の駅「北はりまエコミュージアム」(寺内)にあるレストラン「たにし」は、オープン以来、長らくの間皆様のご厚情をいただいて営業を続けてまいりましたが、諸般の事情により5月13日(金曜日)をもって営業を終了・休業させていただくこととなりました。

この度の営業終了により、皆様には何かとご迷惑、ご不便をおかけいたしますことを謹んでお詫び申しあげます。 

なお、できるだけ早期の再開を目指してまいりますので、その際には改めてお知らせいたします。

2016年1月31日

【イベント案内・観光施設情報】「コヤノ美術館・西脇館」ナイトミュージアムの開催

1211koyano01.jpg
↑「ナイトミュージアム」のコヤノ美術館・西脇館

こんにちは〜\(◎o◎)/。2月中の開催となりましたので、再度の情報提供です。

さて、今回の話題は、市原町にある「コヤノ美術館・西脇館」で実施されるナイトミュージアムのお知らせ
です。この企画は、平成25年から開催されており、今年で3回目となります。

名称は「美術館」となっていますが、建物は地域の大庄屋として栄え、明治時代半ばに建てられた藤井
邸を修復・活用したものです。また、平成25年に母屋が、平成27年に全体が国の登録有形文化財とな
っています。館内には、美術館らしく、全国各地から収集した珍しい民芸品や当時の流行品などが展示
されています。

敷地面積は3千平方メートルを誇り、明治時代半ばに建造された母屋と連結して建てられている大正期
のモダンな洋館、そして昭和初期に建築された離れ・土蔵で建物は構成されています。また、建物には
びっくりするような高価で貴重な材木が用いられ、素晴らしい意匠が随所に施されています。

そんな魅力たっぷりの邸宅美術館のいつもと違う姿が見える「ナイトミュージアム」を12月〜2月までの
土曜日に期間限定で開催しています。

平成27年中は、「恋も仕事もあしもとから はきもの展」が、平成28年からは「〜桃山から昭和の美〜
櫛簪(くしかんざし)と化粧道具展
」をご覧になれます。

○実施日
 平成27年12月5日(土)・12日(土)・19日(土)
 平成28年1月16日(土)・23日(土)・30日(土)
        2月6日(土)・13日(土)・20日(土)・27日(土)


※見学時間は、午後6時から約60〜90分です。(説明ガイド付き・時間等は応相談)
※ 予約がない場合は、実施しません。

入館料は大人800円、小中学生300円 ※通常料金と同じ。
入館は、完全予約制です。 →予約専用電話番号:090ー1919ー0481


寒い中ですが、めったにない機会ですので、ぜひ一度ご覧ください!

1211koyano03.jpg
↑大正期の洋館と昭和初期に建築された離れ。寒空の中、煌々と温かな照明が漏れてくる。

1211koyano04.jpg
↑国登録有形文化財の母屋の土間に飾られた珍しい和紙づくりの鯉のぼり。

1211koyano06.jpg
↑離れの2階から見た枯山水の中庭。こんな景色ももちろん見ることができます。

2015年12月21日

【観光施設情報・イベント情報】「映画とともに:山田洋次×横尾忠則」展を開催中!(岡之山美術館)

1512okanoyama01.jpg

こんにちは〜(●^o^●)。早いもので、今年ももうあと半月を切ってしまいましたね...。

今回は、現在西脇市岡之山美術館(上比延町)で開催されている企画展「映画とともに:山田洋次×横尾忠則」展のご案内です。

西脇市出身の美術家・横尾忠則氏と、「男はつらいよ」シリーズをはじめ、幾多もの名作を手がけてきた日本を代表する映画監督・山田洋次氏とがコラボした芸術ファンなら垂涎の展覧会です。

最近では、山田洋次監督の作品「東京家族」や「家族はつらいよ」のポスターやタイトルデザインを横尾忠則氏が手がけるなど、異分野で活躍する2人の芸術家の交流が大きな話題ともなりました。

展覧会では、山田洋二監督の名作「幸せの黄色いハンカチ」をテーマにした空間が創られているほか、「男はつらいよ」シリーズの主人公・フーテンの寅さんに2人が寄せる思いを体現した特別な部屋が設けられています。

2人の偉大な芸術家が繰り広げる世界を、この機会にぜひご覧ください!

【開催期間】
 平成27年10月25日(土)〜平成28年3月27日(日)

【開館時間】
 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
 月曜日(祝日は除く)・祝日の翌日

【入館料】
 大人500円(65歳以上は400円)、高校生・大学生300円、中学生以下は無料

詳しくは→こちら(美術館ホームページ)

1512okanoyama02.jpg
↑ユニークな外観の西脇市岡之山美術館

2015年12月17日

【観光施設情報】いちご狩りシーズン!! 〜篠田いちご園+観光いちご園スイーツファクトリーへ!

こんにちは(*^_^*)。

冬の寒さが増してきていますが、あま〜くて美味しい「いちご狩り」シーズンがやってきました!
寒さに負けず、いちご狩りに出かけてはいかがでしょうか?

15shinoda01.jpg
↑高設栽培なのでラクラクのいちご狩り


市内西部の「篠田いちご園」(明楽寺町)では、いちご狩りが体験できます。
高設栽培でハイテクシステムにより徹底管理されたいちご農園で、バリアフリーも導入され、車椅子のままでもいちご狩りを体験していただけます。小さなお子様からお年寄りまで、美味しいいちごの食べ放題(45分間)を楽しんでいただけます。

そして、隣接する場所では、いちご研修農園の「スイーツファクトリー」もあり、篠田いちご園の栽培技術を利用しておりますので、こちらでもいちご狩りが体験できます。

併設された販売所では新鮮ないちごを使ったジャム、アイスも購入できます。こちらの商品は市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」(野村町)でも販売しています。

いちご狩りの予約・申し込みは下記までお願いします。
特に土曜日・休日は大人気ですので、お早めに!

※いちご狩り体験レポートはこちら

0224ichigo05.jpg 0224ichigo07.jpg
 ↑熟れた赤い実をはさみで丁寧に切ります。            ↑大好きないちごをたくさん食べて大満足         

【いちご狩り体験】

 ・期   間  1月15日(金)〜5月末頃
 ・受付時間  午前10時〜午後3時(直売所での販売は午後5時まで)
 ・休 業 日  不定休
 ・品   種  あきひめ
 ・料   金  小学生以上1,700円、3歳から幼稚園児1,200円、2歳以下は無料
          ※前日までに予約してください。         


☆ご予約お問い合わせは・・・
 篠田いちご園 TEL 0795ー25ー8888
 (西脇市明楽寺町470)
 ※スイーツファクトリーの予約受付も上記で行います。
 
 <アクセス>
  【電車】JR加古川線西脇市駅よりバス大屋行きバスで「明楽寺」下車(徒歩1分)
  【 車 】中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北上し、県道294号(西脇八千代市川線)線を西へ。
       滝野社インターから約20分


15shinoda02.jpg

2015年10月 7日

【観光施設情報】提示でおトクに!〜北はりま観光パスポート発売

1510kita-p01.jpg

こんにちは(*^_^*)。秋晴れのさわやかな日が続いており、観光には絶好の季節となりましたね☆。

10月1日からNPO法人北はりま田園空間博物館では、店舗で割引やお得なサービスが受けられる「北はりま観光パスポート」を発行しました。

地域の観光情報のガイドブックとして利用できるほか、提示すると西脇市・多可町にある14施設で商品の割引購入やサービスの提供などの特典が受けられます。
例えば、播州織ショールで有名な tamaki niime では全品8%の割引、イタリア料理のトラットリアオンベリーコではコース料理でポーク肩ロース肉ローストのサービスを受けることができます。

パスポートの販売額はワンコインの100円。限定5千部を発行、道の駅・北はりまエコミュージアムで販売しています。

2015年7月21日

【観光施設情報】「コヤノ美術館・西脇館」全建物が国登録有形文化財に答申!

コヤノ美術館西脇館 全体像01


こんにちは(*^_^*)。梅雨が明け、夏休みにも入り、夏本番!灼熱の暑さが到来してきました。

さて市原町にある「コヤノ美術館・西脇館」の敷地内の建物8棟が、文化審議会から国の登録有形文化財として文部科学大臣に答申されました。

同館は、旧国鉄鍛冶屋線建設に私財を投じた豪農の藤井滋吉邸を再生したもので、約3千平方メートルの敷地内に明治時代から大正時代にかけて建築された建物が残っています。
明治23(1890)年に建てられた主家は、平成25(2013)年に既に登録有形文化財となっていましたが、今回の答申により登録されればすべての建物が登録有形文化財となります。

登録が答申された建物(8棟)は次のとおりです。
 
 ・洋館(大正後期建設)

 ・浴室及び便所(大正後期建設)

 ・離れ(大正11年建設)

 ・米蔵(明治後期建設)

 ・衣装蔵(明治後期建設)

 ・表門及び塀(明治後期建設)

 ・庭門及び塀(明治後期建設)

 ・南脇門及び塀(明治後期建設)


【公開日時】

 土曜日・日曜日のみ開館(※団体の平日見学は要相談)
 午前10時〜午後5時

 料金:一般 800円(団体700円)、小・中学生 300円

 電話:06ー6358ー7555(大阪・コヤノ美術館本館)

2015年7月 7日

【観光施設情報】北はりま旬菜館 ひょうご夏トク直売所プレミアムキャンペーン実施中!!

 

 

 

1507natutoku.jpg

 

北はりま旬菜館では、兵庫県が実施する「ひょうご夏トク直売所プレミアムキャンペーン」を実施中です♪♪

対象直売所でお買い物をされた方にスタンプカードが配布されます。300円(税込)のお買い上げにつき、スタンプ1個が押印され、
スタンプを5つ集めると、対象直売所にて、300円の商品券と交換できます。この商品券は次回以降使用可能となっています。

大変お得なキャンペーンです!ぜひご利用ください。

★キャンペーン及び商品券ご利用期間 平成27年7月1日(水)~8月31日(月)

★キャンペーンHPはコチラ

 

 

2015年6月23日

【観光施設情報】道の駅「北はりまエコミュージアム」利用でお得に!「ひょうご得旅キャンペーン」のご案内

1506hyogotokutabi.jpg兵庫県では、特産品購入でお買い物券がもらえる等の「ひょうご得旅キャンペーン」を実施します!

西脇市内では、「道の駅北はりまエコミュージアム」が参加店となっています。この機会にぜひ、兵庫県の特産品をご購入ください!


★第一弾【7/1〜8/31】:ひょうごの逸品、もう一品!「特産品お買物券」プレゼント!
五つ星ひょうご選定商品や各地のお土産品等を販売している県内外の県特産品取扱店等で1,000円購入ごとにつき200円のお買物券をプレゼント!

詳しくはこちら⇒http://hyogo-tokutabi.jp/

お問い合わせ:「兵庫県おみやげ購入券・お買物券」運営事務局

2015年6月22日

【観光施設情報・イベント報告】6/21(日)あじさいまつり開催☆〜満開・見ごろです!

1506ajisaif01.jpg
↑「都麻乃郷あじさい園」のあじさいは満開!(6月21日撮影)


※7月12日に閉園しました!ありがとうございました。来年もまたお越しください。

こんにちは(*^_^*)。梅雨まっただ中、天気がすっきりしない日が続いています。

さて、6月21日の日曜日、都麻乃郷あじさい園(坂本)で毎年恒例の「あじさいまつり」が開催されました。
園内のあじさいが見ごろを迎えた当日、朝に激しく降った雨もあがり、朝早くから多くの人が詰めかけました。

会場では、福引きや特産品の販売が行われたほか、園内では茶席も設けられ、満開となった色とりどりのあじさいの花を和やかな雰囲気の中で観賞することができました。

1506ajisaif02.jpg

1506ajisaif03.jpg

また、隣接する西林寺ではユニークなイベント「大茶盛」が開催。
同様の行事として奈良の西大寺で行われるものが有名ですが、ここ西林寺でも通常サイズよりもかなり大きな茶道具や茶器を用いた茶席が設けられ、まわりの人の助けを借りながら、茶器を抱えてお茶を飲むという他では見られないユーモラスな光景が見られました。このイベント、参加してみるとなかなか楽しいものですよ〜☆

1506ajisaif04.jpg
↑ビッグサイズの茶筅でお茶をたてます。

1506ajisaif05.jpg
↑当然茶器もビッグサイズになるので...

1506ajisaif06.jpg
↑このように周りの人に助けてもらいながら飲む人もいます。

2015年6月14日

【観光施設情報】都麻乃郷あじさい園〜13日現在 5分咲きです!

1506ajisai01.jpg
↑あじさい園がある西林寺(坂本)


こんにちは(●^o^●)。曇り空が広がっていますが、雨は降っていませんね。
さて、この季節を彩る花、都麻乃郷あじさい園(坂本)の開花状況をお知らせします。

6月13日(土)に開園し、早速見に行ってきましたが、5分〜6分咲き程度でしょうか。
「あじさいまつり」が開催される21日(日曜日)には、満開になると思われます。

開園時間は、午前9時から午後5時まで。※これ以外の時間は門を閉めていますので、入場できません。

地元の人々が整備をしてくださっていますので、協力金200円についてもお支払いくださいますようお願いします。


1506ajisai02.jpg
↑ 13日現在の園内の様子

1506ajisai03.jpg

2015年4月12日

【イベント案内・観光施設情報】体験教室を開催!農家レストランも営業中!(日本のへそ日時計の丘公園)

1412hidokei01.jpg
↑日本のへそ日時計の丘公園にある交流施設

こんにちは(*^_^*)。ようやく春らしくなってきましたね〜。

日本のへそ日時計の丘公園(黒田庄町門柳)に、昨年11月末に交流施設がオープンしました。
交流施設では、週末や休日にさまざまな食づくりなどができる体験教室が開催されるほか、ふるさとの食を提供する農家レストラン「日時計」も新たにオープンしました。
また、隣接する多目的広場には、芝を張ったグラウンドゴルフのコースが開設されましたので、風が吹き抜ける谷の中、健やかなプレーを楽しんでいただけます。

豊かな自然とふれあいができる交流施設にぜひお越しください!

交流施設PRチラシ.pdf



【体験教室】

 いずれも午前10時から正午までが開催時間です。
 燻製教室、ピザづくり、みそづくり、ハンター(ジビエ)料理、ダッチオーブン料理などを予定しています。

 詳細は→こちら

  
・各教室ともに事前申し込み(電話0795ー28ー4851)が必要です。


【農家レストラン「日時計」】

 ランチには、黒田庄和牛の牛丼や卵かけごはん、週末には特産ランチを提供します。 

 ・営業時間:モーニング 9時〜11時
         喫茶     9時〜15時
         ランチ   11時〜13時
 ・定休日:月曜日

◆レストランメニューも充実!→ こちら

 

【グラウンドゴルフ場】

 利用時間:9時〜17時
 利用料金:1人1日につき300円

2015年3月 6日

【観光施設情報】日時計の丘農家レストラン〜春になりメニューが充実!

1503hidokei02.jpg
↑黒田庄和牛の牛丼...800円(平日に提供)

こんにちは〜。早春とはいえ、まだまだ寒さが続いています。
さて、11月末にオープンした日本のへそ日時計の丘公園(黒田庄町門柳)では、農家レストラン「日時計の丘」がオープンしています。

地元ならではの食材である黒田庄和牛や猪肉を使った料理を味わっていただくようメニューを充実させました。
オススメは、写真にあるように平日限定の「黒田庄和牛の牛丼」。切り落とし肉を使っているので、部位は特定できませんが、800円というオトクな価格になっています。また、土曜日・休日には、「黒田庄牛の焼しゃぶ定食」(1,200円)も登場します。
喫茶メニューやその他にもいろいろな料理がありますので、ぜひお立ち寄りくださ〜い!

hidokei-menu.jpg

2015年2月27日

【イベント案内・観光施設情報】2/28(土)〜3/8(日)恒例の 「全国へそのまち物産展」を北はりま旬菜館(野村町)で開催!

0301hesobu02.jpg
↑昨年の物産展の様子

こんにちは〜(●^o^●)。

2月は逃げるように終わり、もう間もなく3月...。春が近づき、別れと新たな出会いのの季節がもう間もなくですね(^u^)

さて、野村町の農産物直売所「北はりま旬菜館」では、毎年恒例の「全国へそのまち物産展」が開催されています。
今年で4回目を迎える物産展では、「へそ」、「真ん中」や「中心」称する「全国へそのまち協議会」加盟の8市町村(西脇市を含む)の特産品やおすすめ商品を特別に取り寄せて、2月28日(土)〜3月8日(日)の期間限定で実施しています。

観光協会からのオススメは、栃木県佐野市の桜あんぱん!ずっしり重く、パンの中に詰まったあん、そしてほのかに桜の葉の香りがするので、春を感じさせてくれます。さらに、日本三大うどんにも数えられる「水沢うどん」もぜひ味わっていただきたい逸品です。
現地でしか手に入らないめずらしい商品もありますので、この機会にぜひお買い求めください!

0301hesobu01.jpg
↑オススメの桜あんぱん

販売商品リストは→ こちら

2015年1月15日

【観光施設情報】いちご狩りシーズン到来!! 〜篠田いちご園+観光いちご園スイーツファクトリーへ!

こんにちは(*^_^*)。今日は冬の雨...。

寒い冬ですが、今年もいよいよ、甘くて美味しいいちご狩りシーズンがやってきました!
寒さに負けず、いちご狩りに出かけてはいかがでしょうか?

15shinoda01.jpg
↑高設栽培なのでラクラクのいちご狩り


市内西部の「篠田いちご園」(明楽寺町)では、いちご狩りが体験できます。
ここは、高設栽培でハイテクシステムにより徹底管理されたいちご農園で、バリアフリーも導入され、車椅子のままでもいちご狩りを体験していただけます。小さなお子様からお年寄りまで、美味しいいちごの食べ放題(45分間)を楽しんでいただけます。

そして、今年から隣接する場所では、いちごを西脇市の特産品に育てようと新規就農者の実践農場「スイーツファクトリー」もオープン!
篠田いちご園の栽培技術を利用しており、今年はこちらでもいちご狩りが体験できます。

また、併設された販売所では新鮮ないちごを使ったジャム、アイスも購入できます。こちらの商品は市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」(野村町)でも販売しています。

ポスターは→こちら

※昨年のいちご狩り体験レポートはこちら

0224ichigo05.jpg 0224ichigo07.jpg
 ↑熟れた赤い実をはさみで丁寧に切ります。            ↑大好きないちごをたくさん食べて大満足         

【いちご狩り体験】

 ・期   間  1月10日(土)〜5月末頃
 ・受付時間  午前10時〜午後3時(直売所での販売は午後5時まで)
 ・休 業 日  不定休
 ・品   種  あきひめ
 ・料   金  小学生以上1,700円、3歳から幼稚園児1,200円、2歳以下は無料
          ※前日までに予約してください。         

☆ご予約お問い合わせは・・・
 篠田いちご園 TEL 0795ー25ー8888
 (西脇市明楽寺町470)
 ※スイーツファクトリーの予約受付も上記で行います。
 
 <アクセス>
  【電車】JR加古川線西脇市駅よりバス大屋行きバスで「明楽寺」下車(徒歩1分)
    【 車 】中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北上し、県道294号(西脇八千代市川線)線を西へ。
       滝野社インターから約20分


15shinoda02.jpg

甘くて美味しいいちごを食べに、ぜひぜひお越しください!!

2014年12月 2日

【イベント案内・観光施設情報】交流施設オープン〜体験教室を開催!(日本のへそ日時計の丘公園)

1412hidokei01.jpg
↑日本のへそ日時計の丘公園にオープンした交流施設

こんばんは(*^_^*)。すっかり冬らしい寒さとなりました。

オートキャンプ場として施設が充実している日本のへそ日時計の丘公園(黒田庄町門柳)では、11月末に交流施設がオープンしました。
交流施設では、週末や休日にさまざまな食づくりなどができる体験教室が開催されるほか、ふるさとの食を提供する農家レストラン「日時計」も新たにオープン。また、隣接する多目的広場には、芝を張ったグラウンドゴルフのコースが開設されましたので、風が吹き抜ける谷の中、健やかなプレーを楽しんでいただけます。

豊かな自然とふれあいができる交流施設にぜひお越しください!

◆レストランメニューも充実!→ こちら

交流施設PRチラシ.pdf


【体験教室】(3月実施分)

 いずれも午前10時から正午までが開催時間です。

  ハンター・ジビエ料理
    3月14日(土) ※参加費2,000円
 
  ダッチオーブン料理
    3月21日(土) ※参加費1,500円  

・各教室ともに事前申し込み(電話0795ー28ー4851)が必要です。


【農家レストラン「日時計」】

 ランチには、黒田庄和牛の牛丼や卵かけごはん、週末には特産ランチを提供します。 

 ・営業時間:モーニング 9時〜11時
         喫茶     9時〜15時
         ランチ   11時〜13時
 ・定休日:月曜日


【グラウンドゴルフ場】

 利用時間:9時〜17時
 利用料金:1人1日につき300円

2014年10月17日

【イベント案内・観光施設情報】11/12(水) 講座「トイレ今昔ものがたり」を開催(コヤノ美術館・西脇館)☆

コヤノ美術館西脇館 全体像01
↑国登録有形文化財の「コヤノ美術館・西脇館」


こんにちは〜(●^o^●)。今回は、西脇市にある国登録有形文化財のひとつ、「コヤノ美術館・西脇館」での講座のお知らせです。

11月10日は「トイレの日」。
日常生活には欠かせないトイレですが、あらためて注目してみる機会というものはありません。

そこで、コヤノ美術館・西脇館では、生活文化研究家であり、トイレ研究の第一人者といわれる大阪観光大学観光学研究所客員研究員の山路茂則先生を招き、「トイレ学入門」セミナーを行います。

トイレを知れば、文化、生活が、そして美意識が分かる?
楽しくトイレについて学ばる機会ですので、ぜひお越しください!

【日時】
 平成26年11月12日(水曜日) ※トイレの日の2日後です。
 14時〜15時30分(受付は13時30分〜)

【会場】
 コヤノ美術館・西脇館客殿(西脇市市原町・市原鉄道記念館北側)

【テーマ】
 「トイレ今昔ものがたり」
  ・古代から現代までのトイレの文化史
  ・トイレから見た日本の文化・外国の文化
  ・日本人の美意識 ほか

【受講料】
 無料
 
【申込み】
 不要
 ※開始時間までにお越しください。なお、当日は休館日のため途中入場はできません。)

【問合せ先】
 コヤノ美術館(大阪本館)
 TEL(06)6358-7555  mail:koyano@koyafron.co.jp

セミナー後にコヤノ美術館・西脇館を見学することも可能です。(入館料800円・ガイド付き)





2014年9月25日

【雑誌掲載・観光施設情報】「ステーション」10月号に「コヤノ美術館」などが掲載!

station1410.jpg



こんにちは(^.^)/~~~。暑さも日ごとにやわらぎ、過ごしやすくなってきました。

さて、コープこうべ発行の雑誌「ステーション」10月号(9月10日発行)の特集記事「ローカル線で、のんびり、秋の旅。」の中で、「JR加古川線で行く、西脇、コヤノ美術館への旅」が掲載されています。

雑誌「ステーション」ホームページ


記事では「コヤノ美術館・西脇館」のほか、周辺にある鍛冶屋線市原駅記念館などもあわせて紹介されています!


コヤノ美術館西脇館 全体像01
↑国登録有形文化財のコヤノ美術館・西脇館の外観

2014年6月30日

【観光施設情報】駕籠に乗ってブライダルフェア&和太鼓「松村組」演奏会(西脇ロイヤルホテル)

0320royal01.jpg
↑西脇市の中心部に位置する西脇ロイヤルホテル

こんにちは(^.^)/~~~

さて、今回は西脇ロイヤルホテルからイベントのお知らせです。

まずは、7月19日(土)に開催される「ブライダルフェア2014」のお知らせから。

現在放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公・黒田官兵衛。官兵衛は当時の武将としてはめずらしく、側室を持たず生涯ひとりの妻を愛し続けた律儀な男性です。その黒田官兵衛生誕の地としてアピールする西脇市にちなみ、時代劇さながらのブライダルフェアを行います。

ホテルで会場見学を行い、江戸時代の高貴な人が乗った駕籠に乗って(担いで)、国登録有形文化財の旧来住家住宅に移動、模擬結婚式を体験できます。参加の方は西脇市ロイヤルホテル(電話0795ー23ー2000)まで予約ください。入場は無料です。

パンフレットは→ こちら


また、7月26日(土)には「和太鼓松村組」による演奏会(着席ブッフェ形式)が行われます。

・開演 18時から
・料金 中学生以上7,000円、小学生3,500円(いずれも税・サービス料込)、幼児無料
・要予約 西脇ロイヤルホテル(電話0795ー23ー2000)まで

パンフレットは→ こちら

2014年4月 1日

【観光施設情報】春の女神・ギフチョウの舞!(日本のへそ日時計の丘公園)

0401gifu02.jpg
↑公園内のドームで羽化を始めています。

こんにちは〜(*^_^*)。4月に入りましたので、気分も新たな新年度です。

今回は、春になると美しい姿を見せてくれるギフチョウを紹介します。

黒田庄町門柳の「日本のへそ日時計の丘公園」。公園の中にあるドームでは、ギフチョウが3月下旬から羽化を始めています。

ギフチョウは、日本固有種のチョウで大きさ5センチほどで、黄白色と黒の縦じま模様が特徴です。里山林で生息していますが、近年生息環境が悪化していることから個体数が減少しています。

住民ボランティアグループのみなさんが1年間丹精に育ててきたギフチョウが4月上旬から中旬にかけて乱舞する姿を見ることができます。
愛情に包まれて育った美しく可憐な姿を見ることができますので、ぜひお越しください!

公園内では、バーベキューもできます!(日時計の丘公園HPでもサイト予約できます。)


・日本のへそ日時計の丘公園HP
 http://www.nishiwaki-hidokei.jp/

※保護のため、金網越しの見学となります。

0401gifu01.jpg

2014年3月23日

【観光施設情報】県指定文化財・西林寺の唐子ツバキが開花!

0316karako01.jpg
↑西林寺境内にある唐子ツバキ(開花前の3月16日)

こんばんは〜(^ー^)。先週知らせました西林寺の唐子ツバキですが、今週に入り開花しています。

花の寺として知られる坂本の西林寺の境内・西脇聖天には、唐子ツバキの古木があります。
唐子ツバキは、濃紅色一重でおしべが八重になって盛り上がるように咲く非常に珍しいツバキで、花の咲く様子が唐子人形の髪を結った形に似ています。(下の写真参照)

西林寺の唐子ツバキは樹齢200年以上とされる大木で、兵庫県の文化財(天然記念物)にも指定されています。毎年3月中旬から1か月ほどの間、美しい深紅の花を咲かせます。一度ぜひご覧ください!


※開花状況【3月24日現在】  開花しています。



0316karako04.jpg
↑太陽の光が当たる部分から赤い花が開花しています。(3月24日撮影)

0316karako05.jpg
↑ 唐子ツバキの花。幾重にも重なった花弁が特徴的です。

0316karako03.jpg
↑西林寺の境内。唐子ツバキがあるのは白壁の塀を過ぎて行った所にある西脇聖天の中です。

2014年3月20日

【グルメ・黒田官兵衛】タジン鍋の「官兵衛の里御膳」登場!(西脇ロイヤルホテル)

 0320royal01.jpg
↑バスターミナルに併設している西脇ロイヤルホテル

こんばんは(^u^)。3連休前の冷たい雨...そして北日本では降雪の予報も。この時期を表す「三寒四温」の文字どおり暖かさと寒さを繰り返す日々が続いているように思います。

さて、今回は西脇ロイヤルホテルから新たなレストランメニュー登場のお知らせです。

以前にもお知らせしましたが、官兵衛生誕の地・西脇市ならではのグルメを味わっていただきたいということで、西脇多可料飲組合では、地元の食材をふんだんに用いた「官兵衛の里御膳」を昨年秋に創作しました。

お弁当(予約制)として登場し、イベントでの販売などを通じて好評を博しておりましたが、このたび、西脇ロイヤルホテルでは、あたたかく、そしてご予約なしで味わっていただけるレストランメニューとして「官兵衛の里御膳」が登場しました!

0320royal02.jpg
↑官兵衛の里御膳。これにデザートがついています。

一番のセールスポイントは、官兵衛が着用していた特徴的な「合子形兜」をイメージしたタジン鍋。
西脇市の特産品である高級和牛「黒田庄和牛」と地鶏「播州百日鶏」をで炊き、こちらも地元産「日本のへそ金ゴマ」入りのポン酢で味わっていただけます。

そのほか、前菜、お造り、ご飯、茶碗蒸し、デザート、そして播州織ハンカチもついて、お値段は3,500円(税別)となっています。
ぜひ一度、ご賞味ください!

官兵衛御膳パンフレット


0320royal04.jpg     0320royal03.jpg
↑脂が乗った黒田庄和牛           ↑播州織のハンカチも付いています。

2014年3月13日

【観光施設情報】3/11(火)~4/13(日) 春のフェア開催!(西脇情報未来館21)

0313fair01.jpg
↑西脇情報未来館21

こんばんは~(*^_^*)。今日の雨はかなり激しく降りましたが、冬のように冷たい雨ではなく、どこか暖かかな雨でした。春の足音がまた少し近づいてきています。

さて、今回はうれしいお知らせです。
国の登録有形文化財である旧来住家住宅に隣接してある「西脇情報未来館21」では、3月11日(火)から4月13日(日)までの期間「春のフェア」を開催しています。

期間中に播州織のオーダーシャツをご注文いただきますと、特典として通常はオプション料金が必要なボタンについて、お好きなものを無料でお選びいただくことができます。
シャツは約1000種類の柄から選んでいただくことができ、この春の新着生地もあります。また、シャツのボタンはあなたの個性を生かすポイント!春らしい装いのものやシックなもの、少し冒険をしたビビッドなものなど、お好きなものを付けていただけます!

この機会にぜひ素敵なオーダーシャツをご注文ください!
また、黒田官兵衛の肖像画に描かれた生地を再現したシャツのフルオーダーも限定20着(先着順)でお受けいたします。

パンフはこちら


0313fair02.jpg
↑さまざまな生地が並んだ情報未来館の店内

2014年3月 1日

【イベント案内・観光施設情報】3/1(土)〜9(日) 「全国へそのまち物産展」を北はりま旬菜館(野村町)で開催!

0301hesobu02.jpg
↑北はりま旬菜館の一角に設けられた物産展コーナー

こんにちは〜(●^o^●)。
正月を迎えたと思っていたのにあっという間に2月が過ぎ、もう弥生3月...春が確実に近づいてきました。そろそろ冬仕様の車のタイヤもノーマルに変えようかな...なんて思っています。

さて、野村町の農産物直売所「北はりま旬菜館」では、「全国へそのまち物産展」が開催されています。
毎年恒例のイベントは、今年で3回目を迎え、「へそ」、「真ん中」や「中心」称する「全国へそのまち協議会」加盟の8市町村(西脇市を含む)の特産品やおすすめ商品を特別に取り寄せて、3月1日(土)〜9日(日)の期間限定で販売しています。

いつも大人気の桜あんぱん(佐野市)をはじめ、日本三大うどんにも数えられる水沢うどん、沖縄の昔ながらお菓子・いちゃがりがりなど、現地でしか手に入らないめずらしい商品もありますので、この機会にぜひお買い求めください!



0301hesobu01.jpg
↑定番人気の栃木県佐野市の名物・桜あんぱん


販売商品リストは→こちら

また、2月28日(金)のNHK「ニュースKOBE発」で紹介されました官兵衛さんの家紋巻き」も好評販売中(土・日限定)です!
本日(3月1日)は、昼には売り切れる人気ぶりでした。こちらもぜひ一度、ご賞味ください!

0301hesobu03.jpg
↑「官兵衛さんの家紋巻き」を販売。家紋巻き+地元食材の特製弁当も販売!

2014年2月26日

【観光施設情報・黒田官兵衛】荘厳寺バス・団体受入れの事前予約について

0930kakeizu01.jpg
↑黒田庄町黒田・荘厳寺本黒田家略系図所蔵の荘厳寺


荘厳寺(西脇市黒田庄町黒田1598)での、バス・団体の受入れについてのお知らせです。

荘厳寺は、黒田氏・官兵衛生誕地としてゆかりの場所が集中する黒田集落の中心的な施設で、当地で
黒田氏が発祥・官兵衛が生誕したことを示す「黒田家略系図」を所蔵しています。
大河ドラマ「軍師官兵衛」が放送され、近年脚光を浴びてきた新説に魅かれて、来訪者が徐々に増えて
います。

当寺は黒田集落の最奥に位置し、国道から寺へ向かう道も狭小で、大型・マイクロバスの駐車場もあ
りません。
このため、バスでの団体訪問については、事前連絡・予約による対応とさせていただき
駐車場所を別途確保します。団体等での訪問・拝観を希望される場合は、下記まで事前に御連絡くださ
い。

※調整には時間を要する場合がありますので、なるべく早くお申し込みください。
  なお、調整の結果、受入れができない場合がありますので、御了承下さい。

■連絡先
  西脇市観光協会
  TEL:0795-22-3111 (平日午前8時30分〜午後5時15分まで)
  FAX:0795-22-6987
  
メールはこちら 

  ※団体名・主催者・人数・希望日時・バス台数・希望事項等を記入して送付してください。
    申込書様式はこちら。
  

■拝観時間
  午前10時〜午後4時

■拝観料
 200円

■講話・ガイド要請等
  連絡時にお伝えください。別途調整します。
  ※一定の人数以上とさせていただき、その場合は、料金は拝観料に含まれます。

 「官兵衛の里 西脇市」マップ

2014年2月24日

【観光施設情報】いちご狩りを体験!(篠田いちご園)

0224ichigo06.jpg
↑旬を迎え、甘味満点のいちご

こんにちは(*^_^*)。今週は陽気が続くようで、春の足音が確実に近づいていますね。
西脇市では雪は残っていませんので、安心してお訪ねください。

さて、今回の話題は、以前にも紹介した明楽寺町の「篠田いちご園」のいちご狩り体験レポートです。
観光協会ブログ初の体験レポート編です。

1月中旬から5月中旬まで開園している篠田いちご園のいちご狩りは、大人気!
旅行雑誌などにも紹介されているため、週末を中心に、京阪神都市部から多くの人がいちご狩りにやってき
ます。

旬の甘味をおいしく、そして存分に味わっていただくため、予約制となっていますので、必ず前日までに予約
【電話 0795-25-8888】してくださいね。

今回は、市内に住むいちご大好きの4歳の男の子ととともに、訪れました。

0224ichigo01.jpg
↑滝野社ICから車で約20分。県道294号沿い看板があります。

0224ichigo02.jpg
↑売店で受付。お土産のいちごやアイスなどの加工品も売っています。

売店で早速、料金(小学生以上1,500円・4歳〜幼稚園児1,000円)を支払い、ビニールハウスへ移動。
いちごの採り方の説明を受けた後、いちごを茎から切り採るはさみを手に、45分間の食べ放題がいよい
よスタートです。

0224ichigo04.jpg
↑いちごを目の前に食べる気満々の表情

0224ichigo05.jpg
↑熟れた赤い実をはさみで丁寧に切ります。

篠田いちご園は、高設栽培でハイテクシステムにより徹底管理されたいちご農園なので、子どもも大人も立っ
たままのラクラクの姿勢で、いちごを採って、そのまま食べることができます。また、バリアフリーも導入されて
おり、車椅子のままでもいちご狩りを体験していただける人にやさしい施設です。

そして...採れたての新鮮ないちごは、格別の甘さ!
レポートを書いている私も初体験でしたが、これほどの甘さとは思ってもいませんでした。そして大粒はどうか
な...という先入観でしたが、ボリュームある肉厚たっぷりのイチゴが絶品の味なのです。

オーナーいわく、「いちごは収穫後、酸味は増すが、甘味は増さないので、採れたてで食べるのが一番おいし
い」とのこと。あっという間の45分間でしたが、お腹いっぱいになりました。

0224ichigo07.jpg
↑大好きないちごをたくさん食べて大満足


【篠田いちご園・いちご狩り体験】
 ・期   間  1月11日(土)〜5月末頃
 ・受付時間  午前10時〜午後3時(直売所での販売は午後5時まで)
 ・休 業 日  不定休
 ・料   金  小学生以上1,500円、3歳から幼稚園児1,000円、2歳以下無料(←2014年の料金です。)          
          ※前日までに電話で必ず予約してください。
                 

☆ご予約お問い合わせは・・・
 篠田いちご園 TEL 0795ー25ー8888
 (西脇市明楽寺町470)

2014年2月 3日

【観光施設情報・黒田官兵衛】播州織で官兵衛の衣装を再現!〜試着&生地販売

1302jyosui01.jpg
↑黒田如水(官兵衛)の肖像画から、播州織生地で再現した着物 (試着モデルは、西脇市職員)


こんにちは(^u^)。大河ドラマ「軍師官兵衛」の「官兵衛紀行」での西脇市ゆかりの地の放送は、2月
9日(日)午後8時前です。略系図所蔵の荘厳寺などのスポットが紹介されますので、お見逃しなく!

その官兵衛関連の話題ですが、西脇市の地場産業「播州織」を使い、官兵衛の着物を再現しました。
よく知られる官兵衛出家後の如水像の肖像画を参考に、播州織生地で着物・作務衣・甚平・頭陀袋
と一式を作成しています。

市内の播州織商社・島田製織と神戸芸術工科大学、播州織工房館の産学連携事業として、生地を
共同開発しました。2月中旬から、播州織工房館や旧来住家住宅で展示しており、なんと!試着も
できます。

残念ながら、着物は非売品ですが、再現生地を使った男性用長袖シャツを作成・販売します。播州織
工房館(電話 0795-22-3775・月曜日休館)での受注販売で、価格は7,350円(サイズL・M・S)です。
ぜひ、お買い求めくださ〜い!

1302jyosui02.jpg
↑再現した着物柄の播州織シャツ(注文販売)

2014年1月10日

【観光施設情報】いちご狩りシーズン到来!! 〜篠田いちご園へGO!

この冬一番の寒波で、寒い週末となりそうですね・・・。

いよいよ、甘くて美味しいいちご狩りシーズンがやってきました!
寒さに負けず、いちご狩りに出かけてはいかがでしょう〜。

15shinoda01.jpg

市内西部の「篠田いちご園」(明楽寺町)では1月11日(土)からいちご狩りが体験できます。
篠田いちご園は高設栽培でハイテクシステムにより徹底管理されたいちご農園で、バリアフ
リーも導入され、車椅子のままでもいちご狩りを体験していただけます。小さなお子様から、
お年寄りまで、美味しいいちごの食べ放題(45分間)を楽しんでいただけます。

いちご狩りのほか、併設された販売所では新鮮ないちごやいちごを使ったジャム、アイス等を
購入できます。また、篠田いちご園の商品は市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」でも販
売しています。

体験レポートはこちら


【いちご狩り体験】
 ・期   間  1月11日(土)〜5月末頃
 ・受付時間  午前10時〜午後3時(直売所での販売は午後5時まで)
 ・休 業 日  不定休
 ・料   金  小学生以上1,500円、3歳から幼稚園児1,000円、2歳以下無料
          ※前日までに予約してください。         

☆ご予約お問い合わせは・・・
 篠田いちご園 TEL 0795ー25ー8888
 (西脇市明楽寺町470)
 
 <アクセス>
  【電車】JR加古川線西脇市駅よりバス大屋行きバスで「明楽寺」下車(徒歩1分)
  【 車 】中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北上し、県道294号(西脇八千代
      市川線)線を西へ。滝野社インターから約20分


15shinoda02.jpg

甘くて美味しいいちごを食べに、ぜひぜひお越しください!!

2013年12月11日

【イベント案内・観光施設情報】美景!「コヤノ美術館・西脇館」ナイトミュージアムの開催

1211koyano01.jpg
↑「ナイトミュージアム」仕様のコヤノ美術館・西脇館

こんにちは〜(◎o◎)/!。今年ももう20日足らずで終わり...。歳末で何かと忙しくなってくるこの頃
です。

さて、今回の話題は、市原町にある「コヤノ美術館・西脇館」で実施されているナイトミュージアムのお
知らせです。

名称は「美術館」となっていますが、建物は地域の大庄屋として栄え、明治時代半ばに建てられた藤井
邸を修復・活用したものです。また、平成25年に母屋は国の登録有形文化財となっています。館内には、
美術館らしく、全国各地から収集した珍しい民芸品や当時の流行品などが展示されています。

敷地面積は3千平方メートルを誇り、明治時代半ばに建造された母屋と連結して建てられている大正期
のモダンな洋館、そして昭和初期に建築された離れ・土蔵で建物は構成されています。また、建物には
びっくりするような高価で貴重な材木が用いられ、素晴らしい意匠が随所に施されています。

 玄関からだけでは、ちょっと想像もつかないような広さと素晴らしさです。

1211koyano02.jpg
↑玄関前。中にはこの閉ざされた門からは想像もつかないような素晴らしい邸宅があります。

そんな魅力たっぷりの邸宅美術館のいつもと違う姿が見える「ナイトミュージアム」を12月〜2月末までの
土曜日に期間限定で開催しています。

○実施日
 平成25年12月7日(土)・14日(土)
 平成26年1月8日(土)・25日(土)、2月1日(土)・8日(土)・15日(土)・22日(土)

※見学時間は、午後5時から約60〜90分です。(説明ガイド付き・時間等は応相談)

入館料は大人800円、小中学生300円 ※通常料金と同じ。
入館は、完全予約制です。 →予約専用電話番号:090ー1919ー0481

定員は2〜15名で、空きのある場合は、当日16時まで受付しています。


寒い中ですが、めったにない機会ですので、ぜひ一度ご覧ください!


1211koyano03.jpg
↑大正期の洋館と昭和初期に建築された離れ。寒空の中、煌々と温かな照明が漏れてくる。

1211koyano04.jpg
↑国登録有形文化財の母屋の土間に飾られた珍しい和紙づくりの鯉のぼり。

1211koyano05.jpg ←20メートルにも及ぶ洋館の廊下

1211koyano06.jpg
↑離れの2階から見た枯山水の中庭。こんな景色ももちろん見ることができます。

2013年10月 3日

【観光施設情報】矢筈の森ハイキング!〜道の駅にコース情報を展示

1003yahazu01.jpg
↑道の駅・北はりまエコミュージアムの展示コーナーでも紹介中

こんにちは〜(#^.^#)。10月なのに昨日は全国各地で30度を超える場所も多かったとか...。台風発生も
相次いでおり、まだしばらくは夏の余韻が続きそうですね((+_+))

それでも秋の訪れを感じることが多くなったこの頃、ハイキングやトレッキングには絶好の季節となりまし
た。西脇市内にもいくつかのハイキングコースがあるのですが、今回は高田井町の「矢筈(やはず)の森
公園
」を紹介します。

「矢筈の森公園」は、県の「里山ふれあいづくり事業」により整備されたものです。矢筈山山頂(標高363
メートル・比高約290メートル)まで比較的に登りやすい登山コースが整備されており、普段の日でも多く
の地域の人々が体力づくりに利用もされています。

山頂には「矢筈山城」という戦国期の山城跡があり、神社も祀られています。また、山頂からは西脇市街
地の壮大な景色が望めるほか、天気が良い日には明石海峡大橋も見ることができます。

そして、道の駅「北はりまエコミュージアム」の展示コーナーでは、10月下旬まで矢筈の森公園の情報
を紹介しています。お立ち寄りの際には、ぜひご覧ください。

秋空の下、健康にもつながるハイキングに来てみませんか?

「矢筈の森公園」マップ

1003yahazu03.jpg
↑矢筈山山頂からの西脇市街地の眺め

2013年10月 1日

【黒田官兵衛・観光施設情報】「荘厳寺本黒田家略系図」を公開!(黒田庄黒田・荘厳寺)

0930kakeizu01.jpg
↑家系図を所蔵する荘厳寺(黒田庄町黒田)

こんにちは(*^_^*)。天気の良い秋空が続いていますね。市内各所では10月の3連休の秋祭りに向けて、
夜には練習の太鼓の音が響き渡っています。鈴虫の鳴き声もよく聞こえてくるようになりましたね。

さて、今回は黒田庄町黒田にある荘厳寺で、黒田家の発祥と黒田官兵衛の誕生を記した「荘厳寺本黒田
略系図」(複製)が展示・公開を開始したという話題です。

「荘厳寺本黒田家系図」は、江戸時代の文化6(1809)年頃に黒田氏と姻戚関係にあると伝わる家の子
孫が奉納したもので、室町時代に播磨守護であった赤松氏から派生した黒田氏の発祥から滅亡までの歴
代を記したものです。

この系図によると、黒田氏は多可郡黒田村を出自とし、代々黒田城主を継いでおり、官兵衛は8代重隆の
次男として生まれ、姫路の小寺職隆(もとたか)の養子になったことが記されています。

「黒田庄町史」では、この系図の写しを用いて、黒田官兵衛の出自説を以前から紹介していましたが、当時
は注目されることはありせんでした。しかし、近年になって荘厳寺所蔵の家系図が展示会などを通じて公表
されたことにより、黒田氏の西脇市出自説や官兵衛の誕生説がにわかに脚光を浴びるようになりました。

これまで、荘厳寺で家系図は大切に保管されていましたが、黒田氏・黒田官兵衛の西脇市出自説の有力
な根拠となっていることから、複製を作成し、荘厳寺の持仏堂で公開することとなりました。

みなさんぜひ実物(複製ですが...)をご覧いただき、歴史のロマンに触れてみてください!


【拝観時間】 午前10時〜午後4時  ※住職不在時・荒天時は拝観を中止します。
【拝 観 料】  無料


0930kakeizu02.jpg
↑荘厳寺の堂内で展示されている家系図の複製

2013年9月28日

【観光施設情報】白いヒガンバナが咲いています!(日本のへそ日時計の丘公園フォルクスガーデン)

0927volks01.jpg
↑フォルクスガーデン自慢のイングリッシュガーデン

こんにちは(*^_^*)。もうすぐ9月も終わり...ということは今年度も上半期が終わり、いよいよ下半期に突
入ということですね。時間が経つのは、とにかく早いと思う今日この頃...((+_+))。

黒田庄町喜多にある「西脇市日本のへそ日時計の丘公園フォルクスガーデン」では、白いヒガンバナが
が咲いており、見ごろを迎えています。オーソドックスな赤いヒガンバナとは一味違って、白いヒガンバナ
は何だか純粋で可憐に見えます。

フォルクスガーデンは、豊かな自然と美しい景観を生かしたイングリッシュスタイルのガーデンで、四季折
々の美しさが楽しめる庭園を無料で開放しています。また、隣接した管理棟には、カフェ&キッチンがあり、
お茶や食事を楽しみながら、緑に囲まれながら、やすらぎのひと時を過ごすことができます。

【開園時間】 午前9時〜午後4時
【休園日】  水曜日(祝日の場合は翌日が休園)    


0927volks02.jpg
↑白いヒガンバナ。庭園の奥の方に咲いています。

2013年9月 6日

【観光施設情報】播州織寝具でぐっすりと...(日本のへそ日時計の丘公園)

0906hidokei01.jpg
↑3月にリニューアルした日時計の丘公園のコテージ


こんにちは(^。^)。続いていた雨もやみ、久しぶりの青空となりました!夏の暑さも戻ってきそうな予感...。

今回は、西脇市が誇る快適なアウトドア施設、日本のへそ日時計の丘公園の宿泊施設に、これまた西
脇市が世界に誇る地場産業・播州織で作り上げられた寝具に変えました、という話題です。

播州織は、染め上げた色を使い生地を織っていく、「先染織物」という手法で、鮮やかな風合いに仕上がる
ことが特徴の織物です。製品というよりも、まさに工芸品。国内生産の7割を占めていますが、近年は安価
な海外製品に押されて、需要が減少しています。

せっかく西脇市にある施設に泊まっていただくので、西脇市らしさを演出したいとの思いから、宿泊施設の
掛け・敷きシーツ、枕カバーを播州織産元協同組合に製作を依頼、播州織らしいチェック柄の寝具セットが
完成しました。

9月7日から新しい寝具で、ロッジ・コテージともに、ぐっすりと眠っていただけますので、ぜひ眠り心地をお
試しください!

0906hidokei02.jpg
↑播州織らしいチェック柄の寝具。スタッフも来場をお待ちしていま〜す!

2013年8月 6日

【観光施設情報】「日本のへそ 到達証明書」の販売はじめます!

0806hesosyou01.jpg
↑4種類の色がある「日本のへそ到達証明書」


こんにちは(*^_^*)。事務局のある市役所では、近くにある播州成田山の花火が今まさに打ち上げられ
ています。今週は猛暑到来との予想なので、身体をしっかりいたわり、熱中症対策は万全にしましょう
ね〜。

さて、8月最初の話題は「日本のへそ到達証明書」販売のお知らせです。
西脇市は日本標準時である東経135度と北緯35度が交差する日本列島の中心「日本のへそ」に位置
しています。西脇市では「日本のへそ」にちなんだまちづくりに取り組んでおり、公園施設の整備や特
産品の販売なども行っています。

こうした中、以前から「日本のへそのに行ってみた記念のものが欲しい」との声が寄せられていたため、
到達証明書を作成・販売することとしました。
西脇市の上で経緯度が交差する日本列島のイラストを真ん中に、上下には西脇市の観光スポットの写
真を入れたもので、はがきとしても使用できます。

証明書は2枚セットの封筒入りで100円。市内の下記の観光施設などで販売しています。


■販売場所

 道の駅「北はりまエコミュージアム」
 
 
旧来住家住宅

 にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」

 岡之山美術館

 西脇ロイヤルホテル

2013年7月15日

【観光施設情報】夏休み・夜のスターウォチング(にしわき経緯度地球科学館)開催!

0715tera-d01.jpg
↑日本へそ公園内にある「にしわき経緯度地球科学館・テラドーム」の外観


こんにちは。(*^^)v
夏休み前の3連休ですが、戻り梅雨のような天候で、少し不安定でしたね。
来週からは、いよいよ夏休みですね〜。

そんな中、今回は上比延町の日本へそ公園内にある「にしわき経緯度地球科学館」(愛称:テラ・ドーム)
での「夜のスターウオッチング」を紹介します。

この施設は、東経135度と北緯35度が交差する「日本のへそ」にある、地球と宇宙をテーマにした科学館
です。日本列島の中心に位置する日本のへそから経緯度、地球、そして宇宙までうを楽しみながら学ぶ
ことができます。

この自慢は何といっても国内有数の81センチの反射望遠鏡です。「夜のスターウォッチング」は、この望
遠鏡を使って夜空に輝く星を皆さんの目でじかに見ていただくことができるイベントです。

6月の土曜日に実際に参加してみたのですが、この日はあいにくの曇り空。しかし、そんな中でも、30人
近くの人が参加していました。
まずは、西の空に輝く宵の明星・金星を望遠鏡を使って見学...ということでしたが、厚い雲にはばまれて残
念ながら見えず...。気を取り直して、見学のメイン・土星にトライしたところ、雲の隙間から望遠鏡を通して、
しっかりと土星の輪を見ることができましたよ〜。感動!
また、この日は、ほたるの時期とも重なったこともあり、最後には日本へそ公園内にあるほたるスポットでの
観察会も行われ、大満足の見学会でした。

みなさん、夏の夜空を望遠鏡を通して、鑑賞してみませんか?

夏休み期間は、通常開催の土曜日と休前日に加え、木曜日と金曜日も開催しています。
参加については、事前に施設まで電話でお申し込みください。(TEL 0795-23-2772)

○夜のスターウォッチング
  
 開催日:毎週土曜日と休前日 (夏休み期間中は、木曜日・金曜日も開催)
 参加費:200円 (小学生以上)
 定  員:25人
 ※晴れていないと星を見ることはできません。
   くもり・雨の場合は、中止することもあります。 


0715tera-d02.jpg
↑施設のドーム天井が開放!望遠鏡が夜空をとらえます。

0715tera-d03.jpg
↑画面に映し出された土星。スターウォッチングでは順番に望遠鏡を通して星を見ることができます。

2013年7月 6日

【まちかど情報・観光施設情報】こみせん比也野「へそ・で・ちゃ」のお得なランチ!



0706hie02.jpg
↑「へそ・で・ちゃ」の店内。

こんにちは(●^o^●)。今日は昨日よりはまちですが蒸し暑く、曇り空が広がっています。

さて、今回は鹿野町にある「こみせん比也野」の地域ふれあい交流店「へそ・で・ちゃ」でいただけるお
得なランチのトピックです。

かつて農協の支店であった建物を利用した比延地区のコミュニティセンターの1階にある「へそ・で・
ちゃ」。「日本のへそ」にちなんで名付けた交流スペースでは、地元に住む女性陣が、地域の方や比
延地区を訪れた方に憩いのひと時を過ごしていただこうと、地元食材を利用したおふくろの味を毎週
水曜日限定
で提供しています。

メニューは毎回違いますが、今回訪れた時は、ポテトオムレツをメインに酢の物やデザート、それにご
はんとすまし汁が付いた定食でした。このボリューム満点の手作り定食は、ワンコインの500円!。
ヘルシーな味つけで、お腹を十分に満たしてくれます。また、プラス100円でコーヒーか紅茶を付ける
こともできます。あたたかみがあふれる店内は、地元の人を中心に、多くの人でにぎわっていました。

ぜひお得なランチを一度ご賞味ください!
ただし、数量が限定なので、電話での予約をお勧めします。

なお、喫茶コーナーと惣菜や日常雑貨の販売は、営業時間内ならいつでも利用していただくことがで
きます。

○こみせん比也野(ひやの)・「へそでちゃ」
 
 住   所:西脇市鹿野町720-1(JR加古川線・比延駅から徒歩5分)
 電   話:0795ー24ー0120 (※ランチは予約をおすすめします。)
 営業時間:10時〜15時
 休みの日:日曜・祝日・月曜  

0706hie01.jpg
↑この内容で500円!ポテトオムレツは温かく、ヘルシーなお味でした。満足感100%以上!

2013年6月24日

【観光施設情報】「黒田庄和牛」バーベキューセット登場!〜日時計の丘公園〜

12hidokei01.jpg
↑リニューアルオープンして、利用しやすくなったバーベキューサイト


こんにちは。(*^^)v
6月も後半になると、すっかり夏らしくなってきたので、アウトドアに絶好の季節ですね〜。

今回は、手軽にアウトドア、ということで、今年春にリニューアルオープンした「日本のへそ日時計の丘公園
で、西脇市が誇る特産品・黒田庄和牛のバーベキューセットを販売開始!というトピックです。

黒田庄和牛は、多くのグルメな人々の舌を魅了する神戸ビーフの素牛として知られ、西脇市黒田庄町区域で
生産されています。
この自慢の逸品をせっかくなら地元でぜひ味わってもらいたいということで、バーベキューテラスやロッジ・コテ
ージを擁する日時計の丘公園で提供することとしました!

特選「黒田庄和牛」とともに、地元で収穫された野菜を加えたバーベキューセットは1人前1,600円。
ただし、新鮮なお肉を味わっていただくため、そして数量に限りがありますので、当面予約販売のみとしてい
ますので、御注意ください。
また、ビールや飲料、さらにご飯の予約販売も取り扱っておりますので、御利用ください。

バーベキューセットの予約は、施設の予約とともに、下記まで申し込みください。


○西脇市立日本のへそ日時計の丘公園
  TEL 0795ー28ー4851
  FAX 0795ー28ー4854

 ※バーベキューサイトなど施設はインターネットでも予約できます!
   http://www.nishiwaki-hidokei.jp/index.html


26BBQ01.jpg
↑1,600円で提供する「BBQ黒田庄和牛セット」(写真は3人前です。)

2013年5月19日

【観光施設情報】子どもたちに大人気の「ふわふわドーム」(日本へそ公園)!

16heso01.jpg
↑今はツツジが美しい日本へそ公園

こんにちは(●^o^●)。
今日は曇り空ですが、暑くもなく、寒すぎず過ごしやすい日ですね。一年間こんな日ばかりだといいの
に...。(←完全にブログ担当者の個人的な意見)。

今回は、「日本へそ公園」(上比延町)の中にある「ふわふわドーム」を紹介します。
公園の駐車場からテラドームの方に歩いていくと、地球や宇宙をテーマにした「宇宙っ子ランド」という
遊び場があります。(駐車場からは見えにくい場所です。)

ローラー滑り台やブランコなどがあるのですが、その中でも子どもたちに大人気なのが、下の写真の
「ふわふわドーム」なのです。

16heso02.jpg
↑平日の夕方ですが、地元の小学生たちが元気に遊んでいました。

空気が入ったトランポリンのようなもので、結構高く跳びあがれますよ〜!そしてその名のとおり、柔ら
かく、ふわふわしているので、転んでも安心!(といっても注意は当然必要です。)寝転んでいても気持
ちいいです。

休日は特に大人気ですので、譲り合って楽しんでくださいね。
そして、6歳以下のお子様が利用される場合は、保護者の方の同伴をよろしくお願いします。

利用時間は、朝9時から夕方5時まで。テラドームの休館日(原則月曜日)と雨天の場合は、ご利用が
できませんので、御注意を!

16heso03.jpg
↑飛び跳ねるので、写真もぶれる〜...!

2013年5月16日

【観光施設情報】間もなくシーズン終了〜急げ!「いちご狩り」


15shinoda03.jpg

こんばんは。\(^.^)/
今日は、甘くて美味しい「いちご狩り」の情報をお届けします。

市内西部、県道西脇八千代市川線沿いにある「篠田いちご園」(明楽寺町)は、ビニールハウス内で徹
底管理の上、高設栽培されたいちごが雑誌などにもとりあげられ、評判を呼んでいます。
農園に併設された直売所や市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」などでは、ここで栽培された美味
しいいちごを手に入れることができます。さらに、5月いっぱいは農園でイチゴ狩りの体験をすることもで
きます。

15shinoda02.jpg
篠田いちご園・直売所の様子(県道からも見えます。)

45分間食べ放題で大人(小学生以上)1,500円、子ども(3歳から小学生)1,000円となっており、土・日を
中心に多くの人で大盛況です!
なので、前日までの電話での予約優先となっていますのでご注意ください。
もう間もなく、今年のいちご狩りのシーズンは終了。甘くてみずみずしい赤い果実を味わってみたい方、お
急ぎください!

【予約・お問い合わせ】
 0795ー25ー8888 (篠田いちご園)
 いちご営業時間:午前10時〜午後3時

また、直売所(午後6時まで営業)では、新鮮ないちごのほか、いちごを使ったジャムやアイスなどの加工
商品も売っています。こちらのお味も秀逸の美味ですよ〜。(←ブログ担当者は当然食体験済みです。)

15shinoda01.jpg
↑収穫を待ついちご。ぜひ一度食べてみてください。高所で栽培されているので、身体に負担が少なく収穫できます。

15shinoda04.jpg
↑こちらは直売所で販売されていたシャーベット(左)とアイス(右)。ほどよい甘さが絶品です。

2013年5月 9日

【観光施設情報】リニューアルした日時計の丘公園でBBQはいかがですか?

こんにちはー\(^o^)/。

ゴールデンウイークは終わりましたが、五月晴れの好天が続いていますね。
でもこの季節は、紫外線が一年でもっとも強い季節なので、その対策も万全に!

さて、本日は黒田庄町門柳にある「日本のへそ日時計の丘公園」のバーベキューサイトのご紹介です。
今年3月にリニューアルオープンしたばかり。20区画あるバーベキューサイトにも屋根が付けられ、テ
ーブルや椅子もきれいになり、以前にも増して、利用しやすい魅力的なサイトとなりました!

焼き網や炭も付いているのでお手軽、予約していただき、好きな食材(+飲物)と食器を用意していた
だくだけでOKです。

利用時間は、午前10時から午後9時まで。利用料金は、6人まで利用できる1テーブルが3時間まで
2,000円(休日は3,000円)となっています。ただし、ペットの連れ込みはご遠慮くださいね。

ぜひ友人や家族と自然の中でのバーベキューをお楽しみください!

○予約・問い合わせは...
  管理事務所 電話 0795-28-4851
  HP http://www.nishiwaki-hidokei.jp/ まで


12hidokei01.jpg
↑ゴールデンウイーク、多くの人でにぎわうバーベキューサイト。
 肉の焼けるいい匂いが広がっていました(*^_^*)

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31