お知らせ

旬の西脇・注目情報!

2017年10月16日

【イベント案内】11/11(土)・12(日)「にしわき産業フェスタ2017・西脇市農業祭」開催☆

1710sanfes01.jpg
↑昨年度の産業フェスタ・農業祭のステージイベント

こんにちは(^.^)/~~~。
心地よい、秋の行楽シーズンが到来しました。

恒例のイベントにしわき産業フェスタ2016・西脇市農業祭」のお知らせです。

「にしわき産業フェスタ」は地域根ざした産業と新規立地企業などを広く紹介するもので、展示や特産品の販売を行います。

地元企業の展示・即売ブースのほか、西脇自慢のグルメが登場する飲食ブースもあります。

また、「西脇市農業祭」は、地元農産物の品評会を通じて、西脇市で収穫される安心・美食の農産物をアピールするものです。

こちらにも黒田庄和牛の焼き肉やコロッケなどの出店があります。

農商工が連携したイベントで、ご当地の味が大集合するなど内容盛りだくさん! みなさんお揃いで会場にお越しください☆

■ 日時 11月11日(土)・12日(日)
 午前10時〜午後4時 
※13日は午後3時30分まで

■ 場所 西脇市総合市民センター お祭り広場・体育館

内容

 ・地元企業による展示PR・物販・体験コーナー、農業団体・加工グループによる特産品の展示・販売

 ・グルメコーナー(西脇ローストビーフ・黒田庄和牛焼肉・播州ラーメン・巻き寿司など)

 ・ステージイベント(西脇中学校・西脇小学校・陸上自衛隊音楽隊による演奏、ダンス、和太鼓演奏ほか)

 ・試飲・試食サービス(ドリンク・かき氷・市内産山田錦で作った日本酒)

 ・体験コーナー(ニジマス釣り・パワーショベルによるボールすくい)

 ・市内農家が出展した農産物の品評会・表彰式

 ・力自慢!米俵担ぎ大会

 ・野菜即売会(12日(日)午後2時30分〜)

 ・餅まき(12日(日)午後3時25分〜)

1710sanfes03.jpg
↑農業祭では品評会のほか、12日には地元野菜の即売もあります。

2017年10月10日

【イベント案内 黒田官兵衛】11/12(日)「第5回黒田の里 官兵衛まつり」開催☆  

1511sanf04.jpg
↑「黒田の里 官兵衛まつり」(荘厳寺)

こんにちは(●^o^●)。朝晩の冷え込みが進み、川が集まる西脇市内には霧が発生する日が増えてくる季節となりました。

11月12日(日曜日)には、西脇市を代表する紅葉の名刹・荘厳寺(黒田庄町黒田)を会場に「第5回黒田の里 官兵衛まつり」が開催されます。

播磨守護赤松氏から派生した黒田氏が発祥し、秀吉の天下を支えた稀代の軍師・黒田官兵衛の出生地と伝わる黒田庄町黒田。5回目を迎える「官兵衛の里・黒田」での祭りをお訪ねください!
また今年は、荘厳寺の本堂修復完成落慶法要も同日に行われ、54年ぶりに御本尊の秘仏・十一面観世音菩薩が公開されます。

まつりパンフレット.pdf

【日 時】
 11月12日(日) 午前10時〜午後3時 (※雨天時は中止または内容変更)

【場 所】
 荘厳寺(黒田庄町黒田・国道175号「田高」交差点より東へ車で5分)

【イベント】
 ・ステージイベント(午前10時30分〜)  黒田官兵衛合唱団によるコーラス、舞踊、三田音頭、もちまきなど

 ・甲冑武者行列(午前11時20分黒田公民館出発、11時40分ごろ荘厳寺到着)

 ・歴代黒田城主供養(武者行列到着後~12時35分)

 ・グルメコーナー(午前10時〜)   巻き寿司、官兵衛まんじゅう、おでん、コロッケ、お好み焼きなど

【駐車場】
 瀧尾グラウンド(送迎車あり)  ※荘厳寺までのマイカーの乗り入れはできません。

【問合せ先】
 荘厳寺 電話 0795-28-4751
 黒っこプラザ(西脇市コミュニティセンター黒田庄地区会館)  電話 0795-28-2121(日曜日休館)

※ハイキングも開催! 詳細はこちら
 参加費:無料、予約必要

2017年9月22日

【訪問・体験ツアー】参加者募集!11/5(日)JRふれあいハイキング〜播磨国風土記の歴史を訪ねて☆

1709hiking01.jpg

こんにちは(*^_^*)。
秋の西脇市をたずね歩くハイキングのお知らせです!

JR西日本が監修するJRふれあいハイキングとして、「日本一長い散歩道を歩こう〜播磨国風土記の歴史を訪ねて」を「北はりま田園空間博物館」が開催します。

西脇市内に点在する「播磨国風土記」ゆかりの場所を歩きます。
秋真っ盛りを迎える時期に、歴史に造詣の深いボランティアガイドが同行・案内します。

参加料は無料。事前に電話・ファックスでお申し込みが必要です!

ハイキングチラシ・参加申込書.pdf

1709hiking02.jpg
↑昼食場所の「犬次神社」。播磨国風土記ゆかりの場所です。

【開催日】  11月5日(日) 

【集合場所・時間】

 JR加古川線・西脇市駅 9時30分集合

 ※加古川駅発8時15分の列車に乗車すると、西脇市駅に9時05分に到着
 ※谷川駅発9時の列車に乗車すると、西脇市駅に9時28分に到着

 ※当日朝6時のNHKニュースの天気予報で降水確率50%以上または警報発令時は中止

【コース】 歩行距離:約11キロ

 JR西脇市駅
    ↓  
 西脇市街地
    ↓  
 西脇城碑(中世の政庁跡)
    ↓    
 八幡神社(毎年秋にお笑い神事開催)
    ↓    
 犬次神社(応神天皇ゆかりの地・昼食)
    ↓  
 堀町共同墓地(中世の石造品)
    ↓
 鹿野不動堂・荒神社(ムクノキの巨木)
    ↓
 住吉神社(県指定文化財)
    ↓
 安楽寺(天井絵)
    ↓
 JR比延駅  午後3時30分ごろ到着・解散

  ※比延駅発15時35分発の列車に乗車すると、加古川駅に16時31分に到着(西脇市駅乗り換え)
  ※比延駅発16時05分発の列車に乗車すると、谷川駅に16時28分に到着 


【申し込み・お問い合わせ】

 北はりま田園空間博物館(道の駅・北はりまエコミュージアム)まで電話(0795ー25ー2370)
 又は上記申込書をファックス(0795ー22ー2123)
 ※HPからメールでも申し込み可能

2017年9月 5日

【イベント案内・観光施設情報】ナイトミュージアムのご案内(コヤノ美術館・西脇館)

1612koyano11.jpg

↑光に照らされた美しい中庭は圧巻。他にも見どころが盛りだくさんです。               

                                              

こんにちは(^^)

朝晩は涼しくなり、過ごしやすくなりましたね。

                                             
さて、冬の定番イベントとなりつつある、「コヤノ美術館・西脇館」(市原町)で実施されるナイトミュージアムの受付が開始されました!

                                    

コヤノ美術館・西脇館は、明治時代半ばに建てられた豪農・藤井邸を修復・活用したもので、全ての建物が国の登録有形文化財・兵庫県の景観形成重要建造物となっています。また、館内には、美術館らしく、全国各地から収集した珍しい民芸品や当時の流行品などが展示されています。

                                                

そんな美術館で、冬限定の「ナイトミュージアム」が開催されます。普段は見られない、ライトアップされた建物やお庭は必見です!ぜひカメラを持って、お越しください。

                                 

昨年のナイトミュージアムの様子

                                                             

【実施日】

平成29年 12/2  12/9 12/16 
平成30年 1/13  1/20  1/27 
      2/3  2/10  2/17 2/24

●入館料:大人800円、小中学生300円

●完全予約制(当日16:00まで予約受付)

●ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

定員:2名様~15名様
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい

                                

                                            
また、12月17日(日曜日)まで、「うちわ展」を企画展として開催しています。

2017utiwaten[1].jpg

                                          

明治~昭和のうちわを中心に約300点展示してあります。

うちわの変化でも、時代の流れを感じることができるのですね。ここでしか体験できない「うちわ展」。ぜひご覧ください。

                             

2017年8月21日

【訪問・体験ツアー】神戸・明石発~西脇の収穫体験ツアー参加者募集!

1708shukaku01.jpg
↑ごまの栽培


相変わらず、残暑が続いていますね"(-""-)"。
さて秋の西脇市の魅力を体感する収穫体験ツアーのご案内です。

神戸(三宮・名谷)・明石発で、西脇市の秋の味覚~お土産付き!金ゴマ・黒豆収穫体験+地元特産ランチ 日帰りツアーを神姫バスツアーズが主催します。

9月30日(土曜日)は、国産わずか0.1%という希少な「日本のへそゴマ(金ゴマ)」の収穫体験と、国登録有形文化財で豪商の家・旧来住家(きしけ)住宅の見学、道の駅での買い物などをセットにしたツアーです。昼食には西脇自慢のご当地A級グルメ「西脇ローストビーフ」を食べていただきます。また、お土産として金ゴマ調味料がついています。

10月22日(日曜日)は、市内で栽培されている「丹波黒大豆の枝豆」の収穫体験をし、うれしいお土産として収穫した枝豆5本をお持ち帰りいただきます。また、播州織工房館での買い物・織機の実演の見学、当日開催の地元しばざくら通りの 100円商店街も訪れます。そして昼食は、地元食材を使用した「日時計の丘公園・農家レストラン」で食べていただきます。

西脇の秋の魅力満載のツアー、お値段は7,300円(子ども6,800円)西脇市が助成しているのでおトク価格となっています。

収穫体験(金ゴマ・黒豆)ツアーチラシ.pdf
金ゴマ収穫体験・西脇ローストビーフ実食ツアーコース案内.pdf

★お申し込み・お問い合わせは、神姫バスツアーズ・社支店(0795-22-6565)まで。

1708shukaku02.jpg
↑黒豆の栽培

2016年9月15日

【まちかど情報】秋の山歩き〜西脇市おすすめの3コース!

こんにちは〜(*^_^*)。

山々の色合いを美しくなり、山歩きには絶好の季節となってきました。
阪神圏からの日帰りトレッキングとして身近でお手軽な西脇市内の3つのおすすめの山をご紹介します。


1 白山( 標高510メートル)

1609k-tre02.jpg

西脇市の白山は、かつて修験の山と栄えた霊山で、「ひょうごふるさとの50山」にも選ばれています。
ゆるやかで眺望のよい「前坂コース」など複数のコースがあり、山頂からは明石海峡大橋や瀬戸大橋も望めます。
また、秋から初頭にかけては雲海が広がり、さらに奥にそびえる妙見山との縦走ルートも人気です。

白山コースガイド.pdf


2 西光寺山( 標高712メートル)

1609k-tre03.jpg

西脇市最高峰で「ひょうご ふるさとの50山」にも選ばれています。
登山道の途中には、元来は海岸性植物であるウバメガシの群落があり、市の天然記念物に指定されています。また、こぐり岩などの奇岩も点在し、山頂からは素晴らしい眺望が広がります。

西光寺山コースガイド.pdf


3 矢筈山( 標高363メートル)

1609k-tre04.jpg


矢筈山は、市街地に近いこともあり、途中までは整備された遊歩道となっています。
かつて山城があったと伝わる山頂には、愛宕社・秋葉社がまつられており、西脇市街地が眼下に広がります。山頂からさらに進む稜線伝いのルートは中級者向けのルートです。

矢筈山コースガイド.pdf


以上のコースは、西脇市・加西市・加東市・多可町で形成する「北播磨広域定住自立圏」で作成した北はりまトレッキングガイドブックにも掲載するため、西脇市が選定した3コースです。

地元で親しまれてきた西脇市・そして北はりまの山にぜひ登りに来てください!


1603tozan01.jpg

全コース紹介はこちら(加西市観光まちづくり協会HP)

2016年4月 1日

【まちかど情報】観光パンフレット充実&リニューアル!

1603panph01.jpg
↑4種類のパンフレットが登場!作成に関わった女性職員です。


こんにちは(^u^)。×××...

さて、西脇市観光協会では、4種類のパンフレットを作成いたしました。

1603panph02.jpg

総合案内版として作成したのは「B級なまち?! にしわきぶらり旅」です。
従来のものをリニューアルし、A4判・20ページで市内のグルメ情報や観光スポットを紹介しています。
「B級」というのも「A級」の次というものではなく、ベスト(Best)でブランドニュー(Brand-new)な観光地を目指していきたいという深い意味が込められています。
また、編集も「美味 Bimi」(グルメ)、「ご当地ブランド Brand」(播州織)、「武将の里 Busyou」(官兵衛の里・黒田ほか)など「B」をテーマにしています。

そして、以前にもお知らせした西脇のグルメ情報満載の「にしわきごはん」(2016年)。食事場所を中心に48店を紹介しており、6月30日までスタンプラリーも実施しています。

そして今回、新たに登場した2種類は、「にしわき夜時間」「にしわきでしたい11のこと」です。

1603panph03.jpg

1603panph04.jpg

「にしわき夜時間」は、日中の観光が中心となりがちですが、西脇市の夕方から夜の時間帯にかけての見どころ・グルメスポットに焦点をあて、紹介をしています。

「にしわきでしたい11のこと」は、体験をテーマにしたもので、トップの写真に写っている市役所の若手女性職員4人が話し合って、自らの足で候補地をまわり、取材をして作成したものです。キリのいい10のスポットを選ぼうとしたのですが、どうしても選びきれず、中途半端な「11」となってしまったものです。

いずれのパンフレットも、市役所・道の駅などの市内の観光施設などで配布しています。
また、郵送の希望については、西脇市観光協会まで電話(平日8時30分〜17時15分)・メールでご連絡くださ〜い!

★パンフレット・ダウンロードサイトはこちら

 http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/pamphlet.html

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31