お知らせ

2013年8月

2013年8月22日

【黒田官兵衛・イベント案内】9/8(日) 講演「黒田官兵衛生誕地・黒田の里」のお知らせ☆



0822kuroda01.jpg
↑黒田城址があったといわれる場所にはベンチが設置され、眼下に黒田集落を望むことができます。


こんにちは(*^^)v。夏の甲子園はいよいよ決勝戦!
わがまちから初出場の西脇工業高校は、2回戦で惜しくも敗れましたが、存在感を存分に示
してくれました。新たな歴史を刻んでくれた同校は、ふるさとの誇りです。

さて、本日のトピックは、西脇工業高校同様、ふるさとの誇り、黒田官兵衛の話題です。
来年の大河ドラマの放映に向け、撮影もクランクインしたようですが、官兵衛ゆかりの地として
全力と盛り上げようと、企画された講演会が開催されます。

この講演会は、通説とは異なり、黒田家の発祥、そして黒田官兵衛の出生地は西脇市である
との説を展開する、歴史に造詣の深い思想史家・鈴木幸治氏を講師に迎えて、「黒田官兵衛
生誕地・黒田の里」というテーマで実施するものです。

歴史はロマンです。歴史的にどの説が正しいのか、ということを争うのではなく、これまでの通
説とは別の「西脇市発祥・生誕説」に耳を傾けてみてください。
来年の大河ドラマがより一層楽しめますよ。

官兵衛のことが知りたい方は、ぜひお越しください!

≪講談会の内容≫
 ○日 時 平成25年9月8日(日) 午後1時30分から
 ○場 所 西脇市コミュニティセンター黒田庄地区会館(黒っこプラザ) ホール
 ○入場料 無料
 ○主 催 西脇市「官兵衛の里」推進協議会・北播磨黒田官兵衛生誕地の会
 ○問合せ 0795ー28ー2121(黒っこプラザ)

 講演会チラシ

2013年8月19日

【イベント報告】第36回にしわき市・黒田庄夏祭り(8/16)が開催されました。

0819kuro-f01.jpg
↑黒田庄グラウンドで開催された「にしわき市・黒田庄夏祭り」

こんにちは(^◇^)。お盆も過ぎましたが、残暑が厳しい...というよりも酷暑が続いていますね((+_+))
ブログ担当者のまわりにも体調を崩す人が多くなっていますが、みなさん体調管理には十分気を付け
ましょうね。

さて、今日は8月16日(金)に開催された「第36回にしわき市・黒田庄夏祭り」の話題です。

この夏祭りは、毎年8月16日に黒田庄グラウンドで開催されるもので、合併前の旧黒田庄町時代か
ら続く、黒田庄地域の夏の最大イベントです。

会場の盆踊りの櫓が築かれ、屋台が立ち並び、お盆の期間ということもあり、多くの人が訪れました。
そして、櫓から打ち出される太鼓のリズムに合わせ、「西脇音頭」や「黒田庄音頭」などの曲に合わせ
て、ゆかた姿の老若男女が盆踊りを繰り広げました。

0819kuro-f06.jpg 0819kuro-f03.jpg
↑夜店が立ち並ぶ会場                        ↑櫓を囲んで盆踊り

また、黒田庄和牛などの豪華景品があたる番号入りうちわも配布され、抽選に一喜一憂。夜空を飾る
花火の打ち上げを家族連れや浴衣姿の若い男女が、往く夏を惜しむように見入っていました。

まつりの盆踊りは飛び入り参加も可能!今年は西脇市の職員有志が「我こそは盆踊り名人!」を目指
して参加。そして來住市長も手踊りに参加し、大いに盛り上がりました!

0819kuro-f04.jpg
↑午後9時から打ち上げられた花火

0820kuro-f05.jpg
↑來住市長を囲んで、盆踊りに参加した西脇市職員有志とともに記念写真

2013年8月17日

【まちかど情報】お盆の伝統行事・西脇区の「精霊流し」

0816syouryou01.jpg
↑中心市街地・蓬莱橋下で行われる「精霊流し」

こんにちは(*^_^*)。暑い日が続いていますね〜。
昨日は甲子園初出場の地元・西脇工業高校野球部が奮戦しましたが、惜しくも2回戦で敗退。残念で
はありますが、西脇のまちに多くの勇気と感動を与えてくれました!選手の皆さん、お疲れさま。そして
ありがとうございます!

ブログ担当者も1塁側外野席に陣取り、応援をしましたが、陸上でも有名な西脇工業高校ファンは想像
以上に多く、一体感のある圧倒的な応援は、甲子園出場校の中でナンバー1であると確信しました!
特に9回裏の応援は、地鳴りのようでしびれました!

さて、話題がそれましたが、今回のトピックは、8月15日(木)に杉原川で行われた「精霊流し」です。
西脇区では、昔から毎年8月15日に行われているもので、お盆に故人をしのぶため、盆提灯のろうそく
に火を灯し、川に浮かべて流すものです。

日が暮れる頃から、会場の蓬莱橋下の杉原川河川敷には、イラストや文字を描いた盆提灯を携えた近
所の人が集まり、次々に川に流していきます。
調べてみると、「精霊流し」は、長崎県を中心に仏教行事として盛んに行われているようですが、兵庫県
内でも何箇所かで行われているようです。

夏の区切りを感じる、お盆ならではの厳かで幽玄な伝統行事でした。

(※環境への配慮から、盆提灯は下流で回収しています。)

0816syouryou02.jpg
↑川面に浮かぶ盆提灯

2013年8月14日

【イベント報告】第8回へその西脇・織物まつり(8/10〜11)が開催されました。

0814heso-f01.jpg
↑へそ公園で打ち上げられた花火〜☆

こんにちは(^◇^)。お盆なので事務局のある市役所を訪れる人は少ないようです。今年は暑い...
というよりも、熱い(*_*)日々が続いていますね。

さて、今日はさきの8月10日(土)と11日(日)の2日間に開催された「第8回へその西脇・織物ま
つり」について、お知らせします。

まつり開催の2日間は、うだるような暑さでしたが、幸いにも好天に恵まれました。
1日目は、日本のへそ公園を中心にイベントが開催され、午後8時30分から打ち上げられる花火
を楽しもうと多くの観客が会場に詰めかけ、夜空を彩る鮮やかな打ち上げショーに酔いしれました。

0814heso-f02.jpg  0814heso-f03.jpg
↑へそ公園「銀河の広場」での小学生の鼓笛隊 ↑友好都市・富良野市との絆を確認する採火式

そしてまつり2日目は、まず午前中に「織物感謝祭」が機殿神社で開催されました。織物事業者など
関係者らが参加し、巫女姿の女性による手織の儀式などの神事が行われました。続いて、午後から
は、総合市民センターを会場に、「ミュージックフェスタ」やよさこいなど多彩なジャンルの踊りが披露
される「加杉野おどり」などのイベントが開催されました。

また、当日は、見事夏の甲子園に初出場した西脇工業高校の野球初戦と重なったため、会場に大
型スクリーンによる観戦ができるパブリックビューを設置し、会場から甲子園の選手たちに応援を送
りました。そして、勝利の瞬間には多くの人が歓喜に沸き、喜びを分かち合いました。

夜のステージでは、「加杉野おどり」の決勝戦や西脇高校の生徒などによる恒例の「播州織ファッシ
ョンショー」が開催され、総踊りの後には、グランドフィナーレを飾る童子山からの花火が打ち上げられ、
熱気あふれる祭りを締めくくりました。

日本のへそ・西脇市を熱くするお祭りに来年もぜひお越しください!

0814heso-f04.jpg  0814heso-f05.jpg
↑織物感謝祭・手織の奉納             ↑西脇工業高校の甲子園初戦を観戦

0814heso-f06.jpg
↑播州織ファッションショー。自作の播州織衣装を着て、ステージで観客に披露しました。

0814heso-f07.jpg
↑「加杉野おどり」コンテスト優勝の「あまのじゃく い組」のパフォーマンス

2013年8月10日

【イベント案内】8/16(金)「にしわき市・黒田庄夏まつり」開催のお知らせ☆

0809kuro-fes02.jpg
↑櫓を囲んだ盆踊り。会場には夜店も立ち並びます。

こんにちは(●^o^●)。西脇工業高校野球部の甲子園初出場で盛り上がる西脇市ですが、この土・日
には真夏の最大イベント、「へその西脇・織物まつり」がいよいよ開催されます。

さて、その祭りとあわせて、夏の恒例イベントとして知られるのが「にしわき市・黒田庄夏まつり」です。
旧町時代から続く伝統ある夏まつりで、会場の黒田庄グラウンドには櫓が組まれ、それを囲んだ風情あ
る盆踊りが開催されます。

盆踊りの曲目は、炭坑節や1+1の音頭などの定番曲をはじめ、黒田庄音頭や西脇音頭などの地域な
らでは踊りも披露されます。もちろん、飛び入り参加もOKですので、ぜひお越しください!


■第36回にしわき市・黒田庄夏まつり

 ○日時 8月16日(金)午後7時〜午後9時30分
  ※雨天時は、17日(土)に順延
 ○場所 黒田庄グラウンド
 ○内容 福引き【先着1,800名・午後7時から抽選用うちわを会場で配布】
      盆踊り
      花火(午後9時頃から開始・約400発)
 
 ・駐車場は周辺にありますが、満車の場合は楠丘小学校などから送迎があります。


0809kuro-fes01.jpg
↑ささやかですが花火も打ち上げられます。

2013年8月 9日

【イベント案内】8/10(土)〜11(日) 「へその西脇織物まつり」開催のお知らせ☆


0711heso01.jpg
↑恒例の西脇高校生徒によるファッションなショー(昨年のまつり)

こんばんは(●^o^●)。暑さが続いていますが、今夜も熱帯夜ですね...。
みなさん、体調は万全に夏を乗り切りましょう!

さて、今回は西脇市の夏の最大イベント、第8回「へその西脇織物まつり」開催のお知らせです。

今年も真夏の2日間、8月10日(土)と11(日)に開催します。1日目の前夜祭は、日本のへそ公園
銀河の広場を中心にパフォーマンスが開催され、夜空を彩る花火(約 1,700発)が打ち上げられます。

2日目は、午前中に機殿神社で織物感謝祭が開催され、午後からは総合市民センターお祭り広場をメ
イン会場によさこいスタイルの「加杉野おどり」や西脇高校生徒らによる播州織ファッションショーなどの
ステージイベントが開催されます。また、祭りの最後には、控え目ですが花火(約500発)も童子山公
園から打ち上げられます。

また、総合市民センター体育館では、甲子園初出場の西脇工業高校の野球試合を大型スクリーンで
応援観戦するパブリック・ビューイングを急きょ行うこととしました。(11日・午後3時30分ごろから)

両日とも会場では出店が立ち並びますので、ぜひお越しください!

※詳しいスケジュールくは、別添ファイルをご覧ください。

○第8回 へその西脇織物まつり

 
 
と き 8月10日(土)〜11日(日)
 
 ・1日目(8月10日 16時30分〜21時)  
   ところ 日本へそ公園
   内 容 ステージイベント(よっちょれ・鼓笛隊演奏・採火式ほか) 
       出店・飲食コーナー
       花火(約1,700発)
 
 ・2日目(8月11日 10時30分〜21時)
  ところ 綜合市民センターお祭り広場ほか
  内 容 織物感謝祭(機殿神社:午前中)
       ステージイベント
       (加杉野おどり・へそのミュージックフェスタ・播州織ファッションショーほか)
       出店、市民センター体育館内でのイベント(西脇工業高校野球観戦・グルメほか)
       花火(約500発)
 

  H25へその西脇織物まつり予定表 

0711heso02.jpg   0711heso03.jpg
↑へそ公園・銀河の広場でのステージイベント             ↑経緯度橋周辺での打ち上げ花火

0711heso04.jpg  0711heso05.jpg
↑機殿神社での巫女姿による手織り(織物感謝祭)             ↑「加杉野おどり」のステージイベント

2013年8月 6日

【観光施設情報】「日本のへそ 到達証明書」の販売はじめます!

0806hesosyou01.jpg
↑4種類の色がある「日本のへそ到達証明書」


こんにちは(*^_^*)。事務局のある市役所では、近くにある播州成田山の花火が今まさに打ち上げられ
ています。今週は猛暑到来との予想なので、身体をしっかりいたわり、熱中症対策は万全にしましょう
ね〜。

さて、8月最初の話題は「日本のへそ到達証明書」販売のお知らせです。
西脇市は日本標準時である東経135度と北緯35度が交差する日本列島の中心「日本のへそ」に位置
しています。西脇市では「日本のへそ」にちなんだまちづくりに取り組んでおり、公園施設の整備や特
産品の販売なども行っています。

こうした中、以前から「日本のへそのに行ってみた記念のものが欲しい」との声が寄せられていたため、
到達証明書を作成・販売することとしました。
西脇市の上で経緯度が交差する日本列島のイラストを真ん中に、上下には西脇市の観光スポットの写
真を入れたもので、はがきとしても使用できます。

証明書は2枚セットの封筒入りで100円。市内の下記の観光施設などで販売しています。


■販売場所

 道の駅「北はりまエコミュージアム」
 
 
旧来住家住宅

 にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」

 岡之山美術館

 西脇ロイヤルホテル

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31