にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【イベント報告】第8回へその西脇・織物まつり(8/10〜11)が開催されました。 2013年8月14日

0814heso-f01.jpg
↑へそ公園で打ち上げられた花火〜☆

こんにちは(^◇^)。お盆なので事務局のある市役所を訪れる人は少ないようです。今年は暑い...
というよりも、熱い(*_*)日々が続いていますね。

さて、今日はさきの8月10日(土)と11日(日)の2日間に開催された「第8回へその西脇・織物ま
つり」について、お知らせします。

まつり開催の2日間は、うだるような暑さでしたが、幸いにも好天に恵まれました。
1日目は、日本のへそ公園を中心にイベントが開催され、午後8時30分から打ち上げられる花火
を楽しもうと多くの観客が会場に詰めかけ、夜空を彩る鮮やかな打ち上げショーに酔いしれました。

0814heso-f02.jpg  0814heso-f03.jpg
↑へそ公園「銀河の広場」での小学生の鼓笛隊 ↑友好都市・富良野市との絆を確認する採火式

そしてまつり2日目は、まず午前中に「織物感謝祭」が機殿神社で開催されました。織物事業者など
関係者らが参加し、巫女姿の女性による手織の儀式などの神事が行われました。続いて、午後から
は、総合市民センターを会場に、「ミュージックフェスタ」やよさこいなど多彩なジャンルの踊りが披露
される「加杉野おどり」などのイベントが開催されました。

また、当日は、見事夏の甲子園に初出場した西脇工業高校の野球初戦と重なったため、会場に大
型スクリーンによる観戦ができるパブリックビューを設置し、会場から甲子園の選手たちに応援を送
りました。そして、勝利の瞬間には多くの人が歓喜に沸き、喜びを分かち合いました。

夜のステージでは、「加杉野おどり」の決勝戦や西脇高校の生徒などによる恒例の「播州織ファッシ
ョンショー」が開催され、総踊りの後には、グランドフィナーレを飾る童子山からの花火が打ち上げられ、
熱気あふれる祭りを締めくくりました。

日本のへそ・西脇市を熱くするお祭りに来年もぜひお越しください!

0814heso-f04.jpg  0814heso-f05.jpg
↑織物感謝祭・手織の奉納             ↑西脇工業高校の甲子園初戦を観戦

0814heso-f06.jpg
↑播州織ファッションショー。自作の播州織衣装を着て、ステージで観客に披露しました。

0814heso-f07.jpg
↑「加杉野おどり」コンテスト優勝の「あまのじゃく い組」のパフォーマンス