にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【訪問・体験ツアー、イベント報告】4/23(土) にしわき白山登山ツアー開催しました☆ 2016年4月27日

1604tozan01.jpg
↑白山登山の途中にある「松尾の辻」の展望台


こんにちは〜(*^_^*)。

西脇市・加西市・加東市・多可町で形成する「北播磨広域定住自立圏」で作成した北はりまトレッキングガイドブックの発行を記念し、
4月23日(土曜日)に好日山荘登山学校×北播磨三市一町コラボ登山ツアーとして、「にしわき白山」の登山ツアーを開催しました。

西脇市の白山は、かつて修験の山と栄えた霊山で、手軽に登山できるため、地元では人気のある山となっています。

大阪駅からの高速バスで西脇市にやってきていただいた10人の方と観光協会スタッフなど4人、そしてガイド役として好日山荘登山学校の加藤智二校長の計15人で出発。黒田庄町前坂の白山登山口から標高510メートルの山頂をめざし、10時半過ぎに出発、片道3キロあまりの道のりをたどっていきました。

1604tozan02.jpg
↑前坂登山口の起点。大歳神社

前坂からの登山道は急坂がほとんどなく、初心者にも非常に歩きやすいコース。気候もほどよい新緑の中を歩いていくと、途中の尾根からは眼下に広がる田畑や集落を眺めることができました。そしてゆっくり歩いて2時間ほどで標高510メートルの山頂に到着。南に向かって眺望が開ける岩場で、黒っこマザーズに作っていただいた黒っこ巻きなどが入ったお弁当をいただきました。
曇り空で少し霞がかっていたので、淡路島や明石海峡大橋までは見えませんでしたが、春らしい里山の風景が楽しめました。

1604tozan03.jpg
↑登山道から白山山頂を望みます。

1604tozn04.jpg
↑山頂に到着。お弁当タイム&西脇市特産イチゴを頬ばります!。

お腹もふくれて休憩を終えた後、下山を開始。登ってきた道を戻りました。
そして帰路の途中に道の駅・北はりまエコミュージアムに立ち寄り、参加者のみなさんは西脇市の特産品をお買い求めていました。

阪神圏からの日帰り登山として身近な「にしわき白山」。ぜひ一度登りに来てみてくださ〜い!


★にしわき白山登山ガイド ⇒ hakusan.pdf