にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【イベント報告】11/22(日)初開催!〜 「にしわきストリートフェスティバル」☆ 2015年11月26日

1511nsf-01.jpg
↑歩行者天国の会場でセサミストリートの仲間達がパフォーマンス


こんにちは(●^o^●)。今週は急に寒さが増してきましたね〜。
そして秋も終わりに近づき、夕暮れが早くなってきました...。

さて、さきの3連休の中日、11月22日(日)に中心市街地・レントン通りを歩行者天国にした「にしわきストリートフェスティバル」が開催されました。

1511nsf-02.jpg
↑西脇南中学校吹奏楽部がオープニング演奏。片山市長がフェスティバル開催を高らかに宣言!

このイベントは、市制10周年特別企画として「今までの西脇にないような新しいイベントを」との思いを持つ若い年齢層の市民有志が中心となって考案したもので、姉妹都市の名を冠した「レントン通り」にちなみ、アメリカをイメージしたストリートショーや楽器演奏、大道芸人によるパフォーマンスなどが行われました。

そして、スペシャルイベントとして開催されたのが、「セサミストリート」の仲間たちによるショーと「Element Japan」のチームによる技のパフォーマンス!「セサミストリート」のショーは午前と午後の2回行われましたが、どちらも開催時間前から多くの親子連れが詰めかけ、仲間たちの愛らしい動きにくぎ付けとなった子どもたちからは歓声が上がり、笑顔があふれていました。「Element Japan」は、アメリカでトップ人気を誇るスケートボードのブランド「Element」の日本チームに所属する3人が登場し、路上でプロの凄技を惜しみなく披露してくれました。

1511nsf-04.jpg
↑「Element Japan」による技のパフォーマンス。多くの子どもたちが見守る。

その他にも、路上では手作りアートなど素敵なグッズやかわいらしい小物を販売する「播州つながりマーチ」や、地場産業・播州織でプロデュースした「播州織カフェ」、県内のご当地グルメなどが登場した食のブースも登場し、昼時を中心に多くの人でにぎわい、早々に売り切れとなる店も続出しました。さらに会場内にいるキャラクターを発見するスタンプラリーなど多彩な企画が目白押しのイベントとなりました。

1511nsf-07.jpg
↑「播州つながりマーチ」。手前のストライプ衣装の人はスタンプラリーのターゲット!

1511nsf-08.jpg
↑友好都市・北海道富良野市からは「富良野オムカレー」が登場!富良野緑峰高校・カレンジャー娘が提供

当日は、神戸・姫路からの日帰りバスツアーが実施されたほか、西脇市内のスポットを歩き会場を訪れる「JRふれあいハイキング」も開催され、市外からも多くのお客様に来ていただきました。

1日限定のイベントでしたが、イベント開催の5時間に約6千人が会場を訪れました。親子連れなど若い年齢層の人が多く、非日常的な空間で過ごす休日に「楽しかった!」「満足した」との声が多く聞かれました。

1511nsf-03.jpg
↑ミニSL「播磨鉄道」。会場となった道路はJR鍛冶屋線の廃線跡

1511nsf-05.jpg
↑大道芸人による炎のパフォーマンスショー

1511nsf-06.jpg
↑関西学院大学・JAZZサークルがストリートライブ演奏