にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【イベント報告・訪問体験ツアー】2/13・14 西脇市を体験!留学生ツアーが訪れました☆ 2016年2月17日

1602inb01.jpg
↑もちつき体験した旧来住家住宅で市長とともに記念撮影


こんにちは〜(*^_^*)。青空が広がり、春が待ち遠しいですが、まだまだ寒い日が続いていますね〜。

2月13日・14日の両日に「日本のへそ西脇・おもてなしイベント」が開催されましたが、このイベントに合わせ公益財団法人兵庫県国際交流協会による県内在住の外国人留学生などが西脇市を訪問するツアーが開催されました。

西脇市の持つ魅力を留学生や県内在住の外国人を通じで情報発信することで、外国人誘客につなげるために実施されたもので、1泊2日の日程で西脇市内のさまざまな場所を訪れ、見学・体験をしていただきました。

最初の訪問地は、播州織ショップのtamaki niime。色とりどりのストールやシャツが販売されるショップとそれが生み出される創作工房を興味津々で見学。昼食のけんしん亭では神戸ビーフとなる黒田庄和牛を使ったすき焼き定食が出され、「最高!」、「おいしい!」との声が多く上がりました。
続いて、「日本のへそ西脇・おもてなしイベント」の会場を訪れ、地元産・山田錦を使った全国の銘酒を堪能し、日本酒の魅力を存分に味わいました。「ワインのようなフルーティーな味」との声も聞かれました。また、播州織の産地・西脇市らしい体験として、綿を使った糸とりや人形作りなどを市民団体「コットンボール銀行」のみなさんに指導していただき楽しんだ後は、冬季限定開催のコヤノ美術館・西脇館のナイトミュージアムに訪問、贅を尽くした豪農の古民家に日本らしさを感じる参加者が多くいました。そして1日目の締めくくり、夕食は西脇ロイヤルホテルでの西脇ローストビーフ御膳。柔らかくうまみが広がる絶品の黒田庄和牛のローストビーフにみなさん大満足でした!


1602inb02.jpg
↑「日本のへそ西脇・おもてなしイベント」の日本酒バーを訪問

1602inb03.jpg
↑手織り機での体験を楽しむ(茜が丘複合施設)

1602inb04.jpg
↑コヤノ美術館・西脇館のナイトミュージアム


2日目は、ホテルを出発し、旧来住家住宅で朝食ともちつきを体験。男子留学生が杵を使ってついたもちを女子留学生が丸めていきました。その後にしわき経緯度地球科学館で館内を見学した後、黒っこマザーズさんの指導による巻き寿司づくりを体験。それぞれが好きな食材をご飯に巻き込み、出来上がったお寿司を昼食として食べました。訪問ツアーの最後には、篠田いちご園に隣接するスイーツファクトリーを訪れ、40分間のいちご食べ放題。いちご狩りには、多くの参加者から「甘い!」、「日本のイチゴはおいしい」、「食べ放題なんて幸せ〜!」との声があがりました。

西脇訪問ツアーの参加者たちは、SNSを通じて母国語でこうした情報を発信してくれましたので、今後西脇市へのインバウンドにつながっていくことを大きく期待していま〜す(●^o^●)。

1602inb05.jpg
↑旧来住家住宅でのもちづくり (※特別体験メニューです。)

1602inb06.jpg
↑黒っこマザーズによる巻き寿司づくり体験

1602inb07.jpg
↑甘いいちごを食べ放題(スイーツファクトリー)