お知らせ

2014年10月

2014年10月25日

【テレビ放映・雑誌掲載】朝日放送「おはよう朝日土曜日です」&「関西ウォーカー」で紹介されたスポット!

1410ohado01.jpg
↑荘厳寺での撮影風景

おはようございます(^u^)。行楽日和になりそうですね。

今朝(10月25日)の朝日放送「おはよう朝日土曜日です」(放送時間:午前6時25分〜午前8時)のコーナー、「さきドリ!せやったんや」で日本のへそ・西脇市が紹介されました!

11月11日発売の超有名おでかけ情報雑誌「関西ウォーカー」でも同じスポットが紹介されていますので、ご覧ください!

放送・雑誌で紹介されたスポットの情報は次のとおりです。


◎あまり知られていない穴場スポット!

 荘厳寺

 西脇市黒田庄町黒田1589 電話0795-28-4751
 拝観自由(本堂・多宝塔)
 ※ただし、持仏堂は拝観料200円。公開時間:10時から16時
 国道175号「田高」交差点から東へ2キロ。駐車場あり。
 
 白雉年間(650年ごろ)に創建された真言宗の古刹。熊野古道のような石段の参道が続き、登って行った先には本堂(修復中)と多宝塔が建っています。特に霧がたちこめる朝に訪れた時の幻想的な雰囲気は感動もので、北播磨地域随一の知る人ぞ知る紅葉の名所でもあります!
 また、当地には通説とは異なる黒田氏発祥・官兵衛生誕地説が伝わっており、「荘厳寺本黒田家略系図」が持仏堂内で公開、11月16日(日曜日)には甲冑武者行列が登場する「黒田の里 官兵衛まつり」が行われます。
 
 1410ohado02.jpg
 ↑本堂に続く参道

 1410ohado03.jpg
 ↑紅葉に染まる時期の多宝塔。見ごろは間もなく!(11月中旬から下旬)

◎ここでしか買えない特産品!

 播州織工房館

 西脇市西脇452-1 電話0795-22-3775
 営業時間:10時から17時
 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
 国道175号「上戸田南」交差点から西へ1キロ。旧来住家住宅の駐車場を利用(東へ100m・徒歩3分)
 
 のこぎり屋根が特徴の播州織の工場跡を利用した建物で、西脇市を中心に生産される播州織の商品が売られています。ここでしか買えないものとして、西脇市出身の歌手トータス松本さんデザインの播州織ジーンズと神戸芸術工科大学とのコラボ商品のバックなどが紹介されましたが、そのほかにもさまざまな播州織グッズを取りそろえています。

1410ohado04.jpg

1410ohado05.jpg

◎わざわざ食べにいきたいご当地グルメ!

 けんしん亭

 西脇市黒田庄町大門75-1 電話0795-28-2557
 営業時間:11時30分から21時(土日祝は20時) 不定休
 ※番組で紹介された厳選の黒田庄和牛を食べていただくためには、電話予約が望ましいです
 国道175号「畑瀬橋」交差点から東へ1キロ。駐車場あり。

 黒田庄地区の中心部に位置しており、この地で肥育され、神戸ビーフとして出荷される「黒田庄和牛」を地元価格で提供します。肉本来の味を堪能していただくため、番組でも紹介されていたとおり「しゃぶしゃぶ」で食べていただくのがお勧めです。西脇市で生産される「日本のへそ金ゴマ」のゴマだれで、地元野菜とともに味わってください。

1410ohado06.jpg
↑お店の外観

1410ohado07.jpg
↑黒田庄和牛(イメージ) ※番組で紹介された肉質・量とは異なります。

2014年10月17日

【イベント案内・観光施設情報】11/12(水) 講座「トイレ今昔ものがたり」を開催(コヤノ美術館・西脇館)☆

コヤノ美術館西脇館 全体像01
↑国登録有形文化財の「コヤノ美術館・西脇館」


こんにちは〜(●^o^●)。今回は、西脇市にある国登録有形文化財のひとつ、「コヤノ美術館・西脇館」での講座のお知らせです。

11月10日は「トイレの日」。
日常生活には欠かせないトイレですが、あらためて注目してみる機会というものはありません。

そこで、コヤノ美術館・西脇館では、生活文化研究家であり、トイレ研究の第一人者といわれる大阪観光大学観光学研究所客員研究員の山路茂則先生を招き、「トイレ学入門」セミナーを行います。

トイレを知れば、文化、生活が、そして美意識が分かる?
楽しくトイレについて学ばる機会ですので、ぜひお越しください!

【日時】
 平成26年11月12日(水曜日) ※トイレの日の2日後です。
 14時〜15時30分(受付は13時30分〜)

【会場】
 コヤノ美術館・西脇館客殿(西脇市市原町・市原鉄道記念館北側)

【テーマ】
 「トイレ今昔ものがたり」
  ・古代から現代までのトイレの文化史
  ・トイレから見た日本の文化・外国の文化
  ・日本人の美意識 ほか

【受講料】
 無料
 
【申込み】
 不要
 ※開始時間までにお越しください。なお、当日は休館日のため途中入場はできません。)

【問合せ先】
 コヤノ美術館(大阪本館)
 TEL(06)6358-7555  mail:koyano@koyafron.co.jp

セミナー後にコヤノ美術館・西脇館を見学することも可能です。(入館料800円・ガイド付き)





2014年10月15日

【イベント案内】12/14(日)第37回「日本のへそ」西脇子午線マラソン参加者募集!

1410hesom01.jpg
↑「日本のへそ」地点近く・緯度橋上がスタート地点

こんにちは。秋の深まりを感じる今日この頃ですね。

西脇市は東経135度と北緯35度が交差する日本列島の真ん中にあることから「日本のへそ」を称しています。
日本のへそ地点近くをスタート・ゴールとする恒例の第37回「日本のへそ」西脇子午線マラソン12月14日(日)に開催します。

10月31日まで参加者を募集していますので、ぜひご参加ください!

また、マラソン以外にも、フリーマーケットも実施しており、毎年たくさんの出店があります。今年は観光協会も友好都市・富良野オムカレー推進協議会の「ふらのカレンジャー娘」とともに出店し、観光のPRなどを行う予定です。

参加申し込みはこちら

1410hesom02.jpg

2014年10月13日

【イベント案内・黒田官兵衛】11/16(日)「黒田の里 官兵衛まつり」開催!☆

1119satofes01.jpg
↑昨年初開催のまつりで甲冑姿で練り歩く官兵衛役の片山市長


こんにちは〜(*^_^*)。秋まつりが終わると同時に台風が近づいてきたので、心配です。

さて、11月16日(日)には「黒田の里 官兵衛まつり」が開催されます!

大河ドラマ「軍師官兵衛」もいよいよ佳境を迎えていますが、黒田氏の発祥・官兵衛の生誕地との説が伝わる黒田庄町黒田では、昨年初開催された官兵衛のふるさとのまつりを今年も開催します!
今年は、JR加古川線に「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」が臨時貸切列車として走り、甲冑武者も乗車します。
→乗車申し込みはこちら

ぜひ「官兵衛の里・黒田」をお訪ねください!


【日 時】  11月16日(日) 午前10時〜午後3時30分

【場 所】  荘厳寺

【イベント】 ・甲冑武者行列・子ども武者行列(11時30分〜12時15分ごろ) 
        本黒田駅〜黒田公民館〜荘厳寺 
       ・ステージイベント(10時〜15時)
        ゆるキャラ登場・黒田官兵衛合唱団によるコーラス・演舞・もちまき など
       ・歴代黒田城主供養(12時15分〜13時)
       ・グルメコーナー
        官兵衛の里オリジナル弁当・寿司、ご当地グルメ(播州ラーメンなど)

【駐車場】 ・黒田庄中学校・黒田集落内にあります。(会場までの送迎あり)
       ※荘厳寺までのマイカーの乗り入れはできません。

※ 雨天・荒天時は、会場・内容を一部変更
※ 当日まつり会場を訪れるバスツアーもあります。詳しくはお問い合わせください。

案内チラシ.pdf

1410k-fes01.jpg


1119satofes04.jpg
↑多くの人でにぎわう会場(昨年のまつりの様子)

2014年10月 8日

【イベント報告・黒田官兵衛】10/5(日)観光協会バスツアー〜ふたつの官兵衛の里を訪ねる〜を実施!☆

1410bus-t00.jpg
↑黒田城址から黒田の里の風景を見学

こんにちは〜。昨日はノーベル物理学賞の発表日、西脇市出身の十倉好紀氏も有力候補に挙がっていましたが、来年以降への期待となりました...残念。でも日本人が受賞したのはうれしいことです。

さて、10月5日(日)に西脇市観光協会バスツアー「西脇と姫路〜ふたつの官兵衛の里を訪ねる」を実施しました。

申込みの受付直後から予約が入り、わずか2日間で満員となった人気ツアーでしたが、まず西脇市内の官兵衛ゆかりの地(姥が懐・黒田城址・荘厳寺・兵主神社)をまわりました。
観光協会の長谷川会長がガイドを務め、西脇市に伝わる黒田氏と官兵衛生誕の伝承を参加者に詳しく語りました。また、荘厳寺では堀井住職が寺に所蔵する「本黒田家略系図」を用いて、黒田家が丹波との国境となるこの地に居城を築き、戦国大名として台頭していった背景などを語っていただきました。

1410bus-t01.jpg
↑荘厳寺では堀井住職の講話を聞きました。

昼食は地元「けんしん亭」で、今が旬の栗ご飯仕立ての「官兵衛の里御膳」を食べ、午後からはいよいよ通説の生誕地、姫路に向いました。

姫路でまず向かったのは、主君・小寺氏の居城跡の御着城址。ここでは、地元のボランティアガイドによる解説を受け、城跡近くに残る官兵衛の父(通説では祖父)重隆の墓も見学しました。
ガイドの方に「ここに来られた方に、西脇市が生誕地では?とよく聞かれるのですが、どうなのですか?」と聞かれ、少しとまどいました(^u^)。歴史の事実を検証していくことも大事ですが、地元から天下統一を支える大物となった官兵衛の伝承で、播磨地域の多くのまちが盛り上がっていけばいいのではないかと思っています。

最後に白すぎる!と話題の姫路城にある「官兵衛の歴史館」と「大河ドラマ館」を見学し、今回のバスツアーを終了しました。

お手頃なツアー価格ということもあり大好評で、来年もぜひ実施してほしいとの声が多くありました!

1410bus-t02.jpg
↑御着城址での地元ボランティアガイドの説明

1410bus-t03.jpg
↑確かに改修前よりも瓦が白い姫路城。グランドオープンは来年3月の予定です。

2014年10月 6日

【まちかど情報・黒田官兵衛】神戸・地下鉄県庁前駅&加西市イベントで「官兵衛の里・西脇市」をPR!

1410tenji01.jpg
↑兵庫県広報PRコーナーで展示

こんにちは(^.^)/~~~。台風が近づいています。日曜日は観光協会バスツアーを開催しますがお天気が心配です...。

さて、10月2日から神戸市営地下鉄・県庁前駅にある「ひょうごお国自慢」展示コーナーで、「官兵衛の里・西脇市」のPRを行っています。

官兵衛グッズの紹介や、11月16日(日)に開催される第2回「黒田の里 官兵衛まつり」のお知らせをしています!


1410fudoki01.jpg
↑ステージで西脇市をPR


10月4日(土)にはお隣の加西市で開催された「播磨国風土記1300年祭プレイベント」に参加し、官兵衛の里・西脇市をPRしました。

ステージでは、西脇市のご当地キャラ・にっしーとともに壇上で、官兵衛の里として盛り上がる西脇市をアピールし、来月に開催される「黒田の里 官兵衛まつり」の宣伝を行いました。
また、出店コーナーでは、地場産業・播州織のグッズや官兵衛の里せんべいの販売を来場者に行いました。近くのまちということもあり、西脇市を知っている人も多く、しっかりとPRできました。

過ごしやすい季節になってきましたので、ぜひ西脇市にお越しくださ〜い!

1410fudoki02.jpg
↑西脇市の特産品を西脇TMOとともに販売

1410fudoki03.jpg
↑ひめじ「かんべえくん」と記念撮影

2014年10月 1日

【黒田官兵衛・訪問体験ツアー】11/16(日)JR加古川線「官兵衛列車」の参加者募集!☆

kanbee-train-p.jpg

※満員となりましたので、受付を終了しました。


こんにちは(^u^)。秋祭りの太鼓の練習に音がまちに響いていますね〜。

今回は、JR加古川線「官兵衛列車〜黒田の里 官兵衛まつり号」の参加者募集のお知らせです。

大河ドラマ「軍師官兵衛」も佳境を迎える中、西脇市観光協会では、11月16日(日)に開催される「第2回黒田の里 官兵衛まつり」にあわせ、JR加古川線の加古川駅〜本黒田駅に貸切臨時列車を運行します。

列車には、まつりに参加する甲冑武者や官兵衛にちなむゆるキャラ(てるひめちゃん・黒田牛兵衛)が乗車するほか、紙芝居「光姫物語」の実演などの車内イベントが行われます。

参加費は無料ですが、乗車には事前予約が必要です。
※定員になり次第募集を締め切ります。

また、「官兵衛列車」乗車とまつり会場への訪問などがセットになったバスツアー(加古川発・神姫バスツアーズ主催)もありますので、別途お問い合わせください。

通説とは異なる官兵衛生誕地のお祭りにぜひお越しください!


【開催日・運行時刻】

 11月16日(日曜日)
 加古川駅10:04発→本黒田駅11:30着

 
※途中、厄神駅(10:19発)・粟生駅(10:33発)・西脇市駅(11:16発)からも乗車可能 
 ※列車は片道運行です。お帰りは通常運行の列車利用となります。
 ※JR本黒田駅とまつり会場(荘厳寺)の間は送迎バスがあります。

【申込先】

 電話(0795-22-3111)・ファックス(0795-22-6987・参加申込書利用)・メール(観光協会宛)でお願いいたします。

1410jr-k01.jpg
↑JR加古川線を臨時列車「官兵衛列車」が走る!(103系・2両編成)


 「官兵衛列車」参加申込書.pdf

 第2回 黒田の里 官兵衛まつりチラシ.pdf

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28