にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

お知らせブログ

【訪問・体験ツアー】7/30(土)観光協会 夏休み親子バスツアーの開催報告 2016年8月 4日

1607bus-t01.jpg
↑ 食用氷を製造する西日本コクボ・西脇工場を見学


猛暑・酷暑が続いています(>_<)。

さて、夏休み期間の7月30日(土曜日)に西脇市観光協会による親子バスツアーを開催しました。
市内のものづくり現場を中心に見学し、昼食には新・西脇ご当地グルメの西脇ローストビーフを味わうものです。また、観光協会としては市内の産業観光の魅力を探るため、小学校の子どもとその親を対象にしたモニターツアーで、今回が初めての試みです。

おかげさまで、募集から短い期間で満員となりました。お申し込みいただきましたのに参加いただけなかった方、大変申し訳ありませんでしたm(__)m。

バスツアー当日の内容ですが、最初にバスで向かったのは上比延工場公園に立地する(株)西日本コクボ・西脇工場。コンビニコーヒーの氷など食用氷を製造する西日本エリアの拠点工場で、平成26年6月から操業を開始しています。到着後、同社の福岡社長による説明を受け、ビデオを見た後、製造ラインをガラス越しに見学。そしてマイナス20度の冷凍庫に入る体験ー真夏なのに「寒い!」との子どもたちの声があちこちで響き渡りました。

1607bus-t02.jpg
↑社長による工場と製品の説明(西日本コクボ)

次に経緯度地球科学館・テラドームを見学。参加者たちは、大型望遠鏡や特殊望遠鏡を通して日中でも見える一等星や燃え盛る太陽の姿を実際に見ました。

1607bus-t03.jpg
↑太陽を見る特殊望遠鏡をのぞきこむ(テラドーム)

午前中の最後に向かったのは東播染工(株)。西脇市の地場産業・播州織を支える生産拠点で、染色から加工まで一貫した生産体制を構築しています。そうした社内の生産設備を見学し、竹内常務に説明いただきました。織布行程では経糸と横糸が高速で重なり、鮮やかな模様の布として織りあげられていく様子を間近で見ることできました。

1607bus-t04.jpg
↑東播染工事務所前

そして、お待ちかねの昼食は西脇ローストビーフ。小坂町にある「マーマレードカフェ」でいただきました。野菜が添えられた特製ローストビーフ丼は、黒田庄和牛ならではのうまみある美味しさが濃縮された贅沢な味わいで、みなさん大満足でした。

1607bus-t05.jpg
↑マーマレードカフェの西脇ローストビーフランチ

お腹がいっぱいになった後は、大阪・池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」に向かい、マイカップヌードルづくりを体験しました。思い思いにマジックでカップに絵を描き、好みの具を入れてオリジナルのインスタント麺づくりを楽しみ、西脇に帰ってきました。夏休みの1日、存分に楽しい体験をしていただきました(●^o^●)。

1607bus-t06.jpg
↑カップにオリジナルの絵を描いていきます。(インスタントラーメン発明記念館)