お知らせ

2017年9月

2017年9月29日

【イベント案内】初開催!10/22(日)「日本のへそハロウィンin西脇」☆

1710ni-h01.jpg
↑昨年開催のハロウィンイベント(自遊空間きらら)

本イベントは、台風接近による悪天候で中止となりました。


こんにちは(^^♪

初開催イベントのお知らせです。
市内3か所で秋の名物行事となりつつある、「ハロウィン」をテーマにしたイベント「日本のへそハロウィンin西脇」を開催します。これまで3か所で個別に行われていたイベントを連携し、同日に開催!
会場を結ぶ無料シャトルバスも運行しますので、お気に入りの仮装をして、ハロウィンを楽しんでください!


【日時】

 10月22日(日曜日)午前10時から午後3時まで

【会場】

 ・西脇市茜が丘複合施設「Miraie」(みらフェス会場)
 ・野村町しばざくら通り商店街(第15回西脇しばざくら通り商店会100円商店街)
 ・市立西脇病院・下戸田上野地区近隣商店街(第3回自遊空間きららハッピーハロウィン)

【連携事業の内容】

 ・2つの特典が付いたスタンプラリーを実施!

  3か所の会場本部でスタンプをゲットすると、先着1,000人にお菓子をプレゼントします。
  スタンプ用紙は新聞折込、または、当日会場で配布するチラシについています。
  また、応募により「へその街にしわき共通商品券」を進呈します。(後日抽選・当選発表)
   1等:1万円(2本)
   2等:5千円(2本)
   3等:3千円(4本)
   4等:1千円(8本)

 ・3会場を結ぶ無料シャトルバスを運行!

  会場・駐車場を周回するのに便利な無料バスを運行します。ご利用ください。
  運行時間
   午前10時から午後4時まで。約20分から30分間隔で運行(交通状況により遅れることがあります。)
  運行ルート
   西脇病院(自遊空間きらら)⇔西脇高校(駐車場)⇔Miraie(みらフェス)⇔北はりま旬菜館(しばざくら商店街)

  「日本のへそハロウィンin西脇」チラシ.pdf


【各イベントの内容】

 ・みらフェス(午前10時~午後3時30分 ※屋内イベントは午後2時30分まで)

  茜が丘複合施設 Miraie 開館2周年のイベント。ハロウィンをテーマに仮装も大歓迎です!子どもから大人まで全ての世代が 集い、楽しめるイベントが盛りだくさんです。また、図書館まつりも同時開催です。
  「みらフェス」の詳しい内容はこちら(西脇市ホームページ)

 1710ni-h02.jpg

 ・第15回西脇しばざくら通り商店会100円商店街(午前10時~商品販売終了まで)

  しばざくら商店街に店を構える店舗が100円均一でオリジナル商品を販売します。ハロウィンをテーマにしたイベントも開催されます。
 ・しばざくら通りを巡るスタンプラリー
  
抽選で黒田庄和牛ほか西脇特産品が当たります。
 ・ハロウィン仮装コンテスト
  
お気に入りの仮装で参加するコンテスト。入賞者には後日景品を贈呈します。
 ・仮装でお菓子をゲット
  
かぼちゃの絵のあるお店でお菓子がもらえます。

1710ni-h03.jpg

 ・第3回自遊空間きららハッピーハロウィン2017(午前10時~午後4時)

  市立西脇病院近隣の上野・下戸田地区商店街でステージイベントをメインにハロウィンをテーマにした各種イベントが開催されます。
 ・
仮装コンテスト
  
お気に入りの仮装で参加するコンテスト(子どもの部・大人の部)。入賞者には豪華景品を贈呈します。
 ・ウォークラリー&大抽選会
  
きらら商店街をめぐるスタンプラリー。当日抽選で素敵な賞品が当たります。
 ・ステージイベント
  
キッズダンス、ハイスクールダンス、ハワイアンダンス、音楽ライブ等
 ・トリックorトリート
  
きらら商店街をまわり、合言葉(トリック オア トリート)を言うとお菓子がもらえます。(数量限定)

2017年9月22日

【訪問・体験ツアー】参加者募集!11/5(日)JRふれあいハイキング〜播磨国風土記の歴史を訪ねて☆

1709hiking01.jpg

こんにちは(*^_^*)。
秋の西脇市をたずね歩くハイキングのお知らせです!

JR西日本が監修するJRふれあいハイキングとして、「日本一長い散歩道を歩こう〜播磨国風土記の歴史を訪ねて」を「北はりま田園空間博物館」が開催します。

西脇市内に点在する「播磨国風土記」ゆかりの場所を歩きます。
秋真っ盛りを迎える時期に、歴史に造詣の深いボランティアガイドが同行・案内します。

参加料は無料。事前に電話・ファックスでお申し込みが必要です!

ハイキングチラシ・参加申込書.pdf

1709hiking02.jpg
↑昼食場所の「犬次神社」。播磨国風土記ゆかりの場所です。

【開催日】  11月5日(日) 

【集合場所・時間】

 JR加古川線・西脇市駅 9時30分集合

 ※加古川駅発8時15分の列車に乗車すると、西脇市駅に9時05分に到着
 ※谷川駅発9時の列車に乗車すると、西脇市駅に9時28分に到着

 ※当日朝6時のNHKニュースの天気予報で降水確率50%以上または警報発令時は中止

【コース】 歩行距離:約11キロ

 JR西脇市駅
    ↓  
 西脇市街地
    ↓  
 西脇城碑(中世の政庁跡)
    ↓    
 八幡神社(毎年秋にお笑い神事開催)
    ↓    
 犬次神社(応神天皇ゆかりの地・昼食)
    ↓  
 堀町共同墓地(中世の石造品)
    ↓
 鹿野不動堂・荒神社(ムクノキの巨木)
    ↓
 住吉神社(県指定文化財)
    ↓
 安楽寺(天井絵)
    ↓
 JR比延駅  午後3時30分ごろ到着・解散

  ※比延駅発15時35分発の列車に乗車すると、加古川駅に16時31分に到着(西脇市駅乗り換え)
  ※比延駅発16時05分発の列車に乗車すると、谷川駅に16時28分に到着 


【申し込み・お問い合わせ】

 北はりま田園空間博物館(道の駅・北はりまエコミュージアム)まで電話(0795ー25ー2370)
 又は上記申込書をファックス(0795ー22ー2123)
 ※HPからメールでも申し込み可能

2017年9月21日

【イベント案内】10/7(土)〜10/9(月)市内各地で秋まつり開催!☆

0926aki-f01.jpg
↑太鼓屋台の宮入り(下戸田・八幡神社)

こんにちは(*^_^*)。9月も下旬に入ると、過ごしやすい日が増え、鳴き声も暑苦しいセミから涼やかな虫に代わってきましたね。

さて、今回は市内各所で開催される秋祭りのご案内です。 10月の3連休、7日(土)から9日(日)にかけて太鼓屋台が練り出す秋祭りが開催されます。
メインの宮入りでは、氏子衆たちが重い屋台を必死に担ぎ上げる勇壮な姿が各神社で見られます。

H29市内秋祭り日程.pdf

その中で、最近見物客が増えてきているのが高田井町・春日神社の例祭。「あばれ太鼓」と呼ばれる屋台を担ぎ手が左右に倒しながら宮入りするもので、乗り子が落とされないように必死に屋台につかまりながら、太鼓を打ち鳴らす姿が見る人たち圧倒します。

0926aki-f03.jpg
↑高田井町・春日神社の「あばれ太鼓」

0926aki-f02.jpg
↑宮入りの担ぎ上げ(小坂町・春日神社)

また、8日(日)の午前に下戸田・八幡神社では、白扇を開いて、声高に笑いながら拝殿内をまわり、2人が手のひらを合わせて吉兆相撲を行って豊作を祈るというユニークな 「お笑い神事」(西脇市指定無形民俗文化財)が行われるほか、黒田庄町岡・兵主神社では、宮入りに先立ち、大名行列を模した「列敬(れっけい)」という行事が行われます。

1609aki-m03.jpg
↑お笑い神事(下戸田・八幡神社)お笑い神事(下戸田・八幡神社)

1609aki-m02.jpg
↑大名行列を模したといわれる列敬(黒田庄町岡・兵主神社)


市内南部・板波町にある石上神社では、太鼓屋台の宮入に際し、神社前の県道を白馬がかけます。

また、本祭8日(日曜日)の夜には中世を起源とする「なまずおさえ神事」が行われます。県内でも数少ないめずらしい行事で、失われた神宝の刀を探す様子と作物の実りに感謝するネッテイ相撲で構成され、兵庫県無形民俗文化財に指定されています。

1609aki-m04.jpg
↑白馬が颯爽とかけぬける神事(板波町・石上神社)

1609aki-m05.jpg
↑兵庫県無形民俗文化財の「なまずおさえ神事」(板波町・石上神社)

この秋に西脇市内の勇壮な秋まつりをぜひご覧ください!

2017年9月11日

【雑誌掲載情報】「ことりっぷマガジン vol.14」に播州織のまち・西脇市が掲載!

1709kotrip01.jpg

こんにちは~(●^o^●)。秋の装いがみられる季節となりましたね。

さてことりっぷマガジン(9月6日・昭文社発行)の特集「レトロな町で。」の中で、全国のまちとともに、西脇市が200年以上続くテキスタイル、播州織の町・西脇市としてが紹介されています。

tamaki niime さんのLab&shopを中心に、播州織の繁栄とともに築かれてきた、大正時代から昭和初期の西脇のまちなみめぐりが、旅のプランとしてあげられています。

ぜひ本屋でお求めください!

2017年9月 5日

【イベント案内・観光施設情報】ナイトミュージアムのご案内(コヤノ美術館・西脇館)

1612koyano11.jpg

↑光に照らされた美しい中庭は圧巻。他にも見どころが盛りだくさんです。               

                                              

こんにちは(^^)

朝晩は涼しくなり、過ごしやすくなりましたね。

                                             
さて、冬の定番イベントとなりつつある、「コヤノ美術館・西脇館」(市原町)で実施されるナイトミュージアムの受付が開始されました!

                                    

コヤノ美術館・西脇館は、明治時代半ばに建てられた豪農・藤井邸を修復・活用したもので、全ての建物が国の登録有形文化財・兵庫県の景観形成重要建造物となっています。また、館内には、美術館らしく、全国各地から収集した珍しい民芸品や当時の流行品などが展示されています。

                                                

そんな美術館で、冬限定の「ナイトミュージアム」が開催されます。普段は見られない、ライトアップされた建物やお庭は必見です!ぜひカメラを持って、お越しください。

                                 

昨年のナイトミュージアムの様子

                                                             

【実施日】

平成29年 12/2  12/9 12/16 
平成30年 1/13  1/20  1/27 
      2/3  2/10  2/17 2/24

●入館料:大人800円、小中学生300円

●完全予約制(当日16:00まで予約受付)

●ナイトミュージアム問合せ・予約専用番号:090-1919-0481

定員:2名様~15名様
ツアー開始時間:18:00~
その他詳細はお電話にてご確認下さい

                                

                                            
また、1月13日からは、2018年メイン展示として「ぼうし?とかばん?展」を開催します。

2018年年間展示加工画像.JPG

                                          

様々なデザインの帽子(かぶりもの)とかばん(ふくろ)を展示。

その美しさや面白さをゆっくりご覧いただけます。

ここでしか体験できない「ぼうし?とかばん?展」にぜひお越しください。

                             

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31