お知らせ

2018年1月12日

【訪問・体験ツアー】大阪発!西脇ローストビーフ&いちご狩りツアー(2月〜3月開催)

2月〜3月開催)

15shinoda01.jpg
↑高設栽培なのでラクラクのいちご狩り(30分間・食べ放題)

冬から早春の西脇市の魅力を体感するツアーのご案内です。
大阪(梅田・なんば)発で、「西脇ローストビーフといちご狩り食べ放題 日帰りツアー」を阪急交通社が主催します。

2月10日(日曜日)から3月24日(土曜日)まで週末を中心に8回のツアーが募集されています。
昼食は、黒田庄和牛を使った極上の「西脇ローストビーフ」を食し、名産のいちご狩り食べ放題(30分)のほか、国登録有形文化財「旧来住家住宅」のガイド付き見学、道の駅や地元農産物直売所でのお買い物もある、西脇の魅力満載のツアーです。 また、日本のへそ・西脇市への訪問記念として「日本のへそ到達証明書」もプレゼント!
お値段は7,990円西脇市が助成しているのでおトク価格となっています。

★お申し込みは、阪急交通社まで

2018年1月 4日

【イベント案内】1/9(火)・10(水)ゑびす祭り開催!(黒田庄町船町・蛭子神社)

庄町船町・蛭子神社)

0111ebisu01.jpg
↑参道に屋台が出てにぎわいます。

あけましておめでとうございます(●^o^●)。 観光協会も仕事始めを迎えました。本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m。

さて、1月9日(火曜日)・10日(水曜日)の両日に黒田庄町船町の蛭子神社で「ゑびす祭り」が開催されます。
毎年1月10日は、商売繁盛の神様「えべっさん」の初戎の日として、各地の戎(蛭子・恵比寿)神社では、大祭が行われます。「えべっさん」の総本社・西宮神社での福男レースでも有名です。
市内北部、黒田庄町船町にある蛭子神社は、明治時代に勧請されたもので、西宮神社の分霊を祀っています。市内各所でも「えべっさん」は開催されますが、ここ船町蛭子神社の祭りは名高く、昔から近隣から多くの人を集めています。境内には露店が立ち並び、豪華賞品が当たる福引きも行われ、市内随一のにぎわいを見せています。
9日の「宵祭り」が行われる午後から、そして本祭りの10日は、朝方から商売繁盛や景気回復を願い、吉兆を買い求める人など多くの参拝者でにぎわいます。また、10日には午後2時ごろから神事が行われ、餅まきで祭りを締めくくります。
ぜひお越しください!

0111ebisu02.jpg
↑参拝者でにぎわう蛭子神社

2017年12月28日

【訪問・体験ツアー】神戸・三田発~知る!見る!触れる!播州織体感ツアー(2月24日催行)

1712image01.jpg
↑人気デザイナーの Shop&Lab「tamaki niime」

西脇市の地場産業「播州織」の魅力を体感するツアーのご案内です。

神戸(三ノ宮駅)・三田駅発で、「知る!見る!触れる!播州織体感ツアー」2月24日(土曜日)に実施します。

播州織の魅力を存分に知ってもらうために西脇市観光協会が企画協力し、神姫バスツアーズが催行するものです。

西脇市内に到着後、まずは「西脇市郷土資料館」を見学・解説を聞きながら播州織の歴史を「知って」いただき、その後人気デザイナーが営む「tamaki niime」Shop&Lab、さらに「播州織工業協同組合」加工場で実際の生産現場を「見て」いただき、最後に「播州織工房館」で商品に「触れて」、お買い物をしていただく満喫コースとなっています。
また、お楽しみのお昼ごはんには、西脇市が世界に誇る特産品・黒田庄和牛を使った「西脇ローストビーフの握り&黒田庄和牛のすき焼き」を召し上がっていただきます。そして、お土産として「日本のへそ・到達証明書」をプレゼントします。

1712image04.jpg
↑お昼ごはんの「西脇ローストビーフ」の握り(イメージ)

お値段は5,500円西脇市が助成しているのでおトクなモニター価格となっています。

★お申し込みは、神姫バスツアーズ・社支店(電話 0795-42-6565)まで

1712image03.jpg
↑生産現場を見学(播州織工業協同組合)
1712image02.jpg
↑お買い物ができる「播州織工房館」

2017年12月27日

【まちかど情報】2018年 西脇市への初詣!

naritasan02.jpg
↑北播磨で最も参拝者の多い「播州成田山」

こんにちは〜(●^o^●)。
今年もあと少し...寒さが厳しさを増してきました。西脇市でも粉雪が舞っています。観光協会も28日で今年の業務は終了となります。

さて、2018年を迎えるにあたって、西脇市の初詣スポットを紹介します!
まずは、新年を迎えると同時に多くの初詣客が詰めかける播州成田山法輪寺(小坂町)。成田山新勝寺不動尊を勧請して開山しており、本尊の不動明王は、家内安全・交通安全・厄除けなどの御利益があります。境内入口には、初詣客を迎えるため。干支を描いた大きな絵馬も据え付けられており、参道には屋台が立ち並びにぎわいを見せます。

続いて、紹介するのは西脇病院近くの八幡神社。こちらでは、新年を迎える10分前から年越行事として、餅つき・豚汁1000食・甘酒が振る舞われ、冷えた身体を温めてくれます。

hachiman03.jpg

そして最後に紹介するのは、犬次神社(堀町)。2018年の干支は「戌」ですが、犬次神社の名前を持つのは全国でもここだけ!
犬は動物の中でお産が軽いことから、安産の神様として祈念する人たちの参詣があります。また、「播磨風土記」によると、その昔、応神天皇が鹿狩りにこの地を訪れた際、猟犬・マナシロが天皇に危害を加えようとした大イノシシと戦い落命したのを哀れみ、この地に葬ったそうです。そして、田畑を荒らす大イノシシを退治してくれたマナシロの墓を住民が守っていくうちに、「犬次神社」として祀られるようになったと伝わる由緒あるお社です。

inutsugi02.jpg

inutsugi03.jpg
↑犬次神社に奉納されている白犬の絵馬

2017年12月13日

【観光施設情報】いちご狩りシーズン!! 〜篠田いちご園+スイーツファクトリーへ!

15shinoda01.jpg
↑高設栽培のラクラクいちご狩り

こんにちは(*^_^*)。
冬の寒さが増してきましたが、あま〜くて美味しい「いちご狩り」シーズンがやってきました!
西脇市の冬の特産、いちご狩りに出かけてはいかがでしょうか?

観光協会会員の「篠田いちご園」(明楽寺町)のいちご狩りは大人気!
おでかけ雑誌でも紹介されることから、市外からも多くのお客さんがやってきます。
高設栽培でハイテクシステムにより徹底管理されたいちご農園で、バリアフリーも導入されているので、車椅子のままでもいちご狩りを体験していただけます。小さなお子様からお年寄りまで、美味しいいちごの食べ放題(45分間)を楽しんでいただけます。
そして、隣接する場所では、西脇市が支援するいちご研修農園の「スイーツファクトリー」もあり、篠田いちご園の栽培技術を利用しており、こちらでもいちご狩りが体験できます。

併設された販売所では新鮮ないちごを使ったジャム、アイスも購入できます。こちらの商品は市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」(野村町)でも販売しています。

1701ichigo01.jpg
↑採れたてのいちごも販売

いちご狩りの予約・申し込みは下記までお願いします。特に土曜日・休日は大人気ですので、お早めに!
※いちご狩り体験レポートはこちら

0224ichigo05.jpg 0224ichigo07.jpg
 ↑熟れた赤い実をはさみで丁寧に切ります。 ↑大好きないちごをたくさん食べて大満足         

【いちご狩り体験】

 ・営業期間  1月上旬〜5月末頃(不定休あり)

 ・受付時間  午前10時〜午後3時(直売所での販売は午後5時まで)

 ・品   種  あきひめ・さちのか・あまクイーン

 ・料   金  小学生以上1,800円、3歳から幼稚園児1,300円、2歳以下は無料
          ※前日までに予約してください。         

☆ご予約お問い合わせは・・・

 篠田いちご園 TEL 0795ー25ー8888 (西脇市明楽寺町470)

 ※スイーツファクトリーの予約受付も上記で行います。  

 <アクセス>

  【電車】JR加古川線西脇市駅よりバス大屋行きバスで「明楽寺」下車(徒歩1分)
  【 車 】中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北上し、県道294号(西脇八千代市川線)線を西へ。
       滝野社インターから約20分

15shinoda02.jpg

2017年11月13日

【イベント案内】11/26(日)道の駅15周年記念感謝祭を開催!(道の駅・北はりまエコミュージアム)☆

1609denku01.jpg
↑会場の「道の駅・北はりまエコミュージアム」

山々が色づき、お出かけには絶好の季節となりました!

さて、道の駅・北はりまエコミュージアムでは、「道の駅15周年記念感謝祭」が開催されます。

9月に開催した恒例の「でんくうまつり」が台風接近の影響に伴い縮小されたこともあり、そのリベンジも含めて開催されるものです。
「西脇ローストビーフ」の寿司や海軍カレー、播州百日どりを使った「とりめし」などのグルメコーナーやバルーンアート体験などのアトラクションが開催されるます。また、道の駅でのお買い物1,000円ごとにガラガラ抽選会も実施され、空くじなしで特等の温泉ペア宿泊券などさまざまな賞品が当たります。

ぜひお越しください!

【日時】 

 11月26日(日曜日) 午前9時30分〜午後3時

 ※駐車場は台数に制限がありますので、ご注意ください。


【内容】
 パンフレットはこちら

denku01.jpg

2017年11月 9日

【まちかど情報】紅葉情報 2017〜紅葉に恋する西脇市☆

1611kouyou01.jpg
↑赤・黄・緑のコントラストの紅葉(荘厳寺)

こんにちは〜(●^o^●)。
朝夕の肌寒さが増してきていますね。 紅葉が色づく目安は、最低気温8度の日が続くことだそうです。

北播磨の奥座敷・西脇市には、それほど人には知られていない紅葉の穴場?スポットがあります。
山並みは色づいてきましたが、見ごろは11月中旬から12月初旬にかけてです。

おススメは、西脇・紅葉の双山(2つの古刹)、そして日本へそ公園のメタセコイヤ並木です。

イメージパンフレットは こちら



西林寺 【西脇市坂本】

拝観時間 :自由 (※ただし、日中に訪問してください。)  
拝観料 :無料  
開催イベント :「照楓会」
       11月19日(日) 午前10時〜午後3時  
        お茶席、筝曲演奏など


     
1611kouyou03.jpg
↑西林寺・庫裏付近(昨年11月中旬)

1611kouyou09.jpg
↑西林寺・参道(昨年11月下旬)

1611kouyou10.jpg
↑西林寺・本堂(昨年11月下旬)


荘厳寺 【西脇市黒田庄町黒田】
 
拝観時間:自由(※ただし、日中に訪れてください。)
      「黒田家略系図」が展示されている室内は、午前10時から午後4時までです。
      (拝観料200円)
 開催イベント:「第5回 黒田の里 官兵衛まつり」
        11月12日(日)午前10時~午後3時
        甲冑行列、舞台イベントなど 
        ※詳しい内容はこちら

1611kouyou04.jpg
↑荘厳寺・本堂(昨年11月中旬)


1611kouyou05.jpg
↑荘厳寺・多宝塔(昨年11月中旬)


西脇市のシンボル日本へそ公園の色づくメタセコイヤ並木も秋の美しさを感じられる場所です!

1611kouyou07.jpg
↑色づき始めた並木(11月中旬)

1411momiji02.jpg
↑深紅に染まる並木(平成26年・11月下旬)

1611kouyou06.jpg
↑へそモニュメントのドウダンツツジも色づきます。(昨年11月中旬)

2017年10月31日

【雑誌掲載情報】】「じゃらん2017年12月号」でカニ旅からのより道を提案!

0935_001.jpg


こんにちは(●^o^●)。
冬に向けて木枯しが吹き始めています。

さて、お出かけ旅の情報誌「関西・中国・四国じゃらん 2017年12月号」(11月1日・リクルートホールディングス発行)の付録「カニ旅BOOK」で、西脇市の新しいご当地グルメ「西脇ローストビーフ」の記事を掲載しています。北近畿・日本海方面からの行き・帰りの寄り道ドライブに西脇市に立ち寄ってもらい、お昼・夕ご飯にローストビーフを食べてもらえたら...という魂胆です。「カニ+肉」のグルメ豊腹ツアーをぜひ堪能していただけれと思います。


また、本編の記事「11・29(いいにく)の日記念! 開幕★肉丼フェスタ」では、西脇ローストビーフ提供店の「笑仁」(野村町)さんの1日10食限定「西脇ロースト・ビーフ丼」(1,380円)が紹介されています。

ぜひ西脇市に立ち寄ってご賞味ください!

【店舗情報】
 笑仁(西脇市野村町1288)
 営業時間:11時30分から14時、17時から20時まで 
 定休日:木曜日、不定休あり
 電話:0795-22-2000

0934_001.jpg

2017年10月16日

【イベント案内】11/11(土)・12(日)「にしわき産業フェスタ2017・西脇市農業祭」開催☆

1710sanfes01.jpg
↑昨年度の産業フェスタ・農業祭のステージイベント

こんにちは(^.^)/~~~。
心地よい、秋の行楽シーズンが到来しました。

恒例のイベントにしわき産業フェスタ2016・西脇市農業祭」のお知らせです。

「にしわき産業フェスタ」は地域根ざした産業と新規立地企業などを広く紹介するもので、展示や特産品の販売を行います。

地元企業の展示・即売ブースのほか、西脇自慢のグルメが登場する飲食ブースもあります。

また、「西脇市農業祭」は、地元農産物の品評会を通じて、西脇市で収穫される安心・美食の農産物をアピールするものです。

こちらにも黒田庄和牛の焼き肉やコロッケなどの出店があります。

農商工が連携したイベントで、ご当地の味が大集合するなど内容盛りだくさん! みなさんお揃いで会場にお越しください☆

■ 日時 11月11日(土)・12日(日)
 午前10時〜午後4時 
※13日は午後3時30分まで

■ 場所 西脇市総合市民センター お祭り広場・体育館

内容

 ・地元企業による展示PR・物販・体験コーナー、農業団体・加工グループによる特産品の展示・販売

 ・グルメコーナー(西脇ローストビーフ・黒田庄和牛焼肉・播州ラーメン・巻き寿司など)

 ・ステージイベント(西脇中学校・西脇小学校・陸上自衛隊音楽隊による演奏、ダンス、和太鼓演奏ほか)

 ・試飲・試食サービス(ドリンク・かき氷・市内産山田錦で作った日本酒)

 ・体験コーナー(ニジマス釣り・パワーショベルによるボールすくい)

 ・市内農家が出展した農産物の品評会・表彰式

 ・力自慢!米俵担ぎ大会

 ・野菜即売会(12日(日)午後2時30分〜)

 ・餅まき(12日(日)午後3時25分〜)

1710sanfes03.jpg
↑農業祭では品評会のほか、12日には地元野菜の即売もあります。

2017年10月15日

【訪問・体験ツアー 黒田官兵衛】参加者募集!11/12(日)官兵衛まつりを満喫 昔の街道を歩こう☆

0314uba01.jpg
↑官兵衛生誕地と伝わる「姥ケ懐」

こんにちは(*^_^*)。
西脇市の秋を満喫するハイキングのお知らせです!

大河ドラマの主人公となった秀吉の軍師・黒田官兵衛ゆかりの地をたずねるハイキング、「官兵衛まつりを満喫 昔の街道を歩こう」を開催します。

当日は、この地を黒田家が治め、官兵衛が誕生したことを明かす「黒田家略系図」を所蔵する荘厳寺開催される「第5回黒田の里 官兵衛まつり」を見学し、官兵衛ゆかりの場所を訪ねながら、いにしえの街道を歩きます。
また、荘厳寺でまつりにあわせて開催される本堂落慶・本尊開帳・晋山式法会にあわせ、本堂秘仏の十一面観音菩薩の拝観もできます!

参加料は無料。10月31日(火)までに下記までお申し込みください!

ハイキングチラシ・申込書.pdf

1301taiga-e01.jpg
↑官兵衛ゆかりの地・黒田集落の全景

【開催日】
 11月12日(日)


【集合場所・時間】

 JR加古川線・本黒田駅 10時40分までに集合

 ※加古川駅発9時11分の列車に乗車すると、日本へそ公園駅に10時29分に到着(西脇市駅で乗り換え)

 ※小雨決行。大雨・洪水警報発令時は中止


【コース】 
歩行距離:約9キロ

 JR本黒田駅    
  ↓  
 多田城址(城主居館跡)
  ↓  
 姥が懐・黒田城址(黒田氏の居城跡・官兵衛生誕地)
  ↓
 荘厳寺(昼食・休憩) ※当日は「黒田の里 官兵衛まつり」開催・秘仏公開
  ↓
 光福寺
  ↓
 兵主神社(官兵衛奉納金で改築)
  ↓
 極楽寺・太閤腰掛石(秀吉が采配の際に座ったと伝わる石)
  ↓
 JR黒田庄駅
 ※午後3時10分ごろ到着・解散
 ※JR黒田庄発15時35分発の列車に乗車すると、加古川駅に16時31分に到着(西脇市駅乗り換え) 

【申し込み・お問い合わせ】

 ・黒田庄交流拠点施設「あつまっっ亭」
  電話:ファックス 0795ー28ー5880
 ・くろっこプラザ(黒田庄コミュニティセンター)
  電話:0795-28-2121
  ファックス:0795-28-3983

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31