にっぽんまんなか紀行(西脇市観光協会)

かんのんどう・あいぜんどう
観音堂・愛染堂

aisen01.jpg

西脇区の家並みの北側、童子山の南側山麓に2つの堂宇、観音堂と愛染堂があります。

観音堂の創建時期は不詳ですが、荒れていた期間を経て、江戸時代・宝暦年間に再興され、宝永8年(1779)に寄贈により堂宇が完成。その後、興隆する織物の発展を祈って、2体の観世音が祀られています。なお、現在の堂宇は明治43年(1910)に建てられたものです。

観音堂の西側にある愛染堂は、明治30年(1897)年に大和・金峯山麓にある天川弁天別当の愛染明王尊像の譲与が認められ、明治32年(1899)に奉納・上棟式が行われました。境内には、明治6年(1876)年に西脇村ほか2か村で設立された為祥(いしょう)小学校跡もあります。

aisen02.jpg
観音堂の左手に位置する愛染堂
所在地
〒677-0015 兵庫県西脇市西脇
営業時間
(開館時間・開園時間)
24時間
入場料
無料
駐車場
なし(旧来住家住宅等近隣の駐車場を利用)