すみよしじんじゃ

住吉神社

兵庫県指定文化財  本殿

住吉神社

本殿は全国的にも希少な「二間社(にけんしゃ)流造(ながれづくり)」です。
現存する本殿は元禄4年(1691)、現在の淡路市浦の大工、平時貞により再建されたものです。
象鼻の下にさらに木鼻を飾るなど、浦特有の技法が見られます。

住吉神社の本殿
本殿(兵庫県指定文化財)

住吉神社の鳥居
鳥居

所在地 兵庫県西脇市上比延町1429-1