すみよしじんじゃ

住吉神社

兵庫県指定文化財  本殿

住吉神社

本殿は全国的にも希少な「二間社(にけんしゃ)流造(ながれづくり)」で、兵庫県内にも5棟しか現存せず、県重要文化財に指定されています。

現存する本殿は、元禄4(1691)年、現在の淡路市浦の大工・平時貞により再建されたもので、象鼻の下にさらに木鼻を飾るなど「浦」特有の技法が見られます。「流造」とは日本の神社建築様式のひとつで、前面にせり出した屋根が、水の流れるような美しい曲線であることに由来します。本殿正面の柱間(はしらま)が2間(柱が3本)であれば「二間社流造」、3間(柱が4本)であれば「三間社流造」といいます。本殿に向かって左側には農村歌舞伎舞台があり、本殿とともに庶民化を知る上で貴重な文化財です。

住吉神社の本殿
本殿(兵庫県指定文化財)

住吉神社の鳥居
鳥居

所在地 兵庫県西脇市上比延町1429-1