しょうごんじ

荘厳寺

兵庫県指定文化財  多宝塔

shougonji01.jpg

苔むした石段の参道が熊野古道のような雰囲気を有しており、黒田官兵衛ゆかりの美しい紅葉でも知られる古刹。

白雉3年(652)に法道仙人の開基と伝わる真言宗の寺院で、慶長年間(1596〜)の盛時には10か寺の塔頭を構えました。本堂近くに立つ、檜皮葺きの屋根に円筒形の2層目が特徴的な多宝塔は建久年間(1190〜)に造立、正徳元年(1711)に再建されており、兵庫県指定文化財です。

大河ドラマの主人公となった秀吉の軍師・黒田官兵衛の出生地との説を主張する「荘厳寺本黒田家略系図」を所蔵・展示(複製)しており、持仏堂には歴代城主の位牌も安置しています。

荘厳寺の兵庫県指定文化財「多宝塔」
兵庫県指定文化財の多宝塔

shougonji02.jpg
平成の大修理で新築された持仏堂には枯山水の庭が新たに造られました。

shougonji03.jpg
朝日が差し込む本堂・多宝塔への参道

shougonji04.jpg
紅葉に染まる境内(11月中旬)

所在地 〒679-0302 兵庫県西脇市黒田庄町黒田1589
電話番号0795-28-4751
ファックス番号0795-28-4751
ホームページhttp://www.geocities.jp/kurodasyougonji/
営業時間
開館時間・開園時間
略系図展示室は9時~17時
入場料 略系図展示室・本堂・多宝塔の内拝 200円 ※本堂・多宝塔は要連絡
駐車場あり(大型バスは要相談)
備考拝観自由