にほんのへそ もにゅめんと

日本のへそモニュメント

日本のへそモニュメント

平成2(1990)年に国土地理院の協力で、GPSによる「平成の地球大測量」で判明した経緯度の交差点「もうひとつの日本のへそ」に建てられたモニュメントで、日本へそ公園内の岡之山山腹にあります。

建築家パトリック・ベルジェ氏の、「日本の地理上の中心であること、そして時のゆっくりした動きを表現」するコンセプトデザインに基づき造られたもので、守護神の槍をイメージした4つの柱で囲まれた正方形の中心点が、東経135度と北緯35度の交差点を示しています。

日本のへそモニュメントを空から見たところ
空から見たところ

日本のへそモニュメントの中心の石が「もうひとつのへそ地点」
中心の石がもうひとつのへそ地点

日本のへそモニュメントの眺め
山腹のモニュメントを見上げる(左) もうひとつのへそ地点からの眺め(右)

所在地 兵庫県西脇市上比延町
駐車場あり(日本へそ公園