お知らせ

2016年12月21日

【まちかど情報】冬の絶景!矢筈山からの雲海

1612yahazu01.jpg
↑眼下に広がる雲海(午前9時ごろ)


こんにちは(●^o^●)。冬晴れの日が続いています。

西脇市は河川が合流する谷あいにまちがありますので、この時期よく霧が発生し、山の上から見ると雲海が広がっている様子がよく見られます。

今日は朝早くから非常に濃い霧がただよっていたので、北はりまトレッキングガイドブックでも紹介した矢筈山(標高363メートル)に登ってみました。

矢筈山の登山口はいくつかありますが、もっともメジャーなのが、高田井町の松岡神社付近の登山口です。登山者用の駐車場も整備され、登山者の多くがここから山頂を目指しています。

1612yahazu02.jpg
↑高田井町からの登山口。しばらくバリアフリーの遊歩道が続きます。


バリアフリーの道が終わると、道は尾根伝いの「登山ロード」と勾配が緩い「どんぐりロード」に分かれます。近道の「登山ロード」を選択し、登って行きますが、これがなかなかツラい...。日ごろの運動不足が強烈に身体に跳ね返ってくる道です。霧が立ち込める道をひたすら上がっていくと、やがて霧が晴れ、青空が広がり、雲の上に出ました。そして最後のきつい登り坂をふんばって歩いて行くと、かつて山城があった山頂に到着します。登山口から約30分の道のりですが、もうこの頃には足がガクガク、上半身はクタクタとなります。

1612yahazu03.jpg
↑霧の山中を歩いて行くと...

山頂からは...眺望が広がる素晴らしい絶景!
西脇市街地だけでなく、遠くは淡路島・瀬戸内海まで見渡せます。この日も広がる雲の果てに、うっすらと明石海峡大橋の橋脚と淡路島が見えました(^u^)。この日は、午前10時ごろまでいましたが、まったく晴れることがありませんでした。霧深い日には、昼ごろまで眼下に一面に広がる雲海が楽しめますよ。

1612yahazu04.jpg
↑矢筈山頂から市街地に広がる雲海

1612yahazu05.jpg
↑山頂には休憩できる東屋もあります。

1612yahazu06.jpg
↑加古川水系が創り出す深い霧が広がる。

1612yahazu07.jpg
↑厚い層の霧が下流に流れて行きます。

1612yahazu08.jpg
↑はるか遠くに見える六甲山系

1612yahazu09.jpg
↑山頂にある愛宕神社。かつては山城があった場所です。

お知らせのホームへ

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28