江戸時代〜昭和初期の道標

道標は、石に方向や距離などを記して建てられた標示物です。
西脇市の道標は、河原や山の自然石を用いているものがあり、仏像が刻まれているものもあります。

豆知識のホームに戻る