こやのびじゅつかん にしわきかん

コヤノ美術館 西脇館

koyano01

旧国鉄鍛冶屋線建設に私財を投じた豪農の藤井滋吉邸を再生した「コヤノ美術館 西脇館」。

約3,000m2の敷地に、明治23年に建築された母屋、大正期のモダンな洋館、昭和初期の宮大工が建てた客棟など、明治・大正・昭和の建築物を一堂に見ることができます。
館長・小谷野達雄氏が全国各地から集めた貴重な美術品・民芸品の企画展示がされており、邸宅内の隅々までご覧いただくことができます。また、冬期限定で「ナイトミュージアム」(完全予約制)も開催されており、ライトアップされた幻想的な豪邸の姿を見ることができます。

平成25年に母屋が、その後洋館や客棟など敷地内の8棟すべてが国登録有形文化財となりました。また、平成29年には兵庫県景観形成重要建造物にも指定されました。

koyano02
離れに続く赤じゅうたんの長い廊下

koyano02.jpg
中庭から見た離れの建物

koyano03.jpg
館内の展示。大変珍しい和紙の「鯉のぼり」があります。

koyano04.jpg
離れの2階から見た母屋と中庭

koyano05.jpg
「ナイトミュージアム」の姿

所在地 〒677-0004 兵庫県西脇市市原町139
電話番号06-6358-7555(本館)
ファックス番号06-6358-4967(本館)
ホームページhttp://www.koyafron.co.jp/museum/nishiwaki/
営業時間
開館時間・開園時間
10時〜17時(12月〜2月は16時まで)
定休日平日(土・日曜のみ開館) ※団体で平日見学希望の場合は要相談
入場料 一般800円(20名以上の団体700円)、小中学生300円
ひょうごっ子ココロンカード協力施設
駐車場あり