みちのうえこふん

道の上古墳

兵庫県指定文化財  古墳

道の上古墳

小高いアカ山頂上に築かれた直径26.4m、高さ3.4mの整った大型円墳。
墳丘斜面には葺石、裾には大きな割石がめぐらされています。
埋葬主体は不明ですが、古墳前期(4世紀代)頃の築造と考えられています。

所在地 兵庫県西脇市羽安町字道の上他(アカ山)