お知らせ

グルメ情報

2017年2月17日

【イベント案内・グルメ情報】3/19(日)ひょうごの肉が大集合!初開催「肉の祭典in西脇」

1601nf01.jpg


こんにちは(●^o^●)。朝の寒さがきびしいですね~。
さて、今年度最大の食イベント 「肉の祭典in西脇」 の開催のお知らせです。

神戸ビーフのふるさと黒田庄和牛の産地である西脇市。今年はじめには、その黒田庄和牛を使った新たなご当地グルメとして至極の逸品「西脇ローストビーフ」も誕生しました。

西脇市の特産である黒田庄和牛をはじめ、兵庫県は全国、そして世界に誇る神戸ビーフの産地として有名です。県内の地域ブランド和牛と牛肉以外の肉を一度に味わっていただけるご当地肉の祭典として企画し、初めて開催するものです。


「肉の祭典inにしわき」チラシ.pdf



【日時】

 平成29年3月19日(日曜日) 午前10時~午後4時(ラストオーダー午後3時30分)


【会場】

 西脇市役所新庁舎建設地(イズミヤ・カナート西脇店跡地) 西脇市下戸田128-1

 ※駐車場は会場周辺に確保し、シャトルバスを運行予定


【イベント内容 ※予定・変更となる場合あり。】

 ・県内8つの神戸ビーフの産地からの料理出店(すべて神戸ビーフと但馬牛)

 ・牛肉以外の県内産のブランド肉料理の出店(播州百日どり・八鹿豚など)

 ・北播磨・東播磨地域のご当地グルメ(播州ラーメン・巻き寿司・かつめし)

 ・西脇市産「山田錦」使用の日本酒の出店

 計40ブース程度を予定


【料 金】

 ・入場無料

 ・チケット販売(前売り食券・1,000円分。市役所・チケットぴあで販売) 


1602nf02.jpg

↑イベント出店での黒田庄和牛の焼肉(イメージ)

1601nf03.jpg
↑出店予定のご当地グルメ「西脇ローストビーフ」

2016年9月 7日

【雑誌掲載情報・グルメ情報】「じゃらん2016年10月号」に西脇ローストビーフ掲載!

1509jyaran-n.jpg


こんにちは(●^o^●)。
お出かけに絶好の秋がやってきました。

お出かけ旅の情報誌「関西・中国・四国じゃらん 2016年10月号」(9月1日・リクルートホールディングス発行)の別冊付録「エンジョイ肉旅」で新ご当地グルメ「西脇ローストビーフ」が紹介されています。

神戸ビーフの素牛「黒田庄和牛」のふるさとで、産地ならでの絶品・極上の国産ローストビーフを味わってください。
雑誌では、3店が紹介されていますが、市内にはまだまだ提供店があります!

本屋で買って、事前に情報をゲットして、ぜひ西脇市に遊びに来てくださ~い!


1602roast02.jpg

2016年8月23日

【グルメ情報・まちかど情報】マーマレードカフェ(小坂町)閉店のお知らせ

1508mmc01.jpg


観光協会会員で、「西脇ローストビーフ」の提供店でもありました「マーマレードカフェ」(小坂町)が8月末で閉店します。

店舗の譲渡を考えておられるようですので、詳しくは、同店のフェイスブックをご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/

2016年8月22日

【グルメ・まちかど情報】今年で5回目!友好都市・富良野オムカレーを提供(梅吉亭)☆

1508furano01.jpg
↑北海道新幹線開業の特別フラッグが立つ富良野オムカレー西脇高校バージョンを提供


こんにちは(^.^)/~~~。厳しい残暑が続いていますね。

さて、8月19日(金)・20日(日)の2日間、日替わりシェフレストラン「梅吉亭」で富良野オムカレーのランチが提供されました。
「へそ」が取り持つ縁で、西脇市の友好都市となっている北海道富良野市のご当地グルメ・富良野オムカレーを西脇高校生活情報科の生徒が毎年夏休み期間中に特別に許可をいただき提供しているもので、今年で5年目となります。

1508furano02.jpg
↑旧来住家住宅の敷地内にあるレストラン「梅吉邸」


富良野市から取り寄せた特製カレーソースと卵を調理し、西脇市特産の黒田庄和牛をトッピングした特別バージョンで登場。
地元野菜を使ったオリジナルメニューを加え、本場と同じ「ふらの牛乳」付きのものが800円(税別)で提供されました。

1508furano03.jpg
↑黒田庄和牛も味わえるこの豪華なランチプレートが税別800円


20席あまりの店内はランチタイムの開始とともに予約客で埋まり、2日間で提供予定の100食あまりがあっという間に完売となりました。また、オプションで特製のデザートプレートも登場し、こちらも人気でした。

1508furano04.jpg
↑食後には抹茶シフォンケーキやアセロラゼリーなどのオリジナルデザートプレート


2日目には、富良野オムカレー推進協議会事務局の上坂さんが西脇市まで来られ、西脇高校バージョンのオリジナルメニューを実食。「十分に合格!」とのお墨付きをいただきました。

今後も、それぞれのまちの特産品を通じた若い年代の交流を深めていければいいなあと思っています(●^o^●)。

1508furano05.jpg
↑キッチンに立つ西脇高校・生活情報科のメンバー

2016年7月 1日

【グルメ情報】「にしわきごはん 第2弾」発行!

1603gohan-cp04-2.jpg
↑ 「にしわきごはん」を手にとって出かけよう!


こんにちは(●^o^●)~。本格的な夏が到来ですね。
 

昨年、初めて発行し、大好評のグルメガイドブック 「にしわきごはん」 の2016年版を発行しています。
1603goan-cp02.jpg

西脇市のおいしいものを召し上がっていただきたい、ということで発行しており、協会加盟の48店舗を掲載しています。
西脇市内の飲食店を中心に、お土産や観光情報も掲載している西脇を楽しむ必読アイテムです!

この機会にぜひ西脇市のお店でランチ・ディナー、買い物をしてみませんか?

大好評につき、残り部数が少なくなっていますが、ご希望の方は西脇市観光協会までご連絡ください。
また、ホームページからもダウンロードできます。

http://www.nishiwaki-kanko.jp/guide/pamphlet.html


【価格訂正のお知らせ】
にしわきごはん掲載情報の訂正をいたします。


P17 店名:木夢(こむ) 
 【誤】 グラタン&スパゲッティランチ 1,000円(税込)

 【正】 グラタン&スパゲッティランチ 1,200円(税込)

2016年5月11日

【グルメ情報】「西脇ローストビーフ」を実食 第7弾!(アルヴェアーレ)

1605aiv01.jpg
↑ローストビーフのサラダ


こんにちは(●^o^●)。みなさん、ローストビーフ食べていますか~?

さて、お披露目を無事済ませた新ご当地グルメ西脇ローストビーフ
第7弾として観光協会が訪れたのは、アピカ西脇の北に店を構えるアルヴェアーレ(alveare)さんです。
西脇市の中心部、西脇バスターミナルから徒歩3分ほどの場所にある好立地で、めずらしい魚料理を手掛けるこだわりのオーナーシェフが営むトラットリアです。

夜にお邪魔した探訪隊員は、魚料理とローストビーフを含めたお任せコースを注文しました。そしてローストビーフ料理で食したのは「ローストビーフのサラダ」「西脇ローストビーフのパスタ」です。

まずサラダ。シンプルながら、ローストビーフの食感がしっかりと味わえる逸品で、バルサミコスソースが味を引き締めてくれます。

1605lv02.jpg
↑ローストビーフのパスタ

そしてパスタは、柚子こしょうの風味が利いており、添えられたレモンを絞ると甘酸っぱい香りが広がり、食欲をかり立ててくれました。
もちろんお味も間違いなし!

魚料理がメインのお店ですので、ロ-ストビーフを召し上がりたい方は、事前に確認していただく方がよいかと思います。

1605alv03.jpg

2016年4月26日

【グルメ情報・まちかど情報】西脇市産・いちご水饅頭~道の駅で販売!(御菓子司あさひ屋)!

1604a-mi01.jpg
↑西脇市産のいちごを使ったぷりぷりの水饅頭

こんにちは(^u^)。

さて、黒田庄町大門にある御菓子司あさひやでは、2月にも紹介しました御巻(おんまき)など創作和菓子が作られています。

そんな中、登場したのが「いちご水饅頭。西脇市のスイーツファクトリー支援事業で、研修生の佐藤さんが生育したいちごを材料に作っています。

佐藤さんは通常摘み取ったいちごを市内などで店頭販売していますが、形の悪いものをはじめ、どうしても店頭販売に向かないいちごが出てきてしまうとのこと。西脇市ならではの和菓子ができないか...とちょうど考えていたあさひやのご主人さんが、その話を聞き、せっかく作ったいちごを無駄にせず、そして地産の特色を生かした菓子づくりができる!と考えたのが、今回の商品だそうです。

水饅頭の外側は、いちごをペースト状にして固めており、食べるといちごの甘~い香りと味が口いっぱいに広がりますよ。これから気温の上がる季節には、上品で涼しげな口当たりで~す(●^o^●)。


1604a-mi03.jpg
↑ 中には白餡入っています。

お値段は2個入りで380円。道の駅・北はりまエコミュージアムで試験的に販売しています!


1604a-mi02.jpg

2016年4月25日

【グルメ情報・雑誌掲載情報】「奥さま手帳」に掲載!~ネーブルバーガースターズ

1604nb01.jpg


こんにちは(^.^)/~~~。いよいよゴールデンウイーク間近、気候的にもお出かけに絶好の季節がやってきましたね~。

さて、注目をあびる新開発・ご当地グルメ西脇ローストビーフ

神戸新聞を購読者の家庭に届けられる小冊子、「奥さま手帳」2016年5月号の特集記事「ソウルフード、ハンバーガー」の中で、道の駅・「北はりまエコミュージアム」にあるバーガーショップ「ネーブルバーガースターズ」が紹介されています。

西脇ローストビーフに彩り野菜を添えたバーガーやご当地・黒田庄和牛を使ったバーガーが取り上げられています。
掲載以降、客が増えており、時間帯によってはメニューにより、品切れのこともありますのでご注意を!

また、兵庫日産の提供雑誌「BULATTO(ぶらっと)」(2016年春号)にもネーブルバーガースターズが掲載されています。


1604nb02.jpg


営業時間は、朝10時~夕方18時(ラストオーダーは17時30分)。定休日は木曜日(不定休あり)です。
道の駅お立ち寄りの際には、ぜひお越しください!

1604nb03.jpg
↑道の駅「北はりまエコミュージアム」にあるお店

2016年3月30日

【イベント案内・グルメ情報】「にしわきごはん」スタンプラリー開催!(3/19~6/30)

1603gohan-cp04-2.jpg
↑ 「にしわきごはん」を手にとって出かけよう!


こんにちは(●^o^●)~!暖かい日が増え、次第に春らしくなってきましたね。寒さでお出かけを控えていた方も、そろそろ春の陽気を
感じにお出かけしてはいかがでしょう~?

 

さて、昨年に初めて発行し、大好評のグルメガイドブック 「にしわきごはん」 の2016年版を発行いたしました!!
1603goan-cp02.jpg

西脇市のおいしいものを召し上がっていただきたい、ということで発行しており、今年は48店舗を掲載しています。
西脇市内の飲食店を中心に、お土産や観光情報も掲載している西脇を楽しむ必読アイテムです!

この発行にあわせ、掲載店をめぐる「にしわきごはんグルメスタンプラリー」を開催します。

「にしわきごはん」に掲載の店舗で、500円以上の食事・買い物をしていただきますとスタンプを1つ押します。

6つの店舗(すべて違うお店)でスタンプを集めて、応募いただくと、抽選で30人の皆様に素敵な特産品がゲットしていただけます。

この機会にぜひ西脇市のお店でランチ・ディナー、買い物をしてみませんか?


スタンプラリー実施期間

  3月19日(土)から6月30日(木) 

スタンプシート・「にしわきごはん」の配布場所

  西脇市役所1階パンフレットコーナー
  道の駅「北はりまエコミュージアム」  
  にしわきごはん掲載の各店舗(観光協会加盟店)
  そのほか市内の集客施設

応募

 ラリーの応募はがきに切手を貼って投函
 西脇市役所1階・道の駅北はりまエコミュージアムの応募受付箱に投函

賞品 

 黒田庄和牛コロッケセット・播州織シャツオーダー券・播州織ストール・播州織小物セット・洋菓子の詰め合わせ など
 30人の皆様に当たります!

 ※ラリー終了後に抽選。


1603gohan-cp03.jpg

 

【価格訂正のお知らせ】
にしわきごはん掲載情報の訂正をいたします。


P17 店名:木夢(こむ) 
 【誤】 グラタン&スパゲッティランチ 1,000円(税込)

 【正】 グラタン&スパゲッティランチ 1,200円(税込)

2016年3月26日

【グルメ情報】「西脇ローストビーフ」を実食 第6弾!(ますのみ松屋)

1603matsu01.jpg
↑ローストビーフ2段重


こんにちは(●^o^●)。春になり、ローストビーフ日和?がまだまだ続いていますね。
地道に雑誌などにも取り上げられており、今後も浸透を図っていきたいと考えています。

さて、新ご当地グルメ西脇ローストビーフ
スタンプラリーの期限が迫る中、第6弾として観光協会が訪れたのは、市立西脇病院近くにある和食のますのみ松屋さんです。

和食の創作料理が楽しめ、夜は居酒屋としても使える食事処でいただける西脇ローストビーフ料理は、「ローストビーフの2段重」です。

1603matsu02.jpg
↑登場した2段重(お店の照明が暗いので、すいません...)

1603matsu03.jpg
↑2段重をひも解いてみるとこうなります。

注文してしばらく待っていると登場したのは豪華な2段の御重!楽しみにしながら、開けてみると旬の食材を使ったメニューと2つの御重のどちらにもローストビーフを使った料理が入っていました。

1603matsu04.jpg
↑ローストビーフの握りと巻き寿司

1603mastu05.jpg
↑アボガドが添えられたローストビーフのちらし寿司

ご飯がメインとなっている御重には、握り・巻き・ちらしの3種類の寿司にそれぞれローストビーフが仕込まれている贅沢で嬉しいスタイル。これまで食べてきたとおり、ローストビーフってご飯との相性が抜群だなあ...ということを改めて感じながらいただきました。

1603matsu06.jpg
↑ローストビーフの生春巻き

そして焼き魚や天ぷら、あえ物の小鉢などおかずが入ったもうひとつの御重には、ローストビーフの生春巻きです。寿司とはまた違ったしっとりした食感を存分に味わえます。


【ますのみ松屋の西脇ローストビーフメニュー】

 ローストビーフ2段重セット 2,000円

2016年3月18日

【グルメ情報】「西脇ローストビーフ」を実食 第5弾!(オンベリーコ)

1603onbe01.jpg
↑ローストビーフのカルパッチョ


こんにちは(●^o^●)。ローストビーフ日和?が続いていますね。みなさん、ローストビーフ食べていますか~!

さて、お披露目から1か月を経た新ご当地グルメ西脇ローストビーフ
スタンプラリーも早く行かなくちゃ状態の中で、第5弾として観光協会が訪れたのは、イタリア料理オンベリーコさんです。
国道175号沿いにあるお店は、イタリア語で「おへそ」を意味し、日本のへそ・西脇市にふさわしい名前のお店です。

ホテルのイタリア料理店で料理長を務めたオーナーシェフが営むトラットリアで、少し遅めのランチタイムにお邪魔しました。
探訪隊員2人が「西脇ローストビーフのパスタセット」「西脇ローストビーフのカルパッチョコース」をそれぞれ注文。

1603onbe02.jpg

楽しみに待っていると、まずは5種類の料理が盛られた前菜が出てきました。

1603onbe03.jpg
↑セット・コース料理の前菜

丹波産の卵を使うオムレツなど地産地消にもこだわっており、こうしたメニューもこのお店の自慢で、女性客が多いのもうなずけます。

女性隊員が注文したパスタセットのメインディッシュは、ローストビーフのパスタ。酸味のバルサミコソースがさっぱりとしており、肉の甘味が存分に味わえたと言っております。

1603onbe04.jpg
↑ ローストビーフのパスタ

一方、男性隊員が注文したカルパッチョコースには、プリプリの県内産カキのパスタ(←これがまた絶妙なうまさ!)が出てきた後に、ローストビーフのカルパッチョが付いています。スライスしたチーズとローストビーフというシンプルな組み合わせですが、このコンビなかなか味わい深かったですよ~。

1603onbe05.jpg
↑ローストビーフのカルパッチョ

最後に4種類から選べるデザートとドリンクをチョイス。至福のひとときを過ごしました~(^u^)。

1603onbe06.jpg
↑選んだデザートはガトーショコラ。かわいいイチゴも付いていた!


【オンベリーコの西脇ローストビーフメニュー(ランチ)】

・ローストビーフ・パスタセット 1,800円 ※イベント期間中の特別価格

・ローストビーフのカルパッチョコース 2,600円


1603onbe07.jpg
↑ 上戸田南交差点の北にある国道175号沿いのお店

2016年3月15日

【グルメ情報】「西脇ローストビーフ」を実食 第4弾!(an cafe)

1603ancafe01.jpg
↑オニオンソースの辛みがおいしい刺身のようなローストビーフ丼


こんにちは(●^o^●)。みなさん、ローストビーフ食べていますか~?

さて、お披露目から1か月を経た新ご当地グルメ西脇ローストビーフ
前回食べてから恋しい頃となり、第4弾として観光協会が訪れたのは、西脇小学校から道の駅に向かう途中にあるan cafeさんです。

豆腐を練り込んだ自家製食パンを使ったモーニングでも人気で、夜遅くまで利用できるカフェレストランです。

ここで食べられる西脇ローストビーフは2種類あり、ランチタイムにお邪魔して食べたのは、ローストビーフ丼のスープ・ドリンクセット

1603ancafe02.jpg
↑食後にドリンクが付いています。

肉が映える黒い器に盛られたボリュームたっぷりのローストビーフ!刺身のようなお肉の食感に自家製オニオンソースの味わい深い辛さがからみ、ご飯との相性は抜群!

同行者は、それぞれ5種類の料理(計10種類)から、お好きなものが2つがチョイスできる「ハーフ&ハーフランチ」(1,180円)をいただきました。こちらはローストビーフではない通常メニューですが、食べ応えある一品でしたよ~(*^_^*)。

【an cafe の西脇ローストビーフメニュー】

・ローストビーフ丼 スープドリンクセット 2,000円 (キャンペーン期間中は1,800円)

・ローストビーフのホットサンド 1,000円


1603ancafe03.jpg
↑「ハーフ&ハーフランチ」に付いているバウニャカウダ。

1603ancafe04.jpg
↑「ハーフ&ハーフランチ」の選べる2品には「唐揚げ」と「枝豆と豆腐のハンバーグ」をチョイス

1603ancafe05.jpg
↑お店は「上野北」交差点から右方向に進んだ市道沿いにあります。

2016年3月 4日

【グルメ・雑誌掲載情報】「まるはり」に「西脇ローストビーフ」が掲載!

1603maruhari.jpg



こんにちは(^.^)/~~~。3月に入り、暖かさが増し、春の足音が近づいてきていますね~(●^o^●)

さて、播磨地方の地元情報が満載のお出かけ雑誌「まるはるエクスプレス」4月号(2月25日・株式会社プラトゥー発行)の中で、「黒田庄和牛の故郷より~西脇ローストビーフが誕生」が紹介されました。

黒田庄和牛を使った新ご当地グルメとして、提供15店舗すべてが掲載されています。
春のお出かけ&ちょっぴり贅沢なランチ・ディナーに豊潤な肉をいかがですか?

価格は540円。本屋でお求めくださ~い!


■ 「まるはり」ホームページ
http://www.maruhari.com/index.php

☆誕生記念スタンプラリーも開催中!(~3月末まで)
http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160209.html


2016年3月 2日

【グルメ情報】「西脇ローストビーフ」を実食 第3弾!(笑仁)

1603_syoujin01.jpg
↑中華料理店が考案したローストビーフ丼


こんにちは(●^o^●)。みなさん、変わらずローストビーフ食べていますか~?

さて、お披露目を無事済ませた新ご当地グルメ西脇ローストビーフ
第3弾として観光協会が訪れたのは、野村町のしばざくら通りに店を構える笑仁さんです。

麺を削りながら鍋に投入する全国的にも希少な本格刀削麺のお店で、店先では肉まんなどお持ち帰りもできる中華メニューも提供しています。

そんな中華風味が色濃く反映されているお店のローストビーフメニューは2種類。

ランチ時間に訪れて、実食したのは、ローストビーフ丼です。
ご飯に絡む甘辛~い中華ソースは、ニンニクソースに秘伝のスパイスを混ぜたもので、ガツガツと箸ではなくスプーンが進みます(^u^)。そして、この価格なのに圧倒的なボリュームのローストビーフは大変おトク!

せっかくなので自慢の麺もいただきたいという方には、お好きな麺にミニローストビーフ丼を付けるセットメニューもあります。
また、どんぶりにせず、オーソドックスに肉の味を堪能できるローストビーフもありますよ。

 
・ローストビーフ丼 1,380円

・麺+ミニローストビーフ丼セット 麺の価格+500円

・ローストビーフ 880円

1603_syoujin02.jpg
中華ソースは肉・ご飯との相性は抜群

1603_syoujin03.jpg
↑笑仁の店構え。県道346号「西脇工業高校前」交差点の少し北です。

2016年2月25日

【グルメ・雑誌掲載情報】「関西ウォーカー」に「西脇ローストビーフ」が掲載!

1602k-walker.jpg


こんにちは(^.^)/~~~。澄み切った冬の青空が広がる西脇市です。

さて、お出かけ雑誌「関西ウォーカー」2月24日→3月8日号(2月23日・株式会社KADOKAWA発行)で、「春のまんぷくドライブコース」の中で「兵庫西脇~西脇ローストビーフが誕生」が紹介されました。

並み居る関西自治体の中から全6コースが選ばれており、そのうちの1コースとして掲載されたものです。
レアな黒田庄和牛を使った新ご当地グルメとして、とある食べ処が紹介されており、少しリッチな大人旅を楽しむコースとして岡之山美術館なども掲載されています。

価格は440円。本屋でお求めくださ~い!


■ 「関西ウォーカー」KADOKAWAホームページ
http://www.kadokawa.co.jp/mag/kw/

☆誕生記念スタンプラリーも開催中!(~3月末まで)
http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160209.html

2016年2月18日

【グルメ情報】「西脇ローストビーフ」を実食 第2弾!(そらとぶじゅうたん)

1602sora03.jpg
↑西脇ローストビーフスタンプラリー用紙と「そらとぶじゅうたん」のメニュー


こんにちは(●^o^●)。ローストビーフ食べていますか~?

さて、お披露目を無事済ませた新ご当地グルメ西脇ローストビーフ
先行して提供しているマーマレードカフェ&バーに続いて、観光協会が訪れたのは、高田井町にあるそらとぶじゅうたんさんです。

カレー料理を中心に提供されているお店でのローストビーフメニューは3種類。それは...和風のローストビーフにぎり・アメリカ風のローストビーフバーガー・イギリス風のローストビーフトリュフソース!どれも食べてみたい。

ということで、ランチ時間に訪れてカレーセットとともに実食したのは、にぎりとトリュフソースのハーフサイズ。
まず、にぎりを食べましたが、少し酸味のあるトリュフソースとご飯の甘味がマッチし、ローストビーフがぎゅっと味を引き締める絶妙のお味。何貫でも食べてしまいたくなります。(←財布と要相談)
もう一品のトリュフソースは、自家製のアイスプラントを添えたもので、お好みの量のオリジナルのソースをかけて召し上がります。このオリジナルソースが高級和牛のローストビーフのお味を引き立ててくれます!

3月末までの期間限定でいずれのメニューも通常価格よりお安くいただけます。
 
・ローストビーフにぎり 通常 900円 ⇒ 800円
・ローストビーフトリュフソース 通常 2,600円 ⇒ 2,000円 (ハーフサイズ・ミニサイズも割引価格です。)
・ローストビーフバーガー 通常 1,350円 ⇒ 1,000円
・世界の味めぐりコース(ローストビーフ版) 3,000円 ※要予約 


1602sora01.jpg
↑にぎり

1602sora02.jpg
↑トリュフソース(ハーフサイズ 通常1,300円→期間中1,000円)

2016年2月 9日

【イベント案内・グルメ情報】西脇グルメ食べ歩きスタンプラリー開催!(2月13日~3月31日)

1602roast02.jpg
↑新登場メニュー「西脇ローストビーフ」

1512ramen01.jpg
↑伝統のソールフード「播州ラーメン」


こんにちは(●^o^●)。いよいよ2月13日に西脇市の新開発ご当地グルメ「西脇ローストビーフ」が誕生します!

★「西脇ローストビーフ」誕生情報はこちら
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160201.html

★食べ歩き第1弾!先行登場の「マーマレードカフェ&バー」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160205.html
★食べ歩き第2弾!日・米・英風の3種が登場 「そらとぶじゅうたん」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160218.html
★食べ歩き第3弾!中華ソースが奏でる至極のどんぶり「笑仁」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160302.html
★食べ歩き第4弾!刺身のような食感とボリューミーな肉「an cafe」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160315.html
★食べ歩き第5弾!パスタとカルパッチョで味わう「オンベリーコ」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160318.html
★食べ歩き第6弾!2段の豪華な御重で和風のテイスト「ますのみ松屋」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160326.html


これを記念し、新旧ご当地フードをテーマにした「西脇グルメ食べ歩きスタンプラリー」を開催します。

テーマとなるのは伝統のソールフード「播州ラーメン」と黒田庄和牛を使った新メニュー「西脇ローストビーフ」です!

播州ラーメン組合加盟店(4店)と西脇ローストビーフ参加店(15店)で、播州ラーメンまたはローストビーフを1品注文すると、スタンプ1コがもらえます。合計4コを集めて応募すると、黒田庄和牛やいちご狩りペア招待券などが抽選で当たるスタンプラリーを開催します。ぜひご参加ください!


西脇グルメ食べ歩きスタンプラリーチラシ.pdf

1602roast-f.jpg
↑提供店舗を示す旗


【スタンプラリー開催期間】

 2月13日 ~ 3月31日(当日消印有効) 

 

【スタンプラリー用紙の取得先】

 スタンプラリー参加店
 西脇市役所
 茜が丘複合施設
Miraie
 西脇市総合市民センター
 西脇市民会館
 道の駅「北はりまエコミュージアム」
 
【応募方法】

 スタンプラリー用紙の応募用はがきに切手を貼って、ポストに投函してください。

 

【プレゼント賞品】  

  黒田庄和牛すき焼きセット(約800グラム) 10人

  播州ラーメン(3食入り) 12人

  いちご狩りペア招待券 20人

  播州織ストール 8人


1602jyaran.jpg

「じゃらん 西脇ローストビーフBOOK」も登場。市内の西脇ローストビーフ・播州ラーメン提供店などで無料配布しています!

2016年2月 5日

【グルメ情報】先行登場!「西脇ローストビーフ」を実食(マーマレードカフェ)

1602roast-m01.jpg
↑これが西脇ローストビーフを使ったどんぶり

こんにちは(●^o^●)。節分を過ぎましたが、みなさん無事に「鬼」は退治できましたか?いや~心の中にいる鬼はなかなか退治できませんね~。(←個人的見解)

さて、正式なお披露目まであと少しとなった新開発ご当地グルメ西脇ローストビーフ
先行して食べれるお店があるという情報を得て、観光協会としてもスルーできない。ということで早速行ってきましたので報告します。

そのお店は小坂町にあるマーマレードカフェ&バー。洋食メニューが気軽に楽しめる女性に人気のレストランで、もちろん西脇ローストビーフの提供店にも加盟していただいています。

2月3日(水)から期間限定で提供されている「ローストビーフ丼」は、通常2,300円のところを1,300円という特別価格で提供中。(ただしウニは入っていません。)スープとドリンクもセットになっており、大変お得です。(※売り切れの場合もありますのでご注意を。)

1602roast-m02.jpg
↑期間限定で1,300円で提供中(ランチメニュー)

注文して待っているとしばらくして運ばれてきたローストビーフ!(^^)!。うまそー!
早速、半熟タマゴをつぶして、赤身のローストビーフに絡ませて食べてみた一口目、甘くて柔らかい風味が口の中に広がる至福のひととき。牛さん、本当にありがとう(*^_^*)

ローストビーフはもちろん、生野菜やガーリックもごはんに添えてあり、混ぜて食べているうちに箸がどんどん進み、あっという間に平らげてしましました。お店にいる間、訪れたお客様の多くが、ローストビーフ丼を注文していることを確認し、本格登場に向け、思わずわくわくしてしまいました。

みなさん、この機会に垂涎の逸品をオトクな価格で、ぜひご賞味ください!


1602roast-m04.jpg

1602roast-m03.jpg

2016年2月 4日

【グルメ情報】巻き寿司をイメージした和菓子 が新発売(御菓子司あさひ屋)!

1602onmaki01.jpg
↑ 北播磨の郷土の味・巻き寿司をイメージした創作和菓子


こんにちは(^u^)。雪は降っていませんが、厳しい寒さが続いていますね~。

さて、黒田庄町大門にある御菓子司あさひやでは、地元の特産である巻き寿司をかたどった創作和菓子「御巻(おんまき)」が新発売されました。(2月4日付けの神戸新聞朝刊・北播版にも掲載)

経営者自らが考案し、和菓子に用いられる素材を巻き寿司の具のように集めて仕上げた一品です。さて何で作り上げているのかというと...巻き寿司のご飯の部分には、柚子の香りをつけた道明寺粉(もち米を蒸して乾燥させて砕いた粉)、黄色い玉子の部分はショウガ粉を混ぜたまんじゅう生地、キュウリの部分は抹茶羊かん、さらに巻いてある海苔の部分は小豆の羊かんとなっているなど、見た目にも工夫がこらされています。また、ショウガや金ゴマは地元産を使っています。

全体的には甘さを抑えて、モチモチとしており、それぞれの素材の味覚と食感がコラボされ、巻き寿司と同じようなコンセプトが再現されています。

お値段は1個140円。お買い求めは同店のほか、道の駅・北はりまエコミュージアムでも販売しています。


1602onmaki02.jpg
↑3個入りのパッケージ

2016年2月 1日

【グルメ情報】新登場!「西脇ローストビーフ」~黒田庄和牛を使ったご当地グルメ

1602roast01.jpg


こんにちは(●^o^●)。冬将軍に攻め込まれる日々が続いています。
そんな中、西脇市ならではの、こだわりの、そして絶品のご当地グルメ誕生のお知らせです。

その名は「西脇ローストビーフ」
神戸ビーフとなるご当地産の黒田庄和牛を使って作り上げた西脇市の新たなご当地グルメです。

お披露目は2月13日(土曜日)となっています。

◎「西脇ローストビーフ」の3つの定義
 1.黒田庄和牛を使用すること。
 2.西脇市産の野菜を使用すること。
 3.各店オリジナルソースを使用すること

★広報にしわき2月号掲載記事→ こちら
★先行登場ローストビーフ丼の記事(2月5日レポート)→  こちら

※開発ワークショップの内容

 ☆第1回ワークショップの記事
  http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2015/05/20150501.html

 ☆試食会ワークショップの記事
  http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2015/10/20151003.html


★食べ歩き第1弾!先行登場の「マーマレードカフェ&バー」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160205.html
★食べ歩き第2弾!日・米・英風の3種が登場 「そらとぶじゅうたん」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160218.html
★食べ歩き第3弾!中華ソースが奏でる至極のどんぶり「笑仁」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160302.html
★食べ歩き第4弾!刺身のような食感とボリューミーな肉「an cafe」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160315.html
★食べ歩き第5弾!パスタとカルパッチョで味わう「オンベリーコ」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160318.html
★食べ歩き第6弾!2段の豪華な御重で和風のテイスト「ますのみ松屋」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160326.html
★食べ歩き第7騨!柚子コショウとの相性が抜群「アルヴェアーレ」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/05/20160511.html


1602roast02.jpg1602roast03.jpg


また、西脇ローストビーフの誕生の情報は、「じゃらん関西・中国・四国」3月号にも掲載されています。ご覧ください。

jyaran1603.jpg


【参加店舗】

 ・西脇ロイヤルホテル(西脇991) ℡0795-23-2000

 ・cafe mani(野村町1242) ℡0795-23-7525

 ・マーマレードカフェ(小坂町212) ℡0120-969-633

 ・ビュッフェキッチンタパン(野村町1795-82) ℡0795-20-7144

 ・けんしん亭(黒田庄町大門75) ℡0795-28-2557

 ・笑仁(野村町1288) ℡ 0795-22-2000

 ・オンベリーコ(上戸田166-1) ℡0795-23-4399

 ・ネーブルバーガーStars(道の駅・北はりまエコミュージアム内) ℡070-5343-7051

 ・そらとぶじゅうたん(高田井町194-1) ℡0795-22-7201

 ・ますのみ松屋(上野224) ℡0795-22-5458

 ・モモンスラン(野村町582-1) ℡0795-38-8785

 ・an cafe(大野242-1) ℡0795-22-8668

 ・つぼ八 西脇店(和田町253) ℡0795-24-7788

 ・アルヴェアーレ(西脇939) ℡0795-23-5331

2016年1月29日

【グルメ情報・まちかど情報】西脇ご当地ラーメン「播州ラーメン」の後継者募集!

1301men01.jpg
↑ 甘いスープが特徴の「播州ラーメン」


こんにちは~(^u^)。もうお正月から1か月。あっと言う間でしたね。

さて、西脇多可料飲組合(西脇商工会議所が事務局)では、ご当地ラーメン「播州ラーメン」の後継者育成をはじめました。

甘いスープが人気で、週末を中心に各地からその味をファンが楽しみにやってくる播州ラーメンですが、認定店は西脇市内で4店、多可町で2店となっており、将来的には後継者不足も懸念されます。

そこで、ふるさとの味・播州ラーメンを盛り上げて、まちを元気にしていこうと始まったのが今回のプロジェクト。実際に播州ラーメン店主のもとで修行していただき、味づくり、そして経営のノウハウを習得し、西脇市内で起業をしてもらいたいと考えています。

第1次の研修生応募期間は、2月末までとなっています。

★紹介ページこちらです。
 http://www.city.nishiwaki.lg.jp/jigyousyamuke/koyousangyoushinkou/sougyou/1453685882403.html

2016年1月20日

【イベント案内・グルメ情報】2/13(土)・14(日)「日本のへそのおもてなし~こだわりの日本酒BAR inにしわき」開催!

1601hosp02.jpg
↑ 全国14銘柄を飲み比べ!

こんにちは(*^_^*)。この冬に初めて市街地に雪が降り積もった西脇市です。

今回は、2月13日(土)・14日(日)の両日に開催される「日本のへそのおもてなし~日本酒BAR in にしわき」のお知らせです。

1601hosp01.jpg

新市制10周年記念事業として、また昨年12月の「日本のへそ西脇地域食材でおもてなし条例」の制定を契機に、多様な地域食材を生かして活力あふれるまちづくりを進めていくことをPRするために企画したイベントで、西脇ロイヤルホテル(神姫バス西脇バスターミナルに隣接)において2日間限定で開催されます。

西脇市産の山田錦を使った日本酒など名だたる全国14銘柄が勢ぞろいします。また、新開発のご当地グルメ「西脇ローストビーフ」も登場しますので、この機会にぜひご賞味ください!

【イベント内容】

 ■ 日時  平成28年2月13日(土) 正午~午後4時
              2月14日(日) 午前10時~午後3時

 ■ 場所  西脇ロイヤルホテル2F グランドホール
 
 ■ 料金  入場無料

        ・試飲チケット 500円/4杯 (1杯35ml程度)
        ・西脇ローストビーフプレートチケット 500円 (ローストビーフ+4種類のおつまみ)

        ※いずれも数に限りがあり、無くなり次第終了となります。
 
 ■ 出品銘柄(予定)

   青森県 関乃井酒造 「北勇」

   青森県 鳩正宗 「鳩正宗」

   青森県 八戸酒類 「如空」

   青森県 西田酒造店 「田酒」

   青森県 鳴海醸造店 「稲村屋文四郎」

   青森県 六花酒造 「じょっぱり」

   青森県 三浦酒造 「豊盃」

   秋田県 齋彌酒造店 「雪の茅舎」

    栃木県 小林酒造 「鳳凰美田」

   富山県 銀盤酒造 「銀盤」

   愛知県 萬乗醸造 「醸し人九平次」

   京都府 玉乃光酒造 「玉乃光」

   兵庫県 都美人酒造 「都美人」

   高知県 土佐鶴酒造 「土佐鶴」
          
1602hosp03.jpg
↑プレートとして登場する「西脇ローストビーフ」

2015年12月 2日

【グルメ情報・まちかど情報】「播州ラーメン」のコンビニ商品が販売!

1512banra01.jpg
↑セブンイレブンで販売されている「播州ラーメン」

こんにちは(*^_^*)。いつの間にか12月、早いもので今年ももうあと1月を切ってしまいましたね~。
そして、寒さが厳しくなってきました。そんなときに恋しいのがあったか~いラーメン。

12月1日から播磨地域のセブン-イレブン(加盟約230店舗)で西脇市のご当地ラーメン「播州ラーメン」のチルド商品の販売が始まりました。

国内最大手のコンビニチェーン・セブン-イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区)では、地域に根付いた食文化を重視し、地域独自の嗜好にあった商品開発を進めています。そうした中、担当者が播州ラーメンに着目し、実際に食べ歩きをして、今回の商品が開発されました。
商品開発に当たっては、播州ラーメンの認定店で構成する「西脇多可料飲組合ラーメン部会」が監修を行い、今年7月から試作と試食を繰り返し、このたび販売に至ったものです。

チルド商品ということで、電子レンジで解凍し、実際に食べてみましたが、店で食べる本物にはかなわないものの、これがなかなかイケる!甘味のあるスープとシャキシャキの食感のネギ、そして厚みのあるチャーシューは播州ラーメンそのものです。個人的には麺がもう少し固めのほうがいいかな(電子レンジの調理時間によるのかもしれませんが)...なんて思いました。

販売価格は税込み460円。ぜひお近くのセブンイレブンでお買い求めください!(注:仕入れていない店舗もあります。)

そして、本場の播州ラーメンも食べに西脇市に来てください!
播州ラーメン認定店の記事は→ こちら

1512banra02.jpg
↑初日の販売風景(セブンイレブン西脇和田店)

2015年11月 8日

【グルメ情報】にしわきごはん第2弾作成につき、会員募集をしています!

みなさん、おはようございます♪♪

今日は事業者様向けに情報発信をさせていただきます。

西脇市観光協会では、昨年度市内のグルメ情報を発信する冊子「にしわきごはん」を作成しました。
発行に合わせてスタンプラリーを開催し、発行部数が1万部を超えるなど大変好評でした。

 

 

1503_gohan1.jpg

 

今年度も「にしわきごはん」の第2弾を作成予定です!以前から観光協会会員を募集しておりましたが、
会員様限定で情報掲載をしている「にしわきごはん」作成にあたり、本年度最終のご案内をいたします。
この機会を逃すと、今回発行の「にしわきごはん」には掲載できません。

 

『「にしわきごはん」でお店のPRをしてほしい!』

『うちにはこんな自慢のメニュー、変わりメニューがある!』

『西脇市ならではのメニューを提供している!』

 

という方!ぜひぜひ申込みをお願いいたします。〆切は11月20日(金)です。下記申込書に必要事項を
記入し、FAXにて申込みください。

 

西脇市観光協会への入会、お待ちしております!!

 

 

観光協会入会申込書(にしわきごはん).pdf 

 

2015年10月 5日

【グルメ情報】西脇市産山田錦を使用~市制10周年記念酒を限定販売!

1510n-sake01.jpg

こんにちは(*^_^*)。10月に入り、ずいぶん過ごしやすい日が増えてきましたね。

さて、今回は西脇市制10周年記念・日本酒の限定販売のお知らせです。

西脇市産の山田錦を使用した人気の酒蔵、2か所で醸造した逸品です。そして、パッケージとラベルは西脇市名誉市民で、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞された横尾忠則さんのデザインというプレミアム感あふれるもの。
この機会に、西脇市産山田錦から作られた香り高い日本酒の素晴らしさを実感してください!

【製造元】
 ・青森県 三浦酒造株式会社 「豊盃」
 ・愛知県 萬乗醸造株式会社 「醸し人九平次」

【内容】
 純米大吟醸 精米歩合40% 西脇市産山田錦100%(平成26年産米)

【価格】
 6,000(税込) 各720ml 2本セット

【販売数量】
 限定500セット(お1人につき10セットまで)

【販売者】
 JAみのり

【予約・商品引き渡し】
 ・下記申込書を西脇市農林振興課(0795-22-6987)までファックスで送付してください。

 ・予約中で、販売数量に到達次第終了。

 ・商品の引渡しは、12月中旬以降の予定。
  ※日時確定後、市ホームページ等で告知。申込者には別途通知します。

 ・商品は原則下記の場所での引き渡しとなります。

  JAみのり西脇営農経済センター(西脇市西脇885-7) 電話 0795-22-5955

   JAみのり黒田庄営農経済センター(西脇市黒田庄町喜多181-2) 電話 0795-28-5000

 ・注意:宅配も可能ですが、郵送料等は自己負担になります。 (宅配を希望される場合は、農林振興課まで連絡)

 ・代金の支払いは商品引き取り時。宅配の場合は代金引換。

  記念酒予約申込書.pdf
    
リンク:西脇市HPでの紹介記事

2015年10月 3日

【グルメ情報・イベント報告】新しい西脇グルメは「黒田庄和牛ローストビーフ」に決定!

1510gourmet01.jpg
↑黒田庄和牛から生まれた絶品の「ローストビーフ」


こんにちは(^.^)/~~~。秋晴れが続いていますね~。もうすぐ市内各地では秋まつりが開催されます。
さて、今回は9月30日(水)に開催された「第5回 西脇グルメ開発ワークショップ」の話題です。

西脇市では市制10周年を迎える中、将来に元気なまちにしていきたい!との思いから、まちのにぎわいを創るご当地グルメを考えてきました。4月から始まったワークショップで検討してきた結果、開発していく新・ご当地グルメは「黒田庄和牛のローストビーフ」に決定しました!実は県内外のアンケート調査でも「西脇市で食べたいものトップ」になったのが黒田庄和牛のローストビーフとなり、その結果に従ってみようという流れになりました。

この日はワークショップに参加する市内の飲食店7店(すべて観光協会会員店)が「黒田庄和牛のローストビーフ」を使った試作メニューを披露、ワークショップ参加者や関係者による試食会が行われました。観光協会事務局の私も試食しましたが、巻き寿司になったもの、中華風味にアレンジされたもの、ポテトとイタリアンチーズを包んだもの、ハンバーガータイプ...など、いずれも本当に美味しい逸品ばかりでした!
お昼ご飯をしっかり食べた後でしたが、パクパクと口に運んでしまいました。やっぱりよい肉を使ったローストビーフは最高!至福のひとときを過ごしました。

今後、参加者の意見を集約し、さらなる改良を加えていくとともに、「黒田庄和牛ローストビーフ」を使った料理を提供する市内の飲食店も募っていく予定です。そして来年2月頃には、お披露目を行うキックオフイベントを開催し、西脇市の新名物としてセールスしていきますので、乞うご期待!

☆フェイスブック 「西脇グルメ開発市民ワークショップ」
 https://www.facebook.com/nishiwakigurume2015.n

☆第1回ワークショップの記事は
 http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2015/05/20150501.html


1510gourmet02.jpg
↑試作メニューを参加者に説明(西脇ロイヤルホテル)

1510gourmet03.jpg
↑至福の試食タイム

1510gourmet04.jpg
↑ローストビーフの巻き寿司(けんしん亭)

1510gourmet05.jpg
↑豆板醤で中華風に(刀削麺笑仁)

1510gourmet06.jpg
↑ずらりと並んだ試作メニュー
(上記のほか トラットリアオンベリーコ、ネーブルバーガーstars、an cafe、カフェモモンスラン が参加)

2015年5月 1日

【グルメ情報・イベント報告】新たな目玉に~「西脇グルメ」の開発始まる!

1504gourmet01.jpg
↑第1回ワークショップの様子

こんにちは(^.^)/~~~。新緑の季節、5月に入りましたね。初夏のようなあたたかい日が続いています。
さて、今回は4月28日(日)に生涯学習まちづくりセンターで開催された「第1回 西脇グルメ開発ワークショップ」の話題です。

西脇市では新市制10周年を迎える中、将来に元気なまちにしていきたい!との思いから、まちのにぎわいを創るご当地グルメを考えていこうと農林振興課で企画されたものです。

初回のワークショップには、市内の飲食店や市民活動にたずさわる人、そして市の職員など総勢25人が参加しました。
グルメ開発に向けてのプロデューサーは佐藤真一氏。株式会社バリュークリエーションサービスの代表で、全国各地のご当地グルメ開発など地域活性化を手掛ける「価値創造人」として活躍されています。また、リクルートライフスタイルの田中優子エリアプロデューサーにもお手伝いしていただき、選ばれる逸品づくりに向け、取り組んでいきます!もちろん観光協会も積極的に協力していきたいと思います。

さて、ワークショップでは、佐藤さんからの事例紹介やワークショップの進め方を聞いた後、6つのグループにわかれて早速話し合いを開始。西脇市のご当地食材を使ったグルメや料理のアイディアがいろいろと出されました。このアイディアをもとに、モニターへのアンケート調査を行い、その結果を踏まえ、次回のワークショップでブラッシュアップさせていく予定です。秋ごろには原案になるものを完成したいと思っています。

飛び入り、途中参加もOKですので、興味のある方はぜひご参加くださ~い!
西脇市を盛り上げて行きましょう~!

☆フェイスブックも開設しました! 「西脇グルメ開発市民ワークショップ」
 https://www.facebook.com/nishiwakigurume2015.n


1504gourmet02.jpg
↑プロデューサーの佐藤真一さん

1504gourmet03.jpg
↑みんなでご当地グルメを作っていきま~す!

2015年4月27日

【グルメ情報・まちかど情報】幻のタケノコ!収穫のピークを迎えています(高嶋町)

1504take01.jpg
↑土から顔を出したタコノコ

こんにちは(●^o^●)。いよいよゴールデンウイークに突入ですね~。

今回は、旬な食材「タケノコ」の話題です。

市内東部の高嶋町は、昔から良質なタケノコが生産されることで知られ、都会の料亭でも提供されていました。
明治時代に地元の方が京都から持って帰ってきた4本のモウソウチクを育てたことが始まりだそうです。
しかし、近年は栽培してきた方々の高齢化が進み、市場に出回ることが少なくなっていました。そのため、地域のまちづくり団体(ふるさと比也野里)では、故郷の財産で貴重なタケノコ畑をしっかりと守っていくため、契約オーナー制を今年から始めました。

1504take02.jpg
↑きれいに整備された竹林

1504take03.jpg
↑こんなに大きなタケノコも撮れました!

高嶋町のタケノコの最大の特徴は、その柔らかさと甘さ!
特にその日に採れた「朝掘り」で、そして小さくても黄金色のタケノコの味は絶品です!タケノコがイマイチ...という人もうならせた逸品です!(←ブログ担当者ももちろん実食済みです!)

4月に入り、どんどん芽を出すタケノコは、市内の農産物直売所「北はりま旬菜館」にも出荷されており、売れ行きはすこぶる好評。
ぜひ一度味わってみてくださ~い!

■タケノコ畑オーナー制度の問合せ
 
 ええまち比也野里 電話 0795-24-0120(日曜日休み)

 たけのこ畑オーナー募集チラシ.pdf

1504take04.jpg
↑旬菜館で販売されている高嶋町の朝採りタケノコ

2015年3月 5日

【グルメ情報】グルメガイドブック「にしわきごはん」発行!

1503_gohan00.jpg

こんにちは♪

 

暖かい日が増え、次第に春らしくなってきましたね。寒さでお出かけを控えていた方も、そろそろ春の陽気を
感じにお出かけしてはいかがでしょう~?

 

さて、西脇市観光協会では、初めてとなるグルメガイドブック 「にしわきごはん」 を発行いたしました!!


 

 1503_gohan1.jpg

 

「おいしい にしわき 召し上がれ」ということで、観光に来ていただいた方に、ぜひ西脇のお食事・お土産を
味わっていただきたいと作成しました。
市内の飲食店を中心に、和菓子や洋菓子のお土産や観光情報も掲載しています。

また、ご希望の方には郵送もしていますので、電話・メールでご連絡願います!
 

1503_gohan2.jpg

2015年2月13日

【グルメ情報】ご当地「播州ラーメン」のパンフレットを作成!

1301men01.jpg
↑ 甘いスープが特徴の「播州ラーメン」(野村町・畑やん)


2月25日(水)ラジオ関西・「イブニング兵庫」でも紹介されました!


こんにちは(^-^)。寒い冬にぴったりのグルメといえば、あたたか~いラーメン!

西脇市のご当地ラーメン「播州ラーメン」を紹介します~☆。

播州ラーメンは、西脇市を中心にした地域で提供されている醤油ラーメンで、その最大の特徴は...甘~いスープです。
西脇市で育った人たちにとって、ラーメンといえばこの味が定番です。この「甘さ」を感じていただくためには、ぜひ一度、西脇市へお越しいただき、実食いただきたいと思います。

西脇市内では、西脇多可料飲組合加盟の次の4店が「播州ラーメン」認定店となっており、このたび地図付きのパンフレットを作成しました。
市内にある道の駅「北はりまエコミュージアム」や市役所などで配布しています。

播州ラーメンパンフ【マップ入り】pdf


◎内橋らーめん
 ・西田町181 電話 0795-22-3922
 ・営業時間 11時~19時(土・日・祝日は20時まで)【月曜日・第1火曜日定休】 

◎かおるちゃんラーメン
 ・上野185 電話 0795-23-3837
 ・営業時間 11時30分~14時、17時30分~0時(休前日は1時30分まで) 【火曜日定休】

◎西脇大橋ラーメン
 ・上野432 電話 0795-22-4886
 ・営業時間 11時~22時 【水曜日(祝日は翌日)定休】

◎畑やんラーメン(しばざくら店)
 ・野村町786-2 電話 0795-22-5966
 ・営業時間 11時~14時、17時~22時30分 【日曜日・祝日定休】
 ※多可町に本店あり。(夜も営業。水曜日定休)

 また、多可町にはタッチャンラーメンもあります。

2014年12月15日

【グルメ情報】"播州ラーメン"ケーキが登場!

1412r-cake01.jpg
↑これが噂の播州ラーメンケーキ

こんにちは(●^o^●)。今年もあと半月余りとなりましたが、12月に入って本当に寒い日が続いていますね~。
寒い日には暖か~いご当地の「播州ラーメン」が食べたくなりますが、そんなラーメンをかたどったケーキがあるのをご存じですか?

上野・国道427号沿いにあるkajitsuでは、これまでにも地元産品を使ったさまざまなスイーツが作られていましたが、このたび「播州ラーメン」をモチーフにしたかわいらしいケーキが誕生しました!

写真のとおり、見た目は器に盛られた播州ラーメンですが、洋菓子の材料を巧みに使って作り上げられています。陶器に栗入りのスポンジケーキを入れて、カスタードクリームを乗せ、麺の部分は栗あん、スープの部分は紅茶ゼリーで仕上げ、その上にある薬味と海苔はチョコレート、モヤシやネギにはレモンが用いてあります。

実際に食べてみましたが、甘さが増すスポンジケーキ部分を紅茶風味のゼリーが引き締め、ほどよ~い甘さとなる大人向きな味わいでした。
女性が買い求めることが多いスイーツですが、こちらの商品は男性客からの注目が多いそうです。食べ終わった後も、陶器製のラーメンの器が使えるので、おトク感が増します。

値段は1個450円(税込486円)。個数に限りがありますので、早い時間に買いに行かれることをオススメします!

1412r-cake02.jpg

2014年8月12日

【グルメ・雑誌掲載情報】「旅の手帖」9月号に「播州ラーメン」が掲載!

1408zasshi.jpg


こんにちは(^.^)/~~~。台風で大雨が降りましたが、西脇市内は幸い大きな被害がなく、ほっとしました。

さて、旅雑誌「旅の手帖」9月号(8月10日・交通新聞社発行)で、47都道府県のご当地麺を紹介する「ふるさとの麺」のコーナーで、兵庫県代表として「播州ラーメン」を掲載いただきました。

「旅の手帖」公式ホームページ


播州ラーメンは、西脇市を中心にした地域で提供されている醤油ラーメンで、その最大の特徴は...甘~いスープです。
西脇市内では、西脇多可料飲組合加盟の次の4店が「播州ラーメン」認定店となっています。


◎内橋らーめん
 ・西田町181 電話 0795-22-3922
 ・営業時間 11時~19時(土・日・祝日は20時まで)【月曜日・第1火曜日定休】 

◎かおるちゃんラーメン
 ・上野185 電話 0795-23-3837
 ・営業時間 11時30分~14時、17時30分~0時(休前日は1時30分まで) 【火曜日定休】

◎西脇大橋ラーメン
 ・上野432 電話 0795-22-4886
 ・営業時間 11時~23時 【水曜日(祝日は翌日)定休】

◎畑やんラーメン(しばざくら店)
 ・野村町786-2 電話 0795-22-5966
 ・営業時間 11時~14時 【日曜日・祝日定休】
  ※多可町に本店あり。(夜も営業。水曜日定休)

1301men01.jpg
↑ 甘いスープが特徴の「播州ラーメン」(野村町・畑やん)


官兵衛の里めぐりとともに、ぜひあま~いラーメンをご賞味ください!

播州ラーメンパンフレット(西脇多可料飲組合)

2014年8月 5日

【グルメ・まちかど情報】友好都市・富良野オムカレーを提供(梅吉亭)☆

1408omuc01.jpg
↑西脇バージョンの富良野オムカレー


こんにちは(^.^)/~~~。台風が次々と来ているので、おもわしくない天気が続いていますね~。

さて、8月1日(金)・2日(日)の2日間、日替わりシェフレストラン「梅吉亭」で富良野オムカレーが提供されました。
「へそ」が取り持つ縁で、西脇市の友好都市となっている北海道富良野市のご当地グルメ・富良野オムカレーを西脇高校生活情報科の生徒が毎年夏休み期間中に実施しているもので、今年で3年目となります。

1408omuc02.jpg
↑提供されたオムカレーのセット

富良野から取り寄せたカレーソースと卵を調理し、西脇市特産の黒田庄和牛をトッピングした特別バージョンのカレープレートに、サラダなどのオリジナルメニュー、さらに本場と同じ「ふらの牛乳」を加え、デザートには富良野産のメロンまで用意し、800円という破格の安さで提供されました。

20席あまりの店内はランチタイムの開始とともに埋まり、2日目は新聞報道されたこともあり、予約客でほぼ完売となりました。2日間であわせて110食が提供され、多くの人に富良野と西脇のコラボレーションの味を楽しんでいただきました。(食べられなかった人ごめんなさい!)

2日目には、富良野市から富良野オムカレー推進協議会の松野事務局長と、富良野オムカレーをPRする「ふらのカレンジャー娘」を擁する富良野緑峰高校の杉田先生にお越しいただき、味わっていただきました。

1408omuc03.jpg
↑当日提供されたオリジナルカレーセット。これにメロンまでプラス!

富良野緑峰高校からは、学校で手塩にかけて育てられたふらのメロンをいただくとともに、西脇高校の生徒が播州織で作ったエプロンや帽子を提供している「ふらのカレンジャー娘」からカレー作りに頑張る西脇高校生徒に手書きのメッセージもいただきました。

今後も、それぞれのまちの特産品を通じた若い年代の交流を深めていければと思いました。


1408omuc04.jpg
↑富良野緑峰高校・杉田先生からメロンのプレゼント

1408omuc05.jpg
↑カレンジャー娘からの手書きメッセージも贈られました。

2014年3月20日

【グルメ・黒田官兵衛】タジン鍋の「官兵衛の里御膳」登場!(西脇ロイヤルホテル)

 0320royal01.jpg
↑バスターミナルに併設している西脇ロイヤルホテル

こんばんは(^u^)。3連休前の冷たい雨...そして北日本では降雪の予報も。この時期を表す「三寒四温」の文字どおり暖かさと寒さを繰り返す日々が続いているように思います。

さて、今回は西脇ロイヤルホテルから新たなレストランメニュー登場のお知らせです。

以前にもお知らせしましたが、官兵衛生誕の地・西脇市ならではのグルメを味わっていただきたいということで、西脇多可料飲組合では、地元の食材をふんだんに用いた「官兵衛の里御膳」を昨年秋に創作しました。

お弁当(予約制)として登場し、イベントでの販売などを通じて好評を博しておりましたが、このたび、西脇ロイヤルホテルでは、あたたかく、そしてご予約なしで味わっていただけるレストランメニューとして「官兵衛の里御膳」が登場しました!

0320royal02.jpg
↑官兵衛の里御膳。これにデザートがついています。

一番のセールスポイントは、官兵衛が着用していた特徴的な「合子形兜」をイメージしたタジン鍋。
西脇市の特産品である高級和牛「黒田庄和牛」と地鶏「播州百日鶏」をで炊き、こちらも地元産「日本のへそ金ゴマ」入りのポン酢で味わっていただけます。

そのほか、前菜、お造り、ご飯、茶碗蒸し、デザート、そして播州織ハンカチもついて、お値段は3,500円(税別)となっています。
ぜひ一度、ご賞味ください!

官兵衛御膳パンフレット


0320royal04.jpg     0320royal03.jpg
↑脂が乗った黒田庄和牛           ↑播州織のハンカチも付いています。

2014年2月28日

【黒田官兵衛・グルメ情報】NHK「ニュースKOBE発」で放送の「官兵衛さんの家紋巻き」!

0228kamon01.jpg
↑黒田家の家紋・藤巴をイメージして作った「官兵衛さんの家紋巻き」

本日、NHKニュース神戸発「官兵衛キャラバン~黒田家 西脇ルーツ説を探る」の中で、生放送・実演
で紹介されました「官兵衛さんの家紋巻き」をご紹介します!

「官兵衛さんの家紋巻き」は、地元の特産品を使って、魅力ある食を創り出す中小企業組合黒っこマザーズが
開発したものです。

0228kamon02.jpg
↑私たち、黒っこマザーズが愛情をこめて、調理しました!

西脇市自慢の特産品である「黒田庄和牛」と「日本のへそ金ゴマ」、そして旬の地元野菜を自家栽培の紫
黒米で、黒田家の家紋である藤巴状に巻きこんだものです。
黒田家の家紋の藤の花と、紫黒米の色のイメージがぴったりということで、試行錯誤を経て、完成した逸品
です!そして親しみを込めて「官兵衛さんの...」と名づけました。

1100challenge04.jpg
↑市内で販売している「官兵衛さんの家紋巻きセット」

テレビで紹介された「家紋巻きセット」は次の場所で販売しています。

 ・農産物直売所北はりま旬菜館  【西脇市野村町800-1 電話 0795-24-7900  営業時間 9:30~18:00】
 ・道の駅「北はりまエコミュージアム」  【西脇市寺内517-1 電話 0795-25-5370 営業時間 9:00~18:00】
 
 ■価格は400円。手作りのため土・日中心の個数限定販売です!

また、3月8日(土)に神戸市・垂水駅前で開催される「垂水いかなご祭り」でも出張販売します。


「官兵衛さんの家紋巻き」のほか、官兵衛の里である黒田庄地域の食材が入った「官兵衛の里の恵み
弁当」
も、3月1日(土)・2日(日)限定で販売(価格1,260円)します。

1100challenge03.jpg
↑官兵衛さんの家紋巻きはもちろん、地元の食材が詰め込まれた「官兵衛の里の恵み弁当」

2014年2月17日

【グルメ情報】寒い冬にあたたかい~ご当地ラーメン「播州ラーメン」をどうぞ!

1301men01.jpg
↑ 甘いスープが特徴の「播州ラーメン」(野村町・畑やん)


こんにちは(^-^)。寒い冬には、あたたか~いラーメンが食べたくなりますよね☆!

そこで、ご当地ラーメン「播州ラーメン」を紹介します。

播州ラーメンは、西脇市を中心にした地域で提供されている醤油ラーメンで、その最大の特徴は...
甘~いスープ
です。
甘い?と説明されても、ピンと来ない方も多いかもしれませんが、事実「甘い」のです。
小さい時から西脇市で育った人たちにとって、ラーメンといえばこの味が定番です。この「甘さ」を感じて
いただくためには、ぜひ一度、西脇市へお越しいただき、実食いただきたいと思います。

播州ラーメンの「甘さ」は、今から半世紀前の播州織全盛期の昭和30年代に西脇市に集団就職で西日
本各地から移り住んできた若い女工さんたちの口に合うように味を工夫したのがルーツだといわれてい
ます。
秘伝の甘いスープは、醤油をベースに、玉ねぎやリンゴを煮込んで作り出すともいわれますが、店それ
ぞれ。詳細は企業秘密となっており、スープの味も店ごとに異なります。

西脇市内では、西脇多可料飲組合加盟の次の4店が「播州ラーメン」認定店となっています。

◎内橋らーめん
 ・西田町181 電話 0795-22-3922
 ・営業時間 11時~19時(土・日・祝日は20時まで)【月曜日・第1火曜日定休】 

◎かおるちゃんラーメン
 ・上野185 電話 0795-23-3837
 ・営業時間 11時30分~14時、17時30分~0時(休前日は1時30分まで) 【火曜日定休】

◎西脇大橋ラーメン
 ・上野432 電話 0795-22-4886
 ・営業時間 11時~23時 【水曜日(祝日は翌日)定休】

◎畑やんラーメン(しばざくら店)
 ・野村町786-2 電話 0795-22-5966
 ・営業時間 11時~14時 【日曜日・祝日定休】
  ※多可町に本店あり。(夜も営業。水曜日定休)


官兵衛の里めぐりとともに、ぜひあま~いラーメンをご賞味ください!

播州ラーメンパンフレット(西脇多可料飲組合) 

2013年11月 7日

【グルメ・黒田官兵衛】「官兵衛の里」から新グルメ・日本酒を発売!

1100challenge01.jpg
↑開発者のみなさんと官兵衛の里にちなんだ開発商品

こんにちは(*^_^*)。11月に入って急に冷え込んできたと思いませんか?今年の夏のうだるような暑さを
すっかり忘れてしまいますね~。紅葉が色づき、美の競演を見せるときも、もうまもなくですね。

今回お届けするトピックは、「官兵衛の里・西脇市」にちなみ開発されたグルメと日本酒のニュースです。

それでは、ますはグルメから。
新開発されたのは、西脇多可料飲組合による「官兵衛の里御膳」、企業組合黒っこマザーズによる「官兵
衛の里の恵み弁当」と「官兵衛さんの家紋巻きセット」です。

「官兵衛の里御膳」は、2段の弁当箱で、ひとつは、黒田家の家紋があしらわれた透明の包装の下に西脇
市特産の「日本のへそ金ゴマ」がふりかけてあるご飯。そしてもうひとつの弁当箱には、黒田庄和牛と播州
百日鶏といった地元食材を使っているほか、官兵衛が武将としてつかみ取った「運」と官兵衛の名にちなん
だ「ん」をかけて、名前に「ん」が含まれる野菜を中心とした食材を使っています。


■官兵衛の里御膳(11月17日から提供)

  提供価格:1,000円(税込)
  提供場所:西脇多可料飲組合加盟店のうち8店・イベント時に出店販売 
        ※西脇市内は次の4店で提供

          ますのみ松屋(上野)

          けんしん亭(黒田庄町大門)

          西脇ロイヤルホテル(西脇)

          西脇カントリークラブレストハウス(上比延町)

        ※共通使用食材(黒田庄和牛・播州百日鶏・日本のへそ金ゴマ)以外は、店舗によりおかずが
          異なります。  

1100challenge02.jpg
↑「官兵衛の里」御膳。播州織生地で弁当箱を包んでいます。

企業組合黒っこマザーズが開発した「官兵衛の里の恵み弁当」は、官兵衛の里である黒田庄の食材を中
心に使ったもので、ポイントは「官兵衛さんの家紋巻き」。黒田庄和牛と日本のへそ金ゴマ、そして旬の西
脇市産の野菜を自家栽培の紫黒米で、黒田家の家紋である藤巴状に巻きこんでいます。家紋の藤の花と
紫黒米の色のイメージがぴったりだったので、試行錯誤を経て、完成した逸品です。


■「官兵衛の里の恵み弁当」・「官兵衛さんの家紋巻きセット」(11月1日から提供)

  販売価格:弁当1,260円(税込)、家紋巻きセット420円(税込)
  販売箇所:弁当は予約販売のみ 【電話 0795-28-4176】 
        家紋巻きセットは、農産物直売所北はりま旬菜館で販売

1100challenge03.jpg
↑「官兵衛の里の恵み弁当」。旬の食材だけでなく、手書きの包み紙にも愛情がこもっています。

1100challenge04.jpg
↑「官兵衛さんの家紋巻きセット」。左の2つが黒田家家紋の藤巴をあしらったものです。


そして、グルメだけでなく、官兵衛も好んで飲んだ?日本酒も開発。
純米吟醸酒「官兵衛の里 黒田」は、西脇多可小売酒販組合が販売するものです。西脇市内には酒蔵が
ないことから、お隣の加東市の神結酒造に発注したもので、兵庫県産の酒米を使って造っています。

西脇市を含む北播磨地方は、全国有数の酒米の産地であり、官兵衛の臣下である母里太兵衛の大酒飲
みの逸話で知られるように、官兵衛も日本酒との縁が深かったものと思われることから、官兵衛のふるさと
の酒として販売します。


■純米吟醸酒「官兵衛の里 黒田」(11月17日から販売)

 販売価格:1,575円(税込)
 販売店舗:西脇多可小売酒販組合の加盟店舗(※販売の幟が立っています。)

1100challenge05.jpg
↑官兵衛の里・黒田集落の景観をラベルにした純米吟醸酒です。


いずれも11月17日(日)に初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」にあわせて開発されたもので、まつり当日
は出店販売しますので、ぜひお越しください!

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28