お知らせ

2016年2月

2016年2月29日

【イベント案内・観光施設情報】2/27(土)〜3/6(日)恒例の 「全国へそのまち物産展」を北はりま旬菜館(野村町)で開催!

今年もやってきました!野村町の農産物直売所「北はりま旬菜館」では、毎年恒例の「全国へそのまち物産展」が開催されています。
今年で5回目を迎える物産展では、「へそ」、「真ん中」や「中心」称する「全国へそのまち協議会」加盟の8市町村(西脇市を含む)の特産品やおすすめ商品を特別に取り寄せて、2月27日(土)〜3月6日(日)の期間限定で実施しています。

観光協会からのオススメは、栃木県佐野市の桜あんぱん!ずっしり重く、パンの中に詰まったあん、そしてほのかに桜の葉の香りがするので、春を感じさせてくれます。さらに、「全国ご当地レトルトカレー」第3位に選ばれた赤城牛ビーフカレーもぜひ味わっていただきたい逸品です。
現地でしか手に入らないめずらしい商品もありますので、この機会にぜひお買い求めください!

 

 27へそのまち物産フェアチラシ.pdf

 

 

 

2016年2月25日

【グルメ・雑誌掲載情報】「関西ウォーカー」に「西脇ローストビーフ」が掲載!

1602k-walker.jpg


こんにちは(^.^)/~~~。澄み切った冬の青空が広がる西脇市です。

さて、お出かけ雑誌「関西ウォーカー」2月24日→3月8日号(2月23日・株式会社KADOKAWA発行)で、「春のまんぷくドライブコース」の中で「兵庫西脇〜西脇ローストビーフが誕生」が紹介されました。

並み居る関西自治体の中から全6コースが選ばれており、そのうちの1コースとして掲載されたものです。
レアな黒田庄和牛を使った新ご当地グルメとして、とある食べ処が紹介されており、少しリッチな大人旅を楽しむコースとして岡之山美術館なども掲載されています。

価格は440円。本屋でお求めくださ〜い!


■ 「関西ウォーカー」KADOKAWAホームページ
http://www.kadokawa.co.jp/mag/kw/

☆誕生記念スタンプラリーも開催中!(〜3月末まで)
http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160209.html

2016年2月18日

【グルメ情報】「西脇ローストビーフ」を実食 第2弾!(そらとぶじゅうたん)

1602sora03.jpg
↑西脇ローストビーフスタンプラリー用紙と「そらとぶじゅうたん」のメニュー


こんにちは(●^o^●)。ローストビーフ食べていますか〜?

さて、お披露目を無事済ませた新ご当地グルメ西脇ローストビーフ
先行して提供しているマーマレードカフェ&バーに続いて、観光協会が訪れたのは、高田井町にあるそらとぶじゅうたんさんです。

カレー料理を中心に提供されているお店でのローストビーフメニューは3種類。それは...和風のローストビーフにぎり・アメリカ風のローストビーフバーガー・イギリス風のローストビーフトリュフソース!どれも食べてみたい。

ということで、ランチ時間に訪れてカレーセットとともに実食したのは、にぎりとトリュフソースのハーフサイズ。
まず、にぎりを食べましたが、少し酸味のあるトリュフソースとご飯の甘味がマッチし、ローストビーフがぎゅっと味を引き締める絶妙のお味。何貫でも食べてしまいたくなります。(←財布と要相談)
もう一品のトリュフソースは、自家製のアイスプラントを添えたもので、お好みの量のオリジナルのソースをかけて召し上がります。このオリジナルソースが高級和牛のローストビーフのお味を引き立ててくれます!

3月末までの期間限定でいずれのメニューも通常価格よりお安くいただけます。
 
・ローストビーフにぎり 通常 900円 ⇒ 800円
・ローストビーフトリュフソース 通常 2,600円 ⇒ 2,000円 (ハーフサイズ・ミニサイズも割引価格です。)
・ローストビーフバーガー 通常 1,350円 ⇒ 1,000円
・世界の味めぐりコース(ローストビーフ版) 3,000円 ※要予約 


1602sora01.jpg
↑にぎり

1602sora02.jpg
↑トリュフソース(ハーフサイズ 通常1,300円→期間中1,000円)

2016年2月17日

【イベント報告・訪問体験ツアー】2/13・14 西脇市を体験!留学生ツアーが訪れました☆

1602inb01.jpg
↑もちつき体験した旧来住家住宅で市長とともに記念撮影


こんにちは〜(*^_^*)。青空が広がり、春が待ち遠しいですが、まだまだ寒い日が続いていますね〜。

2月13日・14日の両日に「日本のへそ西脇・おもてなしイベント」が開催されましたが、このイベントに合わせ公益財団法人兵庫県国際交流協会による県内在住の外国人留学生などが西脇市を訪問するツアーが開催されました。

西脇市の持つ魅力を留学生や県内在住の外国人を通じで情報発信することで、外国人誘客につなげるために実施されたもので、1泊2日の日程で西脇市内のさまざまな場所を訪れ、見学・体験をしていただきました。

最初の訪問地は、播州織ショップのtamaki niime。色とりどりのストールやシャツが販売されるショップとそれが生み出される創作工房を興味津々で見学。昼食のけんしん亭では神戸ビーフとなる黒田庄和牛を使ったすき焼き定食が出され、「最高!」、「おいしい!」との声が多く上がりました。
続いて、「日本のへそ西脇・おもてなしイベント」の会場を訪れ、地元産・山田錦を使った全国の銘酒を堪能し、日本酒の魅力を存分に味わいました。「ワインのようなフルーティーな味」との声も聞かれました。また、播州織の産地・西脇市らしい体験として、綿を使った糸とりや人形作りなどを市民団体「コットンボール銀行」のみなさんに指導していただき楽しんだ後は、冬季限定開催のコヤノ美術館・西脇館のナイトミュージアムに訪問、贅を尽くした豪農の古民家に日本らしさを感じる参加者が多くいました。そして1日目の締めくくり、夕食は西脇ロイヤルホテルでの西脇ローストビーフ御膳。柔らかくうまみが広がる絶品の黒田庄和牛のローストビーフにみなさん大満足でした!


1602inb02.jpg
↑「日本のへそ西脇・おもてなしイベント」の日本酒バーを訪問

1602inb03.jpg
↑手織り機での体験を楽しむ(茜が丘複合施設)

1602inb04.jpg
↑コヤノ美術館・西脇館のナイトミュージアム


2日目は、ホテルを出発し、旧来住家住宅で朝食ともちつきを体験。男子留学生が杵を使ってついたもちを女子留学生が丸めていきました。その後にしわき経緯度地球科学館で館内を見学した後、黒っこマザーズさんの指導による巻き寿司づくりを体験。それぞれが好きな食材をご飯に巻き込み、出来上がったお寿司を昼食として食べました。訪問ツアーの最後には、篠田いちご園に隣接するスイーツファクトリーを訪れ、40分間のいちご食べ放題。いちご狩りには、多くの参加者から「甘い!」、「日本のイチゴはおいしい」、「食べ放題なんて幸せ〜!」との声があがりました。

西脇訪問ツアーの参加者たちは、SNSを通じて母国語でこうした情報を発信してくれましたので、今後西脇市へのインバウンドにつながっていくことを大きく期待していま〜す(●^o^●)。

1602inb05.jpg
↑旧来住家住宅でのもちづくり (※特別体験メニューです。)

1602inb06.jpg
↑黒っこマザーズによる巻き寿司づくり体験

1602inb07.jpg
↑甘いいちごを食べ放題(スイーツファクトリー)

2016年2月16日

【イベント報告】2/13・14 初開催!〜 「日本のへそ西脇・おもてなしイベント〜こだわりの日本酒BAR inにしわき」☆

1602omote-e01.jpg
↑「ミス日本酒」兵庫代表も登場したオープニングイベント

こんにちは(^u^)。暖かくなったり、寒くなったり、そんな日々が続いていますね。

さて、今回は2月13日(土)・14日(日)の両日に開催された西脇市制10周年記念事業として初開催された「日本のへそ西脇・おもてなしイベント」の報告です。

1602omote-e02.jpg
↑会場に設けられた日本酒バー

1602omote-e03.jpg
↑多くの人でにぎわう会場の様子

山田錦の産地としてPRするとともに、「日本のへそ地域食材でおもてなし条例」の施行を記念し、西脇ロイヤルホテルを会場に、北は青森から南は高知まで、全国14の蔵元が参加した日本酒飲み比べイベントを初開催。両日で合計1800人の人が訪れ、各地の銘酒を楽しみました。
イベントに参加する留学生ツアーや一般参加のツアーも開催され、会場がにぎわう中、このたびご当地グルメとして開発した「西脇ローストビーフ」のおつまみプレートも登場。風味まろやかな美味しい酒と極上の地元産和牛を使ったローストビーフに舌鼓を打つ人も多くいました。

スタッフとしてブログ筆者も参加しましたが、参加者のおいしそうで、楽しそうな顔を見ているとうらやましい限りでした・・・(>_<)

1602omote-04.jpg
↑各地の銘酒を楽しみます。

1602omote-e05.jpg
↑会場で提供された「西脇ローストビーフ」のプレート

2016年2月12日

【テレビ放映】日本テレビ系「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」で黒田庄町が登場!

1602darts01.jpg
↑テレビでも紹介された兵主神社の牛像


こんにちは(*^_^*)。冬の澄み切った青空が広がっている西脇市内です。

さて、2月10(日)の読売テレビ(日本テレビ系)「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」(午後7時56分〜8時54分)の名物コーナー「日本列島ダーツの旅」で、西脇市黒田庄町(旧黒田庄町地域)が取り上げられました。

番組では、たくさんの「村人」が登場し、身近な風景も放送されましたが、スタジオに登場したのが「日の出精肉店」(黒田庄町喜多225ー1)の名物の焼豚でした。

現在お店はスタジオにも登場したおばちゃんが1人で切り盛りしており、炭火であぶった手作りの焼豚は、昔から地元でも「美味しい」と評判です。、午前10時くらいから販売し、午後には売り切れてしまうこともしばしば。また、お盆や年末年始の書き入れ時には注文が殺到し、不眠不休で作り上げているとのことです。

100グラム400円ですが、切り売りは基本していないので、店先で「大・中・小」の分類で注文します。
ちなみに私が買った写真のものは、「中」サイズで約400グラムとなっています。炭火独特のいい香りがする甘辛くジューシーな肉厚がたまりません。

1602darts02.jpg
↑日の出精肉店の焼豚

2016年2月 9日

【イベント案内・グルメ情報】西脇グルメ食べ歩きスタンプラリー開催!(2月13日〜3月31日)

1602roast02.jpg
↑新登場メニュー「西脇ローストビーフ」

1512ramen01.jpg
↑伝統のソールフード「播州ラーメン」


こんにちは(●^o^●)。いよいよ2月13日に西脇市の新開発ご当地グルメ「西脇ローストビーフ」が誕生します!

★「西脇ローストビーフ」誕生情報はこちら
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160201.html

★食べ歩き第1弾!先行登場の「マーマレードカフェ&バー」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160205.html
★食べ歩き第2弾!日・米・英風の3種が登場 「そらとぶじゅうたん」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160218.html
★食べ歩き第3弾!中華ソースが奏でる至極のどんぶり「笑仁」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160302.html
★食べ歩き第4弾!刺身のような食感とボリューミーな肉「an cafe」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160315.html
★食べ歩き第5弾!パスタとカルパッチョで味わう「オンベリーコ」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160318.html
★食べ歩き第6弾!2段の豪華な御重で和風のテイスト「ますのみ松屋」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160326.html


これを記念し、新旧ご当地フードをテーマにした「西脇グルメ食べ歩きスタンプラリー」を開催します。

テーマとなるのは伝統のソールフード「播州ラーメン」と黒田庄和牛を使った新メニュー「西脇ローストビーフ」です!

播州ラーメン組合加盟店(4店)と西脇ローストビーフ参加店(15店)で、播州ラーメンまたはローストビーフを1品注文すると、スタンプ1コがもらえます。合計4コを集めて応募すると、黒田庄和牛やいちご狩りペア招待券などが抽選で当たるスタンプラリーを開催します。ぜひご参加ください!


西脇グルメ食べ歩きスタンプラリーチラシ.pdf

1602roast-f.jpg
↑提供店舗を示す旗


【スタンプラリー開催期間】

 2月13日 〜 3月31日(当日消印有効) 

【スタンプラリー用紙の取得先】

 スタンプラリー参加店
 西脇市役所
 茜が丘複合施設
Miraie
 西脇市総合市民センター
 西脇市民会館
 道の駅「北はりまエコミュージアム」
【応募方法】

 スタンプラリー用紙の応募用はがきに切手を貼って、ポストに投函してください。

【プレゼント賞品】 

 黒田庄和牛すき焼きセット(約800グラム) 10人

  播州ラーメン(3食入り) 12人

  いちご狩りペア招待券 20人

  播州織ストール 8人


1602jyaran.jpg

「じゃらん 西脇ローストビーフBOOK」も登場。市内の西脇ローストビーフ・播州ラーメン提供店などで無料配布しています!

2016年2月 5日

【グルメ情報】先行登場!「西脇ローストビーフ」を実食(マーマレードカフェ)

1602roast-m01.jpg
↑これが西脇ローストビーフを使ったどんぶり

こんにちは(●^o^●)。節分を過ぎましたが、みなさん無事に「鬼」は退治できましたか〜いや〜心の中にいる鬼はなかなか退治できませんね〜。(←個人的見解)

さて、正式なお披露目まであと少しとなった新開発ご当地グルメ西脇ローストビーフ
先行して食べれるお店があるという情報を得て、観光協会としてもスルーできない。ということで早速行ってきましたので報告します。

そのお店は小坂町にあるマーマレードカフェ&バー。洋食メニューが気軽に楽しめる女性に人気のレストランで、もちろん西脇ローストビーフの提供店にも加盟していただいています。

2月3日(水)から期間限定で提供されている「ローストビーフ丼」は、通常2,300円のところを1,300円という特別価格で提供中。(ただしウニは入っていません。)スープとドリンクもセットになっており、大変お得です。(※売り切れの場合もありますのでご注意を。)

1602roast-m02.jpg
↑期間限定で1,300円で提供中(ランチメニュー)

注文して待っているとしばらくして運ばれてきたローストビーフ!(^^)!。うまそー!
早速、半熟タマゴをつぶして、赤身のローストビーフに絡ませて食べてみた一口目、甘くて柔らかい風味が口の中に広がる至福のひととき。牛さん、本当にありがとう(*^_^*)

ローストビーフはもちろん、生野菜やガーリックもごはんに添えてあり、混ぜて食べているうちに箸がどんどん進み、あっという間に平らげてしましました。お店にいる間、訪れたお客様の多くが、ローストビーフ丼を注文していることを確認し、本格登場に向け、思わずわくわくしてしまいました。

みなさん、この機会に垂涎の逸品をオトクな価格で、ぜひご賞味ください!


1602roast-m04.jpg

1602roast-m03.jpg

2016年2月 4日

【グルメ情報】巻き寿司をイメージした和菓子 が新発売(御菓子司あさひ屋)!

1602onmaki01.jpg
↑ 北播磨の郷土の味・巻き寿司をイメージした創作和菓子


こんにちは(^u^)。雪は降っていませんが、厳しい寒さが続いていますね〜。

さて、黒田庄町大門にある御菓子司あさひやでは、地元の特産である巻き寿司をかたどった創作和菓子「御巻(おんまき)」が新発売されました。(2月4日付けの神戸新聞朝刊・北播版にも掲載)

経営者自らが考案し、和菓子に用いられる素材を巻き寿司の具のように集めて仕上げた一品です。さて何で作り上げているのかというと...巻き寿司のご飯の部分には、柚子の香りをつけた道明寺粉(もち米を蒸して乾燥させて砕いた粉)、黄色い玉子の部分はショウガ粉を混ぜたまんじゅう生地、キュウリの部分は抹茶羊かん、さらに巻いてある海苔の部分は小豆の羊かんとなっているなど、見た目にも工夫がこらされています。また、ショウガや金ゴマは地元産を使っています。

全体的には甘さを抑えて、モチモチとしており、それぞれの素材の味覚と食感がコラボされ、巻き寿司と同じようなコンセプトが再現されています。

お値段は1個140円。お買い求めは同店のほか、道の駅・北はりまエコミュージアムでも販売しています。


1602onmaki02.jpg
↑3個入りのパッケージ

2016年2月 1日

【グルメ情報】新登場!「西脇ローストビーフ」〜黒田庄和牛を使ったご当地グルメ

1602roast01.jpg


こんにちは(●^o^●)。冬将軍に攻め込まれる日々が続いています。
そんな中、西脇市ならではの、こだわりの、そして絶品のご当地グルメ誕生のお知らせです。

その名は「西脇ローストビーフ」
神戸ビーフとなるご当地産の黒田庄和牛を使って作り上げた西脇市の新たなご当地グルメです。

お披露目は2月13日(土曜日)となっています。

◎「西脇ローストビーフ」の3つの定義
 1.黒田庄和牛を使用すること。
 2.西脇市産の野菜を使用すること。
 3.各店オリジナルソースを使用すること

★広報にしわき2月号掲載記事→ こちら
★先行登場ローストビーフ丼の記事(2月5日レポート)→ こちら

※開発ワークショップの内容

 ☆第1回ワークショップの記事
  http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2015/05/20150501.html

 ☆試食会ワークショップの記事
  http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2015/10/20151003.html


★食べ歩き第1弾!先行登場の「マーマレードカフェ&バー」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160205.html
★食べ歩き第2弾!日・米・英風の3種が登場 「そらとぶじゅうたん」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/02/20160218.html
★食べ歩き第3弾!中華ソースが奏でる至極のどんぶり「笑仁」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160302.html
★食べ歩き第4弾!刺身のような食感とボリューミーな肉「an cafe」の記事
 → http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160315.html
★食べ歩き第5弾!パスタとカルパッチョで味わう「オンベリーコ」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160318.html
★食べ歩き第6弾!2段の豪華な御重で和風のテイスト「ますのみ松屋」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/03/20160326.html
★食べ歩き第7騨!柚子コショウとの相性が抜群「アルヴェアーレ」の記事
 →http://www.nishiwaki-kanko.jp/blog/2016/05/20160511.html


1602roast02.jpg1602roast03.jpg


また、西脇ローストビーフの誕生の情報は、「じゃらん関西・中国・四国」3月号にも掲載されています。ご覧ください。

jyaran1603.jpg


【参加店舗】

 ・西脇ロイヤルホテル(西脇991) 0795-23-2000

 ・cafe mani(野村町1242) 0795-23-7525

 ・マーマレードカフェ(小坂町212) 0120-969-633

 ・ビュッフェキッチンタパン(野村町1795-82) 0795-20-7144

 ・けんしん亭(黒田庄町大門75) 0795-28-2557

 ・笑仁(野村町1288)  0795-22-2000

 ・オンベリーコ(上戸田166-1) 0795-23-4399

 ・ネーブルバーガーStars(道の駅・北はりまエコミュージアム内) 070-5343-7051

 ・そらとぶじゅうたん(高田井町194-1) 0795-22-7201

 ・ますのみ松屋(上野224) 0795-22-5458

 ・モモンスラン(野村町582-1) 0795-38-8785

 ・an cafe(大野242-1) 0795-22-8668

 ・つぼ八 西脇店(和田町253) 0795-24-7788

 ・アルヴェアーレ(西脇939) 0795-23-5331

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28