お知らせ

2014年7月

2014年7月31日

【イベント案内】8/16(土)盆踊り〜「にしわき市・黒田庄夏祭り」開催☆

0819kuro-f01.jpg
↑昨年のまつりの様子

こんにちは(^◇^)。7月もあっという間に終わり。朝早くからセミの鳴き声がこだましています...((+_+))

さて、毎年8月16日には西脇市の盆踊り大会、「第37回にしわき市・黒田庄夏祭り」が開催されます。

この夏祭りは、合併前の旧黒田庄町時代から続くイベントで、黒田庄グラウンドを会場に行われます。
やぐらを囲んだ盆踊りのほか、福引うちわの配布(先着1,800人)や花火の打ち上げもあります。

今年は土曜日の開催となりますので、みなさんぜひお越しください!

・日時 
 8月16日(土)午後7時から9時30分
 ※雨天時は、17日(日)に開催となります。

 まつりは雨天のため、花火(17日)を除き中止となりました。

・場所
 黒田庄グラウンド
・内容
 盆踊り(午後7時30分から午後9時30分)
 福引きうちわの配布(午後7時から無くなるまで)
花火打ち上げ(午後9時から午後9時15分)
・駐車場
 会場近くにあります。(離れた駐車場からは無料送迎バスを運行します。)


 夏祭りチラシ

2014年7月25日

【訪問・体験ツアー】日時計の丘公園で燻製作り体験と古代の原風景~9/28(日)

1407hidokei.jpg
↑燻製づくりで訪れる日本のへそ日時計の丘公園

こんにちは~(*^_^*)。夏真っ盛り、暑い日が続いていますね。

今回は、初秋の西脇市を訪問するツアーのお知らせです。

NPO法人北はりま田園空間博物館では、神姫バスツアーズと共催で次の日帰りバスツアーを実施します。

ツアーのテーマは「燻製作り体験と古代の原風景」。自然の中でさまざまな体験ができる日本のへそ日時計の丘公園で、ベーコンと合鴨の2品の燻製作りを行います。その後、多可町にある「那珂ふれあい館」と隣接する東山古墳郡を訪問し、古代の多可郡の原風景を見学していただきます。
ぜひお越しください!(定員40名)

・9月28日(日) 
 三ノ宮(8時)発着(西神中央駅からの発着も可能) 参加費...ひとり5,200円

 
ツアーのパンフ こちら


【お申込み先】
 北はりま田園空間博物館総合案内所まで電話またはパンフ申込書をファックス
  電話 0795-25-2370
  ファックス 0795-22-2123

2014年7月20日

【イベント報告】7/19(土)「へその西脇・織物まつり」プレイベント開催〜官兵衛の里もPR☆(イオンモール神戸北店)

1407pre01.jpg
↑イオンモール神戸北店で所狭しと踊る「加杉野おどり」の総踊り

こんにちは(^.^)/~~~。夏休みに入りましたね〜セミの声が朝から響いています。

その夏休み初日、7月19日(土)に神戸市北区にある「イオンモール神戸北」で、8月23日(土)・24日(日)に開催される「第9回へその西脇・織物まつり」のプレイベントを行いました。

西脇市最大の夏のイベントで、花火も今年から2,000発に増やし、多くの集客を図ろうとの思いから、これまで西脇市内で開催していたプレイベントを市外で初開催しました。

プレイベントは、本番24日の司会でもお世話になる加古川市在住で俳優としても活躍する北原雅樹さんの司会で、午後1時・午後3時・午後5時の3回にわたり、「へそのミュージックフェスタ」、「播州織ファッションショー・HESOCOLE」、「加杉野おどり」のミニバージョンを披露し、まつりのPRを行いました。

にぎやかなイベントに多くの買い物客が立ち止まり、大きな注目をあびました。特に「加杉野おどり」のパフォーマンスでは、床に伝わる震動で、その迫力を多くの人に感じとってもらいました!

また、観光協会でも「官兵衛の里・西脇市」をPRするため出展し、来場者にパンフレットやうちわを配布しました。

1407pre02.jpg
↑「へそのミュージックフェスタ」にゲスト登場する小野市出身の歌手・Cyan(シアン)さんも出演

1407pre03.jpg
↑↓播州織ファッションショー・HESOCOLEのショートバージョンも開催!
1407pre04.jpg


1407pre05.jpg
↑↓イオンモールの床をも揺らす「加杉野おどり」のパフォーマンス
1407pre06.jpg


1408pre07.jpg
↑観光協会も「官兵衛の里・西脇市」をPR。うちわ1,000枚を配布しました。

2014年7月15日

【イベント報告】7/12(土)「七夕ゆかたまつり」を開催〜播州織ゆかたファッションショーも行われました☆

1407yukata01.jpg
↑まつり参加者による記念写真

こんにちは(*^^)v。今日の西脇は晴れています。もうすぐ梅雨が明けそうですが、いよいよ夏本番が近づいてきました。

さて、今回は、7月12日(土)に播州織工房館周辺で開催されました「第6回七夕・ゆかたまつり」の報告です。

このイベントは、西脇市の地場産業・播州織の魅力と播州織とともに発展した中心市街地の活性化を目的として西脇TMOが主催し、初の土曜日開催となりました。

当日は、メインイベントとして、播州織工房館では播州織ゆかたのファッションショーが2回開催され、夏の涼を誘うゆかた姿の美男・美女がステージに立ち、人気を博しました。また周辺では、空き店舗などを利用した播州織関係者や高校生などによるワークショップも開催されたほか、旧来住家住宅ではバルーンアートや花びらアートづくりなどのイベントが行われ、多くの来場者でにぎわいました。

1407yukata02.jpg
↑工房館ステージで実施された播州織ファッションショー

1407yukata04.jpg
↑旧来住家住宅で開催された屋内イベント

播州織工房館や旧来住家住宅では、今後も魅力を発信するさまざまなイベントを開催しますので、ぜひ御来場ください!


1407yukata03.jpg
↑ワークショップなどで参加した播州織産学連携事業を担う神戸芸術工科大学の学生と片山市長

2014年7月 4日

【イベント案内】今年は花火を増発!〜8/23(土)・24(日)「へその西脇・織物まつり」を開催☆

0814heso-f07.jpg

↑昨年の「加杉野おどり」コンテスト(総合市民センター・お祭り広場)


こんにちは(*^_^*)。
西脇市の夏を彩る最大のイベント、「へその西脇・織物まつり」開催と参加者募集のお知らせです。

9回目を迎えた今年は、開催時期を昨年よりも2週後にずらし8月23日(土)・24(日)に開催します。

前夜祭の23日(土)は、日本のへそ公園を中心にイベントを開催し、夜には昨年よりも約2割多い、2000発の花火を打ち上げます。
2日目の24日(日)は、総合市民センター・お祭り広場を会場に、「ミュージックフェスタ」や、恒例の西脇高校の生徒による播州織ファッションショー、よさこいなど多彩なジャンルの踊りが披露される「加杉野おどり」などのイベントを開催します。

7月19日(土)には、イオンモール神戸北店でPRイベントを行いました。その様子は【こちら】

日本のへそ・西脇市を熱くするお祭りにぜひお越しください!

西脇市ホームページ【こちら】もご覧ください。


0814heso-f06.jpg
↑西脇高校生徒による播州織ファッションショー(昨年の様子)

0814heso-f01.jpg
↑夜空を彩る花火。今年は増発します!

2014年7月 3日

【イベント案内】7/12(土)「七夕・ゆかたまつり」を開催します!(播州織工房館)

0709yukata01.jpg
↑昨年のゆかたまつりのファッションショー

こんにちは(*^^)v。イベント情報のお知らせです。

7月12日(土)に中心市街地・播州織工房館周辺で、午前10時〜午後3時30分にかけて恒例の「第6回七夕・ゆかたまつり」を開催します。

メイン会場の播州織工房館では、播州織ゆかたのファッションショーが開催されるほか、音楽ライブも行われます。
また、周辺では、空き店舗を利用した播州織製品などを販売するワークショップも開設され、2千円以上のお買い上げで黒田庄和牛や播州織シャツのオーダー券などが当たる抽選にも参加できます。

さらに今年は、旧来住家住宅に隣接する梅吉亭では「浴衣DE婚活」(事前申込制)も開催されます。

暑い中では、ありますがぜひお越しくださ〜い!

七夕ゆかた祭りパンフレット


0709yukata04.jpg
↑昨年のまつりの様子(旧来住家住宅での昔あそび)

0710yukata05.jpg
↑昨年のまつりの様子(ワークショップに参加した神戸芸術工科大学)

2014年7月 2日

【イベント報告・黒田官兵衛】6/29(日)「北播磨官兵衛フォーラム」を開催☆

1406k-f01.jpg
↑西脇市民会館で開催されたフォーラム

こんにちは〜(^u^)。久しぶりの本格的な雨で、梅雨らしくなってきました。
6月29日(日)に開催されました「北播磨官兵衛フォーラム〜もうひとつの官兵衛伝説」の報告です。

西脇市では、通説とは違った黒田氏発祥・官兵衛生誕の伝説が残っており、ふるさとの宝としてこれをPRし、地域を盛り上げていこうとの想いから、西脇市「官兵衛の里」推進協議会が主催し、開催したものです。

当日は、市内からだけでなく、県内各地から多くの人が詰め掛け、会場となった市民会館は大いに盛り上がりました。
まずは、歴史学者・渡辺大門氏が『素顔の官兵衛』と題した基調講演を行いました。渡辺氏は、大河ドラマの主人公として官兵衛の知名度も広がっているが、歴史の事実とは異なる部分も多いとの話もされました。また、黒田氏の発祥地や官兵衛の生誕地についてもはっきりしたことはわからないと語られました。

1406k-f02.jpg
↑基調講演を行った歴史学者・渡辺大門氏

基調講演に続く、ステージイベントでは、三田音頭保存会による音頭「軍師官兵衛物語」と市民で結成された黒田官兵衛合唱団による「黒田城」などの合唱が行われました。

1406k-f03.jpg
↑黒田官兵衛合唱団による生演奏と合唱

パネルディスカッションでは、フォーラムを後援するNHK神戸放送局のキャスター・荒山沙織さんの進行により、播磨のゆかりの地から参加した5人のパネリストが、官兵衛をテーマにした地元の伝承やまちづくり活動を報告しました。基調講演を行った渡辺大門氏も参加、各地自慢の取り組みを多くの観客が聞き入り、最後は会場全体で「エイエイオー!」と勝どきを上げ、締めくくりました。

1406k-f05.jpg
↑パネルディスカッションには武者姿のパネリストも登場

1406k-f04.jpg
↑進行はNHK神戸放送局キャスターの荒山沙織さん

フォーラム会場では、ホールでのメインイベントのほか、荘厳寺に伝わる黒田家略系図(複製)や県内ゆかりの地の紹介などの資料展示、西脇市のほか北播磨ゆかりの地である三木市と加西市の官兵衛関連グッズの販売が行われ、官兵衛ファンの観客がさまざまな品物を買い求めていました。

当日は多くの人に喜んでいただき、官兵衛の魅力をあらためて感じてもらえる好機となるイベントになりました。

1406k-f06.jpg
↑展示コーナーにも多くの人が訪れました。

1406k-f07.jpg
↑会場入口付近には官兵衛グッズを販売する出展コーナーが設けられました。

1406k-f08.jpg
↑官兵衛と同じ?黒田庄出身のトータス松本氏デザインの「黒田牛兵衛」も登場しました!

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28