お知らせ

2013年11月 7日

【グルメ・黒田官兵衛】「官兵衛の里」から新グルメ・日本酒を発売!

1100challenge01.jpg
↑開発者のみなさんと官兵衛の里にちなんだ開発商品

こんにちは(*^_^*)。11月に入って急に冷え込んできたと思いませんか?今年の夏のうだるような暑さを
すっかり忘れてしまいますね〜。紅葉が色づき、美の競演を見せるときも、もうまもなくですね。

今回お届けするトピックは、「官兵衛の里・西脇市」にちなみ開発されたグルメと日本酒のニュースです。

それでは、ますはグルメから。
新開発されたのは、西脇多可料飲組合による「官兵衛の里御膳」、企業組合黒っこマザーズによる「官兵
衛の里の恵み弁当」と「官兵衛さんの家紋巻きセット」です。

「官兵衛の里御膳」は、2段の弁当箱で、ひとつは、黒田家の家紋があしらわれた透明の包装の下に西脇
市特産の「日本のへそ金ゴマ」がふりかけてあるご飯。そしてもうひとつの弁当箱には、黒田庄和牛と播州
百日鶏といった地元食材を使っているほか、官兵衛が武将としてつかみ取った「運」と官兵衛の名にちなん
だ「ん」をかけて、名前に「ん」が含まれる野菜を中心とした食材を使っています。


■官兵衛の里御膳(11月17日から提供)

  提供価格:1,000円(税込)
  提供場所:西脇多可料飲組合加盟店のうち8店・イベント時に出店販売 
        ※西脇市内は次の4店で提供

          ますのみ松屋(上野)

          けんしん亭(黒田庄町大門)

          西脇ロイヤルホテル(西脇)

          西脇カントリークラブレストハウス(上比延町)

        ※共通使用食材(黒田庄和牛・播州百日鶏・日本のへそ金ゴマ)以外は、店舗によりおかずが
          異なります。  

1100challenge02.jpg
↑「官兵衛の里」御膳。播州織生地で弁当箱を包んでいます。

企業組合黒っこマザーズが開発した「官兵衛の里の恵み弁当」は、官兵衛の里である黒田庄の食材を中
心に使ったもので、ポイントは「官兵衛さんの家紋巻き」。黒田庄和牛と日本のへそ金ゴマ、そして旬の西
脇市産の野菜を自家栽培の紫黒米で、黒田家の家紋である藤巴状に巻きこんでいます。家紋の藤の花と
紫黒米の色のイメージがぴったりだったので、試行錯誤を経て、完成した逸品です。


■「官兵衛の里の恵み弁当」・「官兵衛さんの家紋巻きセット」(11月1日から提供)

  販売価格:弁当1,260円(税込)、家紋巻きセット420円(税込)
  販売箇所:弁当は予約販売のみ 【電話 0795ー28ー4176】 
        家紋巻きセットは、農産物直売所北はりま旬菜館で販売

1100challenge03.jpg
↑「官兵衛の里の恵み弁当」。旬の食材だけでなく、手書きの包み紙にも愛情がこもっています。

1100challenge04.jpg
↑「官兵衛さんの家紋巻きセット」。左の2つが黒田家家紋の藤巴をあしらったものです。


そして、グルメだけでなく、官兵衛も好んで飲んだ?日本酒も開発。
純米吟醸酒「官兵衛の里 黒田」は、西脇多可小売酒販組合が販売するものです。西脇市内には酒蔵が
ないことから、お隣の加東市の神結酒造に発注したもので、兵庫県産の酒米を使って造っています。

西脇市を含む北播磨地方は、全国有数の酒米の産地であり、官兵衛の臣下である母里太兵衛の大酒飲
みの逸話で知られるように、官兵衛も日本酒との縁が深かったものと思われることから、官兵衛のふるさと
の酒として販売します。


■純米吟醸酒「官兵衛の里 黒田」(11月17日から販売)

 販売価格:1,575円(税込)
 販売店舗:西脇多可小売酒販組合の加盟店舗(※販売の幟が立っています。)

1100challenge05.jpg
↑官兵衛の里・黒田集落の景観をラベルにした純米吟醸酒です。


いずれも11月17日(日)に初開催の「黒田の里 官兵衛まつり」にあわせて開発されたもので、まつり当日
は出店販売しますので、ぜひお越しください!

お知らせのホームへ

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31